« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

Happy Halloween便乗企画【特別編】Trick or Treat!? でPNまつり!! 第14弾(HTML5プロフェッショナル認定試験)

(承前)

えー、渋谷あたりは西洋の闇のおまつりで大騒動だったそうですな。けど下丸子では脇目も振らずに隠れ塩キャラ狩り、まいります。

秋だからねえ。やっぱこれかな(強論)。

特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
HTML5プロフェッショナル認定試験 マスコットキャラクター
(審査員賞)
マロン
HTML5プロフェッショナル認定試験キャラ

初めに言っとくと、住所は公表されていないので、真実塩崎一族なのか否か、いささか迷わしいんですけどね。

「マロン」というPNは、今まで一族にありそうでなかったもの。「マカロン()」、「シナモン」っちゅうお菓子チックなのはありましたが(cf. 2014.07.04「PNまつり 第8弾」・2013.08.14「PNまつり 第1弾」)。
(どうでもいいけど、「ぶどう狩り」「みかん狩り」「りんご狩り」「梨狩り」「茸狩り」果ては「潮干狩り」「紅葉狩り」「桜狩り」等々というのに、栗だけは「栗拾い」なんやね。枇杷だったら「枇杷もぎ」かな?苺なら「苺狩り」「苺摘み」どっちもある。桃はどう呼ぶんだろう。キウイフルーツやブルーベリーだったら・・・??あっ、お芋は「芋掘り」か。)

図柄の方は自ずと2013年8月決定のこれに似てくるわけ↓。

【その60】
パソコン3R推進協会
PCリサイクル キャラクター
さいまるくん
塩崎まさよ
さいまるくん

ハードもソフトもキャラコンセプトはほとんど変わらんという(笑)。[mouth]も共通項、そりゃnote PCか[desk top]かってな違いはありますがネ。[眼鏡]と[角帽]で「賢さ感」を、指先の[電子リング](只今命名)でInternetを表してるんだろう。ここら辺が栄一世代の限界でしょうか(ツルも偉そうなことは言えんけど)。だったらこんなニッチにまで手ぇ出しなや。
[前髪ちょろ]は塩キャラお馴染みアイテム、お腹の[5]はWorld Wide Web Consortium/W3CAによるれっきとしたロゴマーク。

HTML5

このVariation↓はマロンも本歌取りしてますな(笑)。

HTML5 Professional Certification

HTML5とは、HTML/HyperText Markup Languageの第5版の意味(もっともHTML3は途中で破棄されている)。

-----
(Wikipedia 抜粋)

HTML5はWHATWGによって2004年に定められたWeb Applications 1.0にWeb Forms 2.0を取り入れたものがW3Cの専門委員会に採用され、W3Cより2008年1月22日にドラフト(草案)が発表され、2014年10月28日に勧告された。2016年にHTML 5.1が勧告される予定。
改訂の主要目的のひとつとして人間にも読解可能でコンピューターやディバイス(ウェブブラウザ、構文解析器など)にも矛盾せず読解されるとともに最新のマルチメディアをサポートする言語に向上することである。HTML5ではHTMLだけでなくXHTML、Document Object ModelのHTML関係の部分、ECMAScriptのAPIも追加になっている。

〔中略〕

HTML5は、プロプライエタリなプラグインとして提供されているリッチインターネットアプリケーションのプラットフォーム(JavaFX、Adobe Flash、Microsoft Silverlight 等)を置き換えることを標榜しており、ウェブアプリケーションのプラットフォームとしての機能やマルチメディア要素が実装されている。
-----

はー、さよか・・・。笑っちゃう。この項を閲覧したどれだけの人が理解できるのやら(ついでに、ネットを使うどのくらいの人がこんなこと理解する必要があるのやら)。

HTML4の当初仕様が1997年12月公表だから、素人目にはその後随分停滞していたように見えちゃいます。
一方本公募は2014年5月の結果発表で、そこは機を見るに敏だったわけ。一般に馴染みのない資格に親しみを持ってもらうべく、お定まりのキャラ作りとなったんですな。サイトには;

-----
「Webデザイナー白書 2013-14(Web Designing 2013年12月号・掲載)」の、近いうちに習得したいものは?の結果では

1位 Javascript 44.7%
2位 マルチデバイス対応 43.7%
3位 HTML5 43.6%
4位 iPhoneアプリ開発 42.4%
5位 総合的なサイトプロデュース 42.0%

と、1〜3位を「HTML5プロフェッショナル認定試験」の試験範囲が独占しています。

〔中略〕

新しい技術が次々と登場するWebの世界で、HTML5関連は、欠かすことのできない技術となっています。
Webデザイナー白書2013-14の、“取得したいと考えている資格”でも、HTML5プロフェッショナル認定試験は、第1位。「腕があれば資格なんて・・・」の業界のなかで、全体の10.6%の制作者が取得したいと答えた資格です。
-----

とか;

-----
レベル1のベータ試験受験後のアンケート(テスト受験者96名対象)では、

・実務で活かせる

受験者の声
レベル1は基礎力として活かせます。
普段やっている業務にそのまま必要です。

・キャリアアップに役立つ

受験者の声
学ぶべきスキルが分かるのでキャリアパスが描けます。
スキル指標として役立ちます。
レベル1は、これからHTMLを学ぶ人には特に必要です。
一定の技術力を身につけられます。

・周りの人に受験を薦めたい

受験者の声
特に同僚や部下に受験してもらいたいです。
発注側として、スキルを評価する一助になると思います。
新卒にはやってもらってもらいたいと思いました。
-----

と殺し文句が並んでて、なんだかねー。地頭(じあたま)の悪さ、みたいなものが露わになっちゃった感じ。
脅しめいた営業トークを並べたり、キャラ選びにうつつを抜かしたりする前に、最新の知識・難解な概念を、常識の地平に立って平明な言葉で伝えることの方がよっぽど大切です、ツルの経験上は。(それは一番困難なことでもある。投資家向けDocumentでのR&Dの記載なんて、担当者は常にそこに悩まされてるはず。)
そこら辺地道にやらんから、応募も53点にとどまったんでしょ。因みに賞金は最優秀賞10万円、優秀賞は1万円ずつ、ということは審査員賞のマロンはタダ働きだったわけだ。

おかしいのは、入賞者すら制度の意義やらをちゃんと理解していないらしい点です。

(最優秀賞)
HTML5キャット セマンくん
山下順二

-----
HTML5プロフェッショナルなHTML5キャット「セマンくん」。
今日もプロエッショナルな人を増やすべくネットを駆け巡る。
見かけによらず、すばしこい。好物はたこ焼き。
-----

(優秀賞)
アープくん
田中北舎(ほくしゃ)

-----
惑星W3からやってきた若き王子。
より良い世界をつくるため、今日も元気にマークアップ。
HTML5プロフェッショナル認定資格者を増やすべくLPI-Japanでアルバイト中。

趣味:構造化
特技:デバイスアクセス
自慢:オフラインでも活動できること
-----

ファイビー
池田克也

-----
HTML5のマークそのものをモチーフにしてシンプルなキャラクターです。
-----

山下は話を強引に違う方向に持ってってるし、田中もそれっぽいtermを書き連ねただけ、池田なんかほとんどついていけてねーよ(冷)。

(審査員賞)
ファイブん
今村 寛

フトマル君
オカモト

(愛称なし)
マロン

トライヌくん
今村 寛

ハリッキー
海山 幸

ふぁいぶさん
田邊亮太

マロンは愛称すら出していない。手抜き過ぎやん

ま、入賞画像はまだネット上に残っているので、興味をお持ちの向きは適宜お探し下さい。「LPI-Japanってどんな団体?」ってFAQも今回は省略、だってサイトに載ってないんだもん(爆)。

(続く)

2015年10月29日 (木)

【番外編】いはばしる バイクの臀の プレートの;E(行田市・久喜市・横手市・稚内市 ナンバープレート)

(承前)

塩崎一族でもご当地ナンバープレートは見てきたけれど、垂水作品が塩崎作品を押し退けて採用されたケースもある。

埼玉県行田市
原付バイクご当地ナンバープレート
垂水秀行(香川県丸亀市)
行田市ナンバープレート

-----
[忍城]や[埼玉古墳群]をデザイン。忍城の[石垣]には、B級グルメの[ゼリーフライ]や[フライ]、市の木[イチョウ]、[足袋]、[前方後円墳]、[古代蓮]も描かれている。
-----

隠し絵ってのは基本好きなんすよねえ、ツルは

(優秀賞(投票2位))
立志哲洋(東京都江東区)

(優秀賞(投票3位))
塩崎歩美(大阪市)

前も書いたように、垂水は市民投票で総数2,737票のうち1,447票という大量得票で採用されている。この状況はちょっと鎌倉市と似ています。
・・・あん!?そーじゃねーか。和泉市と全く同じパターンなのね。最優秀賞を垂水が獲り、優秀賞を立志と歩美で分け合ったってとこが。(っと、和泉市はエイイチであったか。そこら辺はマイペンライ大差ない。)

次のものも同様のケース。

埼玉県久喜市
原付バイクオリジナルナンバープレート
垂水秀行(香川県)
久喜市ナンバープレート

[久喜提燈祭り 天王様]の山車というのは前回調べたからわかってたんだけど、一切説明が出てなくて「鉄橋」と「魚」がなかなかわからなかった。アユかしら、まさかサケではあるまいと思ったらこれが[ハクレン]。ピンとくる人もいるでしょう、「巨大魚のジャンプ」として時々テレビで紹介されるあれです。

ハクレンの跳躍

≪うふふ、素材見つけちゃった

ハクレン/白〓/Hypophthalmichthys molitrix(〓は「魚蓮」)は1m程に育つ中国原産のコイ科の魚で、ソウギョなどと同様、食用として日本に持ち込まれたもの。つまりは外来生物ですが、孵化の習性がやや特殊で、利根川水系ぐらいにしか棲み着いてないようです。で、ご当地で産卵する。これに伴って年にほんの数回だけ見られる謎の集団跳躍も、今や観察会まであって、すっかりご当地名物の仲間入りというわけです。橋の方は形状からして[東北新幹線利根川橋梁]だろう。

(優秀賞)
小柴雅樹(兵庫県)
塩崎エイイチ(大阪府)

これら2点はどちらもご当地キャラ王国埼玉県のものだから、キャラクター不使用という意味において県内では珍しい部類に入るのかもしれない。因みに行田市のは2014年2月に、久喜市のは同年11月に発表されたもので、この年の垂水の快進撃の巨人ぶり、マジパねえっす。

あっ!泉佐野市&泉南市&田尻町のところで書いた、「白色の背景で夜景が表現できるように」っていう意図は久喜市でも働いてたんですね!!

-----
【その135】

昼間は神話・歴史上の人物の人形を山車の上に飾り立てて町内を曳き廻し〔中略〕、夜になるとこれを取り外して500個の提燈を飾りつけ、提燈山車に早変わりするということなので、昼間っから提灯をぶら下げたエイイチのデザインは不適当ってことになりそうっすが( ̄ー ̄)。
-----

「夜」を表す必然性があったんですよ!よく見れば[三日月]が忍び込ませてあるし、魚もシルエットだ。それはこの「早変わり」を意識したものでしょう。ううむ、芸が細かい!!

