« 廻廻廻 家紋夜話 | トップページ | シラン属、三連発! »

2009年4月10日 (金)

円 家紋夜話

とうとう最終章を迎えました。自分の家紋ぐらい知っといったって損はないんじゃない、ってぐらいの軽い気持ちから書き始めたんだけどね。イヤー、なかなか大変な作業でしたよ。

結局さ、こうした様々なる意匠が生活を彩っていた(ま、基本無彩色だけど)ことが、なんか素敵な気がする。あまり、個人を縛る「家」の象徴として日本の家紋を捉えたことがないもんですから。

そこそこ知識はあるつもりだったんだけど、沖縄の家紋を学んだり、百の字紋を発見したりと、新たな驚きも多くありました。
また、題材の選択には存外慎重だったかもしれん、てことに改めて気づかされたしね。魚はないわ、猛獣や危険物は少ないわで。

それでもなお、「浮線(ふせん)紋」や「加賀紋」など、紹介できなかった「謎の紋」もあります。(だって源氏香より説明が長くなりそうなんだもん!)

現代社会に生きる紋、なんてのも考えはしたんだけど、結局つまんなくなりそでやめちゃった(笑)。ほら、三菱や桃屋(!)とか、鎌倉市章は笹龍胆、とかさ。

謹んで最終回に選ぶのは、「菊水」に「饅頭菊」、「並び矢」に「当り矢」、そして「半月」です。
菊水

饅頭菊

並び矢

当り矢

半月

饅頭菊って名は「えっ!?」て感じだけど、練切や求肥なんかの和菓子の優美さを思えば納得しちゃう。やっぱ和菓子ってかなり琳派入ってるよね。

>続続 家紋夜話
>大丈夫、月にはいかんて思う、たぶん。

とうとう最後に月までたどり着いたぞー!

さ、やっと泡坂妻夫の家紋の本読めますわっと。書き了ってから読もうと思ってウズウズしてたんだ〜。どこぞの標準紋帖も買っちゃおうかな。

というわけで、長いことお付き合いいただき、ありがとうございました。

以上、ぴったり300紋ちょうどでしたっ(関連画像除く)!!!

« 廻廻廻 家紋夜話 | トップページ | シラン属、三連発! »

Visual界:家紋夜話」カテゴリの記事

コメント

ツルさま、こんにちは。

いつも有難うございます、Master Rocca@自由が丘です。

家紋の記事のすべて(プラスα)を読ませていただきました。
面白かったです。博識ぶりには、脱帽しました。
揚羽蝶のバリエーションの多さには非常に驚きました。
意匠として非常に美しいものもあれば、
こなれていないものもあり、色々で楽しいですね。
わたくしの地区は来月お祭りで、新しい木札をオーダーしたばかりなので、
とてもタイムリーなネタで楽しめました。
(木札には、家紋が付き物なのです。)

また寄らせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 廻廻廻 家紋夜話 | トップページ | シラン属、三連発! »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想