« 【謹告】「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」が本になります!! | トップページ | 【番外編】十年に一度の逢瀬:3(竹田市50周年・清水町50周年・市原市50周年) »

2015年4月 3日 (金)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その134:五木ひろしマラソンTシャツ・徳之島町50周年Tシャツ)

(承前)

懸案の新年度ネタを軽く片付けた(^_-)ところで、ようやく本編に戻ります前に一言口上を。

年明け頃から徐々に明らかになりつつあったんですが、このところ公募で塩崎家の各名義を目にすることがとんと途絶えている。斥候を巷に放って動静を探らせておるのですが(ウソ)、杳として一族の行方は知れない、そんな感じ。まさかそんな日が来るなんて!!うーむ、リアルタイムに活動しているからこそ斬り甲斐もあったのに、活動停止状態ではただのアナクロな過去ほじくりblogになってしまうではないか(もともとそうか)。
これはつまり、控え目に見ても5年は続いてきたキャラクター/シンボル/ロゴマークの公募というものが、ここに来て遂に退潮を見せているということでもあると思う。また一方で、海津市「かいづっち」にまつわるゴタゴタに象徴されるように一族への包囲網が狭まった結果、ペンネームあるいは匿名をより多用するようになってきているということかもしれない。そうなると限界を露呈しちゃうわけよ、愚blogは。自治体公募の結果発表は3月末・6月末・9月末・12月末に集中する傾向にあるから、これからも年度末分が多少見つかるやもしれませんけど。
まあ、在庫はまだ当分ありますのでご心配なくw、ですが。いずれにせよ急がねば(^_-)。

さて本論に入らせていただきます。
最近また枝葉が野放図に繁り気味。話がどこに行ってるのか自分でもわからなくなりそうっす(汗)。五木ひろしと塩崎一族の間にどんな関わりがあるというのだ?
いえいえ、それがちゃんとあるんですよ。

福井県三方郡美浜町
第24回美浜・五木ひろしマラソン Tシャツデザイン
塩崎エイイチ
五木ひろしマラソンTシャツ

うわあ・・・。2012年5月13日に開催されたマラソンの参加賞とされたTシャツです。丸ブー、全開。[人名]でというのは初めて見た。駒井 瞭もびっくりです。
五木ひろしはご当地出身となっているけど、ここ、深く追及しちゃいけないとこです。父親が鉱山技師だったため各地を転々としていた、らしい。生まれたのは京都府だし、小学校に上がったのは三重県鳥羽市。各地にふるさとがあるパターンはどことなく公募ガイダー的w。
重要なのはご当地の名誉町民になっていること。だからといって市民、いや町民マラソンの冠に(しかもフルネームで!)据えるってのはどういう了見なんでしょうね。別に五木ひろしと一緒に走れるわけでもないらしい(未確認)。この年のゲストランナーは松野明美。商売上手は美浜か五木か。

第24回美浜・五木ひろしマラソン

このTシャツを陽とするなら、次のものはその陰刻である。

鹿児島県大島郡徳之島町
徳之島町観光協会
町制施行50周年記念 Tシャツデザイン
塩崎歩美(30歳)
徳之島町50周年Tシャツ

うわあ・・・。なーんか、似てるわけよ、[五木]と[50]が(^O^)。募集内容は「黒地に白色または白地に黒色」とされており、計400枚作ったらしい。言っとくけど、これ、売り物なんですよ(\2,000)。

徳之島町50周年Tシャツ募集

なんでも、「[50]年を祝って踊る[人]と[闘牛]をイメージした」作品だそうで。どこが闘牛?って感じですが、そここそがノウハウなんですわ。「THE 言いくるめる」。
もっとすごいのが「幼いころ家族と観光で訪れた徳之島を検索し、同協会のホームページを見つけてデザインした」という作者コメント。ぶはははははは!
公募ガイダー生活を目指す全国の若き諸君よ、タワゴトザレゴトと言うなかれ。これが常連陣、大御所の裏技である。「幼少期の家族旅行」、これはオールマイティに使える大事なアピールポイントですヨ

ご当地は1958年4月1日に亀津町と東天城村が新設合併して徳之島町となっており、従って2008年4月1日が50周年記念日。同年7月1〜15日に募集がかけられて7月18日には決定という超速攻だったのはやっぱアレかね、記念日を既に過ぎててもう後がなかったんかね?

おろ?てことは、隣接するのは・・・やっぱりこの町。

【その2】
鹿児島県大島郡天城町
ゆるキャラ
あまぎくん(仮称)
塩崎まさよ(35歳)
あまぎくん(仮称)

こちらは2011年8月頃の制定。なので、徳之島町は美浜町と天城町の双方に先鞭をつけたわけです(笑)。

しかし、つくづくTシャツのデザインって難しいものだと思う、ファッションデザインの中でもとりわけ。何万円もするTシャツもむべなるかなです。そういう意味では、上記2点ともTシャツデザインとして成立しているわけでは・・・ありませんっっっ。
だったらもう、美浜町はポスターにも出ている「へしこちゃん」で、徳之島町はお隣から闘牛姿の「あまぎくん(仮称)」を借りてきてTシャツ作ればいいじゃんよ、めんどくさいから(こらこら)。

(続く)

« 【謹告】「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」が本になります!! | トップページ | 【番外編】十年に一度の逢瀬:3(竹田市50周年・清水町50周年・市原市50周年) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【謹告】「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」が本になります!! | トップページ | 【番外編】十年に一度の逢瀬:3(竹田市50周年・清水町50周年・市原市50周年) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想