« 【番外編】頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上(つるりん・たかちゃん) | トップページ | 【番外編】頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):下(めぐみ・柳川市シンボルマーク・みやま市シンボルマーク) »

2013年7月 3日 (水)

【番外編の番外編】市の木、市の花に物申す

(承前)

前回取り上げたこのキャラのことに関連して、少し言いたいことが。

群馬県高崎市
高崎市社会福祉協議会
イメージキャラクター
たかちゃん
井口千鶴子?
たかちゃん

-----
ありきたりに[ハート]をかぶって、市の花(の一つ)[サクラ]+[全国社協マーク]をつけて歩み寄る、やっつけのテンプレ仕事。
-----

高崎市サイトによると、ご当地のシンボル類は1985年に次のとおり決められた。

市の木:ケヤキ カシ
市の花:サクラ ハクモクレン
市の鳥:ウグイス

-----
各種団体代表者、学識経験者等より選出された市の木、花、鳥選考委員会をつくり、日本の種で市内に見られるもの、木と花については、別種で複数も考慮することを基準にして候補の木、花、鳥を公開、市民の投票によって決められました。
-----

もっともらしく書いてあるけど、これって「制定時には何のポリシーもありませんでした」って言ってるのと同じじゃないのか。だから、どこの町のものだかまるでわからぬ代わり映えのしないものばかりになってしまった(「たかちゃん」また然り)。
何より、「市の木」を4種決めたのと同じ結果になっている(よくあることだけど)。言い換えれば「市の木」からは花木類を排除したということでもある。「市の花」に「草花」を入れず「樹木」だけとした趣旨や経緯は、当然明らかにすべきことではないか。

さらに、植物ヲタク的見地に立てば、ケヤキとカシ(と言っても正確には「カシ」は樫類の総称であり、この名称を持った特定の種の植物はない)は落葉樹と常緑樹でバランスが取れているようだけど、サクラとハクモクレンはどちらも花期が春という意味で偏りがある。新築の家の庭に何の木を植えようという時に、よくよく考えないとどうしても春の花木(*)ばかりになってしまいやすいのと同じ。

(*:「花木」は厳密には「かぼく」と読み、「春、葉の展開に先立って花を咲かせる落葉樹」を指す。従ってツバキ/椿やムクゲ/槿、ツツジ/躑躅やアジサイ/紫陽花、キンモクセイ/金木犀やジンチョウゲ/沈丁花などは「花木」とは呼べないことになる。)

しかしながら、そんなことを考慮するような自治体もなかなかないらしい。東京都西東京市のサイトにはこうあった。

-----
市の花には、「つつじ」「ひまわり」「コスモス」「すいせん」と四季折々の花を指定し、自然と緑のあるまちづくりを目指すシンボルとしています。四季それぞれの花を指定するのは、全国的にも極めて珍しいことです。
-----

「極めて珍しい」!?選ばれた個々の植物は極めてありふれとるよ、キミ。こうしたことは本来、選考委員会で議論を徹底すべき問題のはず。市民投票は衆愚制の体のよい責任転嫁に過ぎない。
園芸ヲタクから見ればそういうことです。

« 【番外編】頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上(つるりん・たかちゃん) | トップページ | 【番外編】頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):下(めぐみ・柳川市シンボルマーク・みやま市シンボルマーク) »

蘊蓄Field:生きてく上で別に必要じゃなかった諸々、けれど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編の番外編】市の木、市の花に物申す:

« 【番外編】頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):上(つるりん・たかちゃん) | トップページ | 【番外編】頑張れ、爺ちゃん(婆ちゃんも可):下(めぐみ・柳川市シンボルマーク・みやま市シンボルマーク) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想