« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その150:水戸商工会議所キャラ・信正くん)

(承前)

何だかまたずいぶん久しぶりになっちゃったけれど、塩キャラいきますか。「与一くんファミリー」からの流れで今回は歴史モノ。

茨城県水戸市
水戸商工会議所
イメージキャラクター
(優秀賞)
塩崎榮一
水戸商工会議所キャラ

うーむ、なんとしよう。水戸黄門御一行をイラストにしました、というただそれだけね。
[印籠]がなかったらただのコスプレじいさんになりかねない、というのは採用された「いきいき黄門さま」by 田中輝夫(京都府:染色デザイン家)もそうだし、ガイダー常連陣によってほとんど占められた次点群も同じ。偉大なるマンネリ時代劇は偉大なるテンプレキャラを生むってか。

(審査員特別賞)
信貴正明(新潟県)

(優秀賞)
小林章吾(静岡県)
塩崎榮一(大阪府)
深川重一(大阪府)
東 信慶(福岡県)

違っているのは助さん(佐々木助三郎)・格さん(渥美格之進)と徒党を組んだ集団キャラか、黄門様一人旅のピンキャラかという点ぐらいです。これはもちろん、募集時のお題が「黄門様 or その御一行」とされていたから。なまじ有名なキャラクターの再キャラ化なだけに、選択の余地は人数ぐらいしかなかったわけだ。
・・・うっかり八兵衛、かげろうお銀はどしたんやっ!!そこまでいけばゴレンジャー編成組めるのに。(あ、風車の弥七なんかもいたか;昭和の東野英治郎版による。)

黄門様と言えば、ご当地じゃこの塩キャラとの棲み分けが気になるんですが。

【その5】
茨城県水戸市
マスコットキャラクター
みとちゃん
福添あゆみ
みとちゃん(最終版)

デザイン決定は水戸商工会議所(Mito Chamber of Commerce and Industry;以下、MCCIという。)が2009年3月、対して「みとちゃん」が2012年8月。は〜〜ん、なんか見えてきますね。
MCCIが作ったキャラは畏れ多くも天下の副将軍(むろんそんな役職は実在しなかった)、常陸水戸藩第二代藩主の中納言徳川光圀公(寛永05.06.10〜元禄13.12.06/グレゴリオ暦1628.07.11〜1701.01.14)にあらせられる。ご当地ではそんなに世直しが求められているのかしら(笑)。
でもそれだけではマズかったのよ、水戸市的には、っていうか塩キャラDogma的には。ご当地自慢には「梅」と「納豆」も決して欠かせない。黄門様ってだけのMCCIキャラをそのまま格上げして市公式キャラに据えることはできなかったわけです。となると、みとちゃんの造形もある意味必然、理の当然だったのね

それでも釈然とはしない。ご当地では水戸地方検察庁に「みつくに君御一行様」なる超弩マイナーキャラなんかも確認できるし、県レベルでも2007年開催の全国健康福祉祭(ねんりんピック)茨城大会(その他)のキャラクターとして2005年から「ハッスル黄門」by 金津 博(新潟県上越市)が存在するじゃないか(なぜか県の公認を得ていないらしく、いまいち素性が不明なんですが)。おまいらどんだけ黄門キャラ作ってんだ、テレビドラマももうないのに。

お次もMCCIとほぼ同時期に決定したこれ。

福島県いわき市
いわき商工会議所青年部
たいらのまち活性化キャラクター
(最終選考作品)信正くん
塩崎アユミ
信正くん

陸奥磐城平藩の城下町であった平地区(1966年までは「平市」だった)は現在もいわき市の中心街であり、明治維新140周年を機に、2009年8月、ご当地キャラを作ったらしい。「信正くん」というネーミングは、平藩第五代藩主の安藤信正(文政02.11.25〜明治04.10.08/1820.01.10〜1871.11.20)をモデルにしたから。
このお殿様、江戸幕府の重鎮でもあり、大老井伊直弼が安政7年/1860年の桜田門外の変で水戸浪士の刃に仆れた後は老中として実権を握っていて、2年後の文久2年/1862年にはやはり水戸浪士の襲撃を受けて負傷していたりもする(坂下門外の変)。水戸には数々遺恨がありそうです。黄門様キャラクターとは所詮相容れない仲なのかもしれない。

デザインの方は[地名]入り[扇]をかざしてアユミ寄ってくる、いや歩み寄ってくる[若侍]、他には特徴なし。衣紋の[桜]の意味はよくわからず。松ヶ岡公園、三崎公園、三島八幡神社、平中央公園と、当然ご当地にも桜の名所はあるけれど、それ以上のものではなさそうで、別に地区や市のシンボルアイテムになってるわけでもないようです。ケッッ!!

因みにこの公募で採用されたのは遠藤貴和(きわ)(28歳:いわき市:フリーデザイナー)による「たいらもん」というタヌキとネコのハイブリッドキャラ。「平城を守る忍者をイメージ」とされてますが、こちらには政治的背景など一切ございませんですw。(明治維新140周年はどこへ行った?)

そりゃまあ(どうでも)いいんだけど、この公募の場合(も)、「何のために制定したか」がよくわからない。2009年時点で商工会議所が「活性化」を謳うからには、やれ経営者の高齢化とかシャッター商店街化とかの問題があったろうと思うんですがね。(リーマンショックも!?)

-----
いわき商工会議所青年部では、現在の平市街地に至るまでの歴史を振り返ると共に、輝く未来に向けたいわき市周辺のまちづくり、中心市街地活性化を促すため、平のまちを連想させるマスコットキャラクターを作成することとしました。
-----

そこら辺には一切触れていないきれいごとが並びます。
弘前市ってのは工藤和久のことでしょうよ、どうせさΨ( ̄∇ ̄)Ψ。
あまつさえ、途中で15点を対象に一般投票にかけてるんですが、その時既に作者の氏名を明示して実施しちゃってるんですね(事実、「たらら」by 工藤和久なんてのも15点中に残っている)。

ダメだな、こりゃ。

(続く)

2015年11月29日 (日)

【速報編】いはばしる バイクの臀の プレートの;再び(喜多方市ナンバープレート)

今年に入ってから目立った公募活動の少なかった垂水秀行ですが、新作ナンバープレート、入りました!!

福島県喜多方市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行(香川県丸亀市)
喜多方市ナンバープレート

合併10周年記念の企画らしい。応募総数、41点。(ご当地ナンバープレートの公募なんて、たいていどこでもそのくらいなもんです。)

-----
(2015.11.28 福島民友新聞 抜粋)

作品は[蔵]と[ラーメン]が描かれたデザイン。麺やスープに躍動感があり、元気で明るい同市をイメージできる仕上がりとなった。垂水さんは「多くの人が喜多方に訪れ、活気に包まれるよう願いを込めた」という。
-----

笑いましたよー。ついこないだこんなの見たばかりね。

【2015.11.01「いはばしる バイクの臀の プレートの;〆」】
大阪市北区
情熱うどん讃州
POP 冷やし天中華
(デザイン)垂水秀行
(文字)久保達也
冷やし天中華

確かに、冷やし天中華の「麺やスープに躍動感」を与えると喜多方ラーメンになるかもしれない(デザインの話ですよ)。こゆのは「シズル感」とは言わないんだろうな

いろいろ不評も多い(らしい)市章を使わなかったのは救いだけど、その話はまたいつか。

目指せ、採用20作品(爆)。

-----
【2016.01.03 追記】
これを書いた後、2015年5月の新聞記事に「採用19点」との記載があるのを見つけたので、上記の喜多方市ナンバープレートは垂水にとっては20点目or moreであることになります。詳しくは【2016.01.01「遠い祭りの音と 郷土の匂いと:上」】をご覧下さい。
-----

2015年11月28日 (土)

【緊急編のおまけ】実は悲劇ではなく喜劇、ドタバタ調の(富士市50周年ロゴ・静岡県森町ロゴ)

(承前)

読売新聞記事に、富士市はロゴを今年11月に披露するとあったので調べてみたんです。すると、市制施行記念日(*)の11月1日に発表されていた。正確には、ロゴマークとキャッチフレーズとが決まっている(シンボルマークとキャラクターを制定する大田区とちょっと似てますな)。

(*)1966年11月1日に(旧)富士市・吉原市・富士郡鷹岡町が新設合併したから、そこから数えて「市制50周年」、というのは違和感あるんですがねえ、ツルは。新設合併だとこのカウント方法を取るところがほとんど(or 全部?)みたいなんですけどね。

静岡県富士市
市制50周年 記念ロゴマーク
久保川朋子(40歳:富士市)
富士市50周年ロゴマーク

-----
50年の[5]で世界遺産[富士山]と[田子の浦]を表現し、[0]で富士山の麓と、今までも、これから先の未来も元気で幸せに笑顔で暮らす市民を表現しています。色は富士山と海の[ブルー]と市民の元気さやあたたかさを表す[オレンジ]です。富士山もあり、田子の浦の海の幸もあり、人も気候もあたたかく、住みやすい富士市を表現しています。
-----

レトロな印象もあり、です。
ご当地を含め、静岡や山梨で何かをやる時には、それが何であってもほぼ100%[富士山]がついて回るわけで、それはもう避り敢えぬ宿命。だからそこは突っ込まないけど、右の出っぱりは[宝永山]だというから念の入ったテンプレだこと。「0」の中に[顔]を入れたのもお作法どおりのご期待どおり。

一応、参考となる事例を押さえときましょう。

【2015.04.05「十年に一度の逢瀬:3」】
静岡県駿東郡清水町
町制施行50周年 記念ロゴマーク
高柳順子
〔2013年3月〕
清水町50周年

ね?富士のお山からは逃がれられないの。
でもそれだけじゃなかった。キャッチフレーズに爆弾が仕掛けられている。

静岡県富士市
市制50周年 記念キャッチフレーズ
柳谷益弘(73歳:駿東郡清水町)
「富士のもと 夢をつなげて 50年」

-----
富士の誇りである世界遺産富士山の下で、未来まで発展するイメージを表現しています。
-----

これがですねえ・・・・・・今見たばかりの清水町のリサイクル品でして。

静岡県駿東郡清水町
町制施行50周年 記念キャッチフレーズ
柳谷益弘(71歳:清水町)
「夢が湧き 希望つなげて 半世紀」
〔2013年3月〕

-----
清らかな水が湧き出る柿田川湧水群をイメージし、将来への明るい希望を表現しました。
-----

コリャどうか!!さすがにたまげました。実は「模倣」や「盗用」なんてのは、ビジュアルよりコトバの世界の方がチェックしにくいものなのかもしれないな。

そもそもいいコピーとは思わない。どちらも「未来」「将来」まで表現し得ていない、そこは姑息に作者コメントに溶かし込んだだけ。二つ続けて読めば、軽く馬鹿にされてる気がしてくる。

♪あーあー はてしない 夢を追い続け
 あーあー いつの日か 大空駆け巡る

柳谷のことはノーマークでしたが、川柳をものするらしい(最近、川柳のイメージがほんとガタ落ちなんですけど、ツル的には)。この手の公募にも盛んに出してます。コトバ系テンプレガイダーも小寺光雄(cf. 2013.12.21〜23「光輝く夢と未来へ」)や村岡孝司/君代/佳苗一族(cf. 2015.04.21「十年に一度の逢瀬:6」)ばかりではなかったのね

でも、富士市はまだいい。記事に出ていたもう一つの自治体、森町は一足早く先月10月5日に発表してるんですが。

静岡県周智郡(しゅうちぐん)森町
ロゴマーク
駒井 瞭(大阪府東大阪市)
静岡県森町ロゴマーク

こちらは永続的な使用を前提としたロゴだから、「60」は描き込まれてません。

--♪♪業務連絡♪♪--
武蔵新田の商店街に貼ってあった大田区チラシにも;

-----
※今回募集するシンボルマークデザインは、区制70周年記念ロゴマークデザインの募集ではありませんのでご注意ください。
-----

とcautionがあった(募集要項では明示的でなかったけど)。応募諸氏は留意せよ。
--♪♪業務連絡終わり♪♪--

しっかし、ぎょえー(;゜∇゜)。。。もう笑うしかないわ(T-T)。これが、「有識者も交えて絞り込んだ数点を、東京の特許事務所に依頼し、似たデザインがないかを調べ」た結果だというんだから。この作者のこのパターンでだよ!?(cf. 2014.10.01「配達されない三通の手紙:四通目 第一葉」)。

森町サイトには制作意図らしきものも出ている(抜粋)。(一方で、発表時の画像が現在見られなくなっているんですが・・・?何やらヒンヤリ)

-----
森林や川の自然、特産物のお茶、伝統芸能の舞楽などが、[緑]と[青]の2色を使った平仮名の[も]・[り]・[ま]・[ち]の文字にまとめられており、また、[赤色の楕円]は輝く[太陽]で、未来への希望を表現しています。
-----

出ました、本人以外は誰にも解けぬ、解けてはならぬ駒井式ひらがな/アルファベットCryptography Method。「もつなべ町」かと思っちまいますよ。この暗号が全解読できた人にこそ賞金出すべきだわ(新しい公募の楽しみ方)。
・・・ああ、アナタはこのblogで斬り刻まれるために生まれてきた丸ブーなのね

結論。
一体全体、これらのどこが「審査に神経をとがらせて」得た成果ですよ。むしろ後退しているではないか。
責任者出てこいっ!!
大田区も同じ轍を踏むなっ!!(募集はあさって必着だよん

― Inspired by「大都会」クリスタル・キング(1979.11.21リリース)―

2015年11月27日 (金)

【番外編】ご当地の魚に向かひて我物申す:三匹目

≪魚鳥木申すか?≫ ≪申す!!≫

(承前)

