« 【番外編】福の神にも浮世の事情(多摩川七福神):赤金の帖 | トップページ | 【番外編】下ぶくれの神様 三たび(なよろう・かみたん・かねっぴー) »

2015年1月10日 (土)

【番外編】日常に忍び込む官兵衛キャラ。

松も取れてしまいましたが、お正月ネタ、あと1回続けます。(ただし、いい話でもない気はするが)。

前にも書いたと思うけど、ツルんち@福岡市では、お正月には毎年一族が集まって「ふく宴会」をやることになっとります。「ふく刺し」と「ふく鍋」を囲んで、年に一度のぜいたくです。年末年始の帰省の楽しみ。
「ふく」とはつまり「ふぐ」のこと。「不遇」に通じる「ふぐ」を忌んで、「福」に通じる「ふく」と呼び習わす次第(多分、もとは下関あたりでの呼び名だと思う)。一番人気はなんと言っても、薄造りがお約束どおりに大皿に盛り付けられた「ふく刺し」、やっぱりこれに尽きる!(あ、ひれ酒もたまらんばい。)下関から、と言いたいところだけど正確には北九州からお取り寄せです。まあ、下関市と北九州市は「関門都市圏」という一つの地域を形成してるわけで。両市を、というより本州と九州を隔てる関門海峡は一番狭いところで約600m、現地に立ってみると対岸がかなーり近い印象です。

で。もう何十年も同じお店から取り寄せているので、「長年のご愛顧に感謝して」的なプレゼントもいただけるわけ。中身もいろいろで、「小ふぐの唐揚げセット」だった年も、年越し蕎麦だった年もある。果物だったこともあるかな。意表を突いて、でっかい「桜の切り枝」が届いたこともあったなあ。初飾り用にどうぞというわけで、早咲きの「啓翁桜」がどォんとね。あっ!画像あった!!2009年のお正月だったか。

2009.01.01

今年はこのプレゼントがなんと、「黒田官兵衛のお菓子」となっていたんです(事前に送られてくる「ゆうパック」注文書の送付状にそう書いてあった)。ツルとしては当然ピンとくるものがあったわけですよ。これは官兵衛キャラを用いたものに違いないと。じゃあ、どの「官兵衛」なんだ??

【その28】
 かんべえくん

【その41】
 ふくおか官兵衛くん

【2013.07.18「官兵衛乱立戦国時代」】
 くろかんくん
 かんべいくん

【2013.07.27「官兵衛乱立戦国時代 拾遺」】
 あ!官兵衛
 しろまるひめ官兵衛version

【2013.08.07「宍粟市も踊る官兵衛」】
 しーたん官兵衛version

【2013.08.08「誰も彼も踊る官兵衛」】
 みらっこ官兵衛version
 シロカン君&クロカン君
 はんべえ&かんべえ
 くろかんカフェ

【2014.01.20「懲りもせずまたも官兵衛」】
 へそのかんちゃん
 くろさき官兵衛タン

で、宴会当日、わくわくしながら開けてみますと。

官兵衛銅鑼焼1 官兵衛銅鑼焼2

大分県中津市の「殿畑双葉堂」というところが売り出している「官兵衛銅鑼焼」でした(画像はこのお店のサイトに出ているものですが)。キャラクターは中津の「くろかんくん」。

くろかんくん

福岡出身のツルとしてはちょっと意外。当然、筑前の福岡藩藩祖としての官兵衛ネタ=「ふくおか官兵衛くん」でくるものと思っていたので。
でも考えてみれば、NHKの「軍師官兵衛」は姫路時代や中津時代の話が中心で、福岡のことが出てきたのは最終回あたりだけだったらしいし(博多っ子をいささか落胆させたわけだ、ツルは見とりませんでしたが)、北九州市って実は、豊前と筑前の境界線上にある。

 ・東側:豊前国・・・門司区・小倉北区・小倉南区と、八幡東区の東半分
 ・西側:筑前国・・・八幡東区の西半分と、八幡西区・若松区・戸畑区

因みに上記のふぐ屋さんは小倉北区なのよ。つまり豊前側。だったら豊前中津のお菓子屋さんを起用したっておかしくないのか(笑)。

さてここからがお立会い。↓はツルが撮った画像です。

2015.01.03

なんと、「くろかんくん」に加えて(わかりにくいけど焼き印も確かにくろかんくん)、これまた中津の「あ!官兵衛」が使われているでしょ。「あ!かんべ〜」と微妙に表記が変わっているけど。箱の外側に、細長い熨斗紙みたいにして「あ!かんべ〜」の紙が巻かれていたんです。

あ!官兵衛

これって変じゃん、なんでダブル官兵衛にしたのさ??それってむしろデメリットの方が大きいじゃんよ。

考えていると、ちょっとコワくなってきました。単に「CMにも出た有名キャラだからこれも使っちゃお」っていうことではなかったと思うんだよね(それなら「あ!官兵衛」だけ使ってればいいわけだし)。

以前、【2013.07.27「官兵衛乱立戦国時代 拾遺」】へのコメントで;

-----
「あ!官兵衛」の商標権を持つ「プラウド」社は、事あるごとに姫路市や姫路市の外郭団体、民間企業に訴訟をちらつかせて内容証明を送り付けているといいますね。後発の「赤い兜の官兵衛キャラ」は、おしなべて「あ!官兵衛」の類似キャラだと主張しているようです。併せて商品名の一部に「官兵衛」を入れる行為も、「あ!官兵衛」の商標を侵しているという主張らしいですよ。訴訟は本気らしいので、今後に注目しています、高みの見物で(笑)。
-----

というコメントを頂戴してたんですよね(ひめじんさま、その節はありがとうございました)。

中津の防水工事会社プラウドが姫路の団体/企業にいちゃもん(断言。)をつけているぐらいだから、同じ中津市内のお菓子屋に捩じ込んだってことはもっとありそうだ。だから、「くろかんくん」で完結している商品を、「あ!かんべ〜」が文字どおり外部から縛る形になったのではないですかね。

やっぱりどうにもキナ臭いよ、「あ!官兵衛」。

あ、銅鑼焼は大変おいしくいただきましたけど。

« 【番外編】福の神にも浮世の事情(多摩川七福神):赤金の帖 | トップページ | 【番外編】下ぶくれの神様 三たび(なよろう・かみたん・かねっぴー) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】日常に忍び込む官兵衛キャラ。:

« 【番外編】福の神にも浮世の事情(多摩川七福神):赤金の帖 | トップページ | 【番外編】下ぶくれの神様 三たび(なよろう・かみたん・かねっぴー) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想