« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月17日 (日)

愛宕神社につきお勉強

先日、こんなメールが京都の姪っ子から届いた。

-----
インドア派な私だけど、今日は珍しく一念発起して愛宕山に登山してきました。き、筋肉痛が…。
-----

シブいとこ行ったもんやなー。

愛宕山/あたごやま/あたごさんという名の山は全国津々浦々にあるけれど、京都で言えば右京区と亀岡市の境、つまり山城と丹波の国境にある山のこと。嵐山の向こうっ側て感じで渡月橋からも見えている。京都のご多分に漏れず、もとは修験道の山、権現信仰の聖地だった様子。

標高924mの山頂には愛宕神社なる社が祀られていて、現在の主祭神は伊邪那美命(伊弉冉神)/イザナミ。
火伏せすなわち防火の神さんとして知られ、京都のおうちの台所ならどこでも貼ってある(今でもそうだと思うけど)「火廼要慎/ひのようじん」のお札はこの神社のものです。

ここを総本社として、全国に広がる愛宕神社は1,000社近い由。

例えば都内なら港区、東京タワーの北のあたりにあって、主祭神は火産霊命/ホムスビノミコトだと。いかにも火伏の神様らしい名前です。
日本一長い歌(と思う)、鉄道唱歌の第一番に「愛宕の山に入り残る 月を旅路の友(供?)として」と出てくるのはここのこと。はてそんな「山」だったっけと思って調べてみたら、標高25.7m、天然の山としては東京都23区内の最高峰であるそうな(^-^)
日本初のラジオ放送が行われた場所、というプチ蘊蓄もあり。

愛宕神社というのはツルの出身地、福岡市の西区にもあって、ここも愛宕山というちょっとした丘(標高68m)の上です。博多の春先の風物詩、シロウオ漁で知られる室見川が博多湾に注ぎ込むあたり。見晴らしも案外いいんだよね。

愛宕山から福岡タワーを望む

小学生のころ、飼っていたカメをここの石段下の小さな池に放しに行ったことがあったなあ。あの池、今もあるのかな。

調べてみると、ここは正式には鷲尾愛宕神社といい、伊邪那伎命(伊弉諾神)/イザナギと天忍穂耳命/アメノオシホミミノミコトを祀った鷲尾神社(英彦山権現系)と、ホムスビとイザナミを祀った愛宕神社とが明治になって合併したものだとか。
いやあ、面白いですねえ、この組み合わせ。だって、ホムスビとは、イザナギとイザナミの間に生まれたカグツチ/伽具土神の日本書紀における名前ですよ。前にも書いたけど、火の神カグツチを産んだ際、イザナミは陰部に火傷を負って死んでしまい(@_@)、これを怒ったイザナギは十拳剣/とつかのつるぎでこの息子を斬り殺してしまうんです。そんなドロドロの子殺しドラマの主役たちが一緒に祀られているだなんて。
ちなみにオシホミミは、イザナミの死後、黄泉から戻ったイザナギが禊をした際に生まれてきた天照御大神(天照大神)/アマテラスの子であり、また天孫降臨する邇邇芸命(瓊々杵尊)/ニニギノミコトの父にあたる。福岡県東部、英彦山/ひこさんにある英彦山神社の主祭神です。ここも修験道の山ですね。

で、話は戻って京の都の愛宕神社。なぜ火伏せの神様なのか。本殿に祀られたのはイザナミだけど、若宮に迦遇槌命/カグツチが祀られてるんですな。
若宮というのも多義的な概念のようですが、ここは主祭神の子供をお祀りしたものと考えればいいんでしょう。

京都にはもう一つ「愛宕」の名がついた神社仏閣がありまして。
同じ右京区の嵯峨鳥居本にある愛宕念仏寺てのがそれ。念仏寺といえば化野念仏寺が有名だけど、それとは別どす。化野のちょっと先ってとこにある、数多くの羅漢像で有名なお寺。
実はこちらは「おたぎ」と読むんです。なんや京風にはんなり。そういえば、うちの大学にも愛宕/おたぎ先生てのがいたなー。京の下級お公家の家柄らしかったけど。

