« 黄と赤、夏と秋の狭間の朝焼け | トップページ | Miracle Magical Mystical »

2009年10月 8日 (木)

颱風一過 蒼穹の午後

朝迄の荒天が嘘の様にすつかり晴れ上がり風も収まる
日射し眼に眩しく膚に痛い程 気温も稍高く恰かも夏に戻つたかの有様にて

各地の被害甚大の報道に心痛む
田畑の様子を見るとて行き命を落す年配者此度もあり 理解に苦しむが己も亦職務中に大風吹けば我家の空中庭園植物群に気を揉む事同じなる乎

軈て雲一つ無く澄み渡つた蒼穹の下
町角に金木犀の香りが流れ始めた事にもふと気付く

蒼穹シリーズ第6弾 今年の金木犀


―昭和二十年代前半日記風―

« 黄と赤、夏と秋の狭間の朝焼け | トップページ | Miracle Magical Mystical »

自然Field:青空とか蒼穹とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄と赤、夏と秋の狭間の朝焼け | トップページ | Miracle Magical Mystical »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想