« はちすの記2009 その拾四&拾伍 ほか | トップページ | はちすの記2009 その拾六 ほか »

2009年8月19日 (水)

桔梗、復活 ほか。

だいぶ朝晩は涼しくなってきた都内です。博多や京都はまだ熱帯夜とかなんだろうかなあ。

空中庭園@下丸子にある絞り咲き桔梗、また咲き始めました。
株によって個性はいろいろ。中に1苗、地合い絞りすなわち地色が白ではなく淡い色がついているものがありまして。今日は3輪咲いてます。
★形具合がなんとなく鋭角 能衣装?で言う「片身替り」な感じ

これは白地絞りと言ってもいいかも

画像じゃ違いがわかりにくいでしょうが、3番目などは地合いというより白地の絞りと言ってもいいかもです。一輪ずつでも違うんやね・・・

前にも書いたけど、この株は絞り咲き桔梗には珍しく紫紺の面積が多い。よいわ〜〜!
また、花形にもちょっと特徴があって、花弁が細身で、横から見た平開角度も小さめ。いかにも野草的、と言えばいいんでしょうか。またそこがよいわ〜〜。
まあ、まだ若い株だから、花形も来年になったら変わってくるかもしれないけれど、現時点では確かに他の株と異なるのだ。

今時園芸店で売ってる桔梗は、早咲き・大輪の改良品種ばかり。結果、カレー皿のようにびろ〜んと平開するのが多くてさぁ、いまひとつ風情に欠けることもあるんよ。
野生品の形質を強く遺した株の入手は案外難しく、各地の「桔梗寺」「万葉の庭」なんかでも維持・更新に困っている由。五月雨の頃に咲いたんじゃ、秋の七草にならないんですね。そりゃ自分とこで増殖しろよって感じもしますが。
ちなみに桔梗は毎年咲く多年草だけど、植え替えもせず数年放置するといつの間にか消滅することが多いのだ。(個人的には、「あさかほ」を桔梗のことと解するのはいささか無理があるのではないかと思う・・・だって一日中咲いてるんだもん)

そして、明日開く蕾も。前日あたりになるとこうして絞り柄がくっきり現れてくるんですよ。ビーチボールかお手玉みたい、楽しー!!わくわく
(こりゃまた良い柄が咲きそうぢゃわい)
明日咲く蕾

そしておまけにもう1個、イランイランの花?蕾?も成長しつつあります。こうやってだんだん大きくなっていく花なんです。でも香りはまだ・・・おいおい明日には帰省すんのによ。萎れるあたりになって香りが強くなるそうだから、まあそこは何とかなるかと。
イランイランの花?蕾?

« はちすの記2009 その拾四&拾伍 ほか | トップページ | はちすの記2009 その拾六 ほか »

Plants界:空中庭園@下丸子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はちすの記2009 その拾四&拾伍 ほか | トップページ | はちすの記2009 その拾六 ほか »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想