« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その4:しょうぶちゃん・イルミン・ふじみん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その6:いな吉・茨城産かんしょキャラ) »

2012年11月 9日 (金)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その5:水戸市みとちゃん・さっきー・つちまる)

(承前)

 

大阪市旭区の「しょうぶちゃん」ができたてのほやほやだと書いたけど、もっと新しい塩キャラができました。

 

茨城県水戸市
マスコットキャラクター
みとちゃん
福添(ふくぞえ)あゆみ(グラフィックデザイナー)
みとちゃん(応募案) みとちゃん(最終版)

 

ネーミングが発表されたのはまさに本日!明日あたり、web上で「水戸市のキャラ愛称決定!」なんてたくさん拡散されてることでしょう。応募案に手が加わって、意外なことに地味目な色彩に変えられたようです。

 

もうどこから手をつけたらええのかわからんほどツッコミどころ満載ですがな、ほんまに。

 

まずは装着アイテムを確認。[かぶりモノ系]やね。[水戸納豆]、[水戸黄門](印籠ポシェットつき)、そして市の木の[ウメ]とくりゃ、泣く子も黙る鉄壁の水戸ネタ三題噺。見事なまでにcliche!よく見りゃ[市章]も入ってます。

 

でも、うーーん、頭に納豆の藁苞乗っけた女の子(とサイトにも書かれてます)なんて・・・・・・・・・

 

 

「臭そう!」

 

 

・・・・・・・・・失礼しました。

 

デザイン決定時のweb上の書き込みで一番光ってたのが、

 

> 納豆食えない関西人が考えたのかっ!!!!!!

 

ってコメント。30秒ほど笑っちゃった。

 

ご当地キャラともなると親しみの持てる名前が必要でしょってなわけで、デザイン公募の際に愛称も同時に募集したり、デザイン案とワンセットで提出させたり、あるいは愛称のみ後になってまた公募をかけたりと、やり方はいろいろ。最後の方法が話題作りには効果的なんでしょうかね。尻すぼみになるリスクも十分あると思うけど。要は実際のやり方次第。

 

みとちゃんも、公募によるデザインが今年8月に発表された後、引き続き愛称募集に入ってたわけ。当初は「10月中」の発表予定だったのがいつの間にか「11月上旬頃」になり、結局それもギリギリの9日(金)になっちゃった。ネーミング応募総数1,567通ってのは確かに多いけど、殺到したというほどでもないんじゃ・・・なんだかね。でも、発表が遅れるのはこの手の公募じゃよくあること。

 

小役人が、もとい、お役人が
「『みとちゃん』より『みとりん』の方がかわいいんじゃないか」
「『なっとちゃん』も多いですぅ」
「『こうもん』系と『ねばねば』系は全部落とせ」
「このキャラ男の子なんだっけ女の子なんだっけ」
「『みと』は小学生でも漢字で書けるよ」
「あら、三葉葵の紋所って徳川家の許認可取らずに使っていいのかしら」
「さぬき市のさっきーと構図がまるで同じだよオイ」
「シーッ!」
てなことを言い合いながら残業してまでデータと格闘してた、なんて考えにくいしね。まあ、商標登録関係の手続で遅くなりやすいんでしょうが。

 

ちなみにみとちゃんは性別不明。これってのは珍しくなくて、ほれ、今どき男女共同参画やらジェンダーフリーの時代だし。いかにも男の子っぽいものにすると諸方面からきーきー難じられたり、「一人じゃかわいそう、恋人キャラも作ってあげて」てなことになったりして、ぶっちゃけ面倒という背景もあるんじゃないかと。そこがいきおい幼児性が強調される結果にもなってるんだろう(あ、卵と鶏、逆かな)。
ただ、このみとちゃんでは、男性性と女性性が同居している感じがあるところが、今まで見てきたのとはちょっと違うように思うけど。

 

え?「さっきー」ですか?これよ。

 

香川県さぬき市
マスコットキャラクター
さっきー
塩崎歩美(30歳/31歳:大阪市生野区:グラフィックデザイナー)
さっきー(応募案) さっきー(最終版)

 

こりゃ、アイテムちゃちゃっと取り替え系のテンプレ仕事と揶揄されるのも仕方ないわなあ。よくわからないけど、朝日新聞報道のみ作者は「30歳」となっている。

5町合併後10年のお祝いで作られた「周年記念キャラ」。デザイン補整が途中で入ってますが、これまた[かぶりモノ系]の四国霊場八十八か所[お遍路]装束に[市章]、市の花[コスモス]。だけかと思ったら、豊かな自然の[緑]色の髪😩に[海]色の服😩、[讃岐うどん]のマフラー😩に特産品[自然薯]の杖😩まで!ヤマイモの杖って何なんだよ。ヌルヌルカイカイ、ポキンと折れそう(笑)、ってか泣けてくる。・・・だって、[女の子]だもん・・・。

脱線しちゃわないうちに話を元に戻しましてと。
で、水戸市職員が粘りに粘ったその結果が「みとちゃん」。【その2】で書いた;

 

-----
(3)キャラ名はひねりを入れずあくまで愚直にシンプルに。語尾に「ん」がつくとなお良し。
-----

 

がドンピシャ当たってしまいました(笑)
話題作り。出来レース。公募の意味ゼロ。税金泥棒。だんだん過激な言葉が湧いてまいります。

 

次に、作者名。ここからがやっと本題。
気がつきました?苗字が違ってること。この名義でもたくさん採用されてます。

 

茨城県土浦市
イメージキャラクター
つちまる
福添あゆみ(34歳)
つちまる(応募案) つちまる(最終版)

 

こちらは[蓮根]単品で直球勝負、というわけにもいかず市の花[サクラ]と[市章]がアクセ代わりに(申し訳程度ともいう)。意表を突いた「はすみみ」で[USA系]な感じが一層強まってる(Unidentified Small Animalsネ)。水色のスタイ(誤植かと思いきや「よだれ掛け」の意味、しかも和製英語🌀)は[霞ヶ浦]絡みで、でもイベントによって色を変えるんだとか。あーあ、いじましい。

これも途中で微妙にデザイン修正が入って、輪郭が細くなったり、お花の位置がずれたり、蓮根の穴の数が増えたり(そこにどんな意味がっ😵)してます。

土浦市のサイトではいろんなポーズのつちまるが20種以上も掲載されてて、えらく気合の入ったこと!見てるとツルなんかはいささか目眩がしてくるけど。

 

厳密には、塩崎あゆみ=福添あゆみと断定できる証拠はないんです(敬称略!)。住所も大阪市というところまでしか判明しないし、web上では。
でも、図柄の類似性の高さからして、同一人物であると見なすことには一定の合理的根拠があるものと判断されよう。福添あゆみの「みとちゃん」と塩崎歩美の「さっきー」、別人の手になるものと考える方が無理でしょうよ。
・・・これで、もし万が一別人だったら、それはそれで著作権上ややこしくなる気がする、すごーく(笑)

 

うーん、いろいろ考えちゃうね。二つの名前は並行して使われてるのであって、単に結婚なんかで「苗字が変わりました」ってことではない。何らかの使い分け意識が働いてるのだろうか(伏線)。

 

(続く)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その4:しょうぶちゃん・イルミン・ふじみん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その6:いな吉・茨城産かんしょキャラ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その4:しょうぶちゃん・イルミン・ふじみん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その6:いな吉・茨城産かんしょキャラ) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想