« 【番外編】なんとなく、リサイクル(たけぴょん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その135:美祢市・十和田市・久喜市 ナンバープレート) »

2015年4月17日 (金)

【番外編】限りなく闇黒に近いブルー(千葉ブランド水産物・美保湾ブランド・舞鶴のさかな・船橋地方卸売市場)

(承前)

駒井作品には単色表現、あるいはそれに準じたものが多いのも特徴の一つだろう。とりわけ「赤」、これはもう随分と見てきた気がする(cf. 2014.10.05「配達されない三通の手紙:四通目 第三葉」・2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」・2015.04.07「十年に一度の逢瀬:4」)。
しかし駒井には「紺」も結構ある。もちろんここでも相似性の高いテンプレデザインであることは言うまでもないけれども

〔2006年8月下旬〜11月前半発表〕
千葉ブランド水産物認定マーク
(佳作)
駒井 瞭(大阪府)
千葉ブランド水産物(駒井案)

10年近く前からある制度だけど、2011年の震災後はご当地の水産業も相当な打撃を受けたはずで、ならばこのマークは現在どれほど活用されているのだろう?(22点ほど認定を受けているようだが。)

いろいろ不思議な公募で、「マークデザイン部門」でダブル入賞した者が2人もいる、応募総数221点もあったのに。

(最優秀賞)
金津 博(新潟県)

(優秀賞)
東 信慶(福岡県)
信貴美和(新潟県)

(佳作)
東 信慶(福岡県)
駒井 瞭(大阪府)
佐藤幸雄(東京都)
金津 博(新潟県)
牧野友明(千葉県)
山本幸男(千葉県)
谷脇英樹(山口県)

どういうもんでしょうかねえ、こういうの。

採用された金津作品には、2006年11月2日に発表された「ちば」ロゴ(by 仲條正義)が添えられており、そのためにこちらのマークの発表も11月までずれ込んだものかもしれない(詳細不明)。

「キャッチコピー部門」での最優秀賞はこれ。

宮内 洋(愛媛県)
「太陽の味がする」・千葉海鮮

しかし最終的にはやはり「ちば」ロゴに合わせる形で「太陽の味ちばの海」となっちゃった。
でも一番ヒンヤリするのはこの作者名かもしれない。

(佳作)
杜多利樹(兵庫県)
「これぞ房総の海の味」

杜多一族の最終兵器!?それにしちゃひどくクォリティ低いけど。現在ググるとこの名義はあと1点しかヒットしない。

兵庫県養父市
全但バス株式会社
特急バス豪華新型車両 愛称
杜多利樹
「LuxRea(ラグリア)」

"Luxurious" + "Relax" というよくある珍妙系横文字造語。んなこたぁどうでもいい。2012年12月26日〜2013年1月25日に募集されたものなんですね、これ(@_@)!!
平成大合併に伴う丸ブー自治体章制定の嵐の中で名を馳せた神戸の杜多利夫&利香父娘が公募界から姿を消してから久しい、そんなタイミングで突然ぽつんと現れている。千葉ブランド水産物公募から見ても6年の後、ツルが本シリーズに手を染めてから少し後ということになるのか。

道草はこのくらいにして、巻きでいこう。

〔2013年9月発表〕
鳥取県境港市
さかいみなと中野港漁村市実行委員会
さかいみなと中野港漁村市「美保湾ブランドデザイン」
(佳作)
駒井 瞭(大阪府東大阪市:グラフィックデザイナー)
美保湾ブランド(駒井案)

境港市(さかいみなとし)にある中野港(なかのこう)に水揚げされる魚を「美保湾ブランド」として発信するという、何やらややこしいやり方。Tシャツやトロ箱にまで使うそうな。
そりゃまいいけど、2013年8月20日まで募集かけて、24日には第4回さかいみなと中野港漁村市で来場者投票やって、9月4日には発表まで持ち込んだという超特急コースだったのはいろいろ危ないっすねえ。まっ、応募総数せいぜい52点ですから(笑)。
最優秀賞は品川良樹(島根県松江市:グラフィックデザイナー)。駒井以外の佳作は次のとおり。

株式会社キサ・クリエイティブ(2点入賞)(鳥取県米子市)
香川小夜(境港市:大阪デザイナー専門学校)
太田武行(鳥取市:地方公務員)

はぁ、またダブル入賞ですか。
さらに調べてみると、鳥取県職員に太田と同姓同名の水産技師がいて、県の水産課や水産試験場(境港市にある)に勤務しているから、推定同一人物の疑いをかければ半分内部応募みたいなもんではないかしら(この公募の事務局は境港市の水産課だけど)。

〔2014年7月頃発表〕
京都府舞鶴市
舞鶴市水産協会
舞鶴のさかな ロゴマーク
駒井 瞭 (大阪府東大阪市)
舞鶴のさかな

-----
とれたての「舞鶴のさかな」を元気よくPRしている姿を親しみやすく表現。
人の両手、顔、頭などで[ま][い][づ][る]の文字を表現。
-----

ぷっ、まだやってら。いつも書いてることだけど、ゆめゆめどこが「まいづる」なのかをなぞろうとしないように。フラストレーション溜まるだけですから。
「一般投票を実施し、その結果や商標調査などの審査を踏まえ」て決めたとされているけれども信じ難い。そりゃま、千葉や美保湾は佳作だったから引っかかってこないのかもしれんけど、素人がガラ系携帯でこれだけ見つけられるんだぜ。

〔2014年10月決定〕
千葉県船橋市
船橋地方卸売市場
ロゴマーク
(優秀作品)
駒井 瞭(大阪府東大阪市)
船橋地方卸売市場(駒井案)

ここに来て丸ブー入りかよ・・・。これ↓に[魚]と[青菜]を持たせただけじゃん。

〔2013年12月発表〕
大阪府南河内郡河南町
かなん桜プロジェクト推進会議
かなんの桜 ロゴマーク
(佳作)
駒井 瞭(大阪府)
かなんの桜(駒井案)

最優秀は高見澤アカネ(さいたま市)。つまり駒井は千葉県でも船橋市でも河南町でも次点に甘んじたわけ

サイトには昨年4月に中央卸売市場から地方卸売市場に移行したことに伴い公募した、とあって、何じゃそりゃと思って調べてみれば。

中央卸売市場 = 卸売市場法に基づき国(農林水産省)が認可・監督するもの
地方卸売市場 = 同法に基き基づき都道府県が認可・監督するもの

ということだそうな。けれど、「なぜ中央 → 地方に移行したのか」が一向にわからない。船橋地方卸売市場さん、もうちょっとその辺りのPRに注力する方が大切なんじゃないですかね。

作品を追っていると、だんだん脱力してきた。結局こういうことでもあろう。
駒井にとっては結局房総の魚も舞鶴の魚も山陰の魚も変わりゃしないのだね。「旨ければどこ産だっていいじゃん」ならまだいいけど、「旨かろうが不味かろうがどうでもいいじゃん」なんである。
舞鶴の募集要項に、「より多くの人が舞鶴のさかなが好きになるように願っていただける方ならだれでも応募できます」とあったのがどうにも皮肉です。

― Title Inspired by「限りなく透明に近いブルー」(1976)村上 龍(1952.02.19〜)―

« 【番外編】なんとなく、リサイクル(たけぴょん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その135:美祢市・十和田市・久喜市 ナンバープレート) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【番外編】なんとなく、リサイクル(たけぴょん) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その135:美祢市・十和田市・久喜市 ナンバープレート) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想