このお寺が愛宕神社と何か関係あるのかないのか、昔から気になってるんだよね。

確か、愛宕寺というのは歴史はものすごく古いんだけど(勅願寺ではなかったかと)、昔は東山(六波羅あたり?)にあったはず。長いこと荒廃していて、やっと昭和に入ってから現在の地に移され、高名な仏師であり僧籍にもあった西村公朝/こうちょうが再興したのだと記憶している。
ツルが大学入った年に、誰でも石で羅漢像を彫って納められる「昭和の羅漢奉納」とか何とかいうのが始まったんだよなー。

愛宕神社と愛宕寺、今はわりと近くにある感じやけど、昔は御所を挟んで反対側に位置してたわけだし、前者が後者の権現社だったとかいうことではなさそうに思うんよね。読み方が微妙に違うのはさて措くとしても。

考えてると、なぜ東山から嵯峨に移されたんだってところも気になってくるんだけどさ。

今後の継続検討を要す。

地上庭園@下丸子:Task 4 プチ追加

結局、この週末もまたちょろちょろっとやっちゃいました。地上庭園関係。

幸いTask 4のシクラメンは、先週末に植え付けて以来盗まれることもなくすんでいるのであるがー。
調子を落とした個体が1株出てきたので、早速ホームセンターで同色のものを買ってきて差し替えです。土が不足気味だったのも適宜補ってと。

斑入りアイビーのちょっと面白いのもゲットしてきて、シクラメンの市松模様の隙間に植え付け。品種名ミントコリブリ、158円×6鉢、安っ!ってより、冬越しが心配になるぐらいの小さな苗です。ボリュームアップの意図に出たものですが、気づかない人の方が多いかも・・・いちお、先週の姿も再掲しときましょうか。(どのシクラメンを取り替えたか、わかるぅ?)

周辺部に緑が微妙に増えたっしょ?(笑) 先週はこうでした

そんなのをちょちょっとやっつけた後で全体を見回ってたら、Task 3のサツキに新しい虫喰いの跡が!何かの幼虫を発見!!もちろん殺虫剤で秒殺っす。鬼畜。

数匹いましたが

そういえばこの植栽、西日本ではもはやほとんど見かけなくなったミノムシもプチ発生するみたいなんだよね。生きてる個体はまだ確認してないけど、小さーな蓑が枝に残っているのをいくつか見ました。懐かしいかも。

虫といえば、そもそもの発端となったTask 1のサンゴジュは、時々殺虫剤を噴射してるせいか緑がやや復活してきました。

枯れたと思われてたらしいけど

サンゴジュハムシは10月に卵を産むそうなので、今月一杯はちょっと気を抜けない。週に3日勤務の管理人さんも植物がお好きのようなので、事情を話して防除をお願いしました。

だからと言って、今後ずっとこんな管理をやっていくのも現実的ではないしなあ。最終的にはやっぱり抜くことになると思ってるんですけど。

2010年10月15日 (金)

今年も開花しました

なかなか殖えないけど

黄色いヒガンバナ、Lycoris aurea満開。昨年に引き続き今年も1本だけでしたが・・・

2009年の開花が9月26日。
2008年の開花が10月7日。
やっぱり、ちょっと遅いようですな。
あ、後ろに写ってるのは2代目ミラクルフルーツです。この冬は枯らしたくないなあ。

黒赤ヒガンバナは今年は咲きませんでした・・・残念。

2010年10月12日 (火)

地上庭園@下丸子:Task 4

マンションの植栽回りのお話、まだまだ続きます。今回は大作だぜ。

Task 3とは別のエリアに、またサツキの大刈込があるんですね。アプローチに沿って細長く、道路から見て左側に。アプローチをはさんで、Task 1のサンゴジュとは逆の側。

