« シルヴァスタイン:おおきな木 その10 | トップページ | 戻り際に見つけた花 »

2011年5月 5日 (木)

夢のやうにGWは過ぎて

今度の博多は天気にも恵まれて、庭仕事もそこそこはかどりました。今回の成果はこんな具合↓

このくらいが限度かなあ

このうち草取り分は半分以下なんですがね
だってえ、スコップでいちいち掘り返しては、縦横無尽に絡まり合ったススキ類の根っ子をほどいて取り除いてくのって、エライ大変なんですもーん。徹底除草。スコップ1掘り分で5分ぐらいかかっちゃうことも。座ってやってると足は痺れるわ腰は痛いわで(弱男くん)。ま、ここまではびこらせちゃったツルの不徳の致すところです。

基本、庭仕事の中で剪定が一番好きっなもので、ほかの木まで鋏を入れちゃった

キンモクセイ

キンモクセイは道路際にあって、道にはみ出てたのを出入りの植木屋さんに詰めてもらった関係でちょと形が悪くなったのと、やはり枝が混み気味だったので久方ぶりに透かしました。
右に写ってるのは錦鯉用のフィルターす、今は使って(飼って)ないけど。

そして裏庭のヤブニッケイも(写真撮りそびれたっ!)。中学1年の時、クラスメートに誘われて近くの神社の裏山で採ってきたか細い苗が、ぐんぐん育っちゃいました。若木の時は年に3回ぐらい剪定してたもんな。
鋏を入れてるとシナモンの香りが漂ってとっても爽快です。時々イラガがつくけどネ(痛)

母親が俳句をやってたもので、ツルはよく題材にされたもんですが、こんな句もあるのだ↓

秘密の樹持つ少年に冬夕焼
      京子

てなわけで今や東京へ戻り中。
次は7月初め、父親の十三回忌で帰省だ。

« シルヴァスタイン:おおきな木 その10 | トップページ | 戻り際に見つけた花 »

Plants界:無人庭園@博多実家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルヴァスタイン:おおきな木 その10 | トップページ | 戻り際に見つけた花 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想