そしてデザインは北国を目指す。

秋田県横手市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(38歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
横手市ナンバープレート

-----
垂水さんのデザインへの想い
横手の代名詞ともいえる[かまくら]をモチーフに、[雪景色]の中にもぬくもりが感じられるように描きました。遠くから見ても雪景色とかまくらが認識でき近くで見ると無数のミニかまくらが並ぶ神秘的な光景に、[白鳥]の姿が添えられているのがわかります。暖かい季節に市を訪れた人にも、また[冬]に訪れてみたいと感じてもらえるよう想いを込めました。
-----

こちらはごく普通に「夜景」なんだろう。ツルには、かまくらというより、岩手県大船渡市のさいとう製菓の「かもめの玉子」か、あるいは福岡市の石村萬盛堂の「鶴乃子」か風月の「雪うさぎ」か、それとも北九州市の湖月堂の「鶴の子」あたりがコロニー繁殖してるように見えちゃうがね
ナンバープレート公募には珍しく、デザインは市の産業経済部観光物産課、交付は財務部市民税課と分業していて、2013年2月の発表も観光物産課から行われています。
しかし巧みやのう、最後のセンテンス。Seasonalityのリスクをこうもあっさりクリアするとは(^。^)y-~~~。

北海道稚内市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(香川県)
稚内市ナンバープレート

市から出されたガイダンスは「最北端、環境都市、観光、特産物等」。で、宗谷岬に立つ[日本最北端の地の碑]と、[流氷]+[アザラシ]+[クリオネ]のセットとなったわけ。

日本最北端の地の碑

一方ご当地ではマサヨによる「環境都市」のキャラクター的シンボルマークが震災直前から存在していて↓(cf.【その117】)、でも垂水としてはそりゃ使いたくなかったのではないかと。既存キャラを利用するぐらいなら自分で作っちゃえって感じでさ。

環境都市わっかない

因みにこの公募、電子メールでの応募はWORDファイルかPDFファイルに限るというアナクロぶり。いつの時代の話だよっていうと、今から僅か半年前。広報わっかないの2015年4月号で結果発表されてます
事務屋ってどうしてもWORDに頼る傾向にあるけど(税吏ならEXCELかしら)、aiなんかは別としても、JPEGあたりを除外する意味、わかりませんねー。

(優秀作品賞)
飛田 博(埼玉県)
北野公一(和歌山県)

(続く)

2015年10月27日 (火)

【番外編】いはばしる バイクの臀の プレートの;D(摂津市・泉佐野市&泉南市&田尻町・和泉市・羽島市・藤枝市 ナンバープレート)

(承前)

垂水によるナンバープレートデザインは、公募界でもとりわけニッチな分野ながら、大阪府による「いいデザイン100プロジェクト」にも堂々3点顔を出している(cf.【その50】)。えらいこっちゃで
因みに2010年から延々推進され続けているこのプロジェクト、100どころか無駄に数を増やして2015年3月末時点でとうとう292。今じゃ300超えてるんじゃないかしらん(2015年度のサイトが見つからないけど、更新を年1回にしちゃったのかも)。
まあ、とにかく並べてみようや。

〔099〕
大阪府摂津市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(37歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
摂津市ナンバープレート

〔189〕
大阪府泉佐野市・泉南市・泉南郡田尻町
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
垂水秀行(39歳:香川県丸亀市)
泉佐野市&泉南市&田尻町ナンバープレート

〔260〕
大阪府和泉市
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
垂水秀行(39歳:香川県丸亀市)
和泉市ナンバープレート

-----
作品概要・コンセプト
さまざまな乗り物が行き交う市内の情景から、「まちを駆け抜ける」というコンセプトのもとにデザインを考えました。
淡い配色や柔らかい線は、まちの温もりと心地よさをにじませるとともに、標識としての視認性を損なわないように配慮しています。また、背景に添えた疾走感の描画が、活気に溢れる元気なまちを象徴しています。
-----

-----
デザインに込められた思い
[関西国際空港]をモチーフに、白色の背景で夜景が表現できるように描きました。薄黄色や薄桃色の背景では夕暮れを演出します。[滑走路]に隣接した[海]が「人工島の空港」を、海の向こうにそびえたつ[ビル群]が「都会からアクセスしやすい空港」をイメージさせます。[地球儀]が「世界とつながる空の要衝」を象徴し、着陸する[飛行機]には3市町に訪れる人々を歓迎する意味を込めています。ナンバープレートの外形は[搭乗チケット]を模しています。他の空港にはない関空の魅力を凝縮し、老若男女を問わず受け入れてもらえるデザインを目指しました。
-----

-----
デザインに込められた思い
[池上曽根遺跡]をモチーフにしたデザインです。
上部には[土器]をイメージした模様と、[青銅器]・[鉄器]・[木製品]などのシルエットアイコンを並べ、下部には[稲作]の豊穣を描き、直感的に古代の雰囲気が伝わるデザインに仕上げました。
古代の絵画を見ながら和泉の歴史を紹介している[コダイくん][ロマンちゃん]の姿を添え、どなたのバイクでも違和感なく付けてもらえるように、かわいくなりすぎない表現を心掛けました。
-----

摂津市が2012年4月発表、泉佐野市&泉南市&田尻町が2014年2月発表、和泉市が2014年8月発表。微妙に近接してるようなしてないような感じだけど、これらの文章はいずれもちゃんとLogicとLocalityが通ってますね。伏字にしたらどこのものなのかさっぱりわからなくなる、なんてことは幸いなさそうです(cf. 2015.10.03「丸ブー艶競べ [10]」)。

ついでに言うと、〔099〕にはこんなメッセージが寄せられている。

-----
ナンバープレートを目にしたとき、一人でも多くの人に笑顔になってもらいたい、そんな想いを込めて描きました。
「のりもの」をモチーフにしたデザインが、まだバイクに乗れない子供たちの興味を引き出すきっかけとなり、郷土愛を育んでいってもらえるとうれしいです。
-----

なるほど、そういうことか・・・。

もちろん、個別のポイントはいろいろある。

摂津市なんて、新幹線の営業路線が通っているのでもなく、単に車両基地があるだけ。ちいと無理があるような・・・(苦)。
因みに垂水作品を採用した自治体の中ではこの摂津市が唯一、従来型プレートとの選択不可でんにゃわ。「いいデザイン」なんやさかい、つべこべ文句垂れたらあかんでぇ(爆)。

関空を描くにおいて、「白色の背景で夜景が表現できるように」というChallengeはかなり驚きました。でも確かにそうなっている!!情報量としては過剰気味なんだけど、それを感じさせないのは手際よく処理してあるからでしょう。
ただし、「都会からアクセスしやすい空港」とは、ツルには首肯できかねます。京の都から遠いやん。(博多っ子は地元から離れて初めて空港というものの遠さに驚くのだ)
人工島たる関空の土地は泉佐野市、泉南市、田尻町に属していて、だったらもう二市一町で合併しちゃえばいいのにと思うけど、どこもそれほど財政上逼迫してないのねきっと。そこはほれ、関空様々ですもの。プレートの交付開始だって開港20周年に合わせた2014年9月。

(優秀作品)
廣野昌司(まさし)(泉佐野市)
神藤正生(しんとう まさお)(泉佐野市)
北野公一(和歌山県田辺市)

垂水作品が既存キャラを取り込んだ例は和泉市だけなんですが、それは募集要項にそう定めてあったから。気のせいか、キャラが微妙に脇に回ってる感もw。

(優秀賞)
立志哲洋(東京都江東区)
塩崎エイイチ(大阪市)

残念、次点は公開されてません。

とまあ、ここまではひとまず順調なんですが、次の作品を見ると、評価がガタンと下がります。

岐阜県羽島市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(40歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
羽島市ナンバープレート

-----
交通の要衝である[高速道路]と高速鉄道([新幹線])が交差する市内の情景と竹鼻別院の[藤]をモチーフにし、豊かな自然と疾走感あふれ、未来へと続く勢いある羽島市のイメージを1枚のプレートに描いたデザインです。
-----

この図柄となるとやっぱり[GIFU]を加えることになるのねぇ(笑)。
しかしうーむ、悩ましいっす。発想は摂津市に(泉佐野市&泉南市&田尻町にも?)似ているし、デザインは次のものに類似してます。

静岡県藤枝市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(39歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
藤枝市ナンバープレート

-----
作品への思い
[藤の花]のカーテンをくぐりぬけた[サッカーボール]がプレートから飛び出し、躍動感溢れるデザインで明るく元気なまちを表現しました。斜めに描いた[グランド]は臨場感を出すとともに、藤枝市が右肩上がりに発展するように思いを込めています。左側のボルトとワッシャーは、サッカーボールの黒い部分に隠れて目立たない工夫しています。
-----

(優秀賞)
河井大郎(滋賀県大津市)
新出 睦(藤枝市上青島)
松浦可奈(藤枝市青葉町)

あー、残念ですっ(-""-;)。とりわけ不安が残るのは、摂津市 2012年4月発表 → 藤枝市 2014年6月発表 → 羽島市 2015年2月発表と、問題の羽島市が直近の部類に属すること。昨年あたりからかなりのハイペースで採用されてきて、ここに至って息切れ感か。

うーん、だから、最高の作品より最低の作品で評価を下したいんですよ、ツルは。(あくまで上から目線で。)

(続く)

2015年10月25日 (日)

【番外編】いはばしる バイクの臀の プレートの;C(鎌倉市・川口市 ナンバープレート)

(承前)

垂水作品の一つの頂点はこれだと思う。

神奈川県鎌倉市
オリジナル・ナンバープレート
垂水秀行(38歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
鎌倉市ナンバープレート(最終版)

或る日の江ノ電[鎌倉高校前駅]周辺を切り取った風景。スナップ写真を描き起こしただけじゃん、という批判もあろうけれど、そんなことじゃないんです。
作者の「作品に込められた思い」は残念ながら公表されてないけれど、古都の数多の名所や行事を一切使わずに(*)生活者の視点だけで押してきた、そこが一番の勝負どころだったはず。[海]も、海水浴やマリンスポーツのそれではない。ガイダンスとして「兜、流鏑馬、海など」という形の列挙がされていたにもかかわらず、です。
そして応募総数91点の中から5点が一般投票にかけられ、投票総数2,861票のうち1,693票(59%)と圧倒的な支持を集めて採用された(2位は365票(13%))。結果は2013年11月に発表されてます。

(*) 実際には、投票時までは「鎌倉市」の表示の左横に[大仏の顔]があしらわれていた。これが生首みたいで不評だったのだろうが、削ったのは英断だったと思う。

鎌倉市ナンバープレート(応募案)

作者側、制定側だけでなく、投票側まで含めたレベルの高さなんてことを感じさせられたりします。
投票時の感想なるものを抜粋すると;

-----
・ナンバープレートなので、道とか景色のデザインがいいと思いました。鎌高前踏切の景色は、まさに鎌倉。
・しつこさが無く老若男女OK
・思わずバイクに乗りたくなりました。
-----

ははあ。3番目なんか最上の賛辞だよね。
「市の内外にPRするため」という枕詞は本公募でも謳われていたのだけれど、考えてみれば、この観光都市の住民からは、もはや「外」向けのものなどあまり求められていないのではないか。見方を変えれば「『まちづくり/まちおこしにあくせくしてるひと』の乗ってそうなバイク」にはしたくなかったんですね。欲しいのは日常に根差した「内」なるデザイン。ご当地キャラとは違って自分の生活に直結するものだしね。そんなところと、このデザイナーの「ジモティの求めているものに形を与える」というスタンスがピタリと合致した、そんな気がします(勝手な想像だけど)。
いわば、主語が「わたしは」ではなく、「あなたは」の世界、作者から見て。