ところがこれがまた極めて調子悪げ!(そんなんばっかし)実はコンディションとしてはこのエリアがワースト。太い枯れ枝が出まくっててスカスカ、まともな姿になっとらん・・・
こうまで状態が悪いと、おいそれとは手も出せない。下手に剪定なんかしちゃうとそれだけで一層弱りそうで。業者もあまり手を入れてきていない、いわば負の聖域。

ツルとしては、根っこに何か問題があるに違いないと思ってました。土壌が過湿なのは間違いない。地表はいつもジメジメと黒く腐ってるっぽいし、過湿の象徴ゼニゴケも生えてっし。
とりわけ、道路に近い先端部分の一角なんて、完全に枯れ果てて土がむき出しになっちゃってる。通りからも一番目立つ場所なのに。こんな具合↓

この向こうにTask 3のサツキがあるという位置関係

マンション建物から道路側にかけてやや下り勾配がついてるので、一番低いこの一角に水分が滞留しちゃうんでしょう。で、木の根も呼吸できずに枯れてしまったんじゃないかと。
この部分の土壌を改良すれば、細長い植栽全体の排水も少しは良くなると考えた次第。

それにしても、じゃあなんでそこまで水排けが悪くなってるのか、そして具体的にどう対処すればいいのか、そのあたりはまず土を掘り返してみなければわからないこと。
ツルが最も懸念していたのは、地中にでっかい「異物」が埋まってるんじゃないかということでした。
これは前にも経験があって、福岡の姉が家を新築して庭(つまりこれがIガーデン)を作った時には、畑にした部分のすぐ下に長さ1mほどもある大石が隠れていた。これじゃニンジンだって育ちませんばい。以前建ってたお舅さんの家の庭石がそのまま埋まってたようで、結局義兄が職場(高校の建築科の先生なのだ)から建設用ドリルを借りてきて破砕したそうな。
米国人の友人S氏(先日お父さんを亡くされた・・・)が都内で共同住宅1階に引っ越した時には、壺庭的なものを作ってあげようと掘り返してみたら、漬物石大の石やらコンクリート残滓やら土管やら枯れ木の根っこやら、果ては包丁に硬貨に古ストッキングまで、次々に出てきて往生しました・・・
そういう所では必ず植物が弱ってくる。根の状態の悪さが地上部に表れてくるんですよね。

だいぶ前、マンション管理組合の総会の折にそんなこんなの話をしたら、いきがかり上ツルは理事長さんと共同でこの部分の土壌改良作業に取り組むことと相なったわけです。
まあ、65cm×50cmぐらい、高さは40cmぐらいかな。決して広い面積じゃありません。
で、この夏の異常な暑さが収まるのを待って、ついにやりましたばい、この3連休の最終日、朝10時から。

このために購入したシャベルで掘っていきますと・・・
上半分はいわゆる黒土かぁ・・・これは植栽のために客土してきたものやな・・・
下半分は茶色っぽいありきたりの土・・・と思っていたら、来ましたっ!スコップの先にコツンと当たる固いモノの手応え!!
掘り進むにつれ、やたら細長いコンクリートの角柱が姿を現してきました。ばっちり予想的中!!でもまるで動かん・・・おっさん2人が10分ほどの悪戦苦闘苦闘の後、やっとこさ掘り上げました。お、重いぃ・・・
もちろんこれだけじゃないんだよ。他にも、コンクリ片やら石やら大小ザクザク出てきよりました↓

スコップの大きさと比べてみませう

はー、なんだかねえ。埋め込んじゃえばわからないさってことなんでしょうかね。

とにかく、地面と同じ高さまで掘り進めると、一番下はセメントで平らに固めてありまして。うーん、そんなことしちゃうから根も呼吸できなくなっちゃうんだよぉ。それこそドリルで排水孔ぶち開けたいぐらいじゃ。
時計を見ると午前11時10分、とにかく掘り起こし完了っす♪↓

第1ステージ終了!

