« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その50:大阪府国際交流財団) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その51:そーたん・にっちー) »

2013年8月27日 (火)

【特別編】お堅いこと

今回、画像はございませんです。

前に【その22】で書いた疑問の数々。まだ心にひっかかっている。

-----
なぜ、こんなに「カワイイ」外見で人気もある(から次々採用される)のに、あれこれ難じられなければならないのか。
選ばれるノウハウを確固として持っていることを、なぜワンパターン呼ばわりされなければならないのか。
アイテムてんこ盛りにすればテンプレ仕事だの貶められるわ、減らせば地域性に欠けるだのこき下ろされるわ、じゃあどうすればいいっていうのか。
クライアントの意向に従っただけなのに、どうして公募のくせして癒着してるとか騒がれなければならないのか。
交通費が出るかどうかも定かでない表彰式に欠席することまでなんで叩かれなければならないのか。
いろんなペンネームを持つことを、税金問題まで持ち出してどうしてそんなに詮索されねばならないのか。
そして、年齢サバ読みなんてよくあることなのにどうしてこうもあげつらわれねばならないのか。
-----

いずれも、一つ一つは正面切って論理的に反駁しにくい問題だと思う。でも、だからと言って「ご当地キャラならやっぱり信頼と安心の塩崎ブランドですね(^^)」とPRする気には到底なれないんだけど。

これらの問題は注意深く観察してきたつもりで、むしろそうした「塩崎スタイル」を正当化する論理を知りたくて探していたところもある。しかしだ、今までのところ納得のいく形でそんな理屈は見つけられない。

どれもこれも類似し過ぎていて創造性を感じない、だから精神活動の産物として認め難いという論点と、いつもこそこそ行動していて不透明な印象だ、公序良俗に照らして問題はないのかという論点だけが居座っていて、でもそれではいささかDogmaticな主観論に傾いてしまう気がする。

人/Homo Faberは何故「作る」のか。それを売ってお金に変えて豊かに暮らしたいから。自分の才能を広く世に知らしめたいから。今まで誰も触れたことのないものを自分の手で作り出したい衝動とか誘惑に抗し切れないから。
ツルは虚栄心と名誉欲と被承認欲の強い人間なので、どれだと問われれば2番目あたりがぶっちゃけ大事。3番目のところもあるけれど、それほど才能に恵まれてるわけでもないので・・・(なんて奥床しいんでしょう、でもそのうち自作年賀状は公開していくつもり

いずれにせよ、自分の仕事を覆面作家よろしく他人の名前で発表するなんてとてもできそうにない。このblogだってリアルネームでいきたいぐらいだ(もちろん、個人情報保護法なんて悪法だってタイプの人間です)。
だから、塩崎一族のことは結局最後まで理解できないんだろうと思う。

でもねえ、リアルネームでいくってやっぱり大事なんじゃないかな。例えば塩崎一族がリアルな活動してたら(今はそりゃバーチャルでしょう)、こんな風ななりふり構わぬ粗製濫造を続けてはいられまい、ってのは甘いのだろうか。でも、公募以外の世界でこんなの通らないですよ。それが才能ある者達の特権だと思ってるのなら手に負えない、っていうか井の中の蛙、繭の中の14歳。

上記の問題の多くも、いったい何がマズいのか、白日の下には晒されないようになってるんだろう。多分、永遠に解決のつかないこの混沌こそが、究極の「塩の毒」なのだと思います。神経毒とか出血毒とかいったわかりやすい有毒成分ではなく、深いところに入り込んで精神活動とか生命活動の全体を変質させてしまうタイプの、いわば生命毒。まるで発ガン物質。

なんだかすごく抽象論になっちゃったよ

現在の時点では、まだここまでしか表現できないんですけど。いつかまた考えてみることもあるでしょう。

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その50:大阪府国際交流財団) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その51:そーたん・にっちー) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【特別編】お堅いこと:

« もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その50:大阪府国際交流財団) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その51:そーたん・にっちー) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想