もう1点、秀逸と思えるものを。

埼玉県川口市
ナンバープレート
垂水秀行(39歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
川口市ナンバープレート

-----
働く歓び像に象徴されるように、「鋳物のまち」として鋳造業の町工場をモチーフにデザインしました。経年の風合いを感じさせるざらついた線とシルエットがレトロな雰囲気を醸し、「川口市」を作り上げてきた先人たちへの敬意を込め、その精神を受け継ぐまちを表現しています。遠くから見ても[鋳物]がわかる明快さと、どんなバイクにも似合うようにクールな中に愛らしさのあるデザインを目指しました。
-----

鎌倉市のものとはアプローチがまた違うけれども、これはこれで一つの到達点を示していると思う。何より印象が鮮明で、町工場の活気と騒音まで聞こえてくるようです、[溶鉱炉]の熱も伝わってくる(ツルの住んでる東京大田区の下丸子界隈もそんな雰囲気が残っている)。しかもこれだけインパクトがありながら、ナンバープレートとしての視認性には全く影響がない。

いくらご当地に鋳物業で発展してきた歴史があろうと、今の時代に「キューポラのある街」でもあるまいし(微伏線)、そこをアピールポイントにすることには当然リスクも反対も出てくるはず。ぶっちゃけ、川口という土地柄のイメージが決して高くないことも考え合わせると。
でもそこに敢えて真正面から挑んで、そして勝ち取ったんですね。6点を対象にネット上で人気投票が実施され、全2,328票中最多の779票(33%)を得ている。

この公募でも、ちょっとしたガイダンスが出ていた。(ほんと余計な誘導だと思う。こんなん自分で調べれ

-----
参考1:あいうえおのまち「川口」
あ [荒川・芝川] 川のまち
い [いもの] 産業のまち
う [植木・花卉] 緑のまち
え [映像] Dシネマのまち
お [御成道] 将軍社参のまち

参考2:川口市マスコット「きゅぽらん」

参考3:市章

参考4:シンボルマーク
-----

しかし、垂水はここでも既存のキャラやマークには見向きもせず、抽象性の最も(?)高い「1-い」ただ一本に絞ってきた。このアプローチは、次点となった2作品(あるいは愚blogで見てきた全般)が拠って立つ「てんこ盛りDogma」とは明らかに異なるものです。

(優秀作品)
嶋村 忍(川口市)
北野公一(和歌山県田辺市)

これもまたデザイナーとしての矜持を示すもののはず。無論ハズしちゃうリスクもありながら、安直な方向へ流れずこれだけの実績を残しているのは評価に値するだろう。

この2点がそれぞれのご当地の(外からの)イメージを高めるかどうかはわからない。ぶっちゃけツルは否定的。けれど、住民の誇りには確かになると思います。

(続く)

2015年10月23日 (金)

【番外編】いはばしる バイクの臀の プレートの;B(木祖村・高原町 ナンバープレート)

(承前)

こうして見てみると、垂水は海や川など、開けた[水]のモチーフを最も得意とする模様。これもそうです。

長野県木曽郡木祖村
原付オリジナルナンバープレート
垂水秀行(香川県:グラフィックデザイナー)
木祖村ナンバープレート

-----
【作品について】
キラキラと輝く[木曽川]の清流で、[イワナ]が跳ねて遊んでいる姿を描きました。
山々に囲まれたのどかな自然を、ぬくもりのあるタッチで表現し、左下には特産品の[お六櫛]を添えています。
-----

お六櫛とは、ご当地で作られる伝統工芸品。名前の謂れには諸説あるらしいけれど・・・;

-----
美人で評判の旅籠の娘「お六」は、悩み続けていた持病の頭痛を治したい一心で御嶽山に詣で願をかけました。そしてお告げに従って、「ミネバリの木」で作った櫛を使い朝夕に黒髪を梳いてみたところ、不思議なことに病は全快しました。
そこでお六は、この御利益を同じく頭痛に悩む人々にも分けてあげたいと願い、「ミネバリの木」で作った櫛を売ってみました。すると、中山道の難所・鳥居峠を越えて行き交う東西の旅人の間で評判となり、木曽路・薮原宿の名産「お六櫛」として全国的に知られるようになりました。
-----

「お六櫛本舗」サイトより。何だか販促臭がぷんぷんです。一般的には櫛と言えばツゲ/黄楊/Buxus microphyllaだから、知名度の全くないミネバリ/峰榛/Betula schmidtiiなる材を宣伝するために作られた伝説なんでしょう。

制定側では村のイメージキャラクター「源気くん」を使用可というガイダンスを出していたけれども、垂水は用いていない(伏線)。そりゃまあよろしいんだけど、「木曽川源流の里」をデザインしたにしてはちょっと大河すぎて、「最後の清流 四万十川」と見分けがつかなくなったきらいはありますな。

えーと、この公募では、当初2014年9月下旬の発表予定だったのが、実際には7月末発行の広報きそ325号に掲載されたという、極めて珍しい経緯を辿った。普通は何のかんのでお役所仕事は遅れるからねえ。早まったのは応募総数19点という駑マイナー公募だったからだろうけど、それでも結果は別によそに見劣りしてるわけじゃなし、むしろ手間が省けて効率的な選考ができたんじゃないの?かっかっかっ。

[山]のモチーフももちろんあります。木祖村とほぼ同時期、2014年10月に発表されたのが次のもの。

宮崎県西諸県郡高原町(にしもろかたぐん たかはるちょう)
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
高原町ナンバープレート

左側の緑色した線香立てみたいな不思議な物体は[天逆鉾/あめのさかほこ]、高原町内に鎮座する霧島東神社の社宝で、同社の飛び地境内である霊峰高千穂峰の山頂に突き立てられてます。
右側は町の鳥となっている[ブッポウソウ]。ご当地にあるこの鳥の繁殖地が国の天然記念物に指定されてるからでしょう。ブッポウソウにも興味深いエピソードがあるのだけれども、ここんとこは割愛しまして・・・。

この作品には取り立ててあげつらう点もないのだけど、この公募のプロセスにはいささか問題なしとしない。

(優秀賞)
六部一智久
北野公一

北野は和歌山県田辺市の公募ガイダー(^_-)、そして六部一(ろくぶいち)は。
この1年前の時点で「高原町まちづくり推進課主任主事」であったことが確認できる。広報も担当していたようで、本企画を実施した税務課賦課係軽自動車担当とは部署は違えど、つまりは内部者、関係者です。
この若き御仁、高原町職員になる前の学生時代から何かと話題が多くて、ネットにもいろいろ出てくる。いわゆる「公務員の型にはまらない」と形容されがちな、これも地方公務員の一典型と見ました(冷)。因みに新燃岳のキャラクター「新もえたん」も自ら企画立案しちゃったというおヒト。

我が町のために自分ができることを何でもやってみるという態度、それは大変よろしいし摘み取るべきではない。けれども、一歩道を踏み外せば。
六部一はこの公募には応募すべきではなかったし、制定側も除外すべきだったと考えます。それは募集要項をどう書くかといった以前の問題として。まあ、珍しい苗字だからバレちゃったんだけどね。(cf. 2014.08.31「琉風テンペスト 起章」・2015.08.12〜16「丸ブー艶競べ [9]」)

周辺事象にかかずらってばかりなのも下らないので、次回は直球いきますよっと。

(続く)

2015年10月21日 (水)

【番外編】いはばしる バイクの臀の プレートの;A(小豆島町・四万十市・廿日市市・宮津市 ナンバープレート)

満を持して、これ、いってみましょうか。走る広告塔、平成公募界最後の希望の星(ホントかよ)、原チャリご当地ナンバープレートの件。

この2年ほど急拡大した(つまりツルが本シリーズを書き始めた後からです)この分野では、一人、強い光芒を放つデザイナーがいる。香川の垂水秀行。
この名前はご当地キャラや自治体章等の公募ではほとんど目にすることがなかった。しかしナンバープレートとなると一転、他を寄せ付けぬ圧倒的な強さを誇り、塩崎一族でさえ遠く足元にも及ばぬ状況です。

人物の特定をしたところで最初に断っておくと、公募ガイダーの不実だの、公募そのもののDark Sideだのをあげつらうことに血道を上げているツルをもってしても、この作家にはツッコミの入れようがほとんどないと感じます。誠実に仕事と向き合ってる感じがするわけ。つまりは絵柄も平明で嫌いじゃないし(羞)。
もともとFairであることを最重視しているblogではないので、多少割り引いていただいても結構ですが。

まずは同じ香川県内から見ていきませう。2011年8月決定のこれ。

香川県小豆郡(しょうずぐん)小豆島町
オリジナルナンバープレート
垂水秀行(36歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
小豆島町ナンバープレート

-----
・デザインの説明
[瀬戸内海]に浮かぶ[小豆島]をイメージし、プレートの形で穏やかな[波]を表現
離れた場所からでも「海と島と[オリーブ]」が分かるようデザイン
-----

南方へ向かうとこのご当地にも。

高知県四万十市
四万十市制施行・合併10周年記念 原付バイクご当地ナンバープレート
垂水秀行(40歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
四万十市ナンバープレート

-----
〜作者がデザインへ込めた思い〜
四万十川流域で数多く見られる[沈下橋]をモチーフに、奥行きのある構図で、景色の広がりと[清流]の輝きを描きました。日本最高気温を記録した暑さも表現し、[ウナギ]が汗をかきながら笑顔で水遊びを楽しんでいる姿は、暑さの中にも大自然の心地良さを感じさせます。沈下橋の上には[サイクリング]をしている人と犬の姿を添え、レジャーとしての魅力を伝えています。
-----

巨大なSea Serpentじゃねーかよ、的なツッコミはおいといてww。
「日本最高気温」とあるのは、2013年8月12日13時42分、41.0度を記録したことを指している。体温超えどころか、相当な高熱の病が周囲から襲ってきたってなもんです。大ウナギも汗かく酷暑の中でヒトは軽く口笛吹いてるっぽいけど、どうやって生き延びたのかしら。
この作品で突っ込むべきはやはり、左下の「最後の清流 四万十川」ですかね。全く余計なことをしたもんだと思うけど、これって原画にも入っていたのだろうか?

