« 【番外編】見よや、円月殺法の威力!(北九州高速鉄道・IRいしかわ鉄道) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その143:豊中市上下水道局・みっくちゃん) »

2015年7月21日 (火)

【番外編】十年ごとに咲く花?(高島市10周年・高島市章)

(承前)

検索してみると、小島は次の公募でも採用されている。

滋賀県高島市
高島市制10周年記念事業 ロゴマーク
小島 力(大阪市)
高島市10周年

-----
花をモチーフとした[市章]が、鮮やかな大輪の[花]を咲かせたイメージで、市制10周年の成長と、今後の更なる発展を表現しました。
-----

大阪市IRいしかわ鉄道では明らかにされていなかったけれど、塩崎一族と同じです。

ツルが本シリーズでテンプレキャラ/ロゴをぶった切る上で、さほど重視してこなかった要素がいくつかある。例えば「賞金額」とか「応募総数」とかです。「募集/決定/発表時期」は徹底的に調べるのに比べ、これらはあくまで片手間程度。
作者の「住所」というのも同様だった。「気付」なんかの手を使えば、住所なんてどうにでも細工できるじゃん。でも、こうなるとやっぱり、ひんやりを通り越してぞくりと寒気が走っちゃいます。

ううむぅ。ここはやはり「小島 力」にも推定同一人物の嫌疑をかけるべきなのであろうか?数が少な過ぎて判別がつきかねますが(他には「地獄谷のサル」ぐらいしか見つけられなかった)。そもそも一族がこういう文脈でのリサイクルをするかいな??

同時に決まったコピーがまた相当なもの。

〔キャッチフレーズ〕
斎藤洋士(千葉県茂原市)
「未来へつなぐ 人と自然のまちづくり」

-----
人と自然の素晴らしいまちづくりを未来へつなぐことを表しました。
-----

Locality要素、皆無。ああ、作者コメント読まなきゃよかったよ(T-T)。

10年前に制定された市章はこれです。

滋賀県高島市
市章
藤原未央子(22歳:高島郡今津町[現 高島市]:佛教大学4年)
高島市章

-----
[花]をモチーフにし、6町村をそれぞれ1枚の花びらに見立てました。各花びらは、地図上の6町村の位置と対応しており、このデザイン全体で「高島市」を表しています。6町村が合併することで、互いに協力し合い、大輪の花が咲くように発展して欲しいという願いを込めて、6枚の花びらが一つの花を咲かそうとしている姿を表しています。
-----

-----
(選考委員コメント)
花をモチーフにした応募作品は、最近相次いで決定した他市の「市章」とはひと味違うものである。6つの花びらが5町1村を表し、それが中心から外に広がるイメージは、新市の発展を意味するともとれます。形の完成度がやや低いように思われますが、修正すれば個性的な「市章」になるに違いないと思います。
-----

なるほど、そういうことでしたか。こういう楽屋落ちネタ、キライじゃないけど。

「6枚の花びらが一つの花を咲かそうとしている姿」
 ↓
「鮮やかな大輪の花を咲かせたイメージ」

10年かかって色も鮮やかに開き切ったと言いたいわけね。

本歌取りだからといって小島作品にいちゃもんをつけるってわけでもないが、知的労働の密度はガタンと落ちるわな、ある意味。

実は、2005年元日に6町村、すなわち高島郡の高島町・マキノ町・今津町・新旭町・安曇川町[あどがわちょう]・朽木村[くつきむら]が合併して市制を敷いた時から、「10年」の節目は強く意識されていた。

-----
合併協議により策定した新市建設計画においては、将来目標像を「水と緑 人のいきかう 高島市」と設定し、合併後10年間の基本方針とこれに基づく建設計画を定め、旧6町村の速やかな一体化、地域のさらなる発展と住民福祉の向上を掲げています。
-----

然るべき成果はきっと何かあるはずですので、具体的なところは各位にてお調べ下さい。ご参考までに、人口はこうなってます。

2005.10.01 53,950人(国勢調査)
2015.05.01 49,977人(推計)

ま、人口減少の時代ですしね。

おまけの小ネタ。
高島地域合併協議会や高島市のサイトには載っていないけれど、市章が決定された際、不思議なことが報じられている。

-----
(2004.11.17 京都新聞 抜粋)

作品は、花をモチーフに6町村を青い6枚の花びらに見立てた。委員から「手がきで温かさを感じる作品」「女性的なイメージで新市にふさわしい」などの意見が出された。
-----

なぜ、「女性的なイメージ」が「新市にふさわしい」と考えたんだろう??文脈が少し狂っちゃった気がします。
それともアレかね、「女性が赤ちゃんを産みやすいまち」みたいなアピールポイントがあったんでしょうか(それまた当時っぽいが)。

「女性がボードに上手に母性の絵を描いた」

みたいな。

藤原は当時、琵琶湖北西の近江今津から洛西紫野まで通学していたことになる。それって結構大変やったんちゃうん?(当てこすりじゃありませんよ(^_-))

そしてこれから10年後、ご当地が成人式を迎える時にはまた、この市章のVariationが登場したりするんでしょうか?ひょっとしたら赤い丸い大きいうまい実をつけてたり(「あまおう」みたいだ)、大木に育ってこの花をガンガン咲かせてたりして(笑)。

« 【番外編】見よや、円月殺法の威力!(北九州高速鉄道・IRいしかわ鉄道) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その143:豊中市上下水道局・みっくちゃん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】十年ごとに咲く花?(高島市10周年・高島市章):

« 【番外編】見よや、円月殺法の威力!(北九州高速鉄道・IRいしかわ鉄道) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その143:豊中市上下水道局・みっくちゃん) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想