« 地上庭園@下丸子:Task 3 | トップページ | 今年も開花しました »

2010年10月12日 (火)

地上庭園@下丸子:Task 4

マンションの植栽回りのお話、まだまだ続きます。今回は大作だぜ。

Task 3とは別のエリアに、またサツキの大刈込があるんですね。アプローチに沿って細長く、道路から見て左側に。アプローチをはさんで、Task 1のサンゴジュとは逆の側。

ところがこれがまた極めて調子悪げ!(そんなんばっかし)実はコンディションとしてはこのエリアがワースト。太い枯れ枝が出まくっててスカスカ、まともな姿になっとらん・・・
こうまで状態が悪いと、おいそれとは手も出せない。下手に剪定なんかしちゃうとそれだけで一層弱りそうで。業者もあまり手を入れてきていない、いわば負の聖域。

ツルとしては、根っこに何か問題があるに違いないと思ってました。土壌が過湿なのは間違いない。地表はいつもジメジメと黒く腐ってるっぽいし、過湿の象徴ゼニゴケも生えてっし。
とりわけ、道路に近い先端部分の一角なんて、完全に枯れ果てて土がむき出しになっちゃってる。通りからも一番目立つ場所なのに。こんな具合↓

この向こうにTask 3のサツキがあるという位置関係

マンション建物から道路側にかけてやや下り勾配がついてるので、一番低いこの一角に水分が滞留しちゃうんでしょう。で、木の根も呼吸できずに枯れてしまったんじゃないかと。
この部分の土壌を改良すれば、細長い植栽全体の排水も少しは良くなると考えた次第。

それにしても、じゃあなんでそこまで水排けが悪くなってるのか、そして具体的にどう対処すればいいのか、そのあたりはまず土を掘り返してみなければわからないこと。
ツルが最も懸念していたのは、地中にでっかい「異物」が埋まってるんじゃないかということでした。
これは前にも経験があって、福岡の姉が家を新築して庭(つまりこれがIガーデン)を作った時には、畑にした部分のすぐ下に長さ1mほどもある大石が隠れていた。これじゃニンジンだって育ちませんばい。以前建ってたお舅さんの家の庭石がそのまま埋まってたようで、結局義兄が職場(高校の建築科の先生なのだ)から建設用ドリルを借りてきて破砕したそうな。
米国人の友人S氏(先日お父さんを亡くされた・・・)が都内で共同住宅1階に引っ越した時には、壺庭的なものを作ってあげようと掘り返してみたら、漬物石大の石やらコンクリート残滓やら土管やら枯れ木の根っこやら、果ては包丁に硬貨に古ストッキングまで、次々に出てきて往生しました・・・
そういう所では必ず植物が弱ってくる。根の状態の悪さが地上部に表れてくるんですよね。

だいぶ前、マンション管理組合の総会の折にそんなこんなの話をしたら、いきがかり上ツルは理事長さんと共同でこの部分の土壌改良作業に取り組むことと相なったわけです。
まあ、65cm×50cmぐらい、高さは40cmぐらいかな。決して広い面積じゃありません。
で、この夏の異常な暑さが収まるのを待って、ついにやりましたばい、この3連休の最終日、朝10時から。

このために購入したシャベルで掘っていきますと・・・
上半分はいわゆる黒土かぁ・・・これは植栽のために客土してきたものやな・・・
下半分は茶色っぽいありきたりの土・・・と思っていたら、来ましたっ!スコップの先にコツンと当たる固いモノの手応え!!
掘り進むにつれ、やたら細長いコンクリートの角柱が姿を現してきました。ばっちり予想的中!!でもまるで動かん・・・おっさん2人が10分ほどの悪戦苦闘苦闘の後、やっとこさ掘り上げました。お、重いぃ・・・
もちろんこれだけじゃないんだよ。他にも、コンクリ片やら石やら大小ザクザク出てきよりました↓

スコップの大きさと比べてみませう

はー、なんだかねえ。埋め込んじゃえばわからないさってことなんでしょうかね。

とにかく、地面と同じ高さまで掘り進めると、一番下はセメントで平らに固めてありまして。うーん、そんなことしちゃうから根も呼吸できなくなっちゃうんだよぉ。それこそドリルで排水孔ぶち開けたいぐらいじゃ。
時計を見ると午前11時10分、とにかく掘り起こし完了っす♪↓

第1ステージ終了!

ここでひとまず小休止、自転車に乗って二人でホームセンターまでお買い物に。買ってきたのは15リットル入りの軽石の大粒を2袋、小粒を2袋、つまりは排水をよくするための土壌改良材ってことです。あえて腐葉土などの有機質は今回パス。

まず、穴の底に大粒の軽石2袋分全部を敷き詰めた後、掘り出した土を篩にかけて大きな石ころを取り除きながら、少しずつ戻していき、小粒の軽石もどしどし投入。混ぜ混ぜしてはまた同じことを繰り返す。
掘り出しに比べりゃ比較的楽な作業だけど、前々日に雨が降ったので篩が目詰まりしやすくてやや手こずりました。

こうして作業も終わりに近づいたころ、ちょっとした問題発生!少ぅし土が足りなくなっちゃったんですわ
普通、こんなことをやると、土に空気が入って優に1割は嵩が増えるもんなんです。その後は数ヵ月かけて少しずつまた沈んでいくので、土の量はそこまで見越して決めなきゃならないんだけども。
今回も、余った残土はどう処理しようって話をしてたぐらい。しかして実際は、取り除いたコンクリ片だのの廃材が思ったより多かったというわけです。
で、急遽ツルも手持ちの培養土やら赤玉土やら腐葉土やらを供出、なんとか嵩を稼ぎました。

ほんで、最後に、やはりホームセンターで買ってきたガーデンシクラメン@298円×13株を市松模様に植え付け。耐寒性の強い、屋外で越冬する小型のシクラメンです。
どさくさ紛れに空中庭園@下丸子産のゼフィランサス・シトリナ6球もはじっこに植えちゃった。そう、このTask 4こそ、下丸子バイオテロ計画の一環でもあったのだよ「産めよ殖えよ地に満てよ」が合言葉。

中心から周囲へ三色グラデーションをかけてみました

ここまでやって午後2時45分。快晴の下、トータル5時間になんなんとする庭仕事でありました。費用はスコップ等も含めて1万円弱ぐらいだったんじゃないでしょうか。

今後、土が沈むのに対応してもう少し土を足さなきゃいけないでしょう。それに、最終的には、草ではなく背の低いブッシュ状の木をアクセント的に定植することになるだろうと思います。(何を?ってのがまた問題なんだけどさー。ビヨウヤナギ?レンギョウ?ボケ?目先を変えてブルーベリーとか??やっぱここも常緑樹ですかねえ?)

ともあれ、何とか形にできたようで。(どうかシクラメンが盗まれませんように)
Nさん、お疲れ様でした!数寄者のツルにお付き合いいただき、どうもありがとうございました。作業の後にいただいた缶ビール、すごくうまかったです

« 地上庭園@下丸子:Task 3 | トップページ | 今年も開花しました »

Plants界:地上庭園@下丸子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地上庭園@下丸子:Task 3 | トップページ | 今年も開花しました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想