« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

【番外編のご参考】小壁画に嵌め込まれたものども ― 2(おおつ光ルくん)

(承前)

続きです。今回はちょびっと固め深めに。

「源氏物語千年紀 in 湖都大津」 マスコットキャラクター → 大津市観光キャラクター
おおつ光ルくん
おおつ光ルくん

2008年3月スタートの源氏物語イベントのPR役として前月に発表されたキャラクターで、「21世紀版光源氏」という触れ込みです。衣の色は当然紫式部あるいは紫上に因んだものだろう。でも光り輝く美貌の貴公子ていうより男版お多福ちゅう感じやわなぁ、ソラマメ思い出しますわ、ほほほ。

源氏物語で(京都市の隣の)大津市が盛り上がるのは、紫式部がご当地の石山寺に参籠してその着想を得たという伝承があるから。イベントの主な舞台もこの古刹だった(具体的に何をやったかがよくわからんのですがw)。

同じ滋賀県内で前の年に開催された「彦根城築城400年祭」の「ひこにゃん」(cf. 2015.06.03「やけに色のない夢を見る」)とは役割が酷似していたわけで、そこは強く意識していたことが窺える。

-----
(2008.02.29 京都新聞 抜粋)

〔前略〕

光ルくんは、紫色の[狩衣]に束帯姿の平安貴族風。ほんわかとした癒し系のいでたちながら、短歌をたしなみ、[ローラースケート]などのスポーツもこなす「文武両道」の元気な男の子、という設定だ。デザイン業者によるコンペに出展された40点のキャラの中から、実行委が選んだ。

〔中略〕

実行委は「(彦根城築城400年祭を成功に導いた)『ひこにゃん』のように、息の長いキャラクターに育ってほしい」と期待している。

〔後略〕
-----

ものを知らんやっちゃな。この装束は「束帯」じゃなくて「衣冠」でしょ。めんどくさいから説明は省くけど。

しかしなあ、ナンバープレートにこのキャラを盛るってのはどうなんだ。バイクと源氏物語、そもそも方向性がすごーくズレてる気がするのはツルだけかしら。(それは採用された江盛麻理の源氏絵巻風プレートについても言えるんだけどね。)
光源氏とローラースケートというアナクロ取り合わせも、もはや通じない世代が多かろうしなあ。

このキャラが世間の注目を最も集めたのは2014年かもしれない。2009年から使い続けてくたびれてきた着ぐるみのリニューアル資金を、なんとクラウドファンディングで集めたからです。(つまりはネットを用いた寄付金ってだけのことだけど。)

2014.09 市議会に議案提出
2014.11.10 寄付型クラウドファンディングプラットフォーム「ジャストギビング」で募集開始;目標額106万円
2014.12.25 目標額突破
2015.05 新作着ぐるみお披露目会

着ぐるみ1体に100万円超というのはちょっと割高なんじゃないですかね。でも、最終的に106人の善男善女から109万3,100円の寄進があった。余ったお金は金色の扇子の製作に充てられた由です(目的外の使途とまでは言えないな)。
光ルくんも大喜び。

着ぐるみリニューアルもそろそろ各地で問題になってくる時期だろう。この今風の方式はコスト削減に頭の痛い地方自治体にとっては渡りに船で、これから流行ると思うんです。
けどねえ。NPOとかベンチャー企業がやるのと違って、行政がこれを乱用するとろくなことはないだろうという気がする。ツルはそりゃアンチご当地キャラ派ではあるけど、「着ぐるみリニューアルに税金を使わない」という理屈の正当性はもっと真剣に討議されるべきと思いますが。それは即ち「ご当地キャラ制定/運用(各種グランプリへの参加を含む)には税金を投じる」こととの背中合わせだから。

(続く)

2016年2月27日 (土)

【番外編のご参考】小壁画に嵌め込まれたものども ― 1(きゅぽらん・川口市シンボルマーク・あやぴぃ・綾瀬市の木)

(承前)

(cf. 2016.02.09〜17「“サルでも採用されるtechnique”の嘘」)

ちょっと間が空いてしまいましたが、北野公一がナンバープレートの中に盛りつけたキャラクターやシンボルマーク、一応拾っておこう。結構マイナーなものもある気がする。

まず、川口市の「きゅぽらん」とはこれ。

埼玉県川口市
イメージキャラクター → 川口市マスコット
きゅぽらん
小川清勇(きよたけ)
(愛称)小林杏子
きゅぽらん1 きゅぽらん2

やはり「鋳物のまち」を象徴していて、[キューポラ](銑鉄の溶解炉)をプラットフォームにしたもの。ごくわずかにデザインの変遷があるようだけど。
そうです、美少女だった吉永小百合(今や御歳70歳)主演の映画「キューポラのある街」(1962年:日活:監督 浦山桐郎)はご当地が舞台。そのイメージは今もご当地の資産とされているんだな(ツル的には川口と言えば何はなくとも園芸の街!!なんですがね)。
胸のイニシャル[K]と[☆]には、「川口の星」となるようにとの願いが込められているという、大層謙虚なCharacterです。

現在、川口市サイトには「"きゅぽらん"は、804点のデザイン、599点の愛称の中から見事選ばれた精鋭!」なんてC調が書かれているけれど、このキャラはあの2011年3月に決定されたもの。これを報じた2011.04.01発行「広報かわぐち」No.747では、表紙ページ(!)をまるごと使い、「市民の皆さまへ ―国家の危機・一人ひとりができることを―」と題した市長 岡村幸四郎の檄文が掲載されている(「東北関東大震災」の呼称が使われていて、「東日本大震災」と呼ばれるようになったのはそのすぐ後のことです)。当然のようにキャラ決定の記事はごく地味な扱いになった。

同じく川口市のシンボルマークは、市章とは別途に定められているものだけど、詳細がわかりません。

埼玉県川口市
シンボルマーク
川口市シンボルマーク

この手のものには珍しく、グラデーション遣いなのが気になっているんですがね。
2007年5月あたり、あるいは数年越しの熱烈なラブコールに引かされてお隣の鳩ヶ谷市を編入合併した2011年10月あたりの制定じゃないかと思うんですが、どなたかご教示下さいまし。

♪一度は気休め 二度は嘘
 三度のよもやに引かされて
 浮気男の常として
 女房にするとは洒落かいな
   博多どんたくの唄/博多どんたく囃子/ぼんち可愛いや

綾瀬市ナンバープレートで立志哲洋も北野も用いたキャラクターはこれ。

神奈川県綾瀬市
市制30周年記念キャラクター → マスコットキャラクター
あやぴぃ
あやぴぃ(ノーマル版) あやぴぃ(簡易版)

これにはグラデーションを用いたノーマル版と、ベタで表現した簡易版とがあって、配色そのものもそこそこ違ってます(もちろんそれぞれに白黒版もあり)。

綾瀬市サイトには「市職員がデザインしました」とあるから、非公募です。
確かにかわいい。市職員が職務上の指揮命令系統の中で作ったにしちゃ上々の出来。けど、これが市の鳥[カワセミ]だと聞かされると、「え(@_@;)!?」と思わず聞き返す感じになります。

これは2008年11月に周年記念モノとして作られたもので、その後4年かかって2012年11月に市のマスコットキャラクターになっている。
実はこの間に割って入る形で、2009年12月頃には市の肝煎りによる「あやせ名産品会」の15周年記念として「アヤセーヌ」by 栗山照州(福岡市:フリーデザイナー)というブタの不細工系マスコットキャラクターも作られているから、あやぴぃは微妙に割を食ってたんでしょう。ご当地は「高座豚」の産地。
そして2014年12月にナンバープレートに描かれ、グッズが一般向け商品(缶バッジ)として初めて発売されたのなんて2015年11月、ついこないだのこと。あやぴぃ、意外に苦節系。

綾瀬市ナンバープレートの北野作品で右上に添えられたカットは、それ自体がれっきとしたご当地公式デザイン<(`^´)>。

神奈川県綾瀬市
市の木「やまもみじ」のデザイン
伊藤信義(綾瀬市:イラストレーター)
綾瀬市の木

次のように綾瀬市サイトに出ているから、かなり古いものではある。

-----
町の木、町の花のデザインについては同年[引用註:1974年]9月2日、当時大上在住のイラストレーターの伊藤信義さんに委託し、同月30日に候補を5点あげていただきました。同年10月8日に制定審査委員会を開催し、出来上がったデザイン5点のうち各1点を選考。そして、同年12月1日に「町の木、町の花」を制定。その後、昭和53年11月1日の市制施行により、「市の木、市の花」に名称を変更しました。

市の木「やまもみじ」のデザインは、[やまもみじ]とAYASE(市民)の[A]の字を中心にアレンジして三枚の[葉]を市の基本構想の三本柱として囲み、人間性と緑ある豊かな都市綾瀬の向上と発展を図案化したものです。
-----

ああ、どこのサイトもこのぐらい明確に書いてくれるとツルの苦労も減るのに(あはは・・・;殴)。

(続く)

2016年2月26日 (金)

【番外編のおまけ】片手落ちの悪夢(大田区ナンバープレート)

(承前)

全くのノーマークでしたが、大田区の田舎公募、ほぼ同時期にもう一つあったんです。2016.01.15、次なるデザインが発表されていた。

東京都大田区
ご当地ナンバープレート
関 玲子(45歳:大田区萩中:会社員)
大田区ナンバープレート

うわ、やっちゃいましたー( ; ゜Д゜)。

-----
〜作成者がデザインに込めた思い〜

上部に羽田空港からイメージした[旅客機]をデザインしました。プレートのフレームを[雲形]にすることで、大空に羽ばたいていく様を表現しています。下部に大田区=ものづくりの集大成ともいえる[ボブスレー]をデザインしました。区内外の多くの方にボブスレーの存在と、大田区の技術力の高さを広め、知ってほしい思いも込めました。大田区民としても、これからのボブスレーの活躍に期待しています。図案をシンプルにすることで、見た方にインパクトを与えられる様な作品にしました。
-----

デザインとして成立してないでしょ。アイテムを無闇に貼り付けただけ。子供の頃に必死で見てた図鑑の「動物のからだの大きさの違い」のページなんかを思い出しました。心剰りて技術足らず、それじゃ「ものづくり」の心が泣く。

大田区でボブスレー、ご存知ない方のためにざっくり紹介するとこんな具合。

-----
下町ボブスレーは大田区の中小町工場が中心となり、世界の舞台で戦える国産マシンの開発をしようというモノづくりプロジェクトです。
-----

大田区トップページ上にリンクが張られている、「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」のサイトにある文言です。つまり行政が後押ししてるってところがミソ。(2014年3月にNHK BSプレミアムで放送されたドラマの名前でもある。TBSの「下町ロケット」に先行したわけ。)
町工場100社が協力し合って競技用の雪橇を作り上げる、そりゃいいこってす。日本代表チームから不採用食らったのがご不満顔ですが、幸いジャマイカに拾ってもらってるし。映画「Cool Running」を思い出すな。

でもそれが区の原付ナンバープレートになるってなことだと話は全く別です。マスコミに踊らされてるだけじゃねえかよ(>o<")。てか、飛行機とボブスレーを無理くり載っけたような原チャリに、アナタ乗りたいですか??
あたしゃヤだね、と気丈でActiveなおツル婆ちゃんが。

同じ大田区公募でも、PRキャラクターやシンボルマークと異なる点は次のとおり。

・募集期間:2015.09.11〜10.30〔⇔ PRキャラクター/シンボルマークは2015.10.01〜11.30〕
・担当部署:大田区課税課管理係〔⇔ 総務課〕
・応募資格:区内在住/在勤/在学者限定〔⇔ 全国〕
・採用作への対価:図書カード 3万円相当〔⇔ 現金 30万円〕
・応募総数:72点〔⇔ PRキャラクター 930点・シンボルマーク 911点〕

なぜ別々に公募したんですかねえ、縦割り行政の弊害が云々的なとこはスルーするとして。「応募規定」には妙なことが書かれている。

-----
●デザインは①羽田空港を有し、未来へ躍動する「国際都市おおた」をイメージするものか②大田区の特色を区内外にアピールできるもの。また差別的な表現は含まず、公序良俗に反しないもの。
●応募は1人1点。著作権などの権利がどこにも帰属していないこと、他者に権利が帰属するものを加工したものでないこと(応募作品の著作権などの一切の権利は大田区に帰属します)。
-----

ほぅれやっぱり田舎公募でしょ。書きぶりが微妙に変だし、盛りアイテムを示唆あるいは誘導するガイダンスは、地方のとりわけ中小自治体によく見られる手法。大都市において妥当するやり方だとは思わない、ツルは。
百歩譲って、人の多く集まっているところでは特定のイメージの共有など困難である、だからガイダンスを出してやるのだ、という考え方はあるにせよ、だ。

≪税吏の知ったこっちゃないよ≫

因みに、「他者に権利が帰属するものを加工したものでないこと」と一札入れるのは、例の五輪エンブレム騒動後の流行りです。

ツル思へらく、目下の人気から言えばなぜ「ロケット」の方を使わなんだのだという声も聞こえてきそうだ。けれどこのガイダンスを見るに、飛行機の上をいく未来感あるネタを盛るわけにはいかなかったんでしょう(そこは三点盛りの発想もあったかもだが)。
あ、でも、ご当地ナンバープレートの波が原チャリから自動車にまで及んだあかつきには、ほんとにロケット描いちゃうかもな。

うーむ、ツルとしてはこんなんじゃなくて垂水秀行にでもデザインしてほしかったわぁ(依怙贔屓)。

てなわけで、以上、アサヒ十六茶がご当地キャラクターを使わなくなった2016年春先の「悪夢」シリーズ、一巻の終わりです。

2016年2月25日 (木)

【番外編】悪夢、退散(大田区シンボルマーク・東京都シンボルマーク・大邱百貨店シンボルマーク)

(承前)

cf.
2015.11.24「大田区を襲う悪夢(となるか?)」
2015.12.28「思ったより悪夢、まさかの正夢?:その1」

さて、東京都大田区の田舎公募、キャラを斬ったからにはシンボルマークもってことになるんですが。

大田区シンボルマーク候補

〔投票結果〕
 候補1 11,901票
 候補2 4,743票
 候補3 19,903票

こちらの方はあまり申しあげることないんですよね、ツルは。伝統的自治体章スタイルを色濃く残した候補1が案外善戦したなって思うぐらいで。
採用されたのは候補3。

東京都大田区
大田区シンボルマーク
高橋恵佑
大田区シンボルマーク

このデザイン、ツルは好きですねえ。「丸にブーメラン」や「へのへのもへじ」の呪縛からは解放されてて、何より立体性もあるし。Moving Logoに仕立てても、弾