« 白菜漬けの詩 その3 | トップページ | 『がめ煮』という選択 »

2008年12月 7日 (日)

白菜漬けの詩 その4

>いきなりやけど、白菜漬ってどのくらいで出来るとかいな?
次回は、白菜漬が出来上がった頃に・・・?
また、集まりまっしょ!

-----

ほとんど悪ノリになってきました、ツルです。「三丁目の夕陽」も真っ青です。

博多は雪が降ったとですねまだ師走も頭やん関東はこの週末、快晴です。多摩川のガス橋のとこから見えてるし。漬け物日和

白菜漬けって、1週間ぐらいから食べられるようですね。逆に言えば割と日保ちのしにくい漬物みたいです、酸っぱくなりやすいらしくて。・・・をいをい来週もやれっちゅーんかいっ白菜漬けの宴(爆)(しつこいって)
おニューの重石は6kg(爆)

あ、忘れんうちに申し添えますと、<宴>の後にもちゃんと一度は「白菜と葱とベーコンのクリーム煮」にしていただきましたこれまた美味、改めて感謝です。

« 白菜漬けの詩 その3 | トップページ | 『がめ煮』という選択 »

白菜漬けの詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白菜漬けの詩 その3 | トップページ | 『がめ煮』という選択 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想