でも、基本この手の「制作意図」にゃ容赦なく辛口のツルも、ここににじみ出た「生活感」のようなものは見落としちゃならんと思う。香川と高知、お膝元と呼べるほどではなくても、四国の北西と南東、やはりSympathyはあるのじゃないかな。

一方、瀬戸内海を渡るとこの御社に行き当たります。

広島県廿日市市
オリジナルナンバープレート
垂水秀行(38歳:香川県丸亀市:デザイナー)
廿日市市ナンバープレート

そう、日本三景&世界文化遺産、安芸の宮島は広島市にあるんじゃないんですよ。(正確には、2005年11月に佐伯郡(さえきぐん)宮島町が廿日市市に編入合併されたもの。)

-----
[嚴島神社]の[大鳥居]と穏やかな[瀬戸]の輝きを表現しました。上部には神社の[垂木]をイメージした模様を添えています。視認性に配慮しながら鳥居を大きく描き、遠くからでも大鳥居を明瞭に認識できるように仕上げました。
-----

受賞コメントはこう。

-----
このたびは、デザインを採用していただきましてありがとうございました。廿日市市の皆さんと同じく瀬戸内の恵みを受ける県民として、いつまでも美しく輝く瀬戸内海を守りたいという想いを込めながら、デザインさせていただきました。
世界遺産の嚴島神社の大鳥居を大きく描いたこのナンバープレートが、廿日市市の皆さんの安全運転をいつも見守ってくれるように願っております。
-----

言葉が磨かれている。塩崎一族や井口やすひさで見飽きた、何も心のこもっていない「お礼」とはやはり雲泥の差がある・・・。大きく言えば、鑑賞と批判に耐え得る文章でしょう。

報道によれば「海から社殿を見た風景ではなく社殿側から見た独自の構図、シンプルさなどが評価された」そうで、そのどこが独自なんじゃとどつきたくなりましたが、どうやら古来宮島とは海から拝む姿で描かれるものだったらしい。つまり鳥居越しに社殿が描き込まれてたわけ。
厳島神社は水軍の強かった平家が尊崇した海上安全の神様(cf. 2012.03.18〜19「八王子 − 三女神・宗像大社・厳島神社に近づいてみた」)。ならばこの大鳥居に原チャリ交通安全の願いを込めたナンバープレートというのも、確かにReasonableな着眼であったと思えてきます。

日本三景、二つ目は。

京都府宮津市
原付ご当地ナンバープレート
垂水秀行(37歳:香川県丸亀市:グラフィックデザイナー)
宮津市ナンバープレート

-----
【デザインの説明】
[天橋立]の風景をシンプルなラインで描きました。
下に飛び出した形状は、全長3.6kmにもおよぶ天橋立の奥行が感じられるように表現したものです。
また、プレート全体の形状は、[股のぞき]したときの足と頭によってできる空間をイメージしています。
-----

実際にはご当地が2012年9月発表、廿日市市が2013年8月発表なので、ご当地の方が先ですが。
因みに三つ目の松島も2013年8月から宮城県宮城郡松島町にご当地ナンバープレートが導入されてるけど、「町職員が検討を重ねて作製した」とのことで非公募だったようだから、残念、垂水の三連覇ならず。

しかし、「旅」というものがもう国内海外とも「観る」だけでは成り立たない時代になって、いずれの「三景」も慢性的凋落傾向に悩まされているはず。(ツルは、「日本三景」がどうして「海景」に偏っているのだろうと前から不思議でも不満でもあったんですが。)
して、どこもやれマラソン開催だのやれ温泉掘削だのに余念がないわけで、その中で一歩抜け出したのが1996年12月の宮島の世界文化遺産登録ということになるんだろう。

一方、出遅れた感の宮津市も、この公募は天橋立の世界遺産登録を目指すためと明言しているけれど、単なる砂洲というだけならば他にもある。博多湾の東に伸びる海の中道もかなり特徴的な形だし、韓国の珍島(海が割れるのよ!)、フランスのMont-Saint-Michel(実は宮津市ではなく廿日市市と姉妹提携してるのよ!)もそうでしょ。「顕著な普遍的価値」とまで言い切れますかね?
松島だって、Archipelagoなら世界中に、しかもより壮大な規模のものがある。もっとも松島は震災による観光客減少の方が喫緊の課題なんでしょうけど。

ただ、天橋立の場合、ツルが京都にいた80年代頃から砂洲が細って消滅の危機にさらされ続けてるんですね。ならばいっそ危機遺産狙いでいってみてはいかがかと。いやホンマ

(続く)

2015年10月19日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その148:障害者芸術・文化祭とくしま)

(承前)

もう、完全に主客が逆転してしまってる感の愚blogですが、たまには本編も書かないと(苦)。

一族作品と言えば、基本は「シオザキブランドの新作」なわけですね。しかしわずかながら例外もある。

徳島県
第10回全国障害者芸術・文化祭 とくしま大会
マスコット
塩崎アユミ(30歳)
障害者芸術・文化祭とくしま

この「すだちくん」というのも長寿なキャラクターです。1990年1月に採用されているから、このバージョンが発表された2010年5月時点でかれこれ20年は経っていた。本イベントの開催は同年12月です。
もちろんキャラは塩崎作品ではなく、当時の小学5年生女子によるもの(今は福祉関係のお仕事に就いている由)。原画はなんとグラサン姿だったそうな。

ご当地では、イベントのたびに新しいキャラだのなんだのを作成するのではなく、既存のキャラクターにVariationを加えていくというやり方が徹底している(群馬のぐんまちゃんと同様に)。その他大勢のひな壇キャラの中に埋没させることは望まなかったわけ。
例えば2011年2月にもこんなものが発表されてましたね。

【その99】
徳島県
徳島県立埋蔵文化財総合センター
いにしえ夢街道 ロゴマーク
塩崎エイイチ
徳島県いにしえ夢街道

ははあ、父娘競演ww。

なんでこうなっているのかと言えば、ご当地にはこんなスタンスがあるからでしょう。

-----
(2013.05.09 県民の夢 宝箱 抜粋)

「すだちくん」は,平成5年に開催された東四国国体の「徳島県マスコット」として登場して以来,「ねんりんピック」,「地域ICT未来フェスタ」,「全国障害者芸術・文化祭」,「国民文化祭」など,様々な場面で活躍し,20年余りという長きにわたり,皆様に親しまれております。
また,「ゆるキャラ」ブームで盛り上がる中,平成14年には,「ゆるキャラショー」で第3位を受賞,平成16年には,フジテレビの「森田一義アワー 笑っていいとも!」に生出演,本年4月には,NHK「四国羅針盤」に出演するなど,活躍の場面も幅広くなってまいりました。
なお,本県では,平成25年3月に「首都圏に向けた農林水産物メディア戦略」を策定し,あらゆるPR活動において「すだちくん」を活用していくこととしております。
早速,平成25年度からは,商業目的での「すだちくん」デザイン使用の無料化や,着ぐるみ「すだちくん」の貸出を,公的使用に加え,結婚披露宴等の個人使用や営利目的使用へも拡大するなど,「すだちくん」の更なるイメージアップに取り組んでおります。
-----

当然、服だのアクセだのポーズだのは自由にやっちゃってということになるんです。
「ハート&アートとくしま」は、この大会そのものの愛称として別途公募されたもの(by 佐々木香公子:46歳:静岡県浜松市)。

で、アユミは何を描いたのか。[絵筆&パレット]でがっつり[ART]。しかしこのイベントは美術だけでなく文芸・演劇なども含むものだから、これではちょっと食い足りません(アイテムてんこ盛りにしろと言ってるのじゃないよ)。今どき[ベレー帽]で画家を表す発想ってのも何だかね・・・。
でも一番のポイントは「障害者」を描いてはいないことでしょう(そりゃ、すだちくんを使えという制約の中で、困難なことだからこそあげつらってるんだけどさ。人の不幸は蜜の味)。これだったら単なる「アートプロジェクトとくしま」みたいなことだっていいわけです。ちゃんと対象に向き合ってないよ。
そこを言い出すと、これだって同じですが。

【その65】
和歌山県海南市
認知症になっても安心して暮らせるまちづくり シンボルマーク
塩崎えいいち
海南市認知症支援

ま、本企画の最優秀賞に贈られたものは、マスコットも愛称も「賞状及び賞品(県産品)」だけだったので(やはりスダチであろうか)、そうなるとこの程度のレベルになっちまうんですかねえ。(それがわかっていてアユミセンセが出したというところがまた驚き。)

こうしたDerivativeタイプもまだいくらかあるので、引き続き取り上げてまいります。次回(の本編)は平家物語の弓の名手、那須与一ネタです。(いつになることやら

(続く)

2015年10月17日 (土)

【番外編】お花のchapeauの妖精たち(岬町キャラ・こゆりちゃん・あらっぺ・ゆのっこ)

(承前)

岬町キャラ公募、まだまだ釈放してあげません。奨励賞20点のうちにはこんなのもあったのだ。

大阪府泉南郡岬町
マスコットキャラクター
(奨励賞)
(作者不明)
〔2013年3月デザイン決定〕
岬町キャラ奨励賞5

町の花[ツツジ]+[町章]ってことで、そりゃま基本思想は池田作品(と覚しきもの)と変わりゃせんのですが、注目したいのは花の向き。盛ってるというのではなしに帽子みたいにかぶってるんですね。つまり花芯や蕊は匿されている・・・。
このタイプもいろいろ目につくよなあ。どこだったっけ?

福島県耶麻郡(やまぐん)西会津町
イメージキャラクター
こゆりちゃん
(デザイン)山崎一彰(新潟市:グラフィックデザイナー)
(愛称)満山陽子(西会津町)・白井ひかり(西会津町立群岡/むらおか小学校5年)
〔2010年3月デザイン発表・4月愛称発表〕
こゆりちゃん

町の花[オトメユリ]を頭に乗っけてるのに、足元は素足にご当地特産の[桐下駄](町の木も桐です)という蛮カラ系アヴァンギャルド女子(女子なの!)。

飯豊山(いいでさん)からやってきた使者とされておりますが、だ。古くは修験道の霊山として知られたこのお山は、福島県喜多方市(きたかたし)・新潟県東蒲原郡阿賀町・山形県西置賜郡(にしおきたまぐん)小国町の三国にまたがり、山頂は喜多方市となっていて、「飯豊町」という自治体も西置賜郡にある。 ご当地には奥川(弥平四郎/やへいしろう)登山口があるものの、つまりは借景状態なんですよね

ご当地から望む飯豊連峰

野暮は言わないとしても、てことはこゆりちゃん、アンタ空も飛べるのね!?そうなのね!?実は[USA/Unidentified Small Animal系]かもしれない。[触角]と[羽根]なんかもつけてっし。

因みに、命名者の一人、白井が通っていた群岡小学校も今はもうない。2012年度から町内の小学校全5校(および3分校)は統合されて町立西会津小学校となり、138年の歴史のあった群岡小も2011年10月29日に閉校記念式典を行っている。
2012年3月にどちらの小学校を白井が卒業したのかはわからないけれど、現在、旧群岡小の校舎と体育館は「廃校施設の貸与先を募集しています」として西会津町のサイトに載っています

まだまだあるぞ。

東京都荒川区
シンボルキャラクター
(優秀賞)あらっぺ
三宅絵梨(東京都)
〔2010年3月発表〕
あらっぺ

-----
荒川区の「区の花」である[ツツジ]を帽子にかぶった、キュートな妖精。
「あら?」が口癖で、好奇心いっぱい。荒川区の街を元気いっぱいに駆け回ります。
-----

我こそ[USA系]なり!ってわけでお腹の[A]は荒川区のイニシャルではないのかも。「Android」かもしれないな。都会のご当地キャラクターというのも微妙な存在価値ですが、荒川区とか板橋区とかの微妙な辺りが熱心なのは・・・ああいやいや。応募総数828点、区民アンケートは総数13,419票、有効数13,223票というのはさすがに花の都じゃん。

「2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ」が謳い文句の「loftwork」サイトに登録された情報によれば、三宅はミヤケエリの名義でも活動しており、「都内在住の大食いイラストレーター」と自己紹介されている。主に女の子向けグッズなんかのイラストを手がけているらしい。

〔マーメイド〕
マーメイド

・・・伝統的ぬりえタイプの判子絵師かと思ったらこんなこってり暴走爆弾も。

個展『アフターファイブ!!』より
〔気が利く女なの!!〕
気が利く女なの!!

