« 【番外編】狸にダマサれる前に、克つ!(ぽんちゃん) | トップページ | 「誰が誰を殺したか」 »

2013年12月16日 (月)

「おいも殺人事件」

-----
(2013.11.24「障害者をイメージで弄るな」)

基本的に「漢字/かな交ぜ書き」が嫌いということもあります。さすがにデジタル化の進展とともに最近は少なくなりましたが、「あっ旋」「えん罪」「き裂」「石けん」「歩しょう」「じん肺」「そ撃」「でん部」、全部NG、ツル的には。「少女ら致される」ももちろんダメ。
-----

このこと、深掘り。(何だか「文系エンタテインメント」みたいで、それもまたイヤだけど。)

「斡旋」「冤罪」「亀裂」「石鹸」「歩哨」「塵肺」「狙撃」「臀部」、そして「拉致」ですね。昔は「対戦しょう戒機」なんて表記もあったっけ。「哺乳類」も「ほ乳類」だったか。「拉致」と「拉麺」が同じ字というのも面白い。

他にも;

う回 ← 迂回
だ捕 ← 拿捕
うっ血 ← 鬱血
建ぺい率 ← 建蔽率
隠ぺい ← 隠蔽
わい曲 ← 歪曲

なんかがざっと思いつきますな。あっ、「わい」ならこれを忘れちゃならんか(笑)。

猥せつ ← 猥褻

交ぜ書きとは言えないけど;

しゅんせつ船 ← 浚泄船
かいらい政権 ← 傀儡政権
あつれき ← 軋轢

なんてのも根は同じ。

かな書きで妙なことになった実例として、次のものはどうでしょう。当時大きく報じられた凄惨な事件なので覚えておいでの方も多いでしょうが、ネットに掲載された記事です。合掌。

-----
(2002.05.13 毎日新聞)

<北九州監禁事件>「緒方被告はおいも殺人」 被害者の少女証言

北九州市の女性監禁・虐待事件で、監禁されていた17歳の少女が、緒方純子被告(40)=監禁傷害罪で起訴=のめいの女児だけでなく、おいの男児についても「電気コードで虐待され、殺された」と話していることが分かった。福岡県警の捜査本部は、少女の父が死んだとされる同市小倉北区片野のマンションで2児の遺体がバラバラにされた可能性もあるとみて、マンション周辺の下水道にたまった汚泥も採取するなど、徹底した捜索を行っている。
この2児は、緒方被告の妹夫婦の長女と長男。妹一家4人は97年夏ごろまで、同県久留米市の緒方被告の実家に暮らしていたが、緒方被告の保証倒れなどで多額の借金を背負い、同居の両親とともに失そう。この6人は少女と緒方被告、松永太被告(41)=同罪で起訴=が暮らしていたマンションに転居したという。
少女の証言によると、同居後、緒方被告が中心となり、金属製クリップを付けた二またの電気コードで感電させるなど2児に虐待を始めた。その結果、98年、当時11歳の長女と6歳だった長男の2人が死亡したという。
少女は、父についても、96年に同じマンションで死亡し「浴室でバラバラにされ、遺体はフェリーで海中に捨てられた」と証言している。
このため、捜査本部は9日から、緒方被告のめいの女児の殺人容疑で同マンションを家宅捜索。「マンションの水回りはすべて調べる」(捜査幹部)として、浴槽や沈殿槽、浴室の壁、マンションの共用部分の配管などを押収。さらにマンション周辺のマンホールから下水道に潜り、沈殿した汚泥まで採取している。
捜査本部は、これらの押収物から少女の父や2児の遺体の一部が混じっていないか、県警科学捜査研究所で鑑定し分析を進める。
-----

ツルはネットでこの見出しを目にした時、真剣に「おいも殺人」とは何のことだろうと思いました。「おい」「めい」がかな書きされてるために妙なことになったんですね。
「失そう」「二また」あたりも当然気になる。「沈殿」も本来は「沈澱」で、「澱」は訓読みでは「おり」「よど(む)」です。「澱粉」は水の中で沈んで澱む粉の意味。
いずれも、当用漢字だか常用漢字だか人名漢字だかに入っていない字だからというわけでしょう。

ならば、見出しの「緒方被告はおいも殺人」を、「緒方被告はおいも殺害」or「緒方被告はおいの男児も殺害」とするだけで、こんなことにはならなかったのに。
実際この見出しは後に微妙に修正され;

-----
北九州の女性監禁・虐待事件 「緒方被告、おいも殺害」――被害者の17歳少女証言
-----

とされた。デスクが朱を入れたのでしょうか。

これらの表記にももはや時代を感じる。デジタルメディアの普及に伴い、政府が指定した文字以外は使うなという明治以来の基本方針は大転換され、今やJISの第三水準がどうたらという時代(それも古いか)。

もちろんそれでも問題がないわけじゃない。別に「SMAPの草●剛(●は云々の字)」とかを気にしてるのじゃなくて、いわゆる「旧字」や「正字」などの「異体字」を抹殺する方向へ進んでいることが、です。「変体がな」もそう。

既に現実化した例として、2009年1月の上場会社株券の全面電子化(つまり株式のペーパーレス化ね)に伴って、株主名簿に用いることのできる文字には制限がかけられることとなった。
この法令改正にはいわば遡及的な効力があって、規格外の文字は、今まで株主名簿に記載されていたものであっても、規格内の近似の文字に強制的に変えられちゃうんです。例えば「塚本邦雄」さんなら、「塚」は「丶」が入った字があるし、「邦」も左上の横棒が「左はらい」になっているものがあるけれど、これらのバリエーションはもう認められない、多分。(このレトロな歌人が今も存命であつたならば如何に嘆息を久しうしたことであらう)

大量の事務処理を要する都合上、システムとしてはしかたのないことかもしれないけれど、何だかなぁと思う理由は。
ツルの名前に入っている「鶴」も実は別に正字があって、左上部分が「ウかんむり」で下の「左はらい」とは途切れている。確かJISの第三水準には入っていて、文字を拡大すると違いがわかるんですけど。ツルは自分の戸籍上もその字であることを、三十路半ばになるまで知りませんでしたが

あっ!そや、「塩崎」の「崎」も2種類あるんやった!!これっ、塩崎先生(方)に失礼やないかいっ《*≧◇≦*》(cf.【その22】)

(続く)

« 【番外編】狸にダマサれる前に、克つ!(ぽんちゃん) | トップページ | 「誰が誰を殺したか」 »

蘊蓄Field:生きてく上で別に必要じゃなかった諸々、けれど。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おいも殺人事件」:

« 【番外編】狸にダマサれる前に、克つ!(ぽんちゃん) | トップページ | 「誰が誰を殺したか」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想