« 祇園社につきお勉強(その1) | トップページ | 祇園祭につき一言 »

2012年3月 7日 (水)

祇園社につきお勉強(その2)

牛頭天王ばなし、もちょっと続けるぞっと。

「天王」がつく地名は全国にあって、その多くが牛頭天王に因むもの。例えば品川の天王洲アイル、京都と大阪の境にある天王山トンネル、おおー。
というより、「てんのう」と聞けば誰しも「天皇」ではなく「牛頭天王」をイメージするってぐらいのもんだったらしい。

ツルは学生時代の最後の1年、京都市左京区の黒谷にある金戒光明寺/こんかいこうみょうじの中にある清心庵というところに住んでいた。黒谷さん(京都人は「くろだにさん」と濁って発音する)と言えば浄土宗五大本山の一つ、法然坊源空すなわち法然上人が若い頃にいらしたところですよ、えへん。つってもツルはそっち方面の者では全然ないし、清心庵もごく普通の安アパートだったんだけど。
それでも、東山づたいに吉田山から真如堂と抜けてきたところにある黒谷さんは境内も広くて、黄昏時に和笛を練習してる若者がいたり、夏には山門の下で近所の子どもたちが地蔵盆で流し素麺やってたり(微笑)と、なかなか風情はありました。三重塔も立派なものだったし。
黒谷と言えば黒谷和讃でしょ、黒谷和讃と言えば「一つ積むのも父のため、二つ積むのも母のため」と幼子が賽の河原で石を積み上げるアレでしょ、ぐらいのところでわかったつもりになってたんだけど、それは地蔵和讃だった・・・

で、ここの南隣に岡崎神社という古い社があって、これの別名が東天王社、地名は岡崎東天王町。やはりこれも同じ由来のやう。桓武帝の平安京建都に際して王城鎮護のため都の四方に祀られた天王社の一つで、主祭神はもと牛頭天王、現在は須佐之男命!うわー、どんどんピースがはまっていく!!

ただ、大阪市天王寺区の由来となった四天王寺(今もあります)となるとまた違っていて、これは飛鳥時代、崇仏派の蘇我馬子と排仏派の物部守屋の争乱に際し、蘇我方の聖徳太子が持国天、増長天、広目天、多聞天(=毘沙門天)の四天王に祈って勝利したお礼に建立したという由緒あるお寺。さすがに牛頭天王とは時代感がだいぶ違いますね。
この天王寺区の南隣にあるのが阿倍野区。陰陽師安倍晴明はここで生まれたということになってて、安倍晴明神社というのもある。なんだか怪しいものオンパレードになってきた。
ちなみに、区名は「阿倍野区」で阪堺電鉄の上町線や市営地下鉄の駅名も「阿倍野」、なのに近鉄の南大阪線は「阿部野橋」、そして神社は「安倍晴明神社」。わかります?漢字が少しずつ違うんだよね。なかなか覚えられなかったものです。

他方、牛頭天王の八人の子というのが(異説もあるようだが)いわゆる八王子で、東京都八王子市の地名もこれを祀った八王子神社から来ている。
さらに、そのうち一人の名前が「大将軍」。これは京都市北区にある地名だ!ををー。

もう、どこまでも枝葉が繁って尾鰭がついて収拾つかなくなってきたので、ちょっと立ち戻りましてと。

祇園社の総本社を名乗るのが八坂神社(と兵庫県の広峯神社。こちら側に立てば、牛頭天王はまず広峯に入り、それから上述の岡崎神社/東天王社に、そして八坂神社に遷し祀られたのだとか)。所在地は京都市東山区祇園。

八坂神社の縁起は、藤原基経が私邸を寄進して造営した寺に起源を求める説が一般的のよう。この行為が、須立長者が樹林を寄進して祇園精舎を建てたという仏典の話に似ているところから祇園社と呼ばれるようになったとやら。何となく嘘くさいが、つまり寺ですよ、寺。
ここに牛頭天王を祀り、平安時代のうちから須佐之男命が混淆していったわけです、いずれ劣らぬ暴れ者。妻の頗梨采女も須佐之男の妻の奇稲田姫と同一視されるようになる。あー、やっぱりややこしい。

祇園信仰ってぶっちゃけ怪しいところだらけってのがわかってきたので、枝葉ついでに書いておくと・・・
「祇園」というのはシオニズムの「シオン」と同源であるというトンデモ話があって。シオンというのは、ユダヤ教とイスラム教の聖地で、イスラエルのエルサレムにある丘のこと。「嘆きの壁」のあるところです。ここってフランス語だとSionだけど、英語やドイツ語ではZion(英 ザイオン:独 ツィーオン)で、祇園すなわちGionに限りなく近づくわけやね
この説だと、右京区太秦(広隆寺と映画村のあるとこネ)にある「いさら井/井浚/伊佐良井」という井戸(今では涸れてます)も「イスラエルの井戸」の意味で、近くの神社「蚕の社」にある三本足の鳥居も六芒星すなわち「ダビデの星」を表してるてなことになってる。うはははは!(ちなみに五芒星すなわち「ソロモンの星」は阿倍清明印でもある)
実は「いさらい」の語は井戸の名としてはわりと普通だったらしいけど、なんと言っても場所が場所だからねー。帰化人、もとい渡来人の本場って感じで。

あだしことはさておきつ。結局のところ平安京の祇園社は社(=神社)というより院(=寺院)と見られており、延喜式神名帳にもここのことは出てこない。奈良の興福寺や比叡山延暦寺の管理下に置かれたこともあったようです。

実はここを造営した藤原基経は菅原道真の政敵であり、また、この長男こそ延喜式の編纂を始めた(かつ道真を左遷に追い込んだ)藤原時平!おもしろーい。
八坂神社と北野天満宮(福岡的には櫛田神社と太宰府天満宮か?)は対立関係にあったりして、あはは。(罰当たりっ!)

実は八坂神社という名前も明治の神仏分離令(1868年〜)以降のもので、それまでは祇園感神院/感神院祇園社と呼ばれていた。
明治政府の大弾圧を受け、感神院は廃寺となって強制的に神社に改組させられちゃったわけ。お祀りする対象も牛頭天王を廃して須佐之男命オンリーにされちゃってる。これは全国の祇園社も同様だったらしい。
それだけじゃない。各地の八王子神社でも祭神がすげ変えられ、「牛頭天王と頗梨采女との間に生まれた八人の御子」から「須佐之男と天照の誓約/うけひによって生まれた五男三女神」になったりしたのだ(@_@)。

明治政府による廃仏毀釈って、つまりはこういうことだったんですね。今までもいろんな神社を調べて思ったけど、神仏分離令って、ほんとに日本の信仰体系をズタズタにしちゃったんだなあ(@_@)

To be Continued...

« 祇園社につきお勉強(その1) | トップページ | 祇園祭につき一言 »

文化Field:神祇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園社につきお勉強(その1) | トップページ | 祇園祭につき一言 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想