« 似て非なるもの − アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ | トップページ | 「通行人かんだ紀州犬射殺 飼い主を書類送検」とは何事かっ! »

2015年11月20日 (金)

似て非なるもの − 姿の仏法僧 vs 声の仏法僧

≪魚鳥木申すか?≫ ≪申さぬ申さぬ≫

-----
【2015.10.23「いはばしる バイクの臀の プレートの;B」】

ブッポウソウにも興味深いエピソードがあるのだけれども、ここんとこは割愛しまして・・・。
-----

瑠璃色の入った、可愛らしい鳥です。これは有名な話だから、愚blogで取り上げずとも、とは思うのですがね。面白いので。

宮崎県西諸県郡高原町(にしもろかたぐん たかはるちょう)の「町の鳥」となっているブッポウソウ科のブッポウソウ/Eurystomus orientalisは、古来「仏・法・僧」を讃えて音に鳴く有り難い霊鳥と考えられていたところ、その鳴き声が実はフクロウ科のコノハズク/Otus scopsのものであったと解明されたのは、昭和に入ってからのこと。社会的に大きな話題となったらしい。爾来、このブッポウソウ科のブッポウソウを「姿の仏法僧」、コノハズクの方を「声の仏法僧」と呼んだりもするわけです。

-----
(Wikipedia:多少表現を整えています)

森の中で夜間「ブッ・ポウ・ソウ」と聞こえ、仏・法・僧の三宝を象徴するとされた鳥の鳴き声がこの鳥のものであると信じられてきたため、この名が付けられた。しかし、実際のブッポウソウをよく観察しても「ゲッゲッゲッ」という濁った鳴き声しか発せず件の鳴き声が直接確認できないため、声のブッポウソウの正体は長く謎とされていた。
結局のところ、この鳴き声の主はフクロウ目のコノハズクであり、このことが明らかになったのはラジオ放送が契機となった。

1935年(昭和10年)6月7日、日本放送協会名古屋中央放送局は愛知県南設楽郡鳳来寺村(現在の新城市)の鳳来寺山で「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥の鳴き声の実況中継を全国放送で行った。その放送を聞き、鳴き声の主を探し回った者が、同年6月12日に山梨県神座山で「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く鳥を撃ち落としたところ、声の主がコノハズクであることがわかった。時を同じくして、放送を聴いた中から「うちで飼っている鳥が同じ鳴き声をする」という者が出てきた。6月10日にその飼っている鳥を鳥類学者黒田長禮が借り受け見せてもらうとコノハズクであり、神座山で撃ち落とされたのと同日の6月12日早朝に、この鳥が「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴くところを確認した。その鳥は東京浅草の傘店で飼われていたもので、生放送中、ラジオから聴こえてきた鳴き声に誘われて同じように鳴き出したという。この二つの事柄はその後日本鳥学会で発表され、長年の謎であった「ブッ・ポウ・ソウ」の鳴き声の主がコノハズクだということが初めて判明した。
-----

んまァ!日本人ってなーんて素敵なの!鳥の鳴き声の正体確かめるために国じゅう放送しただなんて!!しかもリアルタイムの生でですよ。まだテレビが普及する前だよね。
黒田長禮(ながみち)は旧筑前福岡藩黒田家の第14代当主だった人です。つまり黒田官兵衛の末裔。

実はこの話にはもっと面白いAnecdoteがついている。くだんのラジオ中継は6月7日の夜に放送されたのですが・・・

-----
午後9時55分から30分間放送し、その間よく鳴いたが、放送中や放送後にゲストの俳人・荻原井泉水[引用註:おぎわら せいせんすい]、歌人・川田 順、愛知県史蹟天然記念物調査委員・梅村甚太郎の3人の話がうるさいという非難の電話が殺到した。これを踏まえて、翌6月8日はゲストを呼ばずに鳴き声だけにする(番組内容を伝えるアナウンサーだけを置く)こととし、前日と同じく午後9時55分から30分間放送したところ、この晩もよく鳴き、放送終了後、前日とは打って変わって絶賛の電話が殺到した。
-----

うはははははは延々30分間、仏法僧ことコノハズクの声だけを流し続けたんかいな!?ますますもって素晴らしいがなこの日本最小のフクロウくんも大いに面目を施したわけです。

/////

「魚鳥木申すか」云々のフレーズは、ツルが小学生の頃にやってた遊び、福岡県大牟田市で。どんな遊び方だったかもあらかた忘れてしまったけれど、言葉遊びみたいなもの。同じ県内でも福岡市ではやったことがなかったので、筑後地方限定のものかと思ってたんですが、調べてみたら全国に伝わっているようです。

・・・かくして平安のいにしへよりの不思議も、幼子のむかしよりの胸のつかへも暁のひかりと共に露と消えたるとなむ、語り伝へたるとや。あらあらかしこ。

« 似て非なるもの − アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ | トップページ | 「通行人かんだ紀州犬射殺 飼い主を書類送検」とは何事かっ! »

蘊蓄Field:似て非なるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似て非なるもの − 姿の仏法僧 vs 声の仏法僧:

« 似て非なるもの − アズサミネバリ vs ヨグソミネバリ | トップページ | 「通行人かんだ紀州犬射殺 飼い主を書類送検」とは何事かっ! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想