« 【番外編の場外乱闘】Again, Evil Under the Sun: 2(東郷町トッピィ・イーサキング) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その137:丑寅まつりマスコット・オロリン) »

2015年5月12日 (火)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その136:アエナちゃん・ちりゅうくん)

(承前)

-----
Irisの花にも密約はありそうだけど、思うところあって今回深追いはやめときます(^_-)。
-----

早速深追い、するべえ。

塩崎一族にはアヤメ科の花を盛りアイテムにした作品は多くあるわけです。今まで取り上げたIrisキャラをダーッと見ていきますと。

【その4】
京都府城陽市
TWINKLE JOYO イメージキャラクター
イルミン
塩崎アユミ
〔2009年10月決定〕
イルミン
※市の花:ハナショウブ

【その3】
三重県多気郡(たきぐん)明和町
マスコットキャラクター
めい姫
塩崎エイイチ
〔2011年3月デザイン決定〕
めい姫
※町の花:ノハナショウブ

【その4】
大阪市旭区
マスコットキャラクター
しょうぶちゃん
塩崎まさよ
〔2012年7月デザイン決定〕
しょうぶちゃん
※区の花:ハナショウブ

【その29】
新潟県長岡市
長岡市与板地域ふるさと創生事業
よいたキャラクター
よいたん
塩崎まさよ
〔2012年10月決定〕
よいたん
※旧 三島郡(さんとうぐん)与板町の花 → 長岡市与板地域の花:ハナショウブ

そして、取りこぼしがまだまだあった。

東京都葛飾区
葛飾区社会福祉協議会
キャラクター
アエナちゃん
佐藤 修(大阪府)
〔2012年2月デザイン発表〕
アエナちゃん
※区の花:ハナショウブ

佐藤 修は塩崎一族の数ある別名義の一つだというのがツルの基本的主張です。
このキャラは同社協の50周年記念で制定されたもので、ご当地を流れる荒川・江戸川・中川のイニシャルを取って「アエナちゃん」って言います、よろしくねっ(愛称は別途公募)。
人も知る堀切菖蒲園の[ハナショウブ]をどんと乗っけて、社協テンプレの[ハート]と[社協マーク]を盛っときました。[サクラ]の花びらは・・・ええい北斎めんどくさい、こいつを使い回したんでい、写楽斎。

【その133】
静岡県伊豆の国市
伊豆の国市社会福祉協議会
イメージキャラクター
いずのん
塩崎榮一
いずのん

おっと、こっちは2014年10月のお披露目だから逆だったか、失敬失敬。

ここに挙げたIris類はどれも「市の花」等の自治体シンボルとなっているものばかり。それだけアヤメ科植物が多く指定されているということでもあろうし、姿のインパクト(塩キャラに限らず常に横見で描かれる)が強いということも影響していると思う。

例えばこれは哥川廣重の「名所江戸百景」から「堀切の花菖蒲」。

哥川廣重 堀切の花菖蒲

同じ横見ながらこっちの方がよっぽど新しいと思いやすぜ、ちげえねえ。

こちらは「花杜若」紋。

花杜若1 花杜若2

こうしたフリーハンド系家紋の場合、紋師の個性が反映されて微妙なバリエーションが数多く生まれてきちゃうんですよね。職人のセンスと技量が問われもする、つまりは腕の見せどころ。
家紋に描かれたのは常にカキツバタばかりでアヤメやハナショウブはなく、考えてみると不思議なことです。ましてやイチハツなど。(アヤメ科の花菖蒲でなくて、端午の節句の菖蒲湯に使われるサトイモ科の菖蒲の紋所ならあるけど)

家紋の杜若では花弁の下端にほぼ例外なく「返し」がついていて、東郷町トッピィの随所に見られる[赤丸][黄丸]のデザインもここからヒントを得たものじゃなかったか(モッコクの実も赤いけどね)。ま、そのくらいだったら別段問題感じません、さすがにツルも。

愛知県愛知郡東郷町
イメージキャラクター
トッピィ
平山陽一
〔2012年11月決定〕
東郷町トッピィ
※町の花:アヤメ

イヤそりゃこんなにIrisキャラがある中で、同じネタを同じ味つけで出してきたところとか、それにまたホントに食い付いちゃったところとかは別ですよ。

昨年にもIrisキャラはこんなのが作られている。

愛知県知立市
マスコットキャラクター
(優秀賞)ちりゅうくん
塩崎榮一
〔2014年10月決定〕
ちりゅうくん
※市の花:カキツバタ

高柳順子の「ちりゅっぴ」が採用された時の次点です(cf. 2015.04.11「知立乱立杜若」)
おっ、真正塩キャラ初の[カキツバタ]だ。こんなに大胆なグラデーションも初めてだ。伊勢物語の「東下り」の段で、この花を見て[在原業平]がはるばる来ぬる旅をしぞ思ひ、干し飯に「なみだおとしてほとびにけり」という八橋の故事、その舞台がご当地とされているゆかりです。お腹のマークはもちろん例のカキツバタ[市章]ネ。

うーん、しかし結局ハナショウブもノハナショウブ(ハナショウブの原種です)もアヤメもカキツバタも違いはわからなくなってるという(笑)。塩崎一族は植物におよそ興味関心がないんだなと再び思う所以。
園芸おたくだったらこのあたりとかツツジ・サツキ・キリシマツツジとかの見分けなんてのは基本中の基本なんですけどねー。ツルも二十歳の頃はわからなかったもんですわ
因みに開花順がツツジ→サツキとなるのは東北辺りor以南の常識。けど、もっと北へ行くとこれが逆転するんだよね。津軽海峡を渡るらへんだったんじゃないかな、確か。

(続く)

« 【番外編の場外乱闘】Again, Evil Under the Sun: 2(東郷町トッピィ・イーサキング) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その137:丑寅まつりマスコット・オロリン) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【番外編の場外乱闘】Again, Evil Under the Sun: 2(東郷町トッピィ・イーサキング) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その137:丑寅まつりマスコット・オロリン) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想