艶競べ [9](洋野町章・八雲町章)−ホ" />

« 【対決編】丸ブー艶競べ [9](洋野町章・八雲町章)−ホ | トップページ | 西條八十 ぼくの帽子 vs 角川春樹 信長の首《一》 »

2015年8月18日 (火)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その5:なっちゃん)

【2018.05.19 追記】
「なっちゃん」の作者、ひょんなことから判明しました。詳しくは【2018.05.19「闇を払う若者たちとの対話:Session A」】をご覧下さい。

 

----

 

(承前)

 

【その142】でこのキャラ↓を出したからには、同じ県内からアレも取り上げずには済まないだろう。

 

長野県
さわやか信州旅ネット イメージキャラクター
しゅうちゃん
塩崎歩美
〔2008年2月決定〕
しゅうちゃん

 

アレとはこれのことです。

 

長野県小県郡(ちいさがたぐん)長和町
イメージキャラクター
なっちゃん
(作者不明)
なっちゃん

 

「無名の作者によるご当地キャラ」というには塩辛過ぎる。かといって、正面切って真正塩キャラなのかと問われると答えに窮します。

 

今いち不明な点の多いキャラですが、登場したのは2008年6月。「しゅうちゃん」とはやはり同時期なんだな
[そば]と[]、帽子のつばに書き込まれた大文字アルファベットの[地名]、盛りアイテムにも共通点は多い。一方で微妙に手先の表情のこなれが悪いんですよね。あ、でもそれはしゅうちゃんも五十歩百歩か。

 

驚くのはこういうVersionも見つかることです。

 

なつおくん&なつこちゃん

 

-----
男の子のなつおくんと、女の子のなつこちゃん、二人合わせて「なっちゃん」です。
[美の塔]そして緑豊かな山々、信州の自然を「帽子」で表現。そして、[そば]のマフラー、胸には[温泉マーク]。長和町のいいところが集まってなっちゃんが誕生。
-----

 

「美の塔」って何だろう、叶姉妹でも住んでるのかしらと思ったらどうやらtypoで、正しくは「美しの塔(うつくしのとう)」という。松本市・上田市・長和町に広がる美ヶ原高原のほぼど真ん中にある高さ約6mの塔で、表面は鉄平石(てっぺいせき)仕上げとなっている。

 

美しの塔

 

鉄平石とは輝石安山岩の板状節理が発達したもので、諏訪・佐久地方に産し、庭園用などに使われてきた石材。英語にすると "slate" かと思ったけど、これは粘板岩、つまり堆積岩たる泥岩/頁岩が火山の変成作用を受けて劈開性を強く示すもののことだから、火成岩たる火山岩の安山岩とは別モノね。

 

ここでツルの中学時代からのほのかな疑問が一つ氷解しました。福岡市にあるツルの実家にも鉄平石の貼られたテラスがあって、これを作った時に庭師さんが「これができるとは福岡じゃうちんとこぐらいしかなか」と胸を張ってたんですね。その割にはよく見かける気がするけど、どうなんだろうと思っていたわけ。鉄平石というのは平べったい板状でランダムな形をしていて、これをモザイクのようにうまく組み合わせて隙間の出ないように敷き詰めていく、そこが難しいのだと解釈していたんですが、その技術を本場長野でちゃんと修業した、みたいなことだったんですね、きっと。確かにウチのは目地の部分が狭いし一定間隔でキッチリと組まれている、えっへん。因みにその植木屋さん、傘寿をとうに超えて今なお現役バリバリです(このお正月にも庭木の剪定をしてもらいました)。

 

話を戻しましてと。
この「美しの塔」、ただの観光スポットではない、らしい。美ヶ原は濃霧による遭難が多くて、その対策としてのいわば避難塔だ(だった?)そうです。鐘楼を備え、霧の発生時に鐘を鳴らして誘導するというもの。同様のものは美ヶ原から続く霧ヶ峰にもあって、そちらはまさに「霧鐘塔(むしょうとう)」と呼ばれている由。

 

で、だ。キャラの方はもうほとんど見るに耐えない。「なつこちゃん」ではまつ毛をほんの少し伸ばして服の色を変えた、ただそれだけ。塩崎先生がお聞きあそばしたらお怒りになりますよ。ペアというより双子、あるいはドッペルゲンガーと言ってもよろしいかも。

 

さらにびっくりなんだけど、同町サイトでは現在「なつこちゃん」は無視されていて、男の子バージョンの「なつおくん」が「なっちゃん」ということになっとります。なんじゃい、キャラクターのアイデンティティそのものを揺るがすそのやり方は

 

ツル思ふに、いつの間にか双子キャラになったりピンキャラになったりするのは(時には作者も知らないうちに;cf. 2014.01.11「ブルーベリー物語 遠野編」)、着ぐるみ作成・維持管理上の問題があるのではないかしらん。おんなじものを2体作っとけばいろんなイベントシーンで何かと便利だし、ならばいっそ双子にしとけばこれまた何くれとなく好都合。話題にもなるしネ。どちらかがくたびれてくるとピン芸人に戻る、みたいな(^.^)。

 

でも、「なっちゃん」と「しゅうちゃん」を見比べてると混乱してくるでしょ。それというのもしゅうちゃんのお腹の「N」のワンポイントのせいです。なっちゃんのイニシャルと混同しちゃうやろうがって。図柄の類似のためだけじゃない、「NAGAWA」と「NAGANO」の相似ばかりでもない。
やっぱりしゅうちゃん、脳足りん(これって差別的表現かしら)。

 

(続く)

« 【対決編】丸ブー艶競べ [9](洋野町章・八雲町章)−ホ | トップページ | 西條八十 ぼくの帽子 vs 角川春樹 信長の首《一》 »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その5:なっちゃん):

« 【対決編】丸ブー艶競べ [9](洋野町章・八雲町章)−ホ | トップページ | 西條八十 ぼくの帽子 vs 角川春樹 信長の首《一》 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想