« 【番外編】ゆるキャラとは何の謂ぞ:2(やめ茶丸) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その147:キャリコ) »

2015年9月15日 (火)

武蔵新田で「ちょい呑み」いかが?!

ツルが日常使ってるのは、東急多摩川線の武蔵新田という小さな駅。この界隈のことは何度か取り上げてきました。

2009.12.25「今年のCMを斬ってみる。」
2010.05.17「恐るべし、武蔵新田」
2010.07.16「雨が降ったら・・・ゼフィランサスなのね とか」
2012.02.04〜06「下丸子と武蔵新田でイベントが!?」
2013.10.14「新田神社 破魔矢縁起」
2013.10.24「工具の花輪に飾られて(おおたオープンファクトリー)」
2014.02.15「不運のおおたオープンファクトリー ― 台風と雪に祟られて」
2015.01.05〜09「福の神にも浮世の事情(多摩川七福神)」

他にも、月に一度の七福神の縁日てのが始まったし、来年には初の「武者パレード」も企画されてるそうで^_^;、いろいろ変わり始めているんです。
そうそう、11月には国立劇場で吉右衛門の「神霊矢口渡(しんれい やぐちのわたし)」の通し狂言歌舞伎がかかるそうな。オープニングはご当地の新田神社が舞台。

ほんでもって、今週の水・木つまりあしたとあさってには、駅前商店街で「第4回 武蔵新田ちょい呑みフェスティバル」と銘打ったイベントが開かれるんです。

第4回 武蔵新田ちょい呑みフェスティバル

一言で言うと、「2,500円で三軒はしご酒できるお得で楽しいイベント」。
地元の飲み屋さんがコラボして3枚綴り2,500円(前売は2,400円)のチケットを作り、1枚でワンドリンク・ワンフードが出てくるというシステム。(もちろん、その後普通にお金払って腰を落ち着けることもOK。)
昨年始まったイベントだけど、好評のようで今回早くも第4回。

「ちょい呑みフェスティバル」って名前は聞いたことあるという人もいるかもしれない。最近、神奈川県内の各地で開かれてます。何でもルーツは藤沢市という話。藤沢駅の南口エリアで始まったもので、今じゃ県内40ヵ所近くになるそうな。

-----
ちょい呑みフェスティバルとは?

2012年の1月のある日、facebook上で「こんな呑み方楽しくない?」と、投稿されたのがすべての始まりでした。。。
町興しや、飲食店の販促になると、全国で話題だった「はしご酒イベント」。
町興しとか販促とか関係ない、呑んべが15人集まって、ただただこんな呑み方を、大好きなふじさわの街でやりたいだけ!こんな遊び心で始めたイベント、それが「ちょい呑みフェスティバル」なんです!
呑んべが、呑んべのために開催する、呑んべの祭典。
それが、ちょい呑みフェスティバルです。
全国のはしご酒イベントとの大きな違いは、このゆるさ、遊び心です。
はしご酒イベントの歴史は長いですが、「ちょい呑みフェスティバル」は、ふじさわ発祥と言われる所以がこの辺りにあると思います。

ちょい呑みポリシー

ものすごい勢いで、全国にちょい呑みフェスティバルは拡散中です!
なんせ、第1回開催前から、「目標は全国の街で同時開催!」なんていっていましたから!
ただのはしご酒イベントとの違いが、「ちょい呑みポリシー」なんです。

1. ちょい呑みは、呑んべによる、呑んべの為のお祭りだ!
2. ちょい呑みは、大人の真剣な遊びだ!
3. ちょい呑みは、ゆる〜く愉しく!
4. ちょい呑みは、参加者、お店さん、地域の人々、実行委員みんなでつくるイベントだ!

このポリシーに共感してくれる実行委員さんが、立ち上がった地域では、ちょい呑みを開催する資格があります。
そして、次の決まりを守ってくれるだけで、ちょい呑みを開催できるんです。

1. ポリシーを大切にする!
2. ルールの基本はおんなじ!
3. ロゴ、カラー、名称もおんなじ!
4. ちょい呑みエレジーで盛り上げる!

きまりはたったこれだけなんです。ゆる〜いでしょ?w
オカネだって掛かりません!ほぼすべて、ノウハウや画像データなど、提供しちゃいます!
だから、お仕着せのイベントにならずに、自分たちの街のカラーの「ちょい呑み」が出来上がるんです!
-----

あー、そゆこと!チラシのデザインが藤沢の丸パクりじゃんと苦笑してたけど、そうじゃなかったんやね、失敬失敬。「ちょい呑みエレジー」というのは皆目不明ですが。

藤沢駅南口のちょい呑みはこの11月で開催10回目を数える由。60店以上が参加してるらしい。3軒分で2,500円という値付けはここも同じです、全店制覇はナカナカ大変。
我が武蔵新田は今回24店とややこじんまりですが(前回より減っとるがな)、昨年7月25日(金)〜26日(土)の第1回はなんと「東京初開催」だったのだよ。なぜに武蔵新田で?という感じですが(因みにマクドナルドもケンタッキーもドトールもデニーズもありません、松屋ならあるけど)。

第1回武蔵新田ちょい呑みフェスティバル

昨年11月28日(金)〜29日(土)の第2回は、上にも書いたイベント「おおたオープンファクトリー」の第4回とコラボする形。

第2回武蔵新田ちょい呑みフェスティバル

第4回おおたオープンファクトリー

そして今年5月20日(水)〜21日(木)の第3回、9月16日(水)〜17日(木)の第4回ときてるから、結構なハイペースです(敢えて週末を外すようになった理由は、めんどくさいから省略)。

第3回 武蔵新田ちょい呑みフェスティバル

確かに呑ん兵衛ツルも、行ったことのない店に入りやすくなるってことは感じるし、お客さんがどんどん流れ込んできてお店側はてんてこ舞いな様子。最近酒を飲まないと言われる若い人たちが数人連れ立って来るのも目立ちます。

地元でさる沖縄料理店(1軒しかねえよって)の若い大将から聞いたところでは、商店会に最近できた飲食部の肝煎りなる由。この大将が藤沢の件をネットで見つけて声をかけ、実現まで持っていったそうです(ツルも酔っ払ってたので多少不正確かも)。

まあ、お店も儲けはほとんど度外視らしいし、商店会としても、未だ継続的に他地域から客を呼び込むまでには至っておらず、域内での効果にとどまっているのではないかとか(ぶっちゃけ、お客の多い店から少ない店への循環装置、みたいなことね)の意識は持ってるようですがね。あまり高いところに照準を合わせるより、継続は力なりってとこかしらん。

このイベント、昨年10月には同じ多摩川線沿線、いわゆるハイソな「大田北区」の田園調布・多摩川エリアでも行われた。都内でもだんだん広がっていくんでしょうかね?

ツルですか?もちろん前売買ってターゲットを物色中っす

PS:
ツルが密かに種を蒔きまくってるゼフィランサス(つまりはタマスダレの仲間)の黄色い花、微妙ながら町なかに殖えてきております。ついに商店街の中でも咲き始めたし。小さいながらもきれいで目立つ花だし、しかも極めて強健なので、気づいた人にはきっと可愛がってもらえるはず。(花ジャックに罪の意識などあろうはずもない。)

« 【番外編】ゆるキャラとは何の謂ぞ:2(やめ茶丸) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その147:キャリコ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵新田で「ちょい呑み」いかが?!:

« 【番外編】ゆるキャラとは何の謂ぞ:2(やめ茶丸) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その147:キャリコ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想