« 谷間の百合ならぬ海辺の百合 | トップページ | 松本 隆という作詞家がいる Ⅱ »

2010年7月26日 (月)

続 きちかう

-----
ただねえ、今年は二重咲き品がほとんど二重になってない・・・
-----

来ましたよ来ましたよ、二重咲き〜〜!もち、絞り。

肥料の甲斐あってか

「うまく搾ってるなー」、もとい、「うまく絞ってるなー」なものも現れてきてます。
今年こそ交配に挑戦するぜっ。

交配決定!うまく絞ってるでしょ 交配決定!各花弁の中心に紫紺の筋が走るタイプ

交配決定!地合い絞りも期待大

一般に、多弁咲きというものは雄しべが弁化するものであるため、花粉を欠くこととなりやすい。従ってセルフクロス(個体内交配:自家受粉)やシブリングクロス/Sibling Cross(同種異個体交配:同胞交配)が不可能となることが多く、有性生殖による絞り咲き等の形質の維持増殖や育種にはそれなりに困難が伴うもの。
つまり、一重咲き個体の花粉を用いなきゃいけないのでね。

もっとも、キキョウの場合は二重咲きでも雄しべがちゃんとあり、花粉も出ているので、交配に問題はなさそうです。


・・・しっかしオノレはベランダにこれ以上桔梗を増やすんかい・・・
誰かもらってくれません?

« 谷間の百合ならぬ海辺の百合 | トップページ | 松本 隆という作詞家がいる Ⅱ »

Plants界:空中庭園@下丸子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷間の百合ならぬ海辺の百合 | トップページ | 松本 隆という作詞家がいる Ⅱ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想