-----
選んだ魚の種類が多ければ多いほど、実は個性を失ってその他大勢の中に埋没していくんですね。自治体名を伏せたらどこのご当地かほとんどわからなくなるでしょ。
-----

それではご当地ブランド高揚戦略上も誠にヤバい。ツルがよいことを教えて申ぜましょう。

まず、島根の誇り「宍道湖七珍」みたいなありがたげで印象的なネーミングを考えるんですよ。
宍道湖七珍とは、以下の七種。

スズキ
モロゲエビ(ヨシエビ)
ウナギ
アマサギ(ワカサギ)
シラウオ
コイ
シジミ(ヤマトシジミ)

いかにも「汽水域」な感じがUnique。冠を取って「スモウアシコシ」と覚えることになっているので、そこも狙い目です。

例えばこんな具合に・・・。

【2015.11.07 その9の4】
きときと君(海づくり大会)

「富山湾きときと五撰」
ホタルイカ
シラエビ
ブリ
(ド○○)
(ウ○○)

現行の富山県の魚三種をベースに、後は「ド」と「ウ」のつく魚介を見つけ出し、養殖を奨励して新ブランドとして売り出せばいいんです。候補として、「ドンコ(いろいろいますがここはハゼ科の淡水魚で)&ウニ」あるいは「ドジョウ&ウナギ」あたりはいかがでしょう。淡水魚や無脊椎類まで入って完璧だわ。
ついでに葡萄の栽培とワインの醸造にも力を入れるべし(ただしレーズンには決して手を出しちゃダメ、「ホシブドウ」はあくまでコンセプトですから)。

あっ、必要に応じて「湾」の一文字は削って下さいね。語呂がいまいちなら「新・富山の魚きときと五撰」とでもすればきゅっと締まります。
きときと君も将来安泰で喜びの骨頂です。

「五撰」ではちょっと弱い、どうしても「七珍」の上を行きたいということであれば、将来的に次の三種を追加すればよろしい。

(ニ○○)
(タ○○)
(ネ○○)

これで、☆☆☆「八宝」の完成ですっ☆☆☆。「ニ」はニギス、「タ」はタラ、「ネ」はネズミゴチあたりがお薦めネ。

ニギスやタラは既にご当地の海の幸として確たる実績があるけど、事業戦略上は、飽和感のあるタラを敢えてタニシに差し替えることも十分検討対象になります。ドジョウ−ウナギ−タニシのコンビネーションで、生育環境が似ているから休耕田なんかで混棲もさせられますよ(多分)。おお、Sustainable!! Initial CostもRunning Costも節約できる(はず)。

ネズミゴチというとイメージが今イチだけど、近畿でコチの天ぷらといえばこれ!の美味な魚。何だったら「念仏ゴチ」とか「涅槃ゴチ」とかそれっぽい地方名を新たにつけちゃいましょう。大丈夫、県ぐるみでやれば何でもできる。
もっとも、この頃にはワイン生産も軌道に乗っているでしょうから、八番目のお宝は意表を突いて魚から離れ、グレープシードオイルとするのも大変気が利いてます。この油、お座敷天ぷらにも最適なんですよ。廃棄物も減らせるし、やっぱりSustainable!!

ああ、妄想って楽しいぃぃ。

最後はちょっと真面目に締めよう。
「市の貝」を指定しているのは、北では北海道苫小牧市のホッキガイ/北寄貝(2002年)、南では沖縄県石垣市のクロチョウガイ/黒蝶貝(1977年)が挙げられる。前者は標準和名をウバガイという食材、後者は黒真珠を採る貝ですね。
(1)と(2)がくっきり分かれましたが、前者にも資源の危機的枯渇から漁業者一丸となって復活させてきた思い入れがあり、後者もあの真珠王御木本幸吉翁さえご当地で挑んでなし得なかった黒真珠養殖を世界で初めて成功させた(渡嘉敷 進・南風野喜孝・仲野源一の功による)自負がある。苦難の歴史を経て現在の姿があるという意味で、シンボリズムにも共通項を持つと見ました。

黒真珠

2015年11月26日 (木)

【緊急編】大田区を襲う悲劇(となるのか!?)(大田区PRキャラクター募集・オーちゃん)

(承前)

実はシンボルマークだけじゃなくて、同時にご当地キャラまで作っちゃうんですよ、大田区ったら

-----
大田区PRキャラクターデザイン原案募集要項

大田区は、平成29年3月15日に区制70周年を迎えます。区制70周年を契機に、大田区の魅力を区内外に発信し、大田区の統一感を創出するとともに、大田区への愛着を深めるために、大田区PRキャラクターのデザイン原案を募集します。
採用されたPRキャラクターデザイン原案は、大田区のホームページや各種印刷物への掲載をはじめ、着ぐるみの制作、オリジナルグッズの商品化等の大田区のPR活動及び大田区が必要と認めた団体等に使用させていただく予定です。

1 募集内容
PRキャラクターデザイン原案正面 1枚
・大田区の歴史、文化、名物等の魅力をPRするに当たってふさわしいデザインであること。
・誰からも親しまれ、愛着を持たれるデザインであること。
・着ぐるみ等立体化した場合にも活用できるデザインであること。
・区制50周年記念キャラクター「オーちゃん」と親和性があるデザインであること。
・キャラクターは単体で一つの作品となること。

〔後略〕
-----

(「2」以下はシンボルマークの募集要項と実質的に同じなので割愛させていただきます、こっちも30万円デス)

やっぱりまともじゃん。

・ガイダンスとして出されたのは「既存キャラクターとの親和性」のみであること。(20年前の感覚に合わせろってか)

さすがに大都会、ご当地名産やご当地名所、ご当地行事を事細かに書き連ねるようなことはやらないわけです。(そこはその分、明確なイメージ戦略/ブランディング戦略が打ち出しにくいということでもあろうけど。)

「オーちゃん」たぁこいつです。

東京都大田区
区制50周年記念キャラクター
羽田空港国際化記念事業 イメージキャラクター
オーちゃん
オーちゃん

1997年に制定され、2010年に羽田空港の広告塔になったという[藁しべ長者系]ご長寿キャラ。ご当地には「田園調布も大田区、大森も蒲田も大田区、羽田も大田区」という俚言がある(ウソ)。つまり大田区といってもいろいろなんです。因みに大森+蒲田=大田区という合成地名、これを知ってれば「太田区」と書き間違えることもなくなりますぜ。
森永のキョロちゃんがおしゃべりになったって雰囲気ですかね。区の鳥[ウグイス]が[飛行機]に乗っているという、ある意味ぐうたらな鳥キャラですが、まだまだ現役でがんばれと区長さんからハッパをかけられたって感じぃ。

しかしなー、よくやるよなあ大田区も。公募界がパクりだの類似だのに戦々兢々としてるっていう時期に、しかもダブルで。
さらにだよ、例の五輪エンブレム再公募が、先週末の連休が明けた11月24日から始まって12月7日(の正午)までの募集。こちとら10月1日から11月30日まで、当日必着。もろかぶりやんけ。各位の関心はどっとあちらさんへいってるようですし(10月中旬に公表された募集要項は既にダウンロードが7万件あった由、くわばらくわばら)。

地方自治体のビビり具合、静岡を例に取ってみましょうか。

-----
(2015.09.18 読売新聞)

自治体のロゴ審査ピリピリ…五輪エンブレム余波

2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムが白紙撤回された問題を受け、静岡県内の自治体も全国高校総体の大会ロゴマークや、市町の記念ロゴなどの審査に神経をとがらせている。
「模倣」「盗用」との指摘を避けるための対策は、予備のロゴを選ぶ案から、特許事務所への調査依頼まで様々だが、自治体は大会やイベントを滞りなく運営するための「危機管理」として、応募者に理解を求めている。

◇全国高校総体
「ああいうことがあったので、ロゴ選びは、念には念を入れましょう」
東海4県(静岡、三重、愛知、岐阜)で開かれる18年の全国高校総体。今月6日に袋井市で開かれた担当者会議で、メイン会場となる三重県の担当者が呼び掛けた。
高校総体ロゴの募集中に沸き起こった五輪エンブレム問題の余波を受ける形で、この日議論されたのは、採用したロゴが取り下げられる事態に備えた対策だ。たたき台は「予備のロゴ」を選ぶという案だった。
ロゴは当初、4県の関係者が最優秀の1作品だけを決める予定だったが、会議では「大会をスムーズに進めるのが最優先」と、何らかの対策は必要との意見で一致した。
ただ、応募資格があるのは4県の中高生らで、静岡県の関係者からは「子どもたちの作品を信じないのはどうなのか……」との本音も聞こえてくる。募集は今月15日に締め切られ、4県は今後も審査のやり方を検討していく方針という。

◇市町の記念ロゴ
一方、今年4月に合併60周年を迎えた森町は、記念ロゴの募集を8月に締め切り、審査の真っ最中だ。町では有識者も交えて絞り込んだ数点を、東京の特許事務所に依頼し、似たデザインがないかを調べることにした。費用は、今年度予算に計上した事業費で賄う。

市制50周年を控える富士市も、今月4日まで記念ロゴを募集していた。五輪エンブレム問題では、ネット上で「模倣では」との指摘が相次いだ。このため、応募総数703点のうち、1次審査を通過した数点をパソコンに取り込み、類似画像を検索できるサイトで一つ一つチェックしている。
ロゴをお披露目する11月に向け、地道な作業を続ける市企画課職員は「できることはやる」とする一方、「記念行事に水を差さないための危機管理として、応募者にも理解してもらえると思う」と話していた。
-----

いいえ。子どもとは元来小狡いものです。

結局、そこを含めて現在の社会は故意(重過失および未必の故意を含む)によるパクりに対して有効な手立てを持っていないということではないか。
責任はどこにある。ツルに言わせりゃ模倣や盗用(自己パクりを含む)は一義的には応募側の問題だ、ということにはなるんですが、この側面ではJAGDA/日本グラフィックデザイナー協会あたりにも怠慢の科はあるのではないだろうか。例えばさあ、中等美術教育における啓蒙活動なんてものをやってきたわけ??ご当地公募の眼鏡を通して見る限り、モラルの欠けた作家があまりに多過ぎる。

実態を知らないので、そうした批判はこのぐらいにしましてと。
前回「この公募には極めて珍しいと思われる特徴が一つあって」と書いた件。種明かしをすると、大田区では作者の「制作意図」の提出が求められていないんです。これはシンボルマークもキャラクターも同じ。応募用紙にもその記入欄はありません。
これねー、見識を感じたんですよね、ツルは。言葉による安易な説明に頼ることを許さないってManifestでしょ。中本や井口や駒井はなんぼか割りを食うでしょうね。(ここで塩崎一族の復活を夢見たりして;爆)

この公募は来年1月下旬をメドに結果発表するとされている。その暁にはどうあっても取り上げさせていただくわ!!待ってらっしゃい!!(群馬県榛東村のキャラクター発表も1月だったよなー(* ̄ー ̄)。)

(まだまだ続く)

2015年11月25日 (水)

【番外編】ご当地の魚に向かひて我物申す:二匹目

≪魚鳥木申すか?≫ ≪申す!!≫

(承前)

-----
(1)食える魚
(2)食えない/食わない魚
-----

もちろん(1)にも、「獲れる魚」と「育てられる魚」の両側面はあると思う。そりゃ前者が主流なんでしょうが、後者では静岡県富士宮市のニジマスが挙げられるだろう。北米原産のこの魚、ご当地で湧水を利用した養殖が盛んですが、外来種を市の魚に選んだケースは相当珍しいのじゃないかしらん。制定の際には外来生物論争を引き起こしたりもしているけれど、この際大人の判断で「要注意人物ながら危険人物ではないらしい」というポジションに置かれたみたいです。

中には(1)と(2)の境界があいまいというケースもある。和歌山県北牟婁郡(きたむろぐん)紀北町のマンボウです。ご当地ではれっきとした食材なんですね。

(1)と(2)に分けて考えた場合、特に前者には産業が関わってくるということも言える。漁業/水産業の観点が入り込むんですな。従って複数の魚種を指定するケースも多くなる。特に都道府県レベルではこの傾向が顕著な様子。

例えば宮城県だと;

カツオ マグロ サンマ カレイ ギンザケ ハゼ アユ カキ ホヤ アワビ ノリ ワカメ

みちのくでは牡蠣も鮑も海鞘/Sea Pineappleも「魚」であるらしい。それどころか海苔や若布でさえ。元は目黒勤めだったツルなんて、サンマだけでいいじゃないのと思っちゃうんですが(わかるかな?)、そこは産業が絡んでいるんすよ。

遠く離れた九州、ツルの出身地福岡県でも似たようなもん。

サバ アジ マダイ ブリ ヒラメ アユ コイ クルマエビ ワタリガニ(ガザミ) ケンサキイカ アサリ ノリ

玄海灘と有明海と内陸河川と、魚類と甲殻類と貝類とその他海産物と、バランスよく配してある感じがいたします(言ってることがよそとえらく違うじゃないかよ)。

茨城県だと、「県の魚」ヒラメに加え、「四季の魚」として;

春:鹿島灘ハマグリ
夏:カツオ
秋:ヒラメ
冬:アンコウ

を選び、さらに別枠で淡水魚としてワカサギを制定するというパターン。今にナマズが加わるかもしんないな。

季節毎に旬のものを選ぶ方式は結構多くて(特に日本海側?)、石川県だと;