あまりといえばあんまりな振れ幅で、塩漬けになったツルの脳味噌にはえらく新鮮。でもプロだったらこのぐらいのこと朝飯前の当たり前ってもんじゃないのかね、ほんとは。

ついでながら、「loftwork」サイトを運営する株式会社ロフトワーク(東京都渋谷区)は;

-----
オープンコラボレーションを通じて、Web、コンテンツ、コミュニケーション、空間、イベントなどの「デザイン」を手がけるクリエイティブ・エージェンシーです。
-----

なんだそうでス。となるとどうしても「Lancers」(*1)や「ロゴストック」(*2)を思い出しちゃうんですが、少しはまともなんでしょうか。

(*1)
cf.
2015.01.14〜18「Free Lancerの栄光と残照」
2015.06.30「キャラに幸あれ」

(*2)
cf.
2015.06.12【その140】
2015.06.14「一筆啓上 ストックあります」
2015.07.19「見よや、円月殺法の威力!」

そして、この2年半後にはこんなものが。

熊本県球磨郡湯前町(ゆのまえまち)
イメージキャラクター
(優秀賞)ゆのっこ
草野敬一(長崎県)
〔2012年9月発表〕
ゆのっこ

ここでも町の花は[ツツジ]、採用された「ゆっくん」by 歩美でも盛られていた(cf.【その32】)。

しかし、こりゃどう見てもアウトでしょう。実は草野は上記の荒川区公募の最優秀賞を「あら坊」で獲ってるんだよね。つまり確実に「あらっぺ」のことを知っていたわけだ。格下の入賞作をパクったんじゃないの!?!?まあ、その立証は難しかろうがね。ただ信用を失うだけです、ケッ。

でも結局、こんなお帽子スタイルって、「花の妖精」を得意とした英国のシシリー・メアリー・バーカー/Cicely Mary Barker(1895.06.28〜1973.02.16;意外と新しい人だったんですね)の時代からある。いや、きっとそれより前から。

〔N for Nasturtium〕
キンレンカ

そう、このシリーズ、1970年代に森永のチョコレート「ハイクラウン」のおまけに入ってたカードです

オリジナリティはどこにあるの?100年前の劣化弾ではないというところが見たいんですが。

2015年10月15日 (木)

【番外編】Enter the Spellbinder, Scene 3(ながラン・チナッチ・ちなボー・知名町フローラルロゴ)

【前口上】

えー、愚blogの「もうやめようよ、ご当地キャラとか」Series、本日からとうとう4年目に突入でございます、まあ何とね。我ながら驚くばかりです。このネタで500本近くは書いたのかな。でも、まだ語り尽くした気がしない、解き明かした手応えはない、そんな感じです。もう少し続けさせてつかーさい。

≪おお、愚かなる者よ、汝は何を葬ったのか≫

----------

(承前)

池田のまほう系デザインは今に至るまで続いているわけで。

千葉県長生郡長柄町
マスコットキャラクター
ながラン
池田克也(埼玉県)
〔2013年1月決定〕
ながラン

-----
(13.01.18 広報ながら No.364 抜粋)

長柄町の将来像である“水が輝き、緑が輝き、そして笑顔輝くヒューマンリゾートながら”の水・緑・笑顔に加え、長柄町に訪れる明るい未来の象徴とした[太陽]をモチーフとしたデザイン。
-----

今度は[水]の呪文と[緑]の咒法の合わせ技、なのネ。しかしああ、どうなんだろう、愛称までが似ている。「おむらんちゃん」は別途市民募集によって2012年1月頃に決まった名。然るに2013年の「ながラン」には愛称募集を行った形跡がないので、ということは・・・?

-----
愛称【ながラン】の“なが”は町名の長柄から、「ラン」は、いつも「ランッ♪ランッ♪」と元気よく楽しそうにスキップをしている子供をイメージしています。
-----

そんなことではなしに、誰が命名したのかを知りたいんですよ。場合によっちゃ作者自身がおむらんちゃんからインスパイアされて・・・てなことになるわけで;-)。

ツル的にわぁ、「緑」の部分がトチノキの葉っぱに見えてしょうがないのでぇ、このキャラは栃木市にでも移籍した方がイイと思いまス。宝塚歌劇団もアリかもしれないけど、着ぐるみでは諸般の事情から背中の羽根、じゃなかった葉っぱがほとんど目立たなくなっちゃいました。下っ端感半端ねえな。

ながラン着ぐるみ

(なお、栃木市の市の木はもともと栃木県と同じくトチノキだったところ、2010年3月の下都賀郡の大平町・藤岡町・都賀町との新設合併、続いて2011年10月の上都賀郡西方町の編入合併により5年間棚上げとなっており、昨年10〜12月のアンケートを経て今年度中に決まるのだそうな。トチノキ以外になる確率などゼロに等しかろうに。)

それだけじゃない。おつむはこれを彷彿とさせます。

【2015.05.10「Again, Evil Under the Sun: 2」】
愛知県愛知郡東郷町
イメージキャラクター
トッピィ
平山陽一
〔2012年11月決定〕
東郷町トッピィ

歩美 → 平山 → 池田ってな系譜ができてたりしたわけか。

そして今年になると遂に沖永良部島のChina Townに到った。

鹿児島県大島郡知名町
マスコットキャラクター
(選考委員特別賞)チナッチ
池田克也(50歳:埼玉県狭山市)
〔2015年4月発表〕
チナッチ

-----
[ハイビスカス]をモチーフにして[ガジュマルの葉]をつばさに持ったキャラクターをデザインしました。マエカケには[知名町]の文字が入っています。
-----

[花]の魔法、三たび奇蹟を南の島にて・・・起こし損ねたか。ハイビスカスとガジュマルは町の花と木です、もちろん。なぜに「選考委員特別賞」なんて賞をこしらえたのかは不明だけど。
しかしいいのかねアンタ、こんなことして。「ながラン」は千葉で実際に採用されてんだぜ。[緑]の咒法はもう使えないだろうに。

で、ご当地で池田や同じく選考委員特別賞の前田昌克を抑えて採用されたのはこれ。

鹿児島県大島郡知名町
マスコットキャラクター
ちなボー
深川重一(66歳:大阪府和泉市)
ちなボー

-----
知名町の豊かな自然(海・緑)をモチーフに不思議な生きもの「知名町の妖精」をキャラクター化しました。
頭部に町の花[ハイビスカス]、胸には[フローラルロゴ]をつけて、全身で知名町をアピールする元気いっぱいで親しみやすいキャラクターをデザインしました。
-----

うげえ、色使いが気持悪い。これだったらいっそチナッチを採用して、類似キャラつながりで長柄町とお近づきになる方がまだ戦略的だったかも。

ここで気になるのは、「フローラルロゴ」とは一体何ぞや、です。

知名町フローラルロゴ

-----
フローラルロゴは、1.花(Flower)、2.ゆとりと憩い(Resort)、3.ふれあい(Ageless Community)、4.珊瑚(Coral)、5.住まい(Life)という計画の目標と、町の誇れる自然や資源を大切にしたいという要素(キーワード)からなっています。

1.花を生かした魅力と個性あるまちづくり
 (地域資源の活用…花、珊瑚、自然など)
2.生涯学習を通じたふれあい豊かな生きがいのある住まいづくり
 (健康で楽しい生活の営みとこれを支える住環境の整備)
3.ゆとりと憩いを感じるまちづくり
 (ゆとりと憩いのある生活)

の3つを揚げています。
-----

うっはーー、まるで意味わかんねーーー。Logicが完全に崩壊しとりますばい。外国の言葉みたい。つまりはシンボルマークみたいなもんかね、町章は別にあるし。あ、「揚」→「挙」ですよ、た・ぶ・ん。

それに、前々回斬った岬町の塩崎作品らしきコレにもびみょーーに似ている。

岬町キャラ奨励賞6

確かに、ツツジというよりハイビスカスみたいだとは思ってたんだよなー、蕊の感じが。基本、公募ガイダーは植物の描き分けなんてとこには無頓着なものでげす。

≪だったら市町村の花だの木だのやたらに盛るなっ!≫

でもこのキャラの一番コワオカシイところは、ハイビスカスをちょちょいと弄ってハマナスにでもしとけば、一気に北に飛んで阿寒湖キャラも務まるってとこだろうな。[マリモ]は既に入ってるし、あははは。

かくして、日本をぐるっと一周した気分になって、結局は再び大阪の岬町に舞い戻ってきたって感じ。さすがはSpellbinder

2015年10月13日 (火)

【番外編】Enter the Spellbinder, Scene 2(岬町キャラ・ツージィ・おむらんちゃん)

(承前)

前回書いた、岬町キャラにまつわるこの問題、早速まいりませう。

-----
因みに奨励賞20点の中には明らかに子供の作品と思われるものもあれば、井口やすひさ(群馬県高崎市)や里見節子(大阪府泉佐野市)によると覚しきものまで様々。もっとすごいのもあるけど、後日の楽しみに取っときます( ̄ー ̄)。
-----

大阪府泉南郡岬町
マスコットキャラクター
(奨励賞)
(作者不明)
〔2013年3月デザイン決定〕
岬町キャラ奨励賞7

いやぁ、まいりますわ。ある意味サザエさん的な髪型は町の木[マツ]、町の花[ツツジ]の髪飾りにお腹は[町章]と、ややSimple & Basicな構造になっておるんですが、そんなことより。
これって・・・、このあたりとおんなじゃん↓。

【2013.07.16「Spellbinder in Sayama, Saitama」】
千葉県
千葉県環境保全センター
マスコット・キャラクター
(優秀賞)
ウォー太くん
ジョーカー
池田克也
〔2013年4月発表〕
ウォー太くん ジョーカー

茨城県小美玉市
小美玉観光協会
マスコットキャラクター
(優秀賞)
池田克也
〔2013年5月頃発表〕
小美玉市キャラ

[水]の呪文、いくたびも。時期までピタリと一致する。(因みに小美玉市の優秀賞には里見節子も入ってるんだよね;笑)

その気になって調べてみると、さらにボロボロ出てきました。まずは[花]の魔法。

大阪市大正区
マスコットキャラクター
ツージィ
池田克也(埼玉県狭山市)
(愛称)大西みどり(大正区)ほか2名
〔2011年12月デザイン発表・2012年2月愛称発表〕
ツージィ

-----
大正区の花である[つつじ]をモチーフにして、[大正]の文字を組み込んだキャラクターをデザインしました。
-----

応募総数329点のうち10点を区民投票にかけていて、投票総数1,240票中最多の233票を集めたというのだけど、ちょっと微妙な結果(得票率 18.8%)。
そのせいか、優秀作品として選んだ「カケハちゃん」by 為国伸吾(京都市左京区)と「たんくん」by 松岡空楽(大正区)まで;

-----
当初の予定にはありませんでしたが、多数の得票並びに選定委員会からのご意見も勘案し、区のサブキャラクターとして採用し、活用してまいります。
-----

ということにしちゃった。「欠け歯ちゃん」に「痰くん」・・・ああいやいや。為国は沖縄市エイサーキャラの優良賞で見かけた名前(cf. 2014.08.31「琉風テンペスト 起章」)、松岡はジモティの子供の落書きってとこ。投票対象候補に並んでいた、井口やすひさや前田昌克など札付きの、ああいや名うての大御所ガイダーと覚しき作品を押し退けての入賞だすな。
着ぐるみも3点セットで作るんだろうか?だとすりゃ意外にお金あるんですねえ、大正区。

これとほぼ同時期に制定されたのが、ご当地市制70周年を記念した次のキャラ。

長崎県大村市
マスコットキャラクター
おむらんちゃん
池田克也(埼玉県狭山市)
(愛称)山口 彩(大村市:長崎県立大村高等学校2年)ほか6名
〔2011年11月頃デザイン発表・2012年1月頃愛称発表〕
おむらんちゃん(応募案) おむらんちゃん(最終版)

