« 「お土産」ばなし | トップページ | けなげ・・・ »

2010年5月 2日 (日)

帰省&晩春の蘭花

はー、博多の実家に帰ってます・・・今日も今日とて庭(ベランダ)仕事して、それから帰省して、それから庭仕事しちゃったぜー。

東京で蓮と睡蓮の植え替えも済ませてきたばい(まだ手指が微妙にヘドロ臭・・・)。

本日、関東の蒼穹の下、ベランダで作業していてふと脇を見たら、石斛/セッコクが咲いていたのでご紹介。すなわち日本に自生する着生蘭の一種、Dendrobium moniliforme。洋蘭のノビル/nobile系デンドロビウムに近縁の種類なり。(また蘭かょ^^;)久しぶりの蒼穹シリーズ、No.10認定!

蒼穹シリーズNo.10 やさしい感じです

石斛といえば基本的には白花なんですがこれは赤花品、原種ながら「雷山」なる銘がついた品種モノ。「福岡県原産」だそうなので、間違いなく雷山/らいざん(福岡市西方近郊のちょっとした山の名前である)の山中で発見された優良個体ということでしょう。花物石斛の中でも有名な品種です。

かなり前、原種の石斛の赤花品が欲しくなって東京ドーム蘭展で買った際、数ある品種の中からこれを選んだのはやはり福岡の産だからって理由も大きかったんだけど、このチョイスは当たりだった。

ピンクの色合いも優しいが、草姿が間延びせずかっちりまとまって乱れが出ないのが本品種の特長、ここがまた大変好ましい丈夫だしネ。

もう10年ぐらい植え替えせず大株仕立てで持ち込んでるので、ワシワシと100本立ちぐらいになってるんですよ。だから毎年よく咲きます。と言っても鉢径わずか9センチなんだけどー。ちょっと緩めてあげようかね。

惜しむらくは、さっさと咲いてさっさと萎れます、蘭のくせに(+_+)東京に戻ったら散ってるのかなぁ。

いつの日にか、この石斛か風蘭をIマルガーデン(つまり姉貴の家の庭)の紅梅「鹿児島紅」の木に着生させちゃろうと目論んでいるツルであった(V)o\o(V)ちなみに風蘭には甘くmilkyな芳香がありますが、石斛は無香空間デス、基本的に。

あ!実家の白梅、木の半分以上が枯死しとる・・・南無。

以上、アルコール入りでしたとさ。

« 「お土産」ばなし | トップページ | けなげ・・・ »

自然Field:青空とか蒼穹とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お土産」ばなし | トップページ | けなげ・・・ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想