春:サヨリ カレイ
夏:イカ
秋:アマエビ
冬:ブリ ズワイガニ コウバコガニ

となる。
コウバコガニ/香箱蟹/甲箱蟹はズワイガニの雌の北陸地方における呼び名。雌雄の大きさが相当違うため(♂>♀)、水産資源としては別々の名前がつけられている場合が多いんです。♂はエチゼンガニ(福井県の県の魚)、マツバガニ(兵庫県と鳥取県の県の魚、ではない)など、♀はコウバコガニ、オヤガニ、セイコガニなど。雌は性成熟すると短いサイクルで産卵を繰り返すため、そこで成長が止まっちゃうらしい(つまり脱皮もしなくなる)。

ズワイガニ雌雄

同じく日本海側に海を持つ京都府では「丹後・旬の魚」を定めている。

春:サヨリ メバル マダイ イサキ ワカメ
夏:サザエ トビウオ タチウオ トリガイ シロイカ
秋:アキイカ グジ(アマダイ) ハタハタ ササガレイ ニギス
冬:ズワイガニ ブリ ヒラメ アンコウ カキ

京の都、いや京の田舎じゃ若布は魚・・・ってしつこいですか。

この2府県、共通して選ばれた魚も結構あるけれども、お題目を見るとかなり違ってます。石川県は「旬の味覚を大切にする。食と健康の関係を見直し、水産流通について考え行動する」、京都府では「府民はじめ全国に情報発信し、府内水産物の付加価値化をはかる」。京都の方がだいぶ生臭い感じ

こうなるともうシンボル性なんてどうでもいいのね、美味けりゃ。

さらに南下すると、長崎県も季節毎のアプローチ。

春:タイ イカ アマダイ
夏:アジ イサキ アワビ
秋:サバ アゴ(トビウオ) ヒラメ
冬:ブリ イワシ フグ

鹿児島県までくれば、さすがに種類がちょっと違ってくる。

春:マダイ カツオ アオリイカ トビウオ
夏:キビナゴ トコブシ マダコ ウナギ
秋:バショウカジキ ツキヒガイ サバ カンパチ アサヒガニ
冬:ブリ マイワシ カサゴ イセエビ クルマエビ

四季それぞれにこんなに選ぶぐらいならいっそ月毎にすりゃいいのに、と思ったら、ちゃーんとそんなことを考えた小役人がいた。

静岡県では月替わりメニューを揃えてございます。

1月:ブリ
2月:サバ
3月:マダイ
4月:サクラエビ
5月:カツオ
6月:シラス
7月:ウナギ
8月:イカ
9月:アジ
10月:タチウオ
11月:キンメダイ
12月:カキ

これに通年旬だというマグロとニジマスを加えて(苦)、「旬の魚」14選。

ふぅーーー。

以上、お気づきでしょうか。選んだ魚の種類が多ければ多いほど、実は個性を失ってその他大勢の中に埋没していくんですね。自治体名を伏せたらどこのご当地かほとんどわからなくなるでしょ。やっぱりご当地キャラの盛りアイテムと同じこと。

しかし、こうした「ご当地の魚」がご当地キャラに取り込まれる場合には、どちらかというと添え物的扱いが多いような気がする。盛りアイテムにするにも、野菜と違って複数載せるなんてことはまずないし。

【2013.02.20「三島宿、ひともとの柳いと高きぞありける:その4」】
静岡県富士宮市
さくやちゃん
高柳順子
さくやちゃん

ネックレスに[ニジマス]が。
こんなのもありましたけどね。

【2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」】
三重県北牟婁郡紀北町
きーほくん
清水浩美
きーほくん

ふぅーーー、しかし食った食ったあ。

(続く)

2015年11月24日 (火)

【緊急編】大田区を襲う悪夢(となるか?)(大田区シンボルマーク募集)

書こうか書くまいか迷ってたんですけど、締切まであと1週間を切ったので書いちゃいます。

ツルの住む東京都大田区が今こんなことをしてましてね。

-----
大田区シンボルマークデザイン原案募集要項

 大田区は、平成29年3月15日に区制70周年を迎えます。区制70周年を契機に、大田区の魅力を区内外に発信し、大田区の統一感を創出するとともに、大田区への愛着を深めるために、大田区シンボルマークのデザイン原案を募集します。
 採用されたシンボルマークデザイン原案は、使用期間を70周年記念事業期間に限定せず、区のポスター、大田区報、各種印刷物等に広く活用させていただく予定です。

1 募集内容
大田区シンボルマークデザイン原案 1枚
・大田区であることを表現していること。
・色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにするなど、ユニバーサルデザインに配慮したデザインであること。
・単色、モノクロで使用したり、縮尺を変えて使用する場合にも、イメージや安定感が損なわれないデザインであること。

2 応募資格
どなたでも応募できます。(年齢、性別、国籍、プロ・アマチュアを問いません。)

3 募集期間
平成27年10月1日(木)から平成27年11月30日(月)まで(当日必着)
※募集期間内に到着したものだけが選考の対象となりますので、ご注意ください。

4 募集要項及び応募用紙の配布場所
平成27年10月1日から大田区役所5階総務課窓口、出張所、図書館及び区文化施設等で配布いたします。なお、応募用紙及び募集要項は、大田区ホームページからもダウンロードできます。

5 応募方法
(1)提出書類
① 応募用紙
指定の応募用紙に必要事項を記入の上、提出してください。
② シンボルマークデザイン原案図
白地のA4サイズの用紙を使用します。縦横15cmの枠内にデザインし、デザイン面上部の余白の中央に「上」と記載してください。

(2)提出方法
次のいずれかの方法により応募してください。
① 郵送にて応募する場合
シンボルマークデザイン原案図が折れ曲がらないようにして応募用紙を添えて、郵送してください。
② 電子申請にて応募する場合
大田区ホームページ内の大田区シンボルマークデザイン原案募集ページより応募してください。

6 応募規定
(1)応募デザイン原案数は、お1人1点までとします。
(2)応募デザイン原案は、全て返却しません。
(3)応募デザイン原案の画材、色彩及び技法は自由とします。
(4)応募デザイン原案は、第三者の知的財産権を侵害せず、応募者が著作権を有する、オリジナルの未発表作品に限ります。
(5)応募デザイン原案は、提出後に修正することはできません。
(6)応募にかかる費用は、応募者の負担とします。
(7)応募者の個人情報は、デザイン原案採用の連絡及び採用デザイン原案発表の際に氏名を公表する以外に使用しません。
(8)採用デザイン原案の著作権その他一切の権利は、大田区に帰属することとします。

7 審査の方法
(1)「大田区シンボルマークデザイン選考委員会」で選考を行い、優秀デザイン原案3点を決定します。
(2)優秀デザイン原案3点について、公募により意見を募集します。
(3)上記(1)、(2)の結果を総合的に判断し、採用デザイン原案を決定します。
(4)応募の状況によっては、採用デザイン無しということもあり得ますのでご了承ください。
(5)既存デザインの模倣、公序良俗その他法令の定めに反するもの又は第三者の権利を侵害しているものは、審査の対象外となります。採用決定後にこれらの条件に違反していたことが判明した場合は、決定を無効とします。

8 審査結果の発表
平成28年1月下旬頃、大田区ホームページ上で発表します。
※デザイン原案採用者等には別途ご連絡します。

9 デザイン採用者等への謝礼
最優秀賞(採用デザイン) 1点 30万円(予定)
優秀賞 2点 各3万円(予定)
※デザイン原案採用者等が未成年者であった場合には、保護者の同意を得た上で謝礼をお支払します。

10 採用デザイン原案の取扱い等
(1)デザイン原案採用者には、謝礼お支払の際に大田区に著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む。)を譲渡し、著作者人格権の行使を放棄する旨の特約を付けた著作権譲渡契約を締結していただきます。なお、契約に当たり契約料等はお支払しませんので、ご了承ください。
(2)採用デザイン原案は、第三者が著作権等の権利を有している著作物等を使用していないものとし、第三者から権利侵害等の損害賠償が提起された場合は、大田区では一切の責任を負いかねます。
(3)デザイン原案採用者は、大田区が採用作品の商標の出願・登録をすることを認めることとします。
(4)採用デザイン原案については、デザイン、色彩等の補正又は修正をする場合や、単色、モノクロで使用する場合もあります。
-----

毎日通る武蔵新田商店街の掲示板にもチラシが貼り出してあります。

集え、大田区に全国の公募ガイダーよなんてことを愚blogが言うはずもないでしょ。ぜってー出すなよおまいらぁ

ざっと見たところではまともそうな感じではある。

・募集するのはあくまで「デザイン原案」であること。(少々くどかばってん)

・1人1点に制限すること。(家族・親戚からの借名禁止も明記してもらわんとねー)

・厳格に「必着」であること。(規則は規則ですけん。情実はナシばい)

・「意見募集」は参考として行うこと。(やからドンデン返し食らっても文句言わんとよ)

・「採用なし」の場合もあり得ること。(よかよか。気張ってよかもん作ればよかことですたい)

・著作権は譲渡し、(一身専属的であるとされる)著作者人格権も行使しないこと。(だけんひこにゃんみたいな面倒起こしたらできんよ)

・類似問題については「第三者の権利を侵害せず、応募者が著作権を有する、オリジナルの未発表作品」とし、かつ「既存デザインの模倣等または第三者の権利を侵害しているもの」は素材利用の場合を含めて外すこと。(「未発表」には「公募等への未提出」も含むて明記してほしかったネー、それに「将来的によそに発表しない」縛りもかけてほしかったばい)

・・・全然まともに見えなくなってきちゃった

課された諸条件の中で最も高いハードルは、実は「ユニバーサルデザインへの配慮」ではなかろうか。これ、「[赤]は太陽、[青]は空と海、[緑]は大地」式のテンプレデザインもNGってことですよね???全国のガイダーに喧嘩売っとんのかオイ

これらを全てクリアした上で勝ち抜いての「謝礼」が30万円也ってわけやね。

「使用は70周年時に限られない」ってことは事実上、現行の区章を廃してこちらに乗り換えるということだ。つまりは東京都と同じスタイルにしたいんですな。

大田区章 大田区シンボルマーク募集

いいか、これだけは言っとくぜ。これで「丸にブーメラン」とか「へのへのもへじ」なんかにしちゃったら、おぢさんは大田区役所に怒鳴り込んじゃうぞ(蒲田、近いし。)
定規とコンパスだけで玄人と素人の両方を唸らせる作品を作ってみやがれ!!(雲形定規は禁止、分度器までは許そう。)

・・・どんだけアナログ、いやアナクロやねん

PS:
実はこの公募には、極めて珍しいと思われる特徴が一つあって、ずいぶん思い切ったもんだなあといささか驚きましたが、そのネタはまた近いうち。

(続く)

2015年11月23日 (月)

【番外編】ご当地の魚に向かひて我物申す:一匹目(さくらダコシンボルマーク)

≪魚鳥木申すか?≫ ≪申す!!≫

えー、【似て非なるもの】の「魚」編を書こうかとも考えたんですが、あまり食指が動くものがなかったので、「もうやめようや」路線に乗り換えます。

自治体のシンボルとしては「花」「木」「鳥」よりマイナーながら、「都道府県市町村の魚」もそこそこあって、これが結構奥深い。だいぶ趣が違うんです。

「魚」をご当地シンボルアイテムにする場合、大きく見ると;

(1)食える魚
(2)食えない/食わない魚

に分けられると思う。

(1)は、内陸部では当然淡水魚ということになり、その代表選手がヤマメとイワナでしょう。海から上がってきて川を遡るアユや、東日本ではサケを選ぶ自治体も多そうだ。

ヤマメとはサクラマスの陸封型(一般に降海型より小さい)のことで、ヤマメは例えば山梨県西八代郡下部町の町の魚、サクラマスは山形県の県の魚になっている。
群馬県はアユを県の魚に指定してますが、現在も北関東では川魚を食用にできない地域の方が多いのじゃないか、2011年春以降。

純粋な海水魚だとそれこそ沢山あるわけだけど、順当かつ納得性の高そうなところからいけば、例えば高知県のカツオ、秋田県のハタハタ、山口県下関市のフク(フグ)。フグは山口県の魚にもなっている。
ブリが富山県氷見市の魚でないのは意外ですが、これは富山県が県の魚に指定。

魚じゃないものを選んだ例もざらにあって、広島県と広島県江田島市のカキ、三重県と三重県志摩市のイセエビなど。イカは北海道函館市が市の魚にしている。

タコなら明石だこの兵庫県明石市か泉だこの大阪府泉南郡田尻町あたりが選んでいようと思いきやさにあらず。いきなり東に飛んで茨城県日立市が「さくらダコ」なるものを市の魚にしているのが見つかる。はて、サクラダコなんて種類がいたっけか?
実はこれはミズダコのご当地名らしい。身に桜の花びらのような模様が出るんだとかで、これに「桜のまち」を標榜するご当地(市の花は当然サクラ)が白羽の矢を立てたという次第。イメージ戦略の一環でもあったわけ。「ミズダコ」よりおいしそうに聞こえるしね。
シンボルマーク(&キャラクター)まで作っていて、これがびっくりするほど秀逸。

茨城県日立市
さくらダコ シンボルマーク
さくらダコシンボルマーク

桜を描き込まなかったのがまたよいわー。目もステキ。

しかし、ご当地で獲れる4種のタコのうち、9割はヤナギダコなる由。残りのミズダコ、マダコ、イイダコを全部合わせても1割に過ぎない、これは困った。

だから、現在日立市サイトに;

-----
平成15年、日立市は、市民に親しみのある「さくら」を冠して、日立沖で漁獲されるミズダコ、ヤナギダコの総称として「さくらダコ」と名付け、「市のさかな」に制定しました。
-----