-----
大村市のキャラクターとして[オオムラザクラ]をモチーフにした元気に走るサクラの精をデザインしました。胸に[市章]を描きました。
-----

[花]の魔法、二発目。ツル的にはかなーり意外なことに、描かれたのは「裏見の桜」だったんですよね。裏技やのぉ

おむらんちゃん着ぐるみ(後ろ姿)

オオムラザクラは、ご当地にあった長崎県女子師範学校の教官外山三郎が1941年(つまり70年前だ)に発見した八重桜で、国の天然記念物に指定されている。当然市の花にもなってます。

池田作品の選考理由には「大村市の将来を担う小中学生による投票結果が1位」というものが挙げられている。ちぃとひっかかって調べてみれば案の定、市民投票(5点対象;応募総数は743点)の総合順位では、これは2,441票(25.3%)の2位だった。トップは2,584票(26.8%)を集めた田方佐矢子(大村市)のてんこ盛り系デザイン。これが小中学生に限れば池田1,916票(25.0%)vs 田方1,763票(23.0%)と逆転します。いずれにせよかなり拮抗しとったんやな。
最近何かとやかましい民意の反映という意味では、担当した「市長公室企画調整課内マスコットキャラクター制作チーム事務局」は微妙に危ない橋を渡ったわけだ。因みに現在の担当部署は「総務部男女いきいき推進課市民協働グループ」となっていて、こりゃまた微妙に珍妙

一方、選考理由には「他の作品と比較し、モチーフがオオムラザクラひとつでわかりやすい」ことも挙げられていて、いわゆる塩キャラ的てんこ盛りDogmaが否定されちゃってます。そのせいか、投票時まで入っていた市章も最終版では削られている。脚が長くなったのは着ぐるみ対応ですねきっと。

池田作品の見た目の派手さ、華やかさが審査員にアピールするのは理解できる。「水の呪文」<「花の魔法」という結果となっている理由もそこにあるだろう(本人もきっと意識しているはず)。そこはノウハウってもんでもあるでしょ。
でも、揃えてみると、つまりませんね。ただのテンプレワークをどばっと見せつけられている感じで。

(続く)

2015年10月11日 (日)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その9:手稲区キャラ・岬町キャラ)

(承前)

どこから見ても明らかに塩崎作品、けれども作者名が公表されていない。
そんなものを取り上げる【無明の闇】Subseries、何だか次点以下(つまりはボツ)の作品が多くなってしまいますが、採用作以外作者名を公表しないケースはそこそこあるから、どうしてもそんな流れにならざるを得ないんですわ(一方で次点は画像なし・作者名のみってのも多いけど)。

北海道札幌市手稲区
マスコットキャラクター
(候補作品)
(作者不明)
手稲区キャラ

塩キャラお馴染み「山&波」のデザインアイテムは、おそらく[手稲山]+[軽川(かるがわ)]。∵お腹につけた区の[シンボルマーク](1990.03制定)も同様のモチーフですので(苦)。

手稲区シンボルマーク

ご当地は平成に入ってすぐに区として独立したところで、ここが区制20周年記念ということで2009年にキャラクターを作ったもの。

1〜2月に募集を行い、寄せられた221点全てを6〜7月に区のサイト等で公開して意見を求めた。「お気に入りのキャラクター、そのキャラクターを選んだ理由、今後の活用方法など」を訊ねたそうで。ただしこれは「選考作業の参考とするため」であって人気投票ではなく、プロセスの透明化や類似調査的な趣旨も特段示されていません。
600件超の意見が集まり、「お気に入りのキャラクターとして、寄せられた意見が10票以上」の作品が12点出たのだけれども、よく考えたらそれって単に対象が多過ぎて票が割れたってことじゃねえかよ。

その一方で、学識経験者や住民代表等からなる選考委員会が;

①かわいくて親しみがある
②人の興味を引き付けるようなインパクトがある

との視点から10点への絞り込みを行った。
最終的には①と②から1点ずつの一騎討ちとなって、8月に①側の犬キャラ by 江幡由衣(手稲区:アパレル会社勤務)に軍配が上がり、デザイン補整&愛称別途募集の後「ていぬ」として正式に制定されたのが11月。

全数公開自体はまあいいしても、その目的がパブリックコメント的なもののためにというのは、本質的には責任放棄の愚行ではないのか(ツルにとってはいろいろネタを提供してくれるけどね)。もしくは、選考側は2月から6月まで何をしていたのか。①②の視点など極めて当たり前のことなんだから、そのくらい一番初めに計画立てとけ。

つまりはパブコメ募集と選考・結果との間の関係性が見えないんですよ。(因みに「12点」と「10点」で共通して挙げられたのは、採用作と上掲の塩辛いのの2点しかない。)

以上、五輪エンブレム再公募の参考になりますでしょうか(笑)。あ、塩辛は「12点」「10点」(もちろん①の方で)の双方に入ったものの、最終決戦には残れていません。

塩気のキツいとこ、もう一つ。

大阪府泉南郡岬町
マスコットキャラクター
(奨励賞)
(作者不明)
岬町キャラ奨励賞6

つくづく似てますよねえ(苦)。

♪塩の香りが 苦しいの
 ああ あなたの香りよ

ご当地は大阪府の最南端に位置していて、手稲区と同じ「山&波」のデザインは、[飯盛山]+[長松海岸]を表しているものと思われ。町の花[ツツジ]と[前髪ちょろ]も加わってます。お腹は南海電鉄の経営する遊園地「みさき公園」のスター、[イルカ]+岬町の[夕陽]をモチーフにしている。
これらの盛りアイテムは採用作品ほかにも共通するところが多いので、ひょっとしてと思って調べてみたら、やはりガイダンスが存在していた。

-----
岬町には、イルカショーで有名なみさき公園、つつじの名所であるあたご山、海釣り公園や長松海岸など多くの観光スポットがあります。また、淡輪海水浴場に隣接するせんなん里海公園では、ビーチバレーやビーチサッカーなどのビーチスポーツが盛んに行われています。
また、岬町の夕陽は「日本の夕陽百選」に選ばれており、長松海岸からせんなん里海公園にかけては、夕陽スポットとなっています。長松海岸は大阪府で唯一残る自然海岸で、淡路島から明石海峡大橋、神戸の街並みが一望できます。
-----

全てが小粒な印象ですが(赦せよジモティm(__)m)、とにかく「どしどし盛れ」というお達しだったんですな、やれやれ。

こちらは2013年3月にデザイン決定されたものですが、いささか奇妙な結果に思える。
応募総数230点を「岬町マスコットキャラクター選定委員会」で5点に絞った後、「岬町マスコットキャラクター総選挙」にかけ、得票数1位となったものを最優秀賞とし、2位・3位を優秀賞とした。それらとは別に20点を奨励賞としており、上掲作品はその中に入っている。
このどこがおかしいのか。

まず1点目は、投票で4位・5位になった作品は奨励賞の対象になっていないこと。つまり何の賞も贈られていない、正確には贈られた形跡がないんです。ううむ、それって変でしょ。

もう1点は、最優秀賞をキャラクターとして完成させる際、[双子]にしちゃったこと(+_+)。7月に事後募集した愛称に「みさっきー」&「みさきーちょ」という作品があって、それを採用したことからドッペルゲンガー化したものです。ブームの中で他との差別化を図るとの言い分だったらしい。制定過程でペアキャラにするというパターンは前にも見たけど(cf. ぶるっぱ&べりっぱ @2014.01.11「ブルーベリー物語 遠野編」)、やっぱり変です。

因みに奨励賞20点の中には明らかに子供の作品と思われるものもあれば、井口やすひさ(群馬県高崎市)、里見節子(大阪府泉佐野市:cf. 2014.08.31「琉風テンペスト 起章」)によると覚しきものまで様々。もっとすごいのもあるけど、後日の楽しみに取っときます( ̄ー ̄)。

まっ、ここは2点とも塩崎認定で間違いないだろってことで。

― Inspired by「かもめが翔んだ日」渡辺真知子(1978.04.21リリース)―

(続く)

2015年10月 9日 (金)

【番外編】One of Those "類似" Preventive Measures? ― 弐の斬(杵築市章)

(承前)

杵築市章問題、続いては二連発でいきましょう。

〔候補作品No.06〕
杵築市章候補No.06

〔候補作品No.10〕
杵築市章候補No.10

うううー、いやでもこの辺りを思い出すばい。

【2013.07.07「類似って何なんだっけ:上」】
埼玉県深谷市
市章
小島隆行
〔2006年1月1日合併・3月5日制定;応募総数1,813点〕
深谷市章

-----
深谷市の[フカヤ]の字をモチーフに、図案化したものです。二本の[ブルー系ライン]で利根川と荒川を表し、その中央にまちをイメージした[円]を配置。笑顔にあふれ活力ある未来に向けて大きく躍進する市の姿を象徴しています。
-----

滋賀県野洲市
市章
佐藤武司
〔2004年9月15日決定・10月1日合併;応募総数1,795点〕
野洲市章

-----
本市の市章は、平仮名の[や]を図案化したもので、環を表した2つの[曲線]は、豊かな自然と歴史を意味し、躍動感あふれる生き生きとした[人]を表現したものである。
-----

今考えると、これもあやしい公募ですね。ここには「1人1点」の縛りがついていて、それだったのに2ヵ月間の募集で1,800点近い作品を集めたというのがにわかには信じ難い。
因みにほぼ同数を集めた深谷市は1ヵ月間で「ひとり何点でも」だった。採用作品の賞金はどちらも30万円です。
ううむ、さぞや公募ガイダーの家族やら親戚やらからの名義貸しが横行したことでしょうなー。

当然、杵築市章は深谷市章や野洲市章を使い回したんだなと思いたいところですが、時系列で並べ直すと;

野洲市(2004年)
 ↓
杵築市(2005年)
 ↓
深谷市(2006年)

となって、つまり杵築市候補は深谷市からインスパイアされたものではない、むしろ逆に深谷市の方がインスパイアされたのじゃないか(杵築市から?野洲市から?)ということになるわけ。うう、やっぱり深いぜ深谷。
公募と合併の後先で言えば、深谷市では(旧)深谷市・大里郡岡部町・同 川本町・同 花園町の新設合併より後に新市章が制定されている。野洲市では逆に、野洲郡野洲町・同 中主町(ちゅうずちょう)が新設合併して市制施行する前に市章は決まってます。後者のパターンの方が多いように感じるけど、実際のところどうだったんだろう。

こうやって、一山二山三山越え、やっと決まったのがこの市章。

大分県杵築市
市章
井口靖久/やすひさ(60歳:東京都文京区)
〔2005年7月11日選定・10月1日合併;応募総数1,410点〕
杵築市章

-----
全体の形象は「きつき」の[き]をモチーフにしたものです。
色彩には自然を[緑]、水を[青]であらわすなど、豊かな自然をイメージしています。
また、デザインは融和・団結をあらわし、将来へ向け、飛躍と発展、繁栄を表現しています。
-----

おお、丸なしのブー。がっかりだよぉ!!けど、井口もまだこの頃は何とか意味の通ることを書いていたのだ(空虚は空虚として)と、ツルはむしろそこに涙しました。「100字以内」という規定もキッチリ守れているし。

