« 継継継 家紋夜話 | トップページ | 継継継継継 家紋夜話 »

2009年3月21日 (土)

継継継継 家紋夜話

(承前)
昔書いた気がするけど、琉球方言は母音がアイウの3つのみとされ、エはイに、オはウに音韻変化する。アもエになりやすいのは内地と同様かな(だいじ→でーじ)。
演劇の発声練習でもやるように、母音はアエイオウの順に弱まるから、基本、うちなーぐちは弱勢に流れるわけ。あ、キもチに、リもイになる。

とりあえずこれで「さんしん」「わらび」「くくる」「ちょーでー」「じーまみ(地豆=落花生)」「みるく(弥勒)」「やちむん(焼物)」「ぬちぐすい(命の薬=食)」あたりはもうマスター!沖縄の田舎行って元気なオバアに話しかけられてもなんくるないさ(ウソ)

で、「安良城(あらしろ)家紋章」。見てるうちにハッと気づいた。これって「二つ割り月に二つ引き」ではないのかと。同時に、前回なぜそう呼ぶのかさっぱりわからなかった「四つ割り月」の謎も一気に解けた、ように思う。
安良城家紋章

つまり、単純な「石持ち」すなわち○の中に反対色の満月を置き、それを割って「追い駈け」に配置すれば「割り月」になるじゃないか!黒い空白(ヘンな言い方だ)に見えていた部分が「月」だったんだ!やるじゃん、沖縄の家紋職人。目から鱗、月から紋。

さらに、よ〜く考えてたら、沖縄の家紋って「黒地に白抜き」ではなく「白地に黒」で表されることが多かったんじゃないかと気づいた。だって、「黒地に白抜き」だと月の部分が黒地側にきちゃうもんね。

「吉川家紋章」はお天気記号に、「森田家紋章」は企業ロゴなんかにありそうな感じだけど、これらも特別な何かを表しているのかもしれないな。
吉川家紋章

森田家紋章

「津波古(つはこ)殿内紋章」「和宇慶(わうけ)家紋章」になると、まるで地図記号ですね。
津波古殿内紋章

和宇慶家紋章

こうしたプリミティブ感、どこから来てるんだろう。まあ確かに、職人の研ぎ澄まされた美意識と熟練の手技、的な感じは割と少ないでしょ。

「沖縄には家紋の風習はない」とする説もあるようだけど、このとおりそれ自体は昔から存在していた、少なくとも支配階級には(王紋たる巴からのデリバティブが目立つのはそのせいか)。平民についてはリサーチ継続。

To be Continued, Again...

« 継継継 家紋夜話 | トップページ | 継継継継継 家紋夜話 »

Visual界:家紋夜話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 継継継 家紋夜話 | トップページ | 継継継継継 家紋夜話 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想