« 白菜漬けの詩 その5 | トップページ | 蘭奢待 白の巻 »

2008年12月20日 (土)

白菜漬けの詩 その6

ひとまずの完結編です

重石に使ってた水入り2リットルペットボトルをどけてみると、まあまずまずな感じ。白菜の上に置いてた皿からはみ出した周りの部分だけちょいと赤くなってるのは、なんか発酵カンケイの菌類繁殖な感じ?(カビってわけでもなさげですが。)まあ、表面にかぶせてた外葉のとこだけだから大勢に影響はないだろう。
で、二束ほど取り出して切ってみたのが添付画像デス。味見してみると、塩加減もまあよろしいんじゃないかと(すこぅしだけきつめかいナ?)
完成ですっ!(☆、何点いただけますでしょうかっ!)

柚子&香母酢はもちっと入れてもよかったかもですね。

でもまあ、とりあえずミッション成功と言えるのではないでしょか

今から炊きたてご飯でシンプルに「いただきま〜す」多謝。

« 白菜漬けの詩 その5 | トップページ | 蘭奢待 白の巻 »

白菜漬けの詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白菜漬けの詩 その5 | トップページ | 蘭奢待 白の巻 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想