とあるのは、後から都合よく脚色されたストーリーです。

全国的な知名度は別として、地元では圧倒的に親しまれているというのが沖縄県のタカサゴ。「グルクン」と総称されるタカサゴ科の魚の一種です。丸ごと唐揚げが定番中の定番。実は「県の魚」を最初に定めたのは沖縄県で、日本に返還された1972年のこと。その後10年ほど、そんなものは本土のよその県にはなかったのだとか。
これに呼応する北方系となるとホッケかと思ったんだけど、どうも自治体のシンボルアイテムとしては見当たらないようです。代わって挙げ得るのは北海道勇払郡むかわ町のシシャモかなあ(カラフトシシャモとは違いますよ;キリッ)。

海水魚なんて必ずしもその土地前の海に居着いているものでもないし(それは「鳥」も同じか)、結局実利的なグルメ系が選ばれるケースが多くなるんですかね。

一方、(2)ではシンボリックな意味合いがより強くなる。例えば埼玉県の県の魚かつ埼玉県熊谷市の市の魚であるムサシトミヨ。水草を集めて鳥みたいに巣作りする魚として知られるトゲウオ科の小さな淡水魚です。環境省レッドリストの絶滅危惧種IA類/Critically Endangeredだからかなりヤバいよね。岐阜県大垣市のハリヨも近縁種。

中には(1)と(2)両方を持っているところもあって、例えば神奈川県小田原市ではアジとメダカを2001年に同時制定している。今やメダカも絶滅危惧種II類/Vulnerable、他方で市の鳥にはコアジサシが選ばれていて(1996年)、ちょっと笑えます。食うか食われるか

これと同じようでいて微妙に異なるのが奈良県の金魚とアユとアマゴ(サクラマスの亜種サツキマスの陸封型)。金魚は大和郡山市で養殖が盛んだから。
この系列では、平成大合併で新潟県長岡市に編入された古志郡山古志村が錦鯉を指定していたのではないかと考えたけど、そうではありませんでした。長岡市も市の魚は選んでおらず、市の鳥をトキ/朱鷺/鴇としている。まあ、そっちに走ったのは仕方あんめえ。
錦鯉が町内の水路を泳ぐことで知られる山口県鹿足郡(かのあしぐん)津和野町も状況が似ていて、制定しているのは市の鳥の白鷺だけ、これはご当地の郷土芸能鷺舞の関連。因みに白鷺とは白いサギの総称で、シラサギという種類の鳥はおりません。

コイって実は水質悪化に対する耐性がかなり高い魚なので、そのあたりが逆にイメージ戦略上のネックになっちゃうんですかね。あれほど特異な観賞魚もいないのに。一匹一匹の個体毎の色や柄の変異を大前提にした愛で方をするものは、他の魚類には、いや動物界全体にだってまずありません。金魚やグッピーが近いとは言えるでしょうけれど。

(続く)

2015年11月21日 (土)

「通行人かんだ紀州犬射殺 飼い主を書類送検」とは何事かっ!

今、Yahooのトップにこんな見出しが載っている↑。(「 」書きの部分ね。)

またぞろ公共の秩序安寧 vs 動物愛護(あるいは銃砲所持規制!?ww)やらのややこしい論議になりそうな話題かと思って読んでみると、こういうことです。

-----
(2015.11.21 05:29 朝日新聞)

警官の紀州犬射殺、飼い主を書類送検 過失傷害容疑

 千葉県松戸市で9月、通行人2人が紀州犬にかまれて2ヵ月の大けがをし、警察官が13発撃って犬を射殺した事件で、県警は20日、飼い主の女(71)を、過失傷害と県動物愛護管理条例(犬の係留義務)違反の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。容疑を認めているという。
 県警によると、飼い主は犬を係留しておく義務があったのに、首輪の強度が弱く、首輪が壊れて敷地外に逃げ出し9月13日夜〜14日未明に、犬がかみついて通行人2人に腕などにけがを負わせた疑いがある。犬は体重21キロあった。
 通報を受けて駆けつけた警察官3人が計13発発砲し、犬を射殺した。
-----

なーんだ。ツルはYahooの見出しを「通行人を咬んだ犬を射殺した飼い主を書類送検」と取ったので(アナタもでしょ?)、こりゃ物議を醸すなと思ったんですが、そういう話じゃなかったんだ。
新聞の見出しだけ読んで「警官の飼い犬を撃ち殺したってか!」と一瞬思った人も多いだろう。どんな恨みを買って・・・ OR, イヌがイヌを飼って・・・ ああいえいえ、こほん。
動物愛護管理条例なのに「犬の係留義務」なんて規定があるのかあ、なんて感じた人もいるよね(「トムとジェリー」のオリジナルシリーズにもそんなお話がありましたっけ)。でもいいのさきっと、「愛護」ではなくて「管理」の部分だから、これは(~o~)。

さても変な文章です、全般的に。てんこ盛りにするからわかりにくくなる。Detailにこだわって文章を書く場合には、それに見合った細心の注意を払わなければボロボロになっちゃう。ツルも重々心しなければ(汗)。
例えば、「首輪が壊れて敷地外に逃げ出し」の主語は「飼い主」になっちゃってるではないか!そういうプレイ中だったのでしょうか。飼い主が実は飼い主ではなかったとかさ、71歳女性(>_<")。

共同通信は「発砲問題で犬の飼い主を書類送検 千葉・松戸、過失傷害容疑」の見出しで配信していて(11.20 21:14)、まだ少しはマシですかね??
いや、ダメか。こちらにも「飼い主が発砲した」と誤解せしめる余地はあるから。それに「発砲」=「過失傷害」とも受け止め得るから。

この記事の本旨は「大型犬をつながない(に等しい)状態で飼育し他人に怪我を負わせた飼い主が送検された」です。「警察が発砲し射殺した」ことは今回Main Issueではないはず。ましてや「警官3人」や「計13発」は、「犬の体重21kg」よりどうでもいいこと。
当初の事件(事故?)記事と同じ視点で書いちゃったんですね。「町なかで発砲しちゃったのは/愛犬を射殺しちゃったのはいかがなものか」という心情が底に流れているからこうなったんだと思うけど、それならそのように書かなくては。
またそこに乗せられて輪をかけちゃったのがYahooの見出しってことですか。

結論。
少なくとも、これらの見出しからは「警官」「発砲」「射殺」の語を削るべきである。それがなくても読者を惹き付ける記事を書いてみなはれ、いやしくも新聞記者なら。

2015年11月20日 (金)

似て非なるもの - 姿の仏法僧 vs 声の仏法僧

≪魚鳥木申すか?≫ ≪申さぬ申さぬ≫

 

-----
【2015.10.23「いはばしる バイクの臀の プレートの;B」】

 

ブッポウソウにも興味深いエピソードがあるのだけれども、ここんとこは割愛しまして・・・。
-----

 

瑠璃色の入った、可愛らしい鳥です。これは有名な話だから、愚blogで取り上げずとも、とは思うのですがね。面白いので。

 

宮崎県西諸県郡高原町(にしもろかたぐん たかはるちょう)の「町の鳥」となっているブッポウソウ科のブッポウソウ/Eurystomus orientalisは、古来「仏・法・僧」を讃えて音に鳴く有り難い霊鳥と考えられていたところ、その鳴き声が実はフクロウ科のコノハズク/Otus scopsのものであったと解明されたのは、昭和に入ってからのこと。社会的に大きな話題となったらしい。爾来、このブッポウソウ科のブッポウソウを「姿の仏法僧」、コノハズクの方を「声の仏法僧」と呼んだりもするわけです。

 

-----
(Wikipedia:多少表現を整えています)

 

森の中で夜間「ブッ・ポウ・ソウ」と聞こえ、仏・法・僧の三宝を象徴するとされた鳥の鳴き声がこの鳥のものであると信じられてきたため、この名が付けられた。しかし、実際のブッポウソウをよく観察しても「ゲッゲッゲッ」という濁った鳴き声しか発せず件の鳴き声が直接確認できないため、声のブッポウソウの正体は長く謎とされていた。
結局のところ、この鳴き声の主はフクロウ目のコノハズクであり、このことが明らかになったのはラジオ放送が契機となった。

 

1935年(昭和10年)6月7日、日本放送協会名古屋中央放送局は愛知県南設楽郡鳳来寺村(現在の新城市)の鳳来寺山で「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥の鳴き声の実況中継を全国放送で行った。その放送を聞き、鳴き声の主を探し回った者が、同年6月12日に山梨県神座山で「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥を撃ち落としたところ、声の主がコノハズクであることがわかった。時を同じくして、放送を聴いた中から「うちで飼っている鳥が同じ鳴き声をする」という者が出てきた。6月10日にその飼っている鳥を鳥類学者黒田長禮が借り受け見せてもらうとコノハズクであり、神座山で撃ち落とされたのと同日の6月12日早朝に、この鳥が「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴くところを確認した。その鳥は東京浅草の傘店で飼われていたもので、生放送中、ラジオから聴こえてきた鳴き声に誘われて同じように鳴き出したという。この二つの事柄はその後日本鳥学会で発表され、長年の謎であった「ブッ・ポウ・ソウ」の鳴き声の主がコノハズクだということが初めて判明した。
-----

 

んまァ!日本人ってなーんて素敵なの!鳥の鳴き声の正体確かめるために国じゅう放送しただなんて!!しかもリアルタイムの生でですよ。まだテレビが普及する前だよね。
黒田長禮(ながみち)は旧筑前福岡藩黒田家の第14代当主だった人です。つまり黒田官兵衛の末裔。

 

実はこの話にはもっと面白いAnecdoteがついている。くだんのラジオ中継は6月7日の夜に放送されたのですが・・・

 

-----
午後9時55分から30分間放送し、その間よく鳴いたが、放送中や放送後にゲストの俳人・荻原井泉水[引用註:おぎわら せいせんすい]、歌人・川田 順、愛知県史蹟天然記念物調査委員・梅村甚太郎の3人の話がうるさいという非難の電話が殺到した。これを踏まえて、翌6月8日はゲストを呼ばずに鳴き声だけにする(番組内容を伝えるアナウンサーだけを置く)こととし、前日と同じく午後9時55分から30分間放送したところ、この晩もよく鳴き、放送終了後、前日とは打って変わって絶賛の電話が殺到した。
-----

 

うはははははは延々30分間、仏法僧ことコノハズクの声だけを流し続けたんかいな!?ますますもって素晴らしいがなこの日本最小のフクロウくんも大いに面目を施したわけです。

 

/////

 

「魚鳥木申すか」云々のフレーズは、ツルが小学生の頃にやってた遊び、福岡県大牟田市で。どんな遊び方だったかもあらかた忘れてしまったけれど、言葉遊びみたいなもの。同じ県内でも福岡市ではやったことがなかったので、筑後地方限定のものかと思ってたんですが、調べてみたら全国に伝わっているようです。

 

・・・かくして平安のいにしへよりの不思議も、幼子のむかしよりの胸のつかへも暁のひかりと共に露と消えたるとなむ、語り伝へたるとや。あらあらかしこ。

2015年11月19日 (木)

似て非なるもの - アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ

≪魚鳥木申すか?≫ ≪申さぬ申さぬ≫

 

えー、もともと植物おたくの園芸blogではあったので、このことは気になっていた。

 

-----
【2015.10.23「いはばしる バイクの臀の プレートの;B」】

 

一般的には櫛と言えばツゲ/黄楊/Buxus microphyllaだから、知名度の全くないミネバリ/峰榛/Betula schmidtiiなる材を宣伝するために作られた伝説なんでしょう。
-----

 

峰榛というのも混乱の多い木です。ここでいう峰榛、つまり長野県木曽郡木祖村の特産品「お六櫛」を作る植物は、高木となるカバノキ科カバノキ属のオノオレカンバ/斧折樺/Betula schmidtiiのこと。成長が遅くて目の詰まった硬い重い材に育ち、イスノキや外来のタガヤサン同様、箸などに加工される(櫛材になるとは知らなかったけど)。またの名をアズサミネバリ/梓峰榛という。

 

これに対し、同じカバノキ属に一名ヨグソミネバリ/夜糞峰榛と呼ばれる木がある。サリチル酸メチル(サロンパスとか、ね)を多く含んで特有の臭気があるからこんな奇天烈な名前がついたんでしょう。こちらは標準和名ミズメ/水目/Betula grossaのこと。

 

さらに。同じくカバノキ科のハンノキ属のヤシャブシ/夜叉五倍子/Alnus firmaのこともミネバリと呼ぶことがあるそうな。こちらは松ぼっくりを超小さくしたような果実にタンニンが多く含まれてて、染料に使われます。
中学の頃家族で登った霧島の高千穂峰に、実をつけたこの木が登山道に沿ってたくさんあって(あるいはヒメヤシャブシ/Alnus pendulaだったかも;土留めのために植えられてたんだと思う)、木彫を趣味にしていた母親が狂喜乱舞してたっけ。木彫りの仕上げの色付けにはこの実を煮出した褐色の液を塗り重ねるのが最上とされていて、その時はだいぶ集めました(微笑)。熱帯魚用のブラックウォーターを作るのにも使われるのじゃないかと思うけど未確認っす。

 

/////

 

オノオレカンバ=アズサミネバリやミズメ=ヨグソミネバリの別名にはさらに単なるアズサというのもあって、これがまた大層錯綜している。

 

まず、現代中国語では、「梓」はノウゼンカズラ科キササゲ属の木本、キササゲ/Catalpa ovataを指す。和名のキササゲは、果実の莢の形状がマメ科ササゲ属の草本、ササゲ/Vigna unguiculata(しばしばお赤飯にアズキ/Vigna angularisの代わりに用いられてます)に似ているところから来ている。
キササゲの果実は近縁のトウキササゲ/Catalpa bungei同様、日本薬局方に収録されている生薬で、民間療法的に利尿薬(つまりむくみ取りね)として用いられます。

 

次に、「梓」の字のつく言葉としては「上梓」「玉梓」「梓弓」あたりが思い浮かぶわけですが。

 

書籍を出版/刊行することを「上梓」とも言うのは、梓の材を版木に使ったことによる。
「玉梓/たまずさ」(「玉章」とも)の語も同じOriginなのかと思ってたらだいぶ違っていて、昔、便りを伝える使者は梓の杖を持っていたところから、「使者」の意味でこの言葉が使われ、それが転じて「手紙」、特に艶っぽいものを表すようになったそうな。「玉梓の」とくれば「使ひ」「妹/いも」を導く枕詞になってます。

 

「手紙」にはもっと雅びに「雁の玉章」「雁の使い」てな言い方もある。漢の蘇武が匈奴の虜囚となっていた時、便りを書き綴った帛を故郷のかたへ渡る雁の脚に結わえ付けて漢帝のもとへ・・・って、きりがなくなるからこの辺で。
愚blogでも何度か取り上げてきた中 勘助(1885.05.22〜1965.05.03)の短編集「鳥の物語」にある「雁の話」はこれに基づいたストーリーで、元は「漢書蘇武伝」に出てくる話です。

 

一方、「梓弓」は古来本邦で神事に使われ、出産等の際の魔除けの儀式の定番「鳴弦」もこれで行う決まりだったらしい。しかし、この風習は一部を除いて早くに廃れたことから、この「梓」が何の植物を表すのかについても諸説紛々としていた。現在では、正倉院中倉の収蔵品の梓弓の科学的分析から、これをミズメつまりヨグソミネバリとするのが通説になっている由、QED。「梓弓」なら「張る」「春」などにかかる枕詞です。

 

こってりおまけ。梓弓に対して「我こそまことの弓」の意味で名づけられたとされるのがニシキギ科ニシキギ属のマユミ/真弓/檀/Euonymus hamiltonianus。紅葉や実の美しい木ですが、実際に弓の材料となるほか、これも印鑑や櫛に加工される。
「まゆみ」と打てば「檀」と出てきますよ。宝塚出身の女優、檀 れい(ツルの大嫌いな「金麦」のCMに出てるヒトね)は「だん れい」だけど、これは本名の「山崎まゆみ(及川光博と結婚した後は及川まゆみ)」をいろいろ置き換えたものです。
檀 ふみは本名。火宅の人、父親の作家檀 一雄から受け継いだ名前ね。(NHKの「連想ゲーム」が懐かしいです
壇 蜜は「檀」じゃなくて「壇」。「仏壇」と「お供え」を表した芸名だそうで( ; ゜Д゜)。本名は齋藤支靜加( ; ゜Д゜)( ; ゜Д゜)。

 

ああ、蘊蓄炸裂ぶっぱなし。

2015年11月17日 (火)

【番外編】地方都市に見るBranding例:下(骨付きじゅうじゅう・京極くん・うちっ娘)

(承前)

ご当地キャラについても、丸亀市は量産体制を取っているらしい。まずは十六茶CMにも出演したこのキャラ。

香川県丸亀市
骨付鳥マスコットキャラクター
とり奉行 骨付じゅうじゅう
橋本浩子(33歳:大阪府茨木市:主婦)
骨付きじゅうじゅう

骨付鳥とは、骨付きの鶏もも肉を塩胡椒とニンニクで味付けして焼いたご当地グルメ(To B(級), or not to B(級), that is a question.)。つまりローストチキンあるいはグリルドチキンですな。1953年にご当地の「一鶴」なる店が考案したのが発祥とされ、実は同店の登録商標なんである。これに目をつけた丸亀市産業振興課が、「香川うどん県」の向こうを張って自らを「骨付鳥市」として売り出したわけ。因みに[うちわ]はお奉行がひたすら骨付鳥を焼く時に欠くべからざるアイテムであるらしい。

骨付鳥イメージロゴ

橋本曰く、「きっと彼は今ごろ、受賞した喜びで[肉汁]が出まくっていることでしょう」とコメント。でも、ツルは正直、食べ物のキャラクターが汗をかいているというところに生理的な拒否感を覚えますが。

このキャラとは違う系列なのが次のペア。

香川県丸亀市
丸亀市観光協会
マスコットキャラクター
京極くん
(作者不明)
京極くん(最終版)

戦国武将、[京極高次]をイメージしたんだそうな。兜に取り付けられた[四つ目紋]は京極家の紋所。よく見るとお腹に[地名]も書かれている。
しかしこの設定、ちょっと無理があります。より詳細に言うと、高次は「讃岐丸亀藩初代藩主京極高和の祖父、自らは近江大津藩主・若狭小浜藩主で、浅井三姉妹の次女の夫」。ご当地と直接の関係はない、「丸亀藩京極家初代」という扱いではあるんだけど(ここら辺が戦国武将はややこしい)。
ピンと来る方もあるでしょう。2011年のNHK大河ドラマ、「江 〜姫たちの戦国〜」のヒロインのすぐ上のお姉さん、初を娶った人です。つまりはこれも大河ドラマ便乗キャラだったのだよ。発表されたのは同年8月で(遅過ぎる気もするけど、そこは震災の影響があったかもしれない)、10月23日の「丸亀城フェスタ」で着ぐるみがお披露目されている(伏線)。

2Dは当初こんな姿↓だったのがSDガンダム並みにデフォルメされちゃったのは、ペアの片割れに合わせてのことだったようです。非公募だったのに補整とはね(+_+)。

京極くん(当初案)

で、公募で決まった片割れの方は。

香川県丸亀市
丸亀市観光協会
マスコットキャラクター
うちっ娘
池内 聡(58歳:丸亀市)
うちっ娘

市の花[サツキ]を散らした[振袖]姿に、頭は例の[丸亀うちわ]。アヴァンギャルドな姫様です。決して浅井三姉妹の次女でも京極高次の妻女でもないけど。(考えてみれば、頭がうちわってのは三次元化しにくそう。二次元発想だったんですな)
2011年8月の「京極くん」発表の際に募集がかけられ、翌9月に発表されたという、ペアキャラには珍しいプロセスを辿った。当初は京極くんと一緒に「丸亀城フェスタ」で着ぐるみデビューする予定だったところ、諸般の事情で遅れて翌2012年2月5日の「香川丸亀国際ハーフマラソン」が初仕事となった由。

まあこんな経緯で、やっぱりどういじってもペアらしからぬ風貌になっちゃったわけです。でも、厳然としてペアキャラなのよ。どっちも財団法人 自治総合センターの「活力ある地域づくり助成事業」の助成金を受けてんだもん。すなわち宝くじの収益が使われたんですとさ。

ツッコミたいのはもう一つ。作者の池内は、2012年1月発表の丸亀市ナンバープレート(前回書いたやつね)の佳作、および、2014年12月発表の丸亀市合併10周年シンボルマーク(垂水が採用されたやつです)の優秀賞も取っている。これまたただ者ではあるまい。

調べてみると、ご当地の公募ガイダー事情が浮かび上がってきた。

-----
(2004.01.07 四国新聞 抜粋)

県内の広告会社の社員が一堂に会する「2004アドマン新春名刺交換会」(四国新聞社、西日本放送主催)が六日、高松市中野町の四国新聞社大ホールで開かれた。県内四十四社の広告代理店のトップや社員約三百五十人が参加、互いに新年の躍進を誓い合うなど交流を深めた。

〔中略〕

出席者は次の通り。(敬称略)

〔中略〕

▽間島慶治(オリコ代表取締役会長)
▽間島賢治(同社長)
▽池内 聡(同取締役統轄本部長)

〔中略〕

▽牧野 洋(西日本放送サービス西讃支社長)
▽北風公紹(同課長)
-----

そういうことであったか!!北風は丸亀市合併10周年シンボルマーク優秀賞のもう一人の受賞者です。
さらに、2008年12月決定の富山県小矢部市「メルギューくん」&「メルモモちゃん」や、2009年11月デザイン決定の兵庫県たつの市「赤とんぼくん」を作った瀬戸良一(香川県高松市)も、「誠和広告」の「制作部係長」として出席していて、だんだんひんや〜りしてくる(cf. 2013.02.24「舞へ舞へ火牛」・2015.06.28「とんぼのめがねは色眼鏡」)。ご当地の商業デザインを牛耳る面々!

何かがご当地の中でぐるぐると回っているような気がしてきました。ひょっとしたら、非公募の「京極くん」のデザイン or リデザインを担当したのもこの3人のうちの誰かではなかったのかと思えてしまう。
あっ、「うちっ娘」の「うち」は「団扇」の「うち」ではなかったかも・・・「内輪」?それとも「池内」?なんてネ
キャラも数が多けりゃいいでしょ、という思考がほの見えるのもいかがなものかと思いますが、大抵の地方都市ではそうなんでしょう。

結局、そのlocal societyの井の中に飛び込んできて瞬く間に全国区にまでのし上がり躍り出たのが垂水ということになるんですかね。

2015年11月15日 (日)

【番外編】地方都市に見るBranding例:上(丸亀市章・丸亀市ナンバープレート)

(承前)

さらに見方を変えて、丸亀市における「ご当地モノ」の取り組みを。

まずは10年前のここからかな。2005年3月に(旧)丸亀市と綾歌郡の綾歌町・飯山町(はんざんちょう)が新設合併するに先立って決定された市章です。

香川県丸亀市
市章
土肥純一朗(27歳:大阪府堺市:会社員)
丸亀市章(当初案) 丸亀市章(最終版)

-----
丸亀市、綾歌町、飯山町をそれぞれワンピースと考え、1市2町が合併することにより、ひとつの完成された図案を構成し、強い団結と広がりを表し、新生丸亀市のシンボルを形作っています。爽やかなブルーをシンボルカラーとし自然豊かな都市に吹くそよ風を表します。
-----

ああ、そうでしたか。ここでは「1市2町」云々より、「ひとつの完成された図案」がポイントなんだね、きっと。
最終版では、色の変更とともに白線を太くする補整が加えられた。視認性とか小サイズ印刷時のツブレ防止とかの観点からなんだろうけど、その分、品格は落ちたと思う。

次はこれ。ナンバープレートの帝王、垂水秀行が獲ることのできなかったあれです。

香川県丸亀市
ご当地ナンバープレート
(最優秀賞)
入江 敬(けい)(79歳:奈良市:無職)
丸亀市ナンバープレート(入江版)

-----
採用作品に決まり、大変うれしく思います。丸亀城をデザインしたプレートが、市のイメージアップにつながることを大いに期待しています。
-----

(最優秀賞)
佐藤政信(45歳:新潟県三条市:会社員)
丸亀市ナンバープレート(佐藤版)

-----
自分がデザインしたプレートの原付が、実際に街中で走ることは、大変うれしく、光栄です。
-----

この公募では当初から最優秀賞を2点と設定していた(因みに応募は1人1点限定)。
垂水の文章を読んできた後のせいか、入江も佐藤も、公募というものをナメた態度に見えちゃいます、ツルに言わせれば

これらは2012年1月に発表されたものですが、入江は同月、内閣府の防災ポスター(一般の部)の佳作入選と鈴鹿サーキット開場50周年記念ロゴの採用、さらには8月に静岡県焼津市のナンバープレート優秀作品と、同年ぶっちぎりの快気炎を上げていて、ただの無職の傘寿のジイサンではない。
一方、佐藤は2010年10月に自分の地元の三条市のご当地ナンバープレートの優秀賞に入っている(cf.【その97】)。

丸亀市では本公募の目的を「市のイメージアップや納税意識の向上につなげるため」と謳っており、「納税」をこうもはっきり打ち出したのは初めて見た気がします。そんな効果があるのかどうか、甚だ疑問だけどね。いっそもっとダイレクトに、「税収の拡大」とすりゃ本質が明確になったかと(笑)。

結局、片や[石垣]の高さ日本一を誇る[丸亀城]、片や全国生産量の9割を占める[丸亀うちわ]と、極めて保守的なところに決まった印象。それはいかにもありそうな話だからまあいいとして(ほんとはそうでもないけど)、素人ツルはこんな風に考えました。

丸亀でしょ、バイクでしょ。なぜ、「亀みたいにゆったり走ろう」をテーマに据えなかったのかな。特に、2点も採用するんだったら、どっちもご当地名物路線にするんじゃなく、せめて1点はテイストを変えて。それって、他の自治体ではやりたくてもできない話、つまりご当地の資産じゃん。「よくあるご当地ナンバープレートができました」以上のポジティブな話題にもなったと思うんだけど。
そりゃ、丸亀のご当地モノといっても、社協キャラや合併10周年マークにカメを登場させる必然性は特段ないと思うんだー。でも、バイクのナンバープレートだったらちょっと別。

・・・「亀」の名にし負うご当地は他にもあるけど、そのことはまたいつか(^_-)。

(続く)

2015年11月13日 (金)

【番外編】ドルチェの後は苦い珈琲:2杯目(行田市・久喜市・姫路市 ナンバープレート)

(承前)

次の2点は、垂水の最優秀賞の下、塩崎一族とともに次点を分け合った常連陣の作品(cf. 2015.10.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;E」)。

埼玉県行田市
原付バイクご当地ナンバープレート
(優秀賞(投票2位))
立志哲洋(東京都江東区)
行田市ナンバープレート(立志案)

[忍城(おしじょう)]にご当地の市の花(の一つ)、[古代蓮]を添えたもの(やっぱりこの咲き方はハスじゃなくて温帯性スイレンだよ)。なんとなく、極楽行っちゃう感も漂います。バイクモノでそれはマズいだろ。

(最優秀賞)
垂水秀行
行田市ナンバープレート

【その98】
(優秀賞(投票3位))
塩崎歩美
行田市ナンバープレート(歩美案)

歩美が描き込んだ[キク]はもう一つの市の花です。
秋口の募集だったけれど、投票と発表は冬の最中だったから(2014.02.25発表)、そこらが立志と歩美の敗因ですかね(そういう問題じゃねえか)。

埼玉県久喜市
原付バイクオリジナルナンバープレート
(優秀賞)
小柴雅樹(兵庫県)
久喜市ナンバープレート(小柴案)

やっぱり[久喜提燈祭り 天王様]の山車。「夜」を表したのは垂水と同じ、しかし「祭り」の熱気は残念ながら伝わってこない。それに倣って言えば、エイイチ版は「祭り」を描いたのは垂水と同じ、しかし「夜」にはなっていない(以前斬ったとおり、この祭りの山車が提燈を掲げるのは夜だけ)。勝負はあったようです。

(最優秀賞)
垂水秀行(香川県)
久喜市ナンバープレート

【その135】
(優秀賞)
塩崎エイイチ
久喜市ナンバープレート(エイイチ案)

この二組の公募では、[城]と[祭り]、なぜだかモチーフがどれも似通ってますなあ(≧▽≦)。行田市では確かにガイダンスの筆頭に「忍城址」と出ていたのだけれど(久喜市は不明)。
でも、似ているからこそ差が歴然と顕れてしまうものかもしれません。

次は、決定後の川下実務が迷走したケース。従来タイプとの選択を不可としていたのを、巷の不満に抗し切れず1年後に認めたって例のやつです。

兵庫県姫路市
オリジナルナンバープレート
姫路市ナンバープレート

「しろまるひめ」をデザインしたのはジモティの田口友子ですが(cf. 2013.07.27「官兵衛乱立戦国時代 拾遺」)、ナンバープレートは「兵庫県立姫路工業高等学校デザイン科の皆さんのご協力を得てデザインを決定した」のだそうな。と言ってもキャラをあしらってプレートをちょっと変形させたぐらいのもんですけどね。[愛称]のアルファベット表示に至ってはイタ車ならぬイタプレだわ。
まーー、これじゃねえ。ツルはバイクには乗りませんが、姫路市民でライダーだったらやっぱり文句垂れてると思う。ていうか、ご当地キャラのナンバープレートって一番わけがわからんです。・・・もとい。マンガ/アニメキャラのプレートの方がもっとアカンわね。

(続く)

2015年11月11日 (水)

【番外編】ドルチェの後は苦い珈琲:1杯目(松島町ナンバープレート・源気くん・高原町ナンバープレート・新もえたん)

(承前)

このところSubseries【いはばしる バイクの臀の プレートの】で爆走してて、だいぶ小ネタを横目に通り過ぎたので、一挙大放出。

まずは日本三景の残る一つから。

宮城県宮城郡松島町
ご当地ナンバープレート
(作者不明)
松島町ナンバープレート

教科書体を用いたところが目を惹きますが、それより「日本三景」の安易な表示が全てをぶち壊しにしているような。デザインは[松島]の海景とその白眉、[五大堂]を合わせたもの。この楼閣は、「斎太郎節(さいたらぶし)」にも歌われた瑞巌寺(臨済宗妙心寺派)の仏堂であり、国の重要文化財に指定されている。ふと思って調べてみると、あの大地震にも耐え抜いたそうです。

♪エンヤトット エンヤトット
 松島の サーヨー 瑞巌寺ほどの ハア コリャコリャ
 寺もないとエー
 アレワエーエ エトソーリャ 大漁だエー

松島湾奥に位置するご当地では多くの島々が津波を緩衝する形となって、周辺地域と比べる限りでは被害が少なかった由(松島町での死者2名に対し、隣接する東松島市では1,000名以上の死者を出した。合掌)。

ナンバープレートは震災後2年ほど経った2013年6月に発表され、同年8月から交付が始まっている。

〔2012年9月発表〕
京都府宮津市
原付ご当地ナンバープレート
垂水秀行
宮津市ナンバープレート

〔2013年8月発表〕
広島県廿日市市
オリジナルナンバープレート
垂水秀行
廿日市市ナンバープレート

次はこれ。

長野県木曽郡木祖村
イメージキャラクター
源気くん
道脇 荒(あらし)
源気くん

2014年4〜5月の木祖村のナンバープレート募集の際にこのキャラを使ってもいいよというガイダンスが出ていた、そのデザインです。
キャラクターとして採用されたのは2008年6月。「[緑]から生まれた[しずく]が元気いっぱいに駆け回り、大河となる[マント]を身に纏います」というコンセプトで、8月30日生まれの乙女座よん。性別は男(あるいは男の娘かも)。ネーミングは木曽川源流の里の「源」と村民の元気の「気」なる由。
でも、使いづらいよなーーー、ナンバープレートには。派手過ぎの可愛らし過ぎで。
道脇は兵庫県尼崎市のデザイン事務所ante dante代表、1974年生まれ。

そして、内部応募の問題を孕んだこれね。

宮崎県西諸県郡高原町(にしもろかたぐん たかはるちょう)
ご当地ナンバープレート
(優秀賞)
六部一(ろくぶいち)智久
高原町ナンバープレート(六部一案)

前に書いたとおり、六部一は高原町職員。きれいなデザインではある(視認性には問題なしとしないけど)。霧島連峰中の第二峰[高千穂峰]+大淀川水系の[岩瀬川]+皇子原公園(おうじばるこうえん)の[ヒガンバナ]を描いたところまではわかったんですが、右奥に見える黄色い花が何なのかわかりません。バランス上、春の花を配したはずだと思うんだけど、ご当地に菜の花の名所はないようだし、町の花はキリシマツツジ(ミヤマキリシマじゃないんだ!)で色が違うし・・・。

宮崎県小林市出身の六部一は、大分大学経済学部在学中の2005年2月頃には耕運機で九州一周に挑戦したり、高原町役場就職決定後の2007年1月には電動車椅子で九州一周に挑戦したり(健常者です)、高原町役場に就職してからも、2009年1月から親友の宮崎大学大学院生と一緒に駕籠をかいて九州一周に挑戦したり(もち休日利用ね)と、よほど九州一周がお好きらしい。
車椅子の旅では「社会に出る前に介護や福祉のことを知っておきたい」と説明されていたけど、つまるところ、漂泊の思い止み難き一つの魂なんでしょう。

で、そーゆープーばかりしているわけではなくて、役場組織の中でこんなものを作っている。

宮崎県西諸県郡高原町
新燃岳噴火災害復興応援キャラクター
新もえたん
六部一智久
新もえたん

同町サイトの「教えて♪高原」にはこんな説明が。

-----
新燃岳の噴火活動は長期化するといわれており、終息する見通しは立っていません。
町民が持つ今の新燃岳のイメージは「恐怖」です。しかし、恐怖だけではなく、これから先は新燃岳の噴火と長く上手につき合っていく必要があります。そのような中で、新燃岳に対する町民の不安を払拭し、町民の心に少しでも和やかさを与えるために、親しみやすいキャラクターを作りました。
高原町は「元気で豊かな笑顔あふれるまち」です。
「新もえたん」も応援しています!
-----

そう、2011年1月に大規模な噴火を起こした霧島連峰の新燃岳は、大きな社会的関心を集めていたのだった・・・3月に東日本大震災が起きるまでは。

単にキャラクターを作っただけでなく、こんな活動も行っている。

-----
(2012.07.31 宮城県青年団連絡協議会blog 抜粋)

宮崎県高原町はかつて新燃岳の火山噴火による降灰・噴石の被害を受けた地域。地元の高原町青年団はこのとき町を苦しめた「灰」を活用し、噴火を忘れないようにと記念品として販売し、その収益を被災地の青年団活動に役立ててもらおうと「高原町青年団 灰プロジェクト実行委員会・東北復興プロジェクト実行委員会」を立ち上げ活動してきました。

今回その収益金を直接宮城の仲間に活用して頂こうと、実行委員長の六部一智久さん、有村和俊さん、谷山天一さんの3名が来県しました。
六部一さんと仲間の有村さんは共に自治体の職員であり、震災直後にはボランティアで南三陸町で活動。想像を絶する状況を目の当たりにし、地元に帰ってからは「自分達が活動した南三陸町の仲間に使って頂きたい」と思いを新たに活動。
-----

HyperActiveなSupermanなのは間違いなさそう。熱い思いも伝わってくる。
でも、ぶっちゃけ言いますとね、キャラクター作りはおやめになった方がよろしいかと。「教えて♪高原」ページにはなんと40点も高原町のご当地キャラクターらしきイラストが載っているんですが、ほとんど全部このテイスト。ちょっと頭痛が・・・。

(続く)

2015年11月 9日 (月)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その9の4:きときと君追補 again II)

(承前)

前々回・前回の本編で取り上げた「すだちくん」や「与一くん」のVariationは塩崎一族が他人の作品に手を入れたものだったけれど、自作にアレンジを加えたケースもある。

富山県
第68回全国植樹祭 シンボルマーク
塩崎歩美(デザイナー:シオデザイン)
きときと君(富山植樹祭)

-----
[若葉]と[シャベル]を手に植樹のお手伝いをする「きときと君」を中心に、周りに[立山連峰]から本県の豊かな森(優良無花粉[スギ]「立山 森の輝き」)、[富山湾]とそこに流れ込む[川]を配し、森づくりと海づくりを一体的にとらえ、豊かな自然を守り育て、輝くふるさと富山を未来へつなぐ県民の姿をイメージしました。
-----

ご当地の魚津市で2017年春に開かれるイベントです。天皇・皇后御光臨の栄を賜る重要行事だから、制定されたのは2年以上前つまり今年の初め。これを報じた記事では;

-----
(2015.02.03 富山新聞 抜粋)

シンボルマークはきときと君をデザインした大阪市のデザイナー、塩崎歩美さんに作成を依頼。
-----

とあるし、富山県サイトにも『作者 シオデザイン(大阪府)・塩崎歩美氏(「きときと君」のデザイナー)』と明記されているので、このバージョン制作にも歩美が関与していたことになる、∴非公募。
「シオデザイン」のクレジット、ひっさしぶりに見ましたよ。まだ使ってたんや。もっとも、このバージョンが発表された時には歩美は既に活動停止状態に入っていたと考えられるから、大阪市生野区某所の当該デザインオフィスで実際に誰が作ったのかには疑問も残ります(*≧∀≦*)。

〔大会テーマ〕はこうなんですが。

濱田典佳(のりか)(36歳:富山県黒部市:会社員)
「かがやいて 水・空・緑のハーモニー」

これには、『森や海などの言葉を使わず、立山連峰から富山湾までの輝きが映像のように浮かんでくる』、『優良無花粉スギ「立山 森の輝き」や北陸新幹線「かがやき」が連想される』といった評価が与えられた由。
うう・・・・・・、馬鹿ではなかろうか、それも飛び切りの。「森」「海」使ってなくても「緑」「水」使ってたら同じでしょうが。いやそんなところじゃないか。山から海までが「映像のように浮かんでくる」なんてこと、ヨソ者のツルはさらさら感じません。ましてや富山のLocalityをや。「かがやいて」から北陸新幹線を連想する人など、県外にどれほどいるのか。おらが村を内輪でヨイショし合ってるだけ。全国的イベントなのに、外向けの発信を考慮していない。

そもそも植樹祭になぜ「海」を持ち込んだか。実はご当地では、植樹祭の2年前つまり今年に、海づくり大会も行われている。つい先日、10月24〜25日に射水市で開かれたばかりです。
「全国植樹祭」と「全国豊かな海づくり大会」に「国民体育大会」を加えた三イベントは、天皇・皇后を迎えて行われる行事として、三大行幸啓と呼ばれるそうな。
ご当地ではこの二つのイベントの相互連携に注力している由。だから視点がどっちつかずにブレちゃったんですね。きときと君は当然のように双方で起用されていて、さらには北陸新幹線開通のキャラにもなっているから、さぞやご多忙なことでせう。

富山県
第35回全国豊かな海づくり大会 キャラクター
きときと君(海づくり大会1) きときと君(富山海づくり大会2)

こちらは歩美を作者とする記述はどこにも見当たりません。
きときと君が掲げた[大漁旗]の上には、富山湾ご自慢の海の幸、きときとの[ブリ]・[ホタルイカ]・[シロエビ]が跳ねてるという具合。県の魚となっている3種です。満艦飾のてっぺんにはためくのは、[日章旗]+[富山県旗]+海づくり大会の[シンボル旗]。

全国豊かな海づくり大会

〔大会テーマ〕
端 希子(はな きこ)(富山県氷見市立灘浦中学校2年)
「海と森 つながる未来 命の輪」

あー、なるほど!!植樹祭で「森や海などの言葉を使わず」とあったのは、正しくは「森や海などの言葉は(植樹祭で既使用だから)使えず」の意味だったんだ!
そして、「植樹祭よりこっちのテーマの方が好きだな」と思ったあなた、騙されてはいけない。本大会の前後のものを見てみると。

2014年 第34回 奈良県
池田知司(奈良市)
「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」

2016年 第36回 山形県
近藤慶哉(山形県酒田市立第二中学校1年)
「森と川から 海へとつなぐ 生命(いのち)のリレー」

見事に同工異曲で埋没してしまいます。何やねん、このリレー。海を持たぬ奈良が作った悪しき伝統というものであろうか、でも。
富山県にお尋ねしたい。「森づくりと海づくりの連携」というけれど、森づくりは海づくりにもつながっているという点は理解しやすい。しかし、海づくりが森づくりにつながるとはどういう意味なのか。そこがわかりません。

願わくば、2017年秋に控えている福岡県海づくり大会ではこんなことになりませんよう。(ア、富山海づくりのキャラ&テーマ決定はやはり開催2年ちょい前の2013年6月。でも福岡は「基本構想」以外まだ何も決まってねえぞ。テーマ&キャラクターもつい1週間前、11月2日になってやっと「近日募集予定」と出たばかり。大丈夫かよ福岡県?)

因みに奈良海づくりのキャラクターは「せんとくん」で、やっぱりバリエーションものっす(cf. 2014.12.07〜11「連載2周年謝恩企画 2年課程修了試験」)。

うん!?あれれ!?

【その16】
鳥取県
第31回全国豊かな海づくり大会 キャラクター
(優秀賞)
塩崎アユミ
(2011年10月開催)
鳥取海づくり大会

鳥取県
第64回全国植樹祭 シンボルマーク
(入選)
塩崎歩美
(2013年5月開催)
鳥取植樹祭

つまり、鳥取も富山も、「海」の2年後に「樹」が来てるんだ!? OR, どちらのイベントも鳥取の4年後に富山で開催とも言えるのか。持ち回り順が決まってるわけではないので、単なる偶然だったようですが。

それにしても。鳥取ではそれぞれキャラクターを新作したのに比べ、富山(や奈良)が既存キャラのバリエーション展開で攻めているのは象徴的。ブランド戦略上どっちが賢明かと言えば、自ずと答えは見えていると思う。ただしそれが塩キャラだってとこがツルは気に入らないんだけどね(^^;。
さりながら、きときと君も着実にキャリアを積んできているわけだから、そこは塩キャラ中の出世頭として認めてやらなきゃいけない時期に来てるのかもしれないな。

2008年11月
 第23回全国スポーツ・レクリエーション祭「スポレクとやま2010」祭典マスコットとしてデザイン発表
2009年2月
 愛称発表
2010年10月
 スポレクとやま2010開催
2011年4月
 元気とやまマスコットに
2012年5月
 北陸新幹線 富山県開業PRキャラクターに
 ぶりと君発表
2012年9月
 新車両デザイン発表に伴いぶりと君カラーリング変更
2013年6月
 第35回全国豊かな海づくり大会 キャラクターに
2015年2月
 第68回全国植樹祭 シンボルマークに
2015年3月
 北陸新幹線 新潟・富山・石川延伸
2015年10月
 海づくり大会開催
2017年春
 植樹祭開催予定

(続く)

2015年11月 7日 (土)

【番外編】男性性・女性性・父性性・母性性(与一くんファミリー・いしかわ女性基金)

(承前)

-----
栃木県大田原市
イメージキャラクター
与一くんファミリー
塩崎榮一
与一くんファミリー

そう思って見てみれば、榮一の作品も、どこにも「父性」は表されていない。やっぱり本質を射抜いてないんです。
-----

この問題、ちょっと気になるので深掘りします。

本公募では、採用された榮一のほか、3点が入賞している。

(優秀賞)
平田 淳(56歳:東京都港区:自営業)
与一くんファミリー(平田案)

國府(こくふ)佳奈(31歳:京都市西京区:会社員)
与一くんファミリー(國府案

池田克也(50歳:埼玉県狭山市:グラフィックデザイナー)
与一くんファミリー(池田案)

平田の詳細は性別を含め今一つ不明ですが、デザイナーであることは間違いなさそう。1年半前の2013年11月にはこんなものが発表されている。

石川県
公益財団法人 いしかわ女性基金
ロゴマーク
平田 淳(東京都)
いしかわ女性基金

-----
モチーフは漢字の「石川」です。それを女性らしいしなやかで繊細なラインで表現しました。またこのマークは目でもあり、何かを持つ手でもあります。女性ならではの目のつけどころ、考え方、行動をもって社会に参画する女性を表現しています。
-----

これを読むと、作者はおそらく男性だろうと思えてくる。「女性ならでは」という書きぶりだからです。こういうのって今どき政治的社会的に受けが悪いんじゃないっけ(「男性ならでは」って言い方は普通しないからね)。
この言い方は女性の社会参画に対して、男性が期待するものであって、女性が目指しているところではないとツルは理解しています。むしろ今日的な課題はその呪縛からの解放ではないのか。

國府は京都市東山区、三十三間堂の裏手にあるデザイン事務所、株式会社グッドマンに在籍するデザイナー。裏千家の茶道雑誌「淡交」の発行元、北区紫野の株式会社淡交社の仕事なんかを受けているようです。

池田はついこないだも取り上げたばかりですね。公募ガイダーだから詳細は当然不明。右側のマークはオリジナルにも入っていたものだし、与一くんも榮一バージョン以上にそのまんま、です(笑)。

与一くん

榮一版を含めた4点のうち、ツルがこれはと思ったのは平田版。「子育て」に一番きちんと向かい合っている気がします。「父親」の役割を表す努力をしたのはこの作品だけ。与一くんのバリエーションもちゃんとつけてある。
“安心して子育てのできる街 大田原”という趣旨に鑑みれば、ご当地キャラのベーシックデザインとするにはやや変化球なこの構図も欠点とは言えないと思う。
もちろんツッコミどころが何もないわけではなくて、「一人っ子」なのはマイナス評価として働いたはず(「人数は自由」とされてはいたんですがね)。それに、「母性」が後ろに引っ込んでしまった印象も否めません。これだったら、矢を捧げ持つような中途半端なことにせず(那須与一の誉れの謂れは子供の弓矢で表されているわけだし)、榮一版みたいに赤ちゃんを抱いた姿でよかったんではないの?因みに[キク]が表すものは「女性」、ではなくって市の花ね

國府版はもう発想が榮一版と似過ぎていて、違う点は「一太郎二姫」なところだけです。だからパス。

池田版も、「子育て支援」はほとんど意識の埓外で、単に「家族」を披露したというだけ。

≪お二人目は、いつですの?≫

繰り返すけど、本公募の趣旨はあくまで“安心して子育てのできる街 大田原”のPR。でも池田はそれをきちんと理解しないまま、ちゃちゃっと作ってしまったんやろうね。そこにこそいわゆるガイダー特有のテンプレ臭の元があるわけです。
しかしこの三番目の奥方、間違いなく腹に一物持った悪女である、そう思わしむる何かがあるよなあ。[扇]を手にしているようで、これは作者が盛りアイテムに困って平家物語の「扇の的」のエピソードを落ち穂拾いしたものと見た。されど平家方の女間者やもしれませぬぞ、ゆめ油断召さるな与一殿。

ツルは正直言って、いわゆる「子育て支援」モノに対してはかなり冷淡。
世界一急速な少子高齢化と人口減少は今後この国で避けられないことだろう、ライフスタイルや価値観が変わってしまったのだからそこはもう元には戻せない。ならば人口が減った後にもちゃんと回っていく仕組みを作っていくことの方がよほど大事だと思うよ、既にズブズブに大借金漬けの国家のお金の使い途としては。
でも、少なくとも中央レベルではその対策が有効に取られているとは思わない。人口減による生産性の低下を「女性」と「外国人」という労働力で補おうとしてるぐらいの話。けれどもそれは女性に一層負担がかかることを意味する。「母性」「子育て」が既に重荷になっているからです(だから女性の進出に反対だ、と言ってるわけでは決してありません)。男性の育休は制度としては一応整った、しかし利用は一向に増えていない。そして「父性」は凋落したまま。
限界集落が消滅集落になってしまうところもどんどん出てくると思うけど、平成大合併によってそのことは表面化しにくくなったわけだし。

しかしですよ、こうしたものをわざわざ作るんだったら、子どもは「一姫二太郎」なんかで満足せず、願いを込めて三、四人こしらえろよなんて思います。(であればむしろ、市庁舎にカルガモなんか飼って、カルガモファミリーのキャラなんか作っちゃうぐらいの仕込みをした方がふさわしかったかも。)

・・・これってのも、昔、厚生労働大臣(柳澤伯夫)が吐いた「女性は子どもを産む機械」発言と同じ根っ子ということになっちゃうんですかね??

2015年11月 5日 (木)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その149:与一くんファミリー 名づけて 愛弓さん・瑠璃姫・一矢くん)

(承前)

徳島のすだちくんと同様の展開を見せ始めているらしいのが次のキャラ。(SINOBUさま、情報ありがとうございました)

栃木県大田原市
イメージキャラクター
与一くんファミリー
愛弓(あゆみ)さん・瑠璃姫・一矢(いっし)くん
塩崎榮一(69歳:グラフィックデザイナー)or(65歳:イラストレーター)
与一くんファミリー

初めに指摘しておくと、ツルの知り得た限り、今までのところこの公募は栄一/榮一/えいいち/エイイチとして採用/入賞となった最後の例です。2015.01.19〜02.27(金)募集(メールは〜02.28(土))、05.25発表。これら名義でのファイナル作品がオリジナルネタではなくバリエーション物というのが何やら象徴的。歩美/あゆ美/あゆみ/アユミやまさよ/マサヨの名義はとうに絶滅しているし。(もっともこの一族には多くの別名義やペンネームという裏技があるから、本当に活動停止したのかどうかは何とも言えないけれど(^_-)。)

「与一の里 大田原」のイメージキャラクターとして「与一くん」が制定されたのは遡って1998年、作者は不明。ご当地には那須与一が幼時を過ごしたという伝承があり、そこにこと寄せて観光PRを目的に制作されたもの。管理しているのは大田原市観光協会のようです。

これを今年5月に「安心して子育てのできる街」の象徴としてファミリー化した際、榮一作品が採用されたわけ。「与一くんを含む妻、子供等(人数は自由)のデザイン」というのが今回のお題です。賞金20万円と、こちらは妙に太っ腹。
描かれたのは与一くんに加えて妻・娘(姉)・息子(弟)の3人、1人当たり実質6.7万円也。あたしゃ初め「娘」だとは思いませなんだが、性別不詳は塩キャラの常。奥方の頭に乗っかってるのは市の花[菊]、「横見の菊花」もShiozaki Design Stockhouseの定番在庫アイテムの一つです。

-----
【2017.05.15 追記】
このファミリー、2年近く経った2017.03.21になってやっと、次のとおり愛称が発表された由。

奥方:「愛弓さん」
姫:「瑠璃姫」
太郎:「一矢くん」

なんと、また公募したんだそうですわ。ほんでもって嫁の名前が「あゆみ」(*゜Q゜*)!!旦那の弓矢の誉れによるというより、今はなき塩崎家の令嬢にあやかったものではなかろうか。誠に奇しき縁なりけり。
-----

笑っちゃうのが、募集要項で;

-----
与一くんについては、現在のイラストを使用するか、または与一くんのイメージを大きく損なわないものとする
-----

とされていながら、一方で;

-----
自作で未発表作品に限り、他の作品と同一、類似なものではなく、かつ第三者の著作権を含む知的財産権等の一切の権利を侵害していない作品であること
-----

とあること。Ambivalentやわーー。ま、結局は与一くん、オリジナル↓からほっっっとんどナニも変えられずに再現されてるんですけど。

与一くん

因みに、これを報じたメディアのうち、2015.05.27の毎日新聞の記事だけが「大阪市のイラストレーター、塩崎栄一さん(65)」となっております、これまた一族の面目躍如

実は那須与一は謎に包まれた人物で、子どもを残した史実は確認されていなくて、それどころか本人の実在性すら疑義ありなんですね。「吾妻鏡」等の同時代の史料には登場せず、専ら軍記文学たる「平家物語」と「源平盛衰記」の記述に頼った存在らしい(cf. 2014.10.26「屋島から日光・宇都宮・那須を念じてみた」・2014.10.27「そして想いは再び屋島へ」) 。
まあ、歴史的視点だの時代考証だのを気にしてたらご当地キャラなんて作れないだろうし、若い世代の定住促進が喫緊の課題、だからキャラクターの手も借りたい、というところなんでしょう。かくしてこの誉れの射手の出馬となったわけです。

この公募では、「作品説明において“安心して子育てのできる街 大田原”、“より親しみやすいアットホームなイメージ”にマッチした」として、こんな不思議な賞も出された。

特別賞(コンセプト賞)
坂本安男(63歳:栃木県宇都宮市:地域活性化ボランティア世話人)

-----
那須与一公は一男一女をもうけたという説もあり子を授かるにあたっての慣用句「一姫二太郎」から「姉・弟」とした。
大田原市は子育てをするにも「良い地」(良い土地柄)と言う意味合いを思案し、弟は「赤ん坊」とした。
奥方は「良妻賢母」、笑顔が可愛く利発で快活な姉、弟は将来が楽しみながらどのような子になるのかを想像させるために赤子とした。
-----

これ、デザインが受賞対象になったわけじゃないんです。つまり、デザインは塩崎ブランドを選んだが、制作意図は別人の案を持ってきて代用したということで、こりゃまた今までになかったパターンでびっくりっす。

しかしほんっっっとに下らねえ。「与一」=「良い地」とは((愕愕))!!男尊女卑も微妙に透けて見えてる。
取り上げるべき点があるとすれば、「一姫二太郎」の言葉を正しく使っているところだけです(*)。

(*)このフレーズが、①「一番目が女で二番目が男」の意味なのか、②「一女&二男」の意味なのか、わからなくなっちゃうという方も多いことでせう。そこでカンタンな覚え方一丁。「太郎」は「男の子」の意味ではなく、「長男」のことなんです。次男は「次郎」ね。
だから①が本来正しい。②の意味を表したいなら、「一姫太郎次郎」とでも言うことになりそうです。

蘊蓄はおいといてだよ。

大田原市は今どきこんな考え方でいいと思っているのでしょうか?ホントに。
「コンセプト賞」なるものを別途(多分、急遽。)設けた時点で既に、選考側の責務を放棄していることが丸見えじゃないか。
そもそも、「一姫二太郎」のコンセプト自体、ここでは不要のはずです。子は天からの授かり物。全体をmisleadしかねない。

それに、奥方に「良妻賢母」を要求するならば、それに対応して与一くんはどうあるべきなのか。もっと言えば、良妻賢母たるか悪妻愚母たるかにかかわらず、子育てサポートの提供が求められる時代に突入しちゃったわけでしょ?それは国策でもある。

そう思って見てみれば、榮一の作品も、どこにも「父性」は表されていない。やっぱり本質を射抜いてないんです。担当したのは大田原市商工観光課観光交流係なので、そこが限界なのかしらん。
もし、これが例えば「二太郎」ちゃんを抱いているのが奥方ではなく与一くんだったら、その時は考えをさっぱり改めますが。

(続く)

2015年11月 3日 (火)

【番外編】〆の後はドルチェ(オルデ・丸亀市10周年)

(承前)

経験値を測る上で一つの基準になりそうなのが、「お膝元指数」。自分の住んでる市町村、あるいは都道府県でどの程度採用されているか、という指標です(もちろん今思いついただけ)。

垂水の場合、これがメジャーどころで2点ほどある様子。

香川県丸亀市
丸亀市社会福祉協議会
福祉活動PRキャラクター
オルデ
垂水秀行(丸亀市:グラフィックデザイナー)
オルデ

敢えて「亀」を外してきたかっ!!

作者による「コンセプト」がなかなか圧巻です。

-----
「○○やけん、○○するけん(助けるけん、支えるけんなど)という語尾の方言からヒントを得て、[犬]をモチーフにしたキャラクターを考えました。
[丸亀うちわ]の形を模した鼻や、[飯野山]をモチーフにした頭の[回転灯]が特徴で、丸亀発祥の[おいり]を散りばめた首輪は人々の幸せを願う心を映し出し、丸亀らしさが凝縮されています。
みんなの声が聞こえやすいように耳が立っています。困っている人を見逃さないように目はぱっちりとしていて、慈悲深い性格のため少し潤んでいます。
鼻も大きく、舌も出しているのは、五感を研ぎ澄ませ、支えや助けを必要としている人を探すためです。
口が目立たないのは、「言葉よりも行動」をモットーとしているためです。そして、おなかの[ピンクのハート]は「福祉」を象徴しています。
とぼけた感じの愛らしい表情の中に、芯の強さや信頼感のあるキャラクターに仕上げました。
-----

すごく真面目に考えてある気がします。とても新鮮。

飯野山というのは、「讃岐富士」とも呼ばれる、きれいな円錐形をしたご当地のふるさとの山ですね。
「おいり」とは香川県西部〜愛媛県東部に伝わる餅菓子の一種で、ご当地では嫁入り菓子として特別な意味合いがある由。

おいり

かわいーい、Guerlainみたーい。

Guerlain

もう一つ指摘しておきたいのは、写経キャラ、じゃなかった社協キャラでありながら、全国共通の社協マークを使わなかったこと。「ピンクのハート」まででとどめたわけですね。出来合いのマークを用いることを潔しとしない心根があるのだと思う。(ホメ過ぎ?)

愛称は別途市民公募で選ばれたもの(by 葛西大晟(たいせい:丸亀市立西中学校2年)で、「困った時は1人で悩まないで!僕がおるで」の意味なる由。ちょっとヒネりました。ええと、自殺防止キャンペーンではありませんがね。

もう一つはこれ。

香川県丸亀市
丸亀市合併10周年 記念シンボルマーク
垂水秀行(丸亀市飯野町)
丸亀市合併10周年

こっちはきっちり「亀」っすww。

-----
「丸亀」を丸い[亀]でシンボル化し、10周年の[10]と重ねてデザインしました。子供たちにも親しみを持ってもらえるような愛らしいフォルムにもこだわり、手描きの柔らかい線で、ぬくもりが感じられるように表現しました。
ロゴの色は輝かしい発展を象徴しています。甲羅は日本一の高さを誇る丸亀城の[石垣]がモチーフで、積み重ねた10個の石が、10年間に築いてきた礎を表し、整然とした並びが市の安定感を醸します。
下部の数字には[市章]を用いました。
右上に向かって歩く姿は、右肩上がりの発展への想いを込めています。
-----

これも丁寧に書いてある印象。ロジックも十分過ぎるほど通っている。
制作意図に「シンプルで、親しみやすく、多くの人々に長く愛されるデザインです」なんていけしゃあしゃあと書いたり、何でもかんでも「あらゆる情報交流発信の役割りを果たす」でお茶を濁すようなのとは訳が違うんです(文句があったらかかってきなはれ)。

本公募はご当地の出身者・在住者・通勤/通学者限定だったんですが、垂水が採用されたのも何だか当然という気がしてきちゃう。贔屓目ですかね。

(優秀賞)
池内 聡(丸亀市中津町(なかづちょう))
北風公紹(丸亀市内勤務)

垂水の以上2点はともに2014年12月の発表で、一層驚かされます。まさに公募の鬼ならむ。

でも、その垂水をもってしても獲ることができなかったものがある。2012年1月に発表された丸亀市ご当地ナンバープレートです。この公募では優秀賞にとどまった(画像は公表されてません)。しかも、最優秀賞として採用された作品は2点あったにもかかわらず(^_-)。難しいもんです。

2005年3月に合併を行った際の新市章も獲れていないけど、これは(前回書いたように)垂水が2011年にフリーになる前のことで、時期的に差があるから考慮対象外。

ご当地キャラクターだと、丸亀市には2011年8月発表の「京極くん」、2011年9月発表の「うちっ娘」、2012年2月発表の「とり奉行 骨付じゅうじゅう」あたりがあるようですが、これらにも採用されていない。この辺はそれなりにツッコミどころも多いのでまたそのうちに。

で。
あのー、公募って実はSustainableなシステムではないのじゃないのかと思えてきてるんですよね、本質において。何十、何百、何千の中から一つを選び出すという行為の非効率を思ったりもします。一将功成って万骨枯る。
しかも誠実に取り組めば取り組むほど、疲弊させ涸渇させていく、作者を(そしてツルを;爆)。それとも、商業デザインっていうもの自体がそうなんでしょうか??

垂水が公募界での活動を数年で切り上げた(らしい)のは、賢明なことかもしれない。

2015年11月 1日 (日)

【番外編】いはばしる バイクの臀の プレートの;〆(冷やし天中華)

(承前)

月も改まりましたが、もそっとこのネタ、続けます。

ざっと集めた垂水のナンバープレート採用作品、実に17点を発表順に並べれてみれば。

2011.09 小豆島町
2012.04 摂津市
2012.09 宮津市
2013.02 横手市
2013.08 廿日市市
2013.11 鎌倉市
2014.02 泉佐野市&泉南市&田尻町
2014.02 行田市
2014.03 川口市
2014.06 藤枝市
2014.07 木祖村
2014.08 和泉市
2014.10 高原町
2014.11 久喜市
2015.02 羽島市
2015.03 四万十市
2015.04 稚内市

この全てが採用作品というんだからさすがにすごいです。テンプレに(ほとんど)陥っていないのはもっと立派。
2014年なんて、以下の次点まで含めればなんと月平均1点の入賞となる(「今年はナンバープレートで攻めるぜ!」って抱負ってたのかしらん)。

2014.02 青森県八戸市
2014.08 岐阜県美濃市
2014.10 長野県佐久市
2014.11 千葉県銚子市
2014.12 香川県三豊市

これはもちろん、ナンバープレートというプラットフォームと作者の作風/スタンスとの相性のよさも与って大きいんでしょう。突拍子もない非日常に連れ出して愉しませてくれるご当地キャラクターという舞台装置とは違って、自分の手元に置いて使う愛着ある小道具(だから、ツル的には情報発信力なんて問わない)。
唐突だけど、この作家の出す年賀状はどんな風なんだろうと思ったりします。100mm×200mmと148mm×100mm、定形のサイズにCreativityを注ぎ込むのは同じでしょ。(それとも本職のデザイナーは年賀状なんぞに軽々しく精力を傾けたりしないものかしら。)

そしてどうやら、垂水が重視しているのは、「遠くから見てもわかること」と「軽くなり過ぎないこと」であるらしい。
前者は、目の前を一瞬で通り過ぎてしまうことも多いナンバープレートにあっては当然のことだろうけれども、後者については、もともと垂水は遊び心も豊かに持ち合わせているようだから、そこはバイクという趣味性の高い品物に関わるという性格上、自制しているのかもしれません。2012年の「しろまるひめ騒動」あたりを受けてのことだったかもしれない。(Originally Designed by 田口友子:cf. 2013.07.27「官兵衛乱立戦国時代 拾遺」:垂水作品じゃないっすが)

-----
(2012.09.15 読売新聞 抜粋)

ミニバイクなどのナンバープレートに姫路市のイメージキャラクター「しろまるひめ」をあしらった「ご当地ナンバープレート」を導入している市は14日、「しろまるひめ」なしの通常タイプを11月15日から復活させる、と発表した。
ご当地ナンバーがある多くの自治体では、通常タイプと併用しているが、姫路市では選択できず、男性から「普通のはないのか」など苦情が相次いだためだ。発行当初は行列ができる人気だったが、しろまるひめの「かわいらしさ」がアダとなった格好だ。
ご当地ナンバープレートの導入は、地元に親しみを持ってもらい、しろまるひめを多くの人にPRするのが目的。排気量125cc以下の二輪を対象に昨年9月に運用を始め、同時に通常タイプは廃止した。色は排気量に合わせてピンク、白、黄色の3色あり、ナンバー横に桜の花飾りを着けたしろまるひめのイラストを配している。
市主税課によると、しろまるひめのプレート発行数は8月末までの1年間で約5800件で、当初は窓口に女性らが行列をなすほど人気を集めた。だが、バイク好きの男性を中心に「かわいらしすぎる」「自分のバイクに似合わない」などの理由から通常タイプを求める声が30件以上寄せられた。
このため、市は8月、94自治体の運用状況を調べたが、約7割の66自治体が通常タイプとの選択式を採用していることが分かり、運用の変更を決めたという。
交換されるプレートは廃棄処分されるため、市税務部の丹下茂人部長は「当初から通常タイプも併用させるべきだったかもしれない。こだわり派の多様なニーズを読み切れなかった」と釈明している。交換は無料だが、番号は変更されるという。
-----

何だか理解しにくい文章だけれど、とにかく小役人のおつむのユルさ加減が露呈したわけです(バッサリ)。こんなところで「こだわり派」なんて使うんじゃねーよ。ただイヤだっただけだよ。

・・・つまり垂水は、「ひょっとしたら自分の作り出すものを好きではないかもしれないカスタマー」も考慮に入れているということですか。ゆるキャラなんぞに一番靡きにくい(ツルみたいな)中熟年のおっさん層なんかのことも。社会的にも影響力のある企画内容だからね。
デザイナー稼業って、自己を表出することのみによって評価される(はずの)Fine Art系とはそこが違うんでしょう。これが結局は「ジモティの求めているものに形を与える」というスタンスにも表れてくるのではないかと存ずる次第。

この作家で懸念されるのはしかし、あまりにハイペースな採用のされ方です。
アウトプットの一定のクォリティを保持しながら(もちろんここが大前提ね)数をこなしていくのは相当困難なことだろう。プロだからといって皆が皆Stevie Wonderみたいに多作で膨大なストックを持っているわけでもない。
そのあたりを履き違えて生まれてきたのが、つまりは塩崎一族であり工藤一族であり井口一族であり中本竹識であり駒井 瞭であり深川重一であり平山陽一であり海山 幸であり、その他諸々のテンプレガイダーという公募の鬼っ子達でしょ(十把一絡げ)。

垂水についても、今のところはいいとして、この先テンプレの魔物に襲われないか、それが心配です。その予兆がないでもないし。(実際には、今年度に入ってから公募への応募は停止しているようなんだけど・・・)

Depositum Custodi./汝、預託されし物を守れ。

ただし、垂水の場合、普通に顧客からの仕事も引き受けている様子。先日取り上げた「loftwork」サイト(cf. 2015.10.17「お花のchapeauの妖精たち」)には「Software Engineer/Graphic Designer」とクレジットされて名前が出ている。実態はよく掴めませんが。

さらに遡って調べてみると、地元の名門香川県立丸亀高校から神戸大学に進み、同大大学院自然科学研究科で画像処理を専攻していた(理系だったんだ!)。その後、兵庫県神戸市中央区の医療情報機器メーカー、株式会社セブンスディメンジョンデザインに勤務していた2007年には、医用動画記録システム「DATA Gen PRO」でグッドデザイン賞を受賞している
2011年からフリーとなった由で、公募界へのデビューはその後だったようです。

この経歴は、大方のガイダーが公募以外に社会との接点を(ネット上)見出せないのとは大きく違うと思える。(そう言えば、塩崎栄一が印刷会社を経営しているというのはホントに真実なのだろうか?;cf.【その107】)

大阪市北区
情熱うどん讃州(株式会社SANSHU WORKS)
POP 冷やし天中華
(デザイン)垂水秀行
(文字)久保達也
冷やし天中華

つべたいのんの上にあつあつの天ぷらを乗っけますんや。そりゃあ[パンダ]も食べとうなるで
字を書いた久保は大阪で展開するこのうどん店グループの代表であり、blogで「僕の大好きなデザイナーさんです」と紹介しているから、とにかくここにはクライアントとデザイナーの幸福な関係があるらしい。垂水がナンバープレート公募に手を染めた後、2013年6月の記事です。
まあ、デザイナーも社会性を喪失しない限り大丈夫なんでしょうか。


石ばしる垂水の上の早蕨の
 萌え出づる春になりにけるかも
     志貴皇子

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想