しかーし!!皆さんお気づきですね、もう。作者コメントが前回取り上げた錦江町章のケースとえらく類似してるんですよ。特に後半、key wordとなる5つの熟語は全てダブっている

鹿児島県肝属郡錦江町
町章
井口やすひさ
錦江町章

-----
[き]の頭文字をモチーフに、タウンカラーの[緑色]は櫻島、薩摩富士と大地、[青色]は錦江湾と青空、[橙色]は夕陽に映える町の景色をイメージし、町民に親しまれ、愛され、「あふれる自然、心豊かなまち」が合併を機に、町政の融和・団結とますます飛躍・発展・繁栄する「錦江町」の明るい元気な力強い姿を表現しています。
-----

そう、錦江町章の決まったのは杵築市章選定のわずか5日前。募集期間も前者は2005.03.01〜04.28、後者は2005.04.15〜05.31とこれまたほぼ同じ。
やっつけ仕事でやるからこんな体たらくになるんですね。やはり、井口がモットーにしているという「グッドデザインをグッドビジネスに結びつける」など、到底信用できぬ。思いは何もこもっていない。

/////

以上、公示でパクりを捕まえるという杵築市のやり方を見てきたわけだけど、ツルはやっぱりこれってよろしくないと思います。著作権がまだ移転してないのにとか、類似って主観的な問題でしょとかいうことではなくて。
候補選定で漏れた全国のガイダーからのチクりの方がが、純然たる第三者やご当地住民による指摘よりも多くなるだろうから、そこにはどうしてもバイアスがかかっちゃう。表面的な公開性・透明性を重視し過ぎて、実質的な公正性は後退した印象。結局はデザインというものを萎縮させてしまうのではないか。プロセスとしてあんまりうまくないよね。だからこのやり方は一般化していかないのだと思う(東京五輪エンブレムはどうなるんだろう、マジで懸念)。
まあ、ぎょうせいに依頼しても、制作意図の類似までは(笑)調べてくれないだろうけれども。

Curiosity killed the cat, similarity is gonna kill a designer, but it won't kill the Guiders... (maybe).

2015年10月 7日 (水)

【番外編】One of Those "類似" Preventive Measures? ― 壱の斬(錦江町章・清須市章・長島町章)

今回は、先月集中投下した五輪エンブレムのネタで触れた、「公示で類似を炙り出し」の問題についてです。

自治体章公募において、今も昔も「類似」は避けて通れない問題(実際のところ、昔の「丸にウサギ耳」タイプの方が類似度は高かったというのがツルの認識)。だから、普通は専門業者に調査を依頼する。平成大合併華やかなりし頃、「株式会社ぎょうせい」あたりはこれでたんまり儲けたことでしょう(cf. 2015.07.03「丸ブー艶競べ [8a]」)。

ところが、少々異なる方法を取った自治体があった。大分県杵築市(きつきし;「きねつきし」じゃないよ)です。
ご当地では、2005.10.01に(旧)杵築市・速見郡山香町・西国東郡大田村が新設合併するに際し、公募で集まった1,410点から10点まで絞り込んだ後、ネット上で1ヵ月間公示した。類似の有無を広く世に問うたんですね。

-----
新杵築市市章決定までの経過

市章応募要綱を決定(第6回協議会/平成17年3月25日)
 ↓
公募開始(平成17年4月15日〜5月31日)
 ↓
第1回市章候補選定小委員会(平成17年6月6日)
※委員9名による投票により10作品を選定
 ↓
第8回協議会に選考結果を報告(平成17年6月10日)
 ↓
広報及び公式ホームページで公開(平成17年6月15日〜)
※類似情報が寄せられる。
 ↓
第2回市章候補選定小委員会(平成17年7月11日)
※委員9名による投票により市章候補作品を選定
 ↓
第11回合併協議会へ提案・決定(平成17年7月20日)
-----

無論、「他の市町村の市町村章に類似しないもの」「他の商標等と類似しないもの」という条項は入っていた。その意志をこんな風に貫徹したわけ。地方の小役人にしては随分思い切ったもんだよなあ。

この公示サイトはなぜか10年過ぎた今になっても遺されている。

-----
【2016.04.23 追記】
久しぶりに見てみたら、下記のURL、なくなっちゃってました。ツルのせいですかね?まさか。
-----

http://www.kdt.ne.jp/gappei/top10/top10.htm

-----
「あれ?この作品、どこかで見たような・・!?」
と思ったらご一報下さい!

これより約1ヶ月間、候補10作品を公開いたします。
これは、今後、新「杵築市」の市章として選定する作品が、すでに使用されている他の商標やロゴに類似しているものを避けるために実施するものです。
少しでも「似ているのでは?」と思われる場合は、コチラまで。

※類似情報を頂いた段階ですぐに選考から外す性格のものではありません。
寄せられた情報等を参考に、比較検討のうえ、総合的に判断して決定します。
※ウェブ上の公示は「投票」のためのものではありません。
-----

この後に並んだ10点は、当然ながら丸ブーとDejavuの乱舞、さぞや全国のガイダーからチクりが相次いだことでしょう。
何件ほどの反応があったかは不明ですが、この後の市章候補選定小委員会では10点中3点も類似のため除外されているので、この方法もそれなりに効果はあったのだろう。業者に依頼した形跡は見当たらないから、多分安く上がったわけだ。もっとも、賞金は30万円、かつ次点の設定なしという形だったので、そこはメリハリをつけたということかもしれない。

で、下世話な愚blogとしてはどれが外されたのかが気になるわけです(もちろんその辺は公表されてないけど)。だってさあ、これもんですよぉ。

〔候補作品No.05〕
杵築市章候補No.05

制定時期を度外視して、類似品を並べてみると(ツル調べ)。

鹿児島県肝属郡錦江町(きもつきぐん きんこうちょう)
町章
井口やすひさ(東京都:デザイナー)
〔2005年3月22日合併・7月6日決定;応募総数1,231点〕
錦江町章

-----
[き]の頭文字をモチーフに、タウンカラーの[緑色]は櫻島、薩摩富士と大地、[青色]は錦江湾と青空、[橙色]は夕陽に映える町の景色をイメージし、町民に親しまれ、愛され、「あふれる自然、心豊かなまち」が合併を機に、町政の融和・団結とますます飛躍・発展・繁栄する「錦江町」の明るい元気な力強い姿を表現しています。
-----

実はここ、町名も一般公募して決めた(@_@)という曰く付きのご当地。作者コメントはよぅく覚えといてね(^_-)。

愛知県清須市
市章
伊藤哲也(42歳:東京都江戸川区:デザイナー)
〔2005年5月23日決定・10月1日合併;応募総数883点〕
清須市章

-----
2色の[ブルーの輪]は、“水”と“未来”を象徴し、河川の流れと調和のとれた発展を表しています。また、[水紋]が重なり響き合うイメージは、安心・快適・創造のまちづくりが実現される姿を示しています。
清須市が、豊かな歴史環境や水辺環境を活かした魅力ある環境都市として活躍する姿を表しています。
-----

「歴史環境」と「水辺環境」とを並列しちゃうその安易っぷりがヤだ、ツルは。
こちらは西春日井郡の清洲町・西枇杷島町・新川町(しんかわちょう)が新設合併して「清須市」になったところ。信長の居城(今や模擬天守だけど)で知られる地名ですが、歴史的にはどちらの表記もある。大人の事情で「清洲市」とはできなかったものと拝察します。

ね?いずれ劣らぬ[キ]印でしょ。
こーゆーのもある。

〔候補作品No.07〕
杵築市章候補No.07

【2015.07.05「丸ブー艶競べ [8b]」】
長崎県五島市
市章
菅谷健夫
〔2003年3月23日決定・2004年8月1日合併;応募総数3,034点〕
五島市章(最終版)

-----
「しまの豊かさを創造する海洋都市」にふさわしい「市章」として[波]はハーモニーを、[太陽]は人々の活力を、[緑の楕円]は豊かに取り巻く自然や人の和を象徴しています。全体は五島のイニシャル[G]を表しています。
-----

福江市・南松浦郡の富江町・玉之浦町・三井楽町(みいらくちょう)・岐宿町(きしくちょう)・奈留町(なるちょう)が新設合併したところです。
ヤブツバキの枝条変異による天然の銘花、「玉之浦」を生んだ玉之浦町の名も消え去ってしまったのね(cf. 2011.10.30「嬉しいことー。」)。

玉之浦

鹿児島県出水郡(いずみぐん)長島町
町章
伊藤哲也(42歳:東京都)
〔2005年10月31日決定・2006年3月20日合併;応募総数196点〕
長島町章

-----
ひらがなの[な]をモチーフに海に囲まれた新町を照らす[太陽]をイメージしてデザインしました。躍動する[波]は,海で囲まれひとつになる2町を表し,活力を生み出すことを意味しています。
-----

おう、伊藤再登場。出水郡の(旧)長島町・東町(あずまちょう)が新設合併したとこですが、おっと、こっちの方が杵築市より後だったか。しかしこれのどこが「な」なんだよ。
なぜだかここだけ応募数がガタ落ちしていて、賞金15万円はさほど見劣りしないのに不思議です。いやむしろ、手間が省けて効率的だったということかしら。どうせ丸ブー。

杵築市章公募の類似問題、まだまだあるんですが、紙面が尽きましたので次回回しに。

≪結局どげな市章になったとや?≫

(続く)

2015年10月 5日 (月)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その8:いみちゃん)

(承前)

うめぼー&うめぴーと同じく(?)、2009年には次のものが発表されている。

富山県高岡市
射水神社
イメージキャラクター
(投票対象候補)いみちゃん
(作者不明)
いみちゃん

何だよこのネーミング。物忌みしてる「忌みちゃん」みたいじゃねーかよ(@゚▽゚@)。

これも塩キャラ当確で間違いないでしょう。4月の結果発表に先立ってweb投票が行われており、これまた例のBBSを見てみますと;

-----
2009/03/04
射水神社
[URL]
シオピーの兄弟を作らないために
ぜひみなさんもシオピー以外に投票をしよう♪

2009/03/07
塩Sのキャラは、説明多くてコスイ。
手に旗とか内輪とかもたせ、〇〇協会・〇〇市・〇〇神社とか、必ずのように書いてんのな。
こういうの、プロが最もやっちゃいけん行為やん。
絵のワンパターンさを、説明で補う・・・的な。あからさまな迎合。
だからこそ、公募する側にウケがいいんだろうし、当選率上がるんだろうけど。
描く方もアマチュアなら、選ぶほうもアマチュア。
デザインの専門家なら、選ばんやろね。

2009/03/07
そもそも塩崎って本当にデザイナーなの?www
-----

と手厳しく叩かれている。
あ、いいこと書いてはあるようだけど、「旗」→[幟]、「内輪」→「団扇」ね。

実はご当地には「射水神社」の名前を持つ社が二つある。二上山麓にある「越中総社 射水神社」と、高岡城址にある「越中総鎮守 射水神社」で、キャラクターを公募したのは後者です。[稲穂]はここの御神紋となっている。祭神の瓊瓊杵尊/ニニギノミコトは農業神です。(cf. 2012.03.17「八王子 − 五男神にこだわってみた Part II」)
[桜]はまあ、桜の名所ってなことではないの?(投げやり)

調べてみると、この二社の関係も複雑。もともと、二上神を祭神とする二上射水神社つまり前者が古くからあって、これは平安期の延喜式神名帳にも記載の見える「式内社」である(cf. 2009.09.05「熊野大社につきお勉強(の前振り(の前振り))」)。
ところが明治に入り、時の宮司によってこれが高岡城址に遷されることになった。神宮寺の社僧の力を抑えるためであったらしい。これに納まらなかったのが二上の氏子達で、旧射水神社に新しい射水神社を分社してきて再び祀った。結果、この神社に伝わってきた神事でも、二上射水神社にだけ残ることとなったものがあるらしい。
二つの神社が完全に分かれたのは実に第二次世界大戦の後、日本の神道体系が再び大きく変わってからのことです。

で、だ。
この公募で採用された「ふうたん」というキャラクターが、二上山のことを強く意識したデザインになってるんですね(画像は省略m(__)m)。
曰く「千三百年余り前の奈良時代以前から続くという伝統を意識して、その始まりとされている二上山そのものを神として崇めた自然崇拝を元にキャラクターとなりました」だの「右手は山の神であると同時に水の神である二上山を表現しています。左手には五穀豊穣の象徴である稲を持っています」だの。高岡城址にある方が、ですよ。

募集の際、「キャラクターは同神社と高岡の歴史に親しんでもらえるデザインで、特定の神をモチーフにしないこと」が条件とされていたそうだけれど、こういうことになったんやねえ。

宮司のあいさつはこのように書かれている。

-----
冠省

この度、当社において開催致しました「射水神社イメージキャラクター大募集」に際し、県内外より、300を越えるご応募をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

正直な所、本企画を推進するにあたり、当社の中でも賛否両論が出ておりました「神社の尊厳とはなにか?」「親しまれる神社のあるべき姿とは?」種々大きな議論を重ねた上、今回、勇気を持って世に問うた次第でございます。

昨今、頻繁に聞かれる「癒し」というキーワードは、我々神社に携わるものにとっては、ある程度自然に神社と等式で結ばれますが、はたして参拝者のみなさまにはどうなのか?神社の鳥居には扉がありません。それは神を敬う方々が職業の貴賤の別や、社会的地位などとは無縁に、それぞれの思いを胸に、ご参拝いただける事を前提とした、先人が築きし、社会に対する神社の意思表示のひとつの方法なのかも知れません。

この度のキャラクター募集は、広報と呼ばれるものが、とかく一方向からの片道切符であるのとは対照的に、神社から発信(往路)皆様方からの神社イメージの提示(復路)といった、心のキャッチボールが出来たという面で、大きな成果であったと考えております。このキャッチボールに参加頂いた方。また興味をもっていただいた皆様に、重ねて御礼申し上げると共に、そのキャッチボールが生み出すであろう、キャラクターを末永く愛して頂けますようお願い申し上げます。

草々

平成二十一年三月一日
射水神社 宮司 松本正昭
-----

ふーん、確かに、お寺の門は夜は閉まるけど、村の鎮守の神様の門は閉めたりしないもんねえ(一部を除いては)。

射水神社全応募作品

300点超集めた中から、この巫女を憑代として、キェーーッッと叫んで神意で決めた、なんてことだったら面白かったのに。あ、「越える」→「超える」ね。

関係ないけど、博多弁に、のろい・トロい・どんくさい・まどろっこしくて軽くイラっとする様子を表す言葉で「ふうたんぬるい」ってのがあるんですよねー(笑)。

(続く)

2015年10月 3日 (土)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その7:うめぼー&うめぴー)

(承前)

 

今回は、ずっとずっと前にコメントでお寄せいただいた情報から(松居さま、その節はありがとうございました。いかがお過ごしでしょう)。塩崎一族のお膝元、大阪で活動しているというキャラです。

 

大阪市北区
ボートピア梅田
マスコットキャラクター
うめぼー&うめぴー
(作者不明)
うめぼー うめぴー

 

えー、関西で言うところの「うんこさん」です。(アクセントに注意、「うんこ」は平板となる。)
「うめぼー」の胴体と「うめぴー」の頭になっている紅白の物体は、水面に浮かんでいる[ターンマーク]ですが、身につけるだけでこうも「うんこ感」が増すとは思わなかった。うめぼーの頭のAqua Fresh的な[6色]はコースカラーか何かなんでしょう。(生憎ギャンブルにはとんと縁がないもので。)

 

ボートピア/Boat Pierというのはつまり全国の競艇の場外舟券売場ね。"Boatpia" ではないんです。梅田のは2007年3月にオープンしていて、キャラは2009年8月には発表されていたらしい。
これ以上のところはわかりません、実際に一族作品かどうかも含めて。つながりを唯一示唆するものは、本シリーズで度々引用している某公募系BBSへの書き込み一言。

 

-----
2009/08/17
ボートピア梅田
[URL]

 

またシオピーかよ!さすがにうぜ〜
-----

 

まあ、こんなものなくっても容易に推測はつきますね、塩キャラテイスト満点だし。
同施設サイト上にはキャラ説明もちゃんとした画像も出てないので難儀するんですが、当初(多分)、うめぼーのデザインはこうだった。

 

うめぼー(当初案)

 

頭に[ボート]が乗り上げ、[Vサイン]で勝利の女神を呼び寄せていたわけ(お前自身が勝利の女神にならんでどうする。男の子だから無理か)。体にはイニシャル[BPU]も描き込まれてます。
青く描かれた[前髪ちょろ]も、右下に覗く[波]模様も、何らか「水」や「海」などに関わりのあるケースに備えて塩崎家のテンプレstorageにきっちり保管してあるアイテム(cf. 2015.01.28「無明の闇(その4)」)。BCP/Business Continuity Planもばっちりです。
つまりは今以上にてんこ盛りだったわけ。きさーん、やっぱし塩崎一家の回し者やったな(笑)。

 

うめぼー&うめぴー

 

これは昨年バージョン。ご多分に漏れず[名札]を強制着用させられちゃってます。

 

女の子という設定のうめぴーがいても、ペアキャラと言い切れるかどうかは微妙な気がする。デザインにいまいち統一感がなくて、ひょっとしたら制作時期にズレがあるのかもしれない。むろんその場合には「ぼー」と「ぴー」とで作者が異なるということも考えられるのでしょうが。

 

因みに着ぐるみが確認できたのもうめぼーだけだし、ハンドタオル、タンブラー、芳香剤などのグッズも同様みたい。

 

ハンドタオル タンブラー 芳香剤

 

一方、待受画面やオリジナル付箋、QUOカードなんかにはうめぴーもあるから、ペアというよりメイン−サブの関係に近いのかもしれませんな。

 

うめぼー待受 うめぴー待受

 

付箋

 

うめぴーQUOカード うめぼーQUOカード

 

文法上の恥ずかしい問題は別としても、これ↑じゃ0.1秒後には互いに激突しちまうぞ。(実際、競艇選手の競技中の死亡事故は過去60年間に30件も起きており、競馬と比べてもかなり多い。合掌)

 

でも、ほんと思う。たかが馬券、いや舟券(正式には「勝舟投票券」)の売場ごときになんで2点もキャラが要るのよ。どうやら、女子レースもあるからと考えているフシが見られますが、そんな問題じゃないでしょ。数を増やせばかえってイメージ戦略やブランディングの効果は稀薄化するだろうに。

 

(続く)

2015年10月 1日 (木)

【番外編のおまけ】極熱の薬草の忍辱(ニンキー)

(承前)

前回、上志比にんにくのことを微妙に見下しちゃった気もするので、ちょっと応援を。

-----
さらに言えば、上志比地区のニンニク生産者は20名強ほどであり、高齢化対策が急がれている由。
-----

ご当地では、2006年の合併の前からこんなキャラを持っていた。

福井県吉田郡上志比村(現 永平寺町上志比地区)
イメージキャラクター(?)
ニンキー
(作者不明)
ニンキー

丸ごと[ニンニク]、そのまま[ニンニク]。むしろ潔い。タマネギだったら腕の形はこう隆々と描かないだろうし。全面的に「ニンニクで元気モリモリ」路線だったんですね。いかにもゆるキャラらしいかも。

実はペアキャラなんですが、詳細はわかりません。

ニンキー(ペア)

ご当地には「ニンキーの里公園」もあるし(「人希の里公園」とも表記するらしい。人の希みならよいけれど、人が希/稀だったらいかにせむ)、上志比の特産品直売施設は今でも「ニンキーの館」という愛称です。キャラも一応ご存命ってことらしい(だから2010年にはニンニクキャラを見送ったのかな?)。

ニンキーの里 ニンキーの館

上志比村で初めてニンニクイベントが開かれたのは2002年6月の「ニンニク収穫祭」@ニンキーの館(福井新聞社後援!)で、上志比幼稚園のよい子たちによる「ニンキーダンス」なんて出し物もあったから、この時既にこのキャラクターも存在してたんでしょう。
このイベントもなかなか変遷が激しくて、2006年2月の自治体合併後、2007年には「上志比夏まつり」と合体する形で「上志比ニンキーフェスティバル」としてリニューアル(まあこの頃がニンキーの絶頂だったんだろう)。2009年には「ふれ愛フェスタ2009」となり、どうやら2010年から「にんにく収穫祭」に戻ったようで、今も続いてます。
名前は変われど、いずれももちろん皆さんお目当てはニンニクの最高峰、「福地ホワイト六片」の即売ネ。

で、園芸おたくとしてはこの「福地ホワイト六片」のことが気になる。
ニンニクと一口に言ってもいろんな系統があって、暖地系とか寒地系とか、一株につく鱗茎の数によって五片種とか六片種とか八片種とかあるんですね。この品種は寒地系。源氏物語の姫君はどれを召されたのかしら(「帚木」)。
永平寺町サイトでは次のように紹介されている。

-----
上志比にんにく
通常のものより粒が大きく栄養価も高いとされている。永平寺町でも上志比地区しか栽培に適さず、限られた数量は地元の「にんにく祭り」でほとんどが販売されてしまう。
-----

それじゃあかんやん(笑)。

ほら、この福地ホワイト六片も最近じゃ青森県の田子町(たっこまち)あたりがノシてきてるでしょ(cf. 2014.04.05「最強の悪夢、増殖拡大 PART 4:東奔編」)。株式会社やずやと組んだりなんかしてさ。実は青森にルーツのある品種なんだけど、そのことはまたいつか。
因みにやずやって、青森とはナンの関係もない福岡市南区大楠の企業なんですがねぇ。「雪待にんにく卵黄」にせよ「熟成やずやの香醋」にせよ「やずやの千年ケフィア」にせよかなりキワモノですが、同社サイトの「沿革」を見ると、並み居る商品群のネーミングにもっと笑えます。簡単に言えば「サッポロ一番塩ラーメン」的。

てなわけで、永平寺町となった後、代替作物の開発も必要というわけか、2008年頃から町議会で「ピクニックコーンは町の特産物となり得るか」といった問題が真剣に話し合われたりもしたようです。ピクニックコーンは「生で食べられる」というのがウリのスイートコーンの新品種ね。
現在、ピクニックコーンはめでたくJA吉田郡のサイトに載っているし、上志比地区の農業イベントは「にんにく収穫祭」と「コーン収穫祭」の二本立てでいっているようだから、商業生産は軌道に乗ったんでしょう。今にCornyなキャラができるかも(^_-)。愛称は「カミシー」と「ピクシー」でどうでっしゃろ(あんましうまくねえか)。
あれ、いつの間にかニンニクからトウモロコシの話になっちゃったよ

がんばれ、上志比。がんばれ、ニンキー。五領たまねぎをえこひいきした生臭坊主なんかに負けるなー(そこかよ)。

えい坊くん

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想