ここでひとまず小休止、自転車に乗って二人でホームセンターまでお買い物に。買ってきたのは15リットル入りの軽石の大粒を2袋、小粒を2袋、つまりは排水をよくするための土壌改良材ってことです。あえて腐葉土などの有機質は今回パス。

まず、穴の底に大粒の軽石2袋分全部を敷き詰めた後、掘り出した土を篩にかけて大きな石ころを取り除きながら、少しずつ戻していき、小粒の軽石もどしどし投入。混ぜ混ぜしてはまた同じことを繰り返す。
掘り出しに比べりゃ比較的楽な作業だけど、前々日に雨が降ったので篩が目詰まりしやすくてやや手こずりました。

こうして作業も終わりに近づいたころ、ちょっとした問題発生!少ぅし土が足りなくなっちゃったんですわ
普通、こんなことをやると、土に空気が入って優に1割は嵩が増えるもんなんです。その後は数ヵ月かけて少しずつまた沈んでいくので、土の量はそこまで見越して決めなきゃならないんだけども。
今回も、余った残土はどう処理しようって話をしてたぐらい。しかして実際は、取り除いたコンクリ片だのの廃材が思ったより多かったというわけです。
で、急遽ツルも手持ちの培養土やら赤玉土やら腐葉土やらを供出、なんとか嵩を稼ぎました。

ほんで、最後に、やはりホームセンターで買ってきたガーデンシクラメン@298円×13株を市松模様に植え付け。耐寒性の強い、屋外で越冬する小型のシクラメンです。
どさくさ紛れに空中庭園@下丸子産のゼフィランサス・シトリナ6球もはじっこに植えちゃった。そう、このTask 4こそ、下丸子バイオテロ計画の一環でもあったのだよ「産めよ殖えよ地に満てよ」が合言葉。

中心から周囲へ三色グラデーションをかけてみました

ここまでやって午後2時45分。快晴の下、トータル5時間になんなんとする庭仕事でありました。費用はスコップ等も含めて1万円弱ぐらいだったんじゃないでしょうか。

今後、土が沈むのに対応してもう少し土を足さなきゃいけないでしょう。それに、最終的には、草ではなく背の低いブッシュ状の木をアクセント的に定植することになるだろうと思います。(何を?ってのがまた問題なんだけどさー。ビヨウヤナギ?レンギョウ?ボケ?目先を変えてブルーベリーとか??やっぱここも常緑樹ですかねえ?)

ともあれ、何とか形にできたようで。(どうかシクラメンが盗まれませんように)
Nさん、お疲れ様でした!数寄者のツルにお付き合いいただき、どうもありがとうございました。作業の後にいただいた缶ビール、すごくうまかったです

2010年10月 6日 (水)

地上庭園@下丸子:Task 3

前にもちょっと書きましたが、ツルはときどき、住んでるマンションの植栽を(勝手に)手入れしちゃったりしております。

枝ぶりの乱れてきたツバキやサザンカを整姿剪定したり、大発生すれば木を丸禿げにされちゃうチャドクガ幼虫(しかもトゲが刺さるとかなり痛い!)を早期退職、もとい早期退治したり、この夏には伸び過ぎたツツジの植え込みの切り戻し&枝透かしをやったり(Task 2)、例のサンゴジュハムシの撃退に取り組んだり(Task 1-b)。

造園業者も年に1度は入るので、当方ではあくまで必要最小限というか、緊急避難的って程度に。
作業自体もなるべく目立たないよう、控え目控え目にやってたわけ。だって他の住人さん達にヘンなヒマ人って見られるのもヤだしさ。(ほんとは、そんな感情なんて四半世紀前にとうに克服してるのであるがー。そうでなきゃ街なかでの庭仕事なんてやってられませんよ)

ところがです、ここんとこ丸1ヵ月間、思いっきし目立つようなことを、ほぼ毎週やっちまってたのだ。↓

Before: 9月4日(土)
Before(1)

After: 10月3日(日)
After(1)

うーん、画像じゃちょっとわかりにくいかな・・・緑色が減っちゃったぐらいにしか見えないか。相当、風通しよくなったんですけど。

今度剪定しちゃったのはサツキです。道路に接したとこにある、3m×1mぐらいの植栽、いわゆる「大刈込」というやつ。これの枝が混み合い過ぎて、日照や通風が悪くなって、枯れ枝が相当出て・・・つまり、8月に剪定したTask 2のツツジと同じ状況。

前から気になってはいたんです。でも、サツキはツツジに比べて枝が相当細かかったりするから、ツツジより狭い面積でもむしろ数倍手間がかかる・・・さすがの数寄者も躊躇しちゃってました。

けど、ツツジを剪定してたら枯死した個体がいくらかあったので、気になって探ってみると、やっぱり!このサツキでも同様。で、「どげんかせんといかん」とばかり、ついに着手したわけ。
本来の剪定の適期(花の咲いた直後の6月後半あたりでしょう)からは外れてるんだけど、木の健康回復という見地から、早い方がよいと判断しました。来春の花つきには多少影響が出るでしょうが。

この剪定に際してはもう一つ留意したことがありまして。それがこれ↓

9月4日
Before(2)

10月3日
After(2)

わかります??
側面の輪郭が、ズバッと垂直に裁ち切られたように仕上げられてたんですよね、大刈込なのに。
しかも、なぜか左側だけがこうなってんの。右側(写ってないけど)はゆるやかに自然なカーブを描きながら地際に降りていく感じなのに。
つまり、蒲鉾を縦方向に真ん中から切り分けたような形。不自然というか、不可解というか、武骨なんです。前は絶対そんな姿じゃなかったぞ!

もちろん、エッジを利かせた直線的なフォルムに仕立てるやり方もあるけど、ここのマンションの植栽全体のトータルコーディネートという観点からして、その方法は到底採り難い。

なんだかなー、やっぱり、業者が下手クソなのか、足下見て手抜きしてるとしか思えないんだよね

で、ここに本来あるべき曲面を復活させようと試みたんですが・・・あまりうまくいきませんでした。

枝が混み合ってる場合ってのは、樹冠の最外層にしか葉をつけてないことがよくあり、深切りしにくいんです。勢い、葉っぱを全部落としてしまうことになりかねない。
みっともないし、悪くすると枝がそのまま枯れちまう。葉からの水分の蒸散が止まる、ってことは根が吸い上げた水自体が通わなくなるからですね。光合成だって止まっちゃうわけだし。
そういう事態はやっぱり避けたかった。マンションの敷地ってことは、公共物って性格もやっぱりあるしね。一時的にであれ、見た目があまりに悪くなるのは許されますまい。

相反関係に立つ両要因を止揚すべくギリギリまで剪定したんだけど、現段階ではこれが限界・・・なかなか難しいもんです。まあ、ちっとはRがついたでしょ?

枝透かしは強めにやったので、春には潜芽すなわち「ふところ芽」が内側からたくさん出てくるはず。木の若返りです。それを待ってから徐々にRを強く取っていこうと考えているところでっさ。
そうそう、Task 2のツツジはすでにふところ芽が動き始めてたりします。

しっかし、Task 2よりも、住人の行き来が頻繁なエリアだったので、必然的に露出度合いも高くなって・・・ハズい・・・
9月初めと言えばまだ平気で35度とかいっちゃってたあのクソ暑い陽盛りの中、汗ダラダラでいかにも大変そ〜に作業してたのさ。おかげで管理人さん(今どき正しくは「マンションサポーター」さんと呼ぶ!)ともすっかり仲良くなっちゃった(笑)毎回、お茶のPETボトルを差し入れて下さったりしてね。ありがとうございました♪

結局、長いこと適当にやっつけていると、自然樹形に戻していくにも1〜2年はかかっちゃうってお話でした。いやー、なかなかの大仕事でしたよ、楽しかったけど

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想