« 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ(八幡平市章応募作品・八重瀬町章) | トップページ | 【加筆編】そこに蟠り渦を巻くモノ(八幡平市章応募作品):後段 »

2015年5月17日 (日)

【加筆編】そこに蟠り渦を巻くモノ(八幡平市章応募作品):前段

【2018.01.15 加筆】

(承前)

今回は遂に時間の流れを飛び越えます。Time Warpしまくり・・・。

まずは、大空町章公募の際に某公募系BBSに出ていたさる書き込み↓のこと、もう少し深掘り(cf. 2016.11.24「・・・うす紅の花びら こぼれた:2番」)。

-----
12:2005/10/27 10:58
大空町の選考基準、シビアね
色違い等のバリエーションだめってのは全部はじくってこと?
[URL]

13:2005/10/27 11:19
〔前略〕

前に八幡平で全作公開されたとき、
一人で20くらい習作を出してた馬鹿がいるから
いいんじゃない?

〔後略〕
-----

それって、「シビア」なことですかねえ??1人1点限定だけが正しい募集方法だとは決して思わないけど、自分が作った中から真に納得できるものだけを出せ、ってのは当然のことじゃないのかよ。なんで募集側に、個々の作者の習作的バリエーションの中からベストを選定する手間まで負わせるのだ(そんなの全部落としちまえ)。

「てんこもり」キャラクター公募の時にもこんな書き込み↓があった(cf. 2016.05.20「公募ガイダーの甘えと傲り:承」)。

-----
353:2007/07/18 20:22
〔前略〕

地方都市の小さなデザイン事務所にいたけど、そこの社長には
「色を変えたりちょっといじったりしてどこでも使えるようなデザインはするな」
と口をすっぱくして教えられた。
なかなか難しいことなんだけど、今思えばプロとしての心構えを叩き込まれたのだとありがたく思う。
-----

これ、とっても大切なことではないかなあ。

ご当地公募では、応募された作品を全てサイトに掲載する例が稀にある(常連ガイダーは嫌うでしょうな)。するとたいてい、↑に書いてあったようなものが混じり込んでいて、ガッカリさせられるんですが・・・。
このことを、アノ八幡平市章公募の全応募作品リストから2組ほど選んで見てみよう、わかりやすいところで。採用作品が決定されたのは2005年6月である(伏線)。

岩手県八幡平市
市章

(応募作品0190)
八幡平市章(応募作品0190)

-----
八幡平市の[は]の文字をモチーフにして、奥羽山脈の山なみに抱かれた新市の豊かな自然環境のイメージとその中で未来に向かって限りない発展をする市のイメージを併せてデザインし、市の将来像「農(みのり)と輝(ひかり)の大地 −岩手山・八幡平・安比高原の恵みに満ちた、交流新拠点をめざして−」を象徴的に表現しました。
-----

(応募作品1040)
八幡平市章(応募作品1040)

-----
八幡平市の[は]の文字をモチーフにして、奥羽山脈の山なみに抱かれた新市の豊かな自然環境のイメージと未来に向かって限りない発展をする市のイメージを併せてデザインし、市の将来像「農(みのり)と輝(ひかり)の大地 −岩手山・八幡平・安比高原の恵みに満ちた、交流新拠点をめざして−」を象徴的に表現しました。
-----
 
 
(応募作品0185)
八幡平市章(応募作品0185)

-----
八幡平市の[は]の文字をモチーフにして、奥羽山脈の山なみに抱かれた新市の豊かな自然環境のイメージとその中で未来に向かって躍動する市民の姿を併せてデザインし、新市の将来像「農(みのり)と輝(ひかり)の大地 −岩手山・八幡平・安比高原の恵みに満ちた、交流新拠点をめざして−」を象徴的に表現しました。
-----

(応募作品1041)
八幡平市章(応募作品1041)

-----
八幡平市の[は]の文字をモチーフにして、奥羽山脈の山なみに抱かれた新市の豊かな自然環境のイメージとその中で未来に向かって躍動する市民の姿を併せてデザインし、市の将来像「農(みのり)と輝(ひかり)の大地 −岩手山・八幡平・安比高原の恵みに満ちた、交流新拠点をめざして−」を象徴的に表現しました。
-----

どれもほとんどおんなじで、どれも少しだけ違っているという(笑)。作品番号からすると、2回に分けて応募されたものかもしれない、色違いで

これら4点が同じ作者であることは言うを待たないだろう。となれば工藤和久あたりだと思うでしょ、「象徴的に表現」とか、「豊かな自然」とか使ってあるし。
デザインは江田島市章、本宮市章、錦江町章などとも類似が認められる。いや、典型的な円形丸ブーだからそれこそどこにでもあるものではあるんだけど。

【2016.07.29「丸ブー艶競べ [21]」】
広島県江田島市
市章
安 起瑩
〔2004年9月決定〕
江田島市章(最終版)

福島県本宮市
市章
深川重一
〔2006年12月決定〕
本宮市章

【2015.10.07「One of Those "類似" Preventive Measures? ― 壱の斬」】
鹿児島県肝属郡錦江町
町章
井口やすひさ
〔2005年7月決定〕
錦江町章

ところが、どうやら違う作者みたいなんですね・・・。

(続く)

« 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ(八幡平市章応募作品・八重瀬町章) | トップページ | 【加筆編】そこに蟠り渦を巻くモノ(八幡平市章応募作品):後段 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【加筆編】未来へと流れ出でたるモノ(八幡平市章応募作品・八重瀬町章) | トップページ | 【加筆編】そこに蟠り渦を巻くモノ(八幡平市章応募作品):後段 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想