« 【番外編】地方都市に見るBranding例:上(丸亀市章・丸亀市ナンバープレート) | トップページ | 似て非なるもの - アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ »

2015年11月17日 (火)

【番外編】地方都市に見るBranding例:下(骨付きじゅうじゅう・京極くん・うちっ娘)

(承前)

ご当地キャラについても、丸亀市は量産体制を取っているらしい。まずは十六茶CMにも出演したこのキャラ。

香川県丸亀市
骨付鳥マスコットキャラクター
とり奉行 骨付じゅうじゅう
橋本浩子(33歳:大阪府茨木市:主婦)
骨付きじゅうじゅう

骨付鳥とは、骨付きの鶏もも肉を塩胡椒とニンニクで味付けして焼いたご当地グルメ(To B(級), or not to B(級), that is a question.)。つまりローストチキンあるいはグリルドチキンですな。1953年にご当地の「一鶴」なる店が考案したのが発祥とされ、実は同店の登録商標なんである。これに目をつけた丸亀市産業振興課が、「香川うどん県」の向こうを張って自らを「骨付鳥市」として売り出したわけ。因みに[うちわ]はお奉行がひたすら骨付鳥を焼く時に欠くべからざるアイテムであるらしい。

骨付鳥イメージロゴ

橋本曰く、「きっと彼は今ごろ、受賞した喜びで[肉汁]が出まくっていることでしょう」とコメント。でも、ツルは正直、食べ物のキャラクターが汗をかいているというところに生理的な拒否感を覚えますが。

このキャラとは違う系列なのが次のペア。

香川県丸亀市
丸亀市観光協会
マスコットキャラクター
京極くん
(作者不明)
京極くん(最終版)

戦国武将、[京極高次]をイメージしたんだそうな。兜に取り付けられた[四つ目紋]は京極家の紋所。よく見るとお腹に[地名]も書かれている。
しかしこの設定、ちょっと無理があります。より詳細に言うと、高次は「讃岐丸亀藩初代藩主京極高和の祖父、自らは近江大津藩主・若狭小浜藩主で、浅井三姉妹の次女の夫」。ご当地と直接の関係はない、「丸亀藩京極家初代」という扱いではあるんだけど(ここら辺が戦国武将はややこしい)。
ピンと来る方もあるでしょう。2011年のNHK大河ドラマ、「江 〜姫たちの戦国〜」のヒロインのすぐ上のお姉さん、初を娶った人です。つまりはこれも大河ドラマ便乗キャラだったのだよ。発表されたのは同年8月で(遅過ぎる気もするけど、そこは震災の影響があったかもしれない)、10月23日の「丸亀城フェスタ」で着ぐるみがお披露目されている(伏線)。

2Dは当初こんな姿↓だったのがSDガンダム並みにデフォルメされちゃったのは、ペアの片割れに合わせてのことだったようです。非公募だったのに補整とはね(+_+)。

京極くん(当初案)

で、公募で決まった片割れの方は。

香川県丸亀市
丸亀市観光協会
マスコットキャラクター
うちっ娘
池内 聡(58歳:丸亀市)
うちっ娘

市の花[サツキ]を散らした[振袖]姿に、頭は例の[丸亀うちわ]。アヴァンギャルドな姫様です。決して浅井三姉妹の次女でも京極高次の妻女でもないけど。(考えてみれば、頭がうちわってのは三次元化しにくそう。二次元発想だったんですな)
2011年8月の「京極くん」発表の際に募集がかけられ、翌9月に発表されたという、ペアキャラには珍しいプロセスを辿った。当初は京極くんと一緒に「丸亀城フェスタ」で着ぐるみデビューする予定だったところ、諸般の事情で遅れて翌2012年2月5日の「香川丸亀国際ハーフマラソン」が初仕事となった由。

まあこんな経緯で、やっぱりどういじってもペアらしからぬ風貌になっちゃったわけです。でも、厳然としてペアキャラなのよ。どっちも財団法人 自治総合センターの「活力ある地域づくり助成事業」の助成金を受けてんだもん。すなわち宝くじの収益が使われたんですとさ。

ツッコミたいのはもう一つ。作者の池内は、2012年1月発表の丸亀市ナンバープレート(前回書いたやつね)の佳作、および、2014年12月発表の丸亀市合併10周年シンボルマーク(垂水が採用されたやつです)の優秀賞も取っている。これまたただ者ではあるまい。

調べてみると、ご当地の公募ガイダー事情が浮かび上がってきた。

-----
(2004.01.07 四国新聞 抜粋)

県内の広告会社の社員が一堂に会する「2004アドマン新春名刺交換会」(四国新聞社、西日本放送主催)が六日、高松市中野町の四国新聞社大ホールで開かれた。県内四十四社の広告代理店のトップや社員約三百五十人が参加、互いに新年の躍進を誓い合うなど交流を深めた。

〔中略〕

出席者は次の通り。(敬称略)

〔中略〕

▽間島慶治(オリコ代表取締役会長)
▽間島賢治(同社長)
▽池内 聡(同取締役統轄本部長)

〔中略〕

▽牧野 洋(西日本放送サービス西讃支社長)
▽北風公紹(同課長)
-----

そういうことであったか!!北風は丸亀市合併10周年シンボルマーク優秀賞のもう一人の受賞者です。
さらに、2008年12月決定の富山県小矢部市「メルギューくん」&「メルモモちゃん」や、2009年11月デザイン決定の兵庫県たつの市「赤とんぼくん」を作った瀬戸良一(香川県高松市)も、「誠和広告」の「制作部係長」として出席していて、だんだんひんや〜りしてくる(cf. 2013.02.24「舞へ舞へ火牛」・2015.06.28「とんぼのめがねは色眼鏡」)。ご当地の商業デザインを牛耳る面々!

何かがご当地の中でぐるぐると回っているような気がしてきました。ひょっとしたら、非公募の「京極くん」のデザイン or リデザインを担当したのもこの3人のうちの誰かではなかったのかと思えてしまう。
あっ、「うちっ娘」の「うち」は「団扇」の「うち」ではなかったかも・・・「内輪」?それとも「池内」?なんてネ
キャラも数が多けりゃいいでしょ、という思考がほの見えるのもいかがなものかと思いますが、大抵の地方都市ではそうなんでしょう。

結局、そのlocal societyの井の中に飛び込んできて瞬く間に全国区にまでのし上がり躍り出たのが垂水ということになるんですかね。

« 【番外編】地方都市に見るBranding例:上(丸亀市章・丸亀市ナンバープレート) | トップページ | 似て非なるもの - アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【番外編】地方都市に見るBranding例:上(丸亀市章・丸亀市ナンバープレート) | トップページ | 似て非なるもの - アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想