« こんなのも咲いてます | トップページ | 大きな蛾の思い出 »

2012年6月17日 (日)

死せる蛾−オオミズアオ

つい数日前のこと。会社の中庭に面したガラスに、オオミズアオが止まっていた。何年ぶりに見ただろ!!10年は軽く超えるわ。

ご存じでしょうか、オオミズアオ。でっかい蛾です。アゲハチョウにも優るとも劣らない大きさ。あ、翅の形もアゲハのSwallow Tailによく似てるじゃないか。

でも、オオミズアオをオオミズアオたらしめているのは、なんといってもその色合いでしょう。
淡ーく澄んだ、ペパーミントグリーンの翅。そして前翅には前方にだけ細い紅色(臙脂色?)の縁取りが。4枚の翅の中央辺りにはちょっとした小紋もさりげなく入ってる。
間違いなく、日本産の蝶や蛾(鱗翅目、とは今時言わんの馬鹿?)の中で最もキレイなベースカラーを持つ種だと思う。蛾なのに、パステルカラーなんだぜえ!ちょうちょも真っ青。
とは言え、触角が蝶とは違って櫛形なのはやっぱり蛾のサガやな。

まさか会社の中庭でオオミズアオを見るとは思わなかったけど、子供の頃はたまに目にすることがあった。見るたびに衝撃を受けてた気がする。
ちょっと薄暗いようなところにふいにいたりするんだよね、この青白い大きな蛾は。いつも必ず一匹だけ。いつも突然見つけては息が止まった。

きれいな色なんだけど、この蛾を美しいと感じたことなんて一度もない気がする(あ、ツルは蝶は好きな方ですよ)。ちょっと薄気味悪いような、怖いような、妖しいような・・・自然界にはあり得ない人工的な感じで。ある意味幽霊っぽい?

いや、そうじゃない。オオミズアオのあの感じ、多分、「なまめかしい」って思ってどぎまぎしてたんだ、そんな言葉もよく使えない時分だったけど。

ちなみにこの蛾、Actias Artemisというそうな。アルテミスと言えばギリシャ神話の月の女神!むべなるかな!
ヤママユガ科だそうですが、色合いがまるで違ってますよねえ。こういう大型の蛾って、ヤママユガとかシンジュサン、クスサンみたいに、だいたい茶色が多いですもんね。ま、蛾ですから。


見つけた翌日、どこかへ飛んで行ったかなーなんて思って見てみたら、昨日いたところの下で死んでいました。

まるで標本のように翅を開いたまま

瑞々しい淡緑色も心なしか色褪せて、白っちゃけて。雨の降りかからない場所だから、少し長く残るかもしれないけど。

オオミズアオって、成虫になると一切飲み食いしない(できない)らしくて、1週間ほどの命なんだとか。(ヤママユガの仲間はどうやらそうらしい)

子孫も残しそびれてしまったんやね、きっと。南無。
だから、ちょっと撮ってあげました。生きてるうちに収めてあげられればよかったんだけれど、ごめんね。

« こんなのも咲いてます | トップページ | 大きな蛾の思い出 »

コメント

蛾だけどパステルカラー(*^_^*)
昔友人がこの蛾を蝶と間違えて捕獲してました(^-^;

でも、ほとんどの人にこの蛾の写真を見せると「蝶」と言います。
好きな蛾の一つです。

鋼鉄ガネゴンさま

どうも初めまして、ツルと申します。

昔の書き込みにコメントいただくと、なんだか嬉しいです。

あのオオミズアオはその後、一月ほども姿をとどめていました・・・

確かに日本で一番クリーンでキレイな色合いの蛾、いや昆虫でしょうね。大きくて見栄えもするし。蝶と言っても十分通用しますよね(^-^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなのも咲いてます | トップページ | 大きな蛾の思い出 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想