« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月27日 (土)

Re: こんちは

>イランイランという通称名はコスラエ島にあったイランイランの他、ユリ科だかの別種もそう呼ばれているらしい(確か)ので、入手されたのはどちらかな??日本でも入手できる女性用の香水にイランイランも原料の一部になっているものがあって、それで初めて知りました。どちらにしても、香りがいいことはお墨付きのようです。

-----

ゲットしたのは間違いなくアレですアレ。カタログ写真もアレでしたし。コスラエ島の森の中に咲いていたアレ。

ラベルにCananga odorataとありますねえ。少なくとも単子葉植物ではありませんな。あ、ついてきた簡単な栽培ガイドにバンレイシ科とあるぞ。いかにも南国!

ふむ、酸性土を嫌い、苦土石灰を混ぜるべしと。・・・それってとても意外。有機物多くて酸性に傾きそうに思うんですけどねぇ?

イランイランと里芋とサボテン・・・

添付画像は撮って出しの、イランイランとシェフ・Hさんのアノ里芋、そしていつぞやKさんにいただいたサボテンから採った挿木苗(^^)v

2008年9月26日 (金)

香り高く

実はこの夏、K良園に通信販売で植物をいろいろ注文してたんですが、さっき届いた!

なんと、あの!「イランイランの木」の苗も!をを〜ぅ。頑張って育てんと。Mくんも欲しがってっけど、1本だけっ。

かと思うと、小股の切れ上がった江戸前浴衣美人、「絞り咲き桔梗」やらなんやらも・・・嬉し(^^)

久方ぶりに園芸にぶりぶり力が入ってます。それにシェフ・Hのマンションが今改修中で、鉢植えが15個ほど避難してきてて・・・ベランダがちいと手狭になってるかも。はは。
(^-^)/

2008年9月22日 (月)

薔薇

博多の実家で今朝咲きました。

品種名、Lady Luck。実家にあるバラ(つうても今や3株のみ)の中でも最も香りの高い品種。柑橘系とでもいうべき、万人に好まれそうな爽やかな香り。ああ、すがすがしーー。全くもってこの香りをお届けできないのが残念です。

もっと気温が下がってから咲いた花は、内側の花弁がほんの少ぅしバイオレットがかる。やっぱ紫系のバラは総じて香りが強いようですね。

シュートの伸びもいいし、トゲがほとんどないのもありがたい(^o^)

短所はねえ・・・花保ちが悪いっ!咲いて3・4日でハラリと潔く散ってしまいます。
Lady Luck

2008年9月21日 (日)

は〜な〜、いらんかね〜〜〜

老司で超地味に花壇の徹底草除り&水仙の植え替え作業をやっとります。

で、殖えたものもあるので、要らないかなぁと思ってメールする次第。如何。

ちなみに、ツルん家の水仙群、遠隔操作の割には毎年きれいに咲くらしく、結構ご近所の評判なんですがね。いろいろ取り揃え10品種。(この春にお姉ちゃんに品種を調べてもらったのが本当に役立ってます、ありがとう!)
まあ、やや白色系品種が多いのが欠点と言えば欠点。やっぱホラ、春は黄色でしょ。黄色系も増やそうとしてるんだけど、厳しく審査してるのでおいそれとはパスしないのさ。

そんな中での最高貴品は、白花弁にピンク副冠、その名もRomance。現在のピンク水仙としては高い完成度を誇る人気種。でも掘り上げ未済なので、差し上げられるか否かは明後日午前あたりにならないと判りません、悪しからず。品種によって増殖率が異なるので、数が揃わないものもあるわけさ。Romanceは割と殖えにくい。

とにかく丈夫でよく殖え花立ちがよい点ではアイス・フォーリスがお気に入り。白色花弁に、大きく平開する副冠が黄色から移り白になるとこが、魅力でもあり好みが分かれるとこでもあるでせう。殖えてること確認済みです。

派手派手系では黄色花弁に橙色副冠のOrange Progress。わりと新しいカップ咲き品種。副冠の鮮オレンジ色の冴えは一見の価値あり。でもこれもまだ掘り上げ未済・・・

ちなみに、水仙と言えばコレ!的な、黄色のラッパ水仙は、掘り上げてみたらたった3球に減ってた(品種名不明なれど多分Viking)ので、今回、Exceptionという品種に総取っ替えすることにしました。ほんとはPasternak(ソ連のノーベル賞作家の名前ね)にしたかったんだけど、売ってなかった・・・

今回の新入りはもう一品、黄色花弁に白色副冠といういわゆる逆色タイプのラッパ、Avalon。通信販売で10月に届くのだけど、どうやって老司に植えようかしらん。

2008年9月20日 (土)

倒壊せり

実家帰ったら、庭の石燈籠が倒れてました・・・
石燈籠1

石燈籠2

2メートルぐらいあるんだけどね。いつかの福岡大地震以来、微妙に傾いてたのは事実。でも別に最近地震があったわけでもないらしい。お盆の時は普通だったんだけどさ。
大きなヤマモモの木の根元にあるから、根が太ってきて傾きが増したんでしょう。

30年前にこの家建った時に母の実家から持ち込まれたモノ、っつうと由緒ありげだけど、砂利入りコンクリートみたいな安っぽいものでしたが・・・だから結構粉ごな。

見えてる石は全て燈籠の残骸ね。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想