« 白菜漬けの詩 その2 | トップページ | 白菜漬けの詩 その4 »

2008年12月 7日 (日)

白菜漬けの詩 その3

>ツル君すげえ
白菜漬けですか
家の女房もしてます。
ワタシも5年前から毎年梅干しとラッキョと高菜は毎年漬けてますが、白菜は3年前に失敗しましてそれから挑戦してないな〜ぁ。
原因は減塩で塩分をかなり控えた為です。でも、ツル君が白菜漬け挑戦と聞き、がぜんやる気が出てかました。畑にあと5玉程あるので2玉ぐらいキムチに挑戦してみようかなと思ってま〜す。
ところで昭和な風景大好きです
白菜漬け頑張れ

-----

Tッチはやっぱり漬けとったんかいっしかもラッキョと高菜まで恐れ入りました。梅干しと梅酒と八重桜の塩漬けぐらいでいい気になっとっちゃいけんとやね(あ、正月用の黒豆やら金柑も毎年煮きよりマスが

どんぐらいまで塩分減らしたら×やったとですかねぇ?4%でやりよるとばってん・・・塩は沖縄産と五島産のミックス。置き場は台所横のベランダ、気温がい方がよござっしょう。
塩を擦り込むの図

酸味の発生を抑えるために卵の殻とか渋柿の皮を入れる方法もある由。ほ、干し柿まで作れっちゅーとかっ

« 白菜漬けの詩 その2 | トップページ | 白菜漬けの詩 その4 »

白菜漬けの詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白菜漬けの詩 その2 | トップページ | 白菜漬けの詩 その4 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想