« 睡蓮も負けてはいない | トップページ | 文月の果ての蓮 »

2011年7月31日 (日)

電力対策

今日は日曜だけど、ちょっと会社に出てきたのでちょっと・・・

ツルの会社で今進んでいる工事が1件。

思ってたより小さい 空き地があってよかった

これ、自家発電施設なんです。このたびの電力使用制限に際しての施策の一環。

実はこれ、閉鎖しちゃった鹿児島の工場で遊休資産化してた(つまりお荷物ね)のを移してきたもの(@_@)。話を聞いた時はびっくりしたものです。なんという裏技を!

移設が決まったのは、「大規模事業所の15%節電」の政策が発表されてすぐだったのだけれど、輸送中に周波数の差の改造やらサビ落とし(?)なんぞを神戸あたりでやってたそうで、先日無事やっと川崎に到着し、敷地内の空き地に設置中なわけ。
8月1日(月)から稼動可能となる由です。お盆過ぎに始動という噂も途中であったんだけど(夏が終わってしまいかねない!)、改造も設置も突貫工事でなんとか8月月初に間に合わせたようで。(仮設住宅建設とは違ってね・・・)

しかぁし!!
これってつまりは重油を燃やして発電するものだから、コストが結構かかるそうな。なんでも東電から電気を買った方が安くつくらしい。移動や改造にだって億単位のお金がかかってるそうだし。
騒音や排気、臭気など、近隣対策上クリアすべき問題もあるでしょうきっと。

しかもその後の政策変更により制限が緩和されることになったわけで、結局、「非常時のみ稼動」という運用になりました・・・
そういう場合は周辺地域にも電気を供給するのだとか。そりゃまあそうだよね。

« 睡蓮も負けてはいない | トップページ | 文月の果ての蓮 »

地震の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 睡蓮も負けてはいない | トップページ | 文月の果ての蓮 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想