« 【番外編】下ぶくれなる謎の神々:3粒目(榛東村キャラ・カンリリカときつねのかみさま・Blue Egg) | トップページ | 【番外編】★の瞳に希望の光(やまっぴー・なるシカくん) »

2015年12月21日 (月)

【番外編】アは阿呆のア,A is for Absurd ― 7(安平町章応募作品・赤磐市章・安来市章)

(承前)

本Subseriesの阿呆陀羅経にもきりがなさそうなので、そろそろ〆ときませうか(^_-)。

安平町の町章公募にも、見てきたとおりネタはいっぱい。ご当地ではなんと応募作品の全数をサイト上に掲載して公開するという思い切った手段に出ていて、10年過ぎた今でも見ることができます。ツル的には格好のネタ元やわ〜〜
さすがにこの方式は手間がかかることもあってか圧倒的少数派で、北海道の安平町のほか、岩手県の八幡平市、一関市ぐらいだった様子(一関はもう見られないようですが)。

ガイダー諸氏にも;

-----
431:2005/11/15 22:50
K氏も複数応募?それとも盗作されたのかな

[URL]
(3番)[引用註:【8】の阿賀町]

[URL]
(下から4段目の一番左)[引用註:【8】の安平町]

436:2005/11/16 00:28
>431
採用作品決定後に全作品公開するのなら作者氏名を付けるべきだね
多重応募なのか盗作なのか判断できないし

437:2005/11/16 01:31
採用作でもないものを判断してどうするわけ?

438:2005/11/16 01:56
他人の著作物を公開するなら作者を明示するのは当然だと思うけど
自分の作品が匿名で晒されるのって気分悪くない?

440:2005/11/16 13:42
何とも思わんけどな?

240:2006/04/25 10:41
全作品発表してるところは堂々と選考してるようで好感が持てる
類似品を選び優秀賞すら発表しない密室審査な某市はクズだ

247:2006/04/25 19:23
八幡平、安平、一関 いずれもここ一年以内ですね。
2005年4月以前に応募全作品を公開した合併協議会は
皆無だったのでしょうか?
-----

などと、様々波紋を投げかけたようでござります。

そもそも、全数公開って何の目的でやるものなのか。ツルは一義的には応募してくれた人への儀礼の趣旨だと思いましたが、どうやらそうでもないみたい。類似の炙り出しという意図(cf. 2015.10.07〜09「One of Those "類似" Preventive Measures?」)なんかも隠れていそうです。特に、採用作品決定前に公開するような場合であれば。

安平町サイトでは実際に採用されたものとの類似も次々と見つかります。例えば・・・

【11】
北海道勇払郡安平町
町章
(応募作品)
〔2005年10月〕
安平町章(応募作品)

岡山県赤磐市
市章
菅谷健夫(埼玉県入間市)
〔2005年7月〕
赤磐市章

-----
赤磐市の[ア]をモチーフに、躍動感とふれあいのイメージを表現しました。[赤]は市民の活力を、[緑]は豊かにとりまく自然と文化と歴史を象徴し、未来をみつめ活気あふれる赤磐市の発展を意味しています。
-----

丸ブーの基本のキみたいなデザインだから、こんなものは世の中に無数にあるでしょうけど。浜の真砂は尽くるとも、世にテンプレの種は尽きまじ。

≪でもそんなのをわざわざご当地のシンボルにするってのがお笑い草よぉ≫

共通項は[ア]だの[A]だの[a]だのに限られない。漢字使いの手もござんすわけで。

【12】
北海道勇払郡安平町
町章
(応募作品)
〔2005年10月〕
安平町章(応募作品)

安平町章(応募作品) 安平町章(応募作品)

島根県安来市(やすぎし)
市章
合田さち男(岡山市)
〔2004年7月〕
安来市章(応募案)安来市章(最終版)

-----
安来市の[安]の文字をモチーフとして人と自然がいきいきと共存共栄し舞い躍るイメージをデザイン化しました。また、[緑色]で、自然・発展・調和。[橙色]で、陽光・人・活気。[青色]で、清らかな水・青空を表現しました。
-----

だからバリエーション展開しただけのものを複数応募するなっていうのに
安来市章のコメントをよく読むと、変なところがありますねえ。オレンジが「人」を表してるってのは無理があるでしょうよ。(小ネタは欠かさず拾うこと、それがお笑いの基本。)
いずれもこれまた超典型的な丸ブーですが、類似度合い、ちょっと低いっすか?ならば同じご当地のセットでこれはどうだ。

【13】
北海道勇払郡安平町
町章
(応募作品)
〔2005年10月〕
安平町章(応募作品)

島根県安来市
市章
(優秀賞)
野村和範(東京都府中市)
〔2004年7月〕
安来市章(野村案)

またまた野村、登場です!安来の制定後1年以上間が空いているから、これは明らかに使い回す意志があったということですよね(他者によるパクりではないと仮定して)。

単純な丸ブーならまだしも、【13】のような複雑系ともなると、たまたま似ちゃったんですという申し開きは通用しないと思いますね。というより、時期が遅くなればなるほど、使い回された中古ネタの在庫処分市になっちゃってるというのが救い難い。

//////

結局、公募ってやっぱりConclaveなんですね。パクりとリサイクルの無限連鎖。きりのないモグラ叩き。募集側と応募側との永遠の攻めぎ合い。生産的とは思えなくなってきてるんだよなあ。

そこを例の五輪エンブレム再公募ではどうやって乗り越えていけるのでしょうか。今度は、こうしてありとあらゆるギミックを仕掛けてくる仁義なき公募ガイダー軍団と闘うことまでしなきゃいけなくなるということでしょ。商標登録の有無に関わらず、世界中を相手に調べることになるわけでしょ。空恐ろしい手間です。費用だって1回目より飛躍的にかかるはず。でもそこまでやらないと(いや、そこまでやっても(?))、一層の批判/非難を浴びるでしょう。

ご当地公募の例だと、次点からそのまま繰り上げたり、残りの最終候補の間で再度決選投票をやったりしている。もちろん状況も体制もいろいろ違うだろうけれども、ただの公募ではない「再公募」って、緻密な実務ノウハウの蓄積は意外に少ないのではないかという気がするわけです。
いわば、(日本の?)グラフィックデザイン業界の喉元に突き付けられた刃。

(続く)

« 【番外編】下ぶくれなる謎の神々:3粒目(榛東村キャラ・カンリリカときつねのかみさま・Blue Egg) | トップページ | 【番外編】★の瞳に希望の光(やまっぴー・なるシカくん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【番外編】下ぶくれなる謎の神々:3粒目(榛東村キャラ・カンリリカときつねのかみさま・Blue Egg) | トップページ | 【番外編】★の瞳に希望の光(やまっぴー・なるシカくん) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想