年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】ゆく年くる年!PNまつり!! 第15弾(まち・こころ 花めかそう!キャンペーン)" /> 年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】あけおめことよろ!PNまつり!! 第16弾(横綱羽黒山キャラ) - 空中庭園@下丸子" /> 年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】あけおめことよろ!PNまつり!! 第16弾(横綱羽黒山キャラ) - 空中庭園@下丸子" />

« 年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】ゆく年くる年!PNまつり!! 第15弾(まち・こころ 花めかそう!キャンペーン) | トップページ | 【番外編】遠い祭りの音と 郷土の匂いと:上(宇和島伊達400年祭) »

2016年1月 1日 (金)

年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】あけおめことよろ!PNまつり!! 第16弾(横綱羽黒山キャラ)

(承前)

謹んで2016年申年のご祝詞を申しあげます。

皆様、明けましておめでとうございます!本年もよろしくお付き合いのほど、お願い申しあげます。(つい2時間ほど前に年越しのご挨拶を言上したばかりという気がいたしますがww)

お正月のしょっぱなは一応それらしく和風なところで、お相撲さんキャラといきましょうか。

新潟市西蒲区(にしかんく)
中之口先人館
西蒲区文化施設を運営する市民の会
第36代横綱羽黒山 イメージキャラクター
(優秀賞)
コスモス
横綱羽黒山キャラ

二段目の左のやつね。
戦時中の横綱、羽黒山の生誕100周年企画として行われたキャラ公募です。発表は今からちょうど2年前、2014年のお正月頃。

横綱になり損ねてや角力取

ってとこですか。盛りアイテムもへったくれもないけど、ここは塩キャラ判定に問題はないでしょう、このPNは他にも例があるし。

【PNまつり 第10弾】
宮城県仙台市青葉区
冠婚葬祭互助会あいあーる
あいあーるキャラクター
あいるちゃん
コスモス(大阪府)
あいるちゃん

羽黒山政司(はぐろやま まさじ)(本名 小林正治:1914.11.18〜1969.10.14:享年 54歳)はご当地の西蒲原郡松長村(現 新潟市西蒲区)出身。横綱在位1941年1月〜1953年9月だからもちろんツルも生まれてませんが、名前だけは知ってる気がする。当然山形出身だと思ったら新潟の力士だったんですね。

新春早々、ここで一発目の脱線をぶっこきますと。
Wikipediaの「松長村」の項には、1954年3月に燕町・小池村・小中川村との新設合併により「燕市」となった(つまり上述の「新潟市」ではなく)とあって、情報に混乱があるように思える。ツルは基本的に地理/歴史に明るくないんですが、調べてみるとえらく複雑な推移がありました。

-----
1889(M22).04.01
町村制施行に伴い西蒲原郡の羽黒村・姥島村(うばじまむら)・真木村が新設合併して加奈居村発足

1901(M34).11.01
松長村・加奈居村が新設合併して松長村となる

1954(S29).03.31
燕町・松長村と西蒲原郡の小池村・小中川村が合併し市制施行して燕市発足

1954(S29).07.07
燕市の一部(旧 松長村(旧旧 加奈居村)の大字羽黒・大字姥島・大字真木の3集落)が分離し西蒲原郡の小吉村(こよしむら:中蒲原郡の小吉村とは別)・道上村(どうじょうむら)と新設合併して中之口村発足

2005(H17).03.21
中之口村が新潟市に編入合併

2007(H19).04.01
新潟市が政令指定都市に移行
-----

まさか「合併直後の分離」という荒技をかけたとはねえ!

ついでに脱線もう一発いきませう。
相撲の番付表(独特の「相撲字」で書かれた、下の方へいくと虫眼鏡が必要って驚異のアレです)では、東方が右側、西方が左側に刷られます。角界にもまるで詳しくないツルですが、これには昔からちょっとばかりひっかかっていた。
平城京や平安京では御所は条里の北端に置かれたから、そこから見て左側(つまり東)を左京、右側(西)を右京と呼ぶわけでしょ。御所の中の紫宸殿前の「左近の桜、右近の橘」、あるいは大宮人の役位の「左大臣、右大臣」も同じ趣旨です。
そこらに沿うなら、天覧相撲なんかでも貴賓席は北側に設けられるであろうから(実際にどうだかは知りませんよ)、だとすればそこから見る体で左側に東方、右側に西方を置くのが正当なんじゃないのと疑問に思ってたわけ。そうなってないということは、つまり普通に地図と同じに表示したのだってことになりそう。
ところがです。日本相撲協会のサイトを覗くと、HTMLのいわゆる「地の文」では、左側が東方、右側が西方になってるんですね。刷り物の番付表や地図とは逆。ちょっと驚きました。これってどういうことだろう。

現在、大相撲の番付は基本的に 東 > 西 という序列だとされている。ということは、その序列に厳然と従うという前提に立って;
・番付表=縦書き文化、つまり右(東)→左(西)の流れ
・サイト=横書き文化、つまり左(東)→右(西)の流れ
ということなのだなと結論づけた次第。
ってえと、次点に入ったコスモスの塩キャラは東西いずれの大関でござんしょう。因みに最優秀賞の池田克也(埼玉県)の作品は「はぐろちゃん」と名づけられてます。

閑話休題。
いずれにせよご当地は米どころ新潟でも有数の穀倉地帯らしい。ってことは、お百姓さんの数々の苦労とともにあった土地柄です。
公募の窓口となった「中之口先人館」も、「実り豊かな中之口地区は、水と闘い、土地を開拓してきた先人たち、そして教育や文化、産業などの分野で、地域の発展につくしてきた多くの人たちの努力によるものです」として、先達の功績を顕彰し次代へ伝えていこうとする施設なわけです。
まあ、その趣旨とお相撲さんとはあんまり関係がありませんけどね。

こうしたご当地のLocalityまで表したキャラクターは、もう1点の優秀賞だと思えてくる。横綱と米俵、このアイテムなら無理なくしっくりきますね。
その意味で、池田やコスモスやその他の入賞作品は、越後であろうが北海道であろうが九州であろうがモンゴルであろうがジョージア(旧称 グルジア)であろうが変わりゃせん、つまりはいつものテンプレワークってことになりそうですが、いかがでせうか。

・・・しかしなんで地色が派手派手ラスタカラーなんだよ。せめて歌舞伎の定式幕の三色ぐらいにしとけよって(笑)。

(続く)

« 年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】ゆく年くる年!PNまつり!! 第15弾(まち・こころ 花めかそう!キャンペーン) | トップページ | 【番外編】遠い祭りの音と 郷土の匂いと:上(宇和島伊達400年祭) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年またぎ!スペシャル立体企画【特別編】ゆく年くる年!PNまつり!! 第15弾(まち・こころ 花めかそう!キャンペーン) | トップページ | 【番外編】遠い祭りの音と 郷土の匂いと:上(宇和島伊達400年祭) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想