« 拾拾 家紋夜話 | トップページ | 拾拾拾拾 家紋夜話 »

2009年3月 2日 (月)

拾拾拾 家紋夜話

(承前)
今度は「陰」系を4種グラデーションで「陰の片喰」「細中陰の片喰」「中陰の片喰」「太陰の片喰」と、省略系の「中陰の蔓(つる)片喰」「鐶(かん)片喰」。陰の片喰 細中陰の片喰

中陰の片喰 太陰の片喰

中陰の蔓片喰 鐶片喰

いったい、家紋における「白」「黒」って、どっちがメインなんだろう。

家紋が「白地に黒」で表されるシーンとしては、戦国時代の旗指物とか、紋入り提灯とかかな。

でも一般には逆の「黒地に白抜き」の方がやっぱり多そうですよね。こちらの代表例は、何といっても黒羽二重に五つ紋という、正装の「黒紋付」。あ、「羽二重/Habutae Silk」は経(たて)糸二本の平織りで織られた上質の絹地のこと。

調度品でも、黒漆や朱漆に金銀蒔絵というのが多かったろうから、やはり「暗色地に明色の紋を抜く」ということは言えそう。
あんまし、ご飯茶碗なんかには入れなかったんじゃと思うけど・・・?

「紋帖」(実は一般の本屋さんにも売ってる)でも後者で印刷されています。

あー、軒丸瓦や墓石とかは白も黒もないか(笑)。墓地なんて家紋の聖地、楽園ですよ(爆)

To be Continued, Again...

« 拾拾 家紋夜話 | トップページ | 拾拾拾拾 家紋夜話 »

Visual界:家紋夜話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 拾拾 家紋夜話 | トップページ | 拾拾拾拾 家紋夜話 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想