« 晴れた朝、蓮の花 | トップページ | 海の日の朝焼け »

2012年7月14日 (土)

サツキ、ちょっと荒療治

前にも書いたけど、ツルの住むマンションのエントランスにはいくらか植栽が植わっていて、ツルは結構マメに手入れを(勝手に)やらせてもろうとりマス。

で、その中に、道路に沿って5m×1mほどのサツキの植え込みがあって、大刈込に仕立てられてるんだけど、あまりいい剪定をされてきてなくて崩壊寸前ぽかったのを、ツルが抜本的に剪定したのが一昨年の9月↓

2009年9月4日

その時は多量の枯れ枝を取ったり、適宜忌み枝を抜いたりしてだいぶ透かし、風通しをよくしたわけ。
その後も結構こまめに剪定はかけて、素性の悪い枝もよほど取り去り、ふところから出させた枝もだいぶ伸びて、全体の調子は良くなってきたのですが・・・

けれど1ヵ所だけ、どうにもうまくない箇所がある。道路際、エントランスに一番近いコーナー(上の画像だと右端に少し写り込んでる、スカスカなところ)。木の本数でいうと3本ほど。新芽の芽吹きがどうにも悪過ぎて、これじゃ剪定のしようもないってぐらい。葉の色も極めて悪いし。

思い当たったのは2つ、土の下に建設廃材とかがどっさり埋まってるんじゃないかってことと、コガネムシ類の幼虫に根を食い荒らされてるんじゃないかってこと。
前者はやはり一昨年の秋に別のエリアのサツキが枯れた箇所を掘り起こした時に経験済み、アレはひどかった。水排けがひどく悪くなってたんですね。
後者も空中庭園@下丸子のプランターで被害に遭ってる。ご本職のじゅず丸様のサイトでも「最近アオドウガネがとても増えている」ってあったし。アオドウガネってのはきれいな緑色をしたコガネムシの一種、元々南方系のものだと思うけどね。ただまあ、それだったら3本だけ弱るってこともないか。

勝手にいじり始めた手前、それなりに成果を出さざるを得ないだろうってわけで気にはなってたんだけど、そりゃ共有エリアの植栽だし、あんまし派手な動きはしちゃいけないかなと控えてたわけ。
けど、2年近く手入れしてるのに、一向に良くなる気配がない。

これはやっぱり土壌の問題だろうと思い、本日ついにスコップを入れて掘り返しましたよ、3本分。
もちろんその前に、軽石の大粒と小粒とを大袋で買ってきて準備万端おさおさ怠りなし。これは前の時にも採った方法、結果がよかったので。腐葉土も考えたけど、コガネムシ類の被害がひどくなりそうで無機質系の土壌改良を図ることに。
ちなみに自費っす、管理組合の理事長やらされてるとはいえ、これはまあツルの道楽ですから。

掘りました! 底まで!

で、底まで掘り返してわかったこと。予想は半分当たってました。コンクリートの塊とかはやはりそこそこ出てきた、でも思ったほどじゃありませんでした。ジュースの空き缶が3個出てきたのには呆れたけど・・・

出てきた瓦礫&空き缶

問題はむしろ土そのものにあった。半ばまで掘ったところに、固まった粘土質の層がかなりあって、これが悪さをしていた様子。これじゃ根も呼吸がままならなかったろう。

で、一番下に大粒の軽石を敷き詰め、後は小粒の軽石を多めに土に混ぜ込みながら埋め戻していき、サツキを植え直し、水極めして完了。
何分かは根にダメージを与えたわけだから枯死のリスクもあるにはあるけど、まあ、このままでいっても回復の見込みはなかったしねえ。

一番弱っていた1本は、手で持ち上げただけで土から抜けちゃいました・・・根が相当いかれてた様子。アオドウガネも成虫が3匹ほど地中に見つかりました。

うまくいくといいんですが。

« 晴れた朝、蓮の花 | トップページ | 海の日の朝焼け »

Plants界:地上庭園@下丸子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晴れた朝、蓮の花 | トップページ | 海の日の朝焼け »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想