« 【番外編】十年に一度の逢瀬:12(東山区80周年・東山区シンボルマーク・三岐鉄道80周年・別府市90周年) | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ(八幡平市章応募作品・八重瀬町章) »

2015年5月17日 (日)

【加筆編】過去より流れ来たるモノ(八幡平市章応募作品)

【2018.01.11 加筆】

(承前)

このマークを目にした時、かすかなDejavuを感じていた。

京都市東山区
東山シンボルマーク
出井豊二
〔1996年決定〕
東山区シンボルマーク

-----
マークは東山の頭文字[H]で、イメージである「はんなり」「やわらかい」と山並みの奥行き・立体感を出しています。
-----

-----
東山の頭文字[H]をデザイン化。歴史の伝統と未来、その橋渡しを担う私たちの使命が[楕円]によって表されています。
-----

どこかで、確かに・・・。この作品より前だったか後だったかもわからない、覚えていない。(そりゃあ、1996年より前のってことはないだろうけれども。そんな古いネタだったらそれだけでツルの記憶に残っているはず。)

遂に見つけた、これでした。

岩手県八幡平市
市章(応募作品0349)
〔2005年6月決定〕
八幡平市章(応募作品0349)

-----
八幡平市の[H]をモチーフに、豊かな自然と共生し、輝く未来の市民一人ひとりを包み込み発展を表現しました。
-----

アノ八幡平市章応募全作品リストの中に入っていたものです。

改めて鑑賞してみると、い〜い感じのびみょ〜〜な類似具合のモノがたぁくさんあるんだよねえ、この1,240点リスト。ごく一部を厳選して見てみると・・・。

【2013.10.19「I am the Alpha and the Omega ― 2:上」】
徳島県阿波市
市章
尾浦孝夫
〔2004年10月決定〕
阿波市章

-----
連携・共生の「人の花咲くやすらぎ空間」をイメージして、あすに向かって躍動するAWA市の[A]・[W]を表現しています。
-----

岩手県八幡平市
市章(応募作品0254)
〔2005年6月決定〕
八幡平市章(応募作品0254)

-----
八幡平市の[八]の文字を岩手山に、合併する3町村を高原と清流をイメージして図案化したもので、豊かな自然の大地と共生する人々の心安らぐ、恵みに満ちた住み良いまちを表わした市章。
-----
 
 
【2013.12.29「伊勢の罰、薩摩の罪。」】
長崎県諫早市
市章
三好健一
〔2004年11月決定〕
諫早市章

-----
諫早市の[い]をモチーフに、諫早市の調和する美しい自然風景と歴史、元気に響きあう市民の心、未来に飛躍する諫早市の姿を表現しました。
-----

岩手県八幡平市
市章(応募作品0873)
〔2005年6月決定〕
八幡平市章(応募作品0873)

-----
八幡平市の頭文字[H]をデザインしました。[青]は澄んだ空気を、[緑]は豊かな自然を表します。又、[8]の字にもみえま
-----

はい、PDF上の原文がここで尻切れトンボになってます。

これらはいずれも、八幡平市章公募より前に決定されたものとの類似。気になるものは他にもあるけど、きりがないのでこのぐらいでやめとこう。

しかし、過去との類似が見つかるということは、未来との類似も生じ得るということで・・・。

(続く)

« 【番外編】十年に一度の逢瀬:12(東山区80周年・東山区シンボルマーク・三岐鉄道80周年・別府市90周年) | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ(八幡平市章応募作品・八重瀬町章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【加筆編】過去より流れ来たるモノ(八幡平市章応募作品):

« 【番外編】十年に一度の逢瀬:12(東山区80周年・東山区シンボルマーク・三岐鉄道80周年・別府市90周年) | トップページ | 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ(八幡平市章応募作品・八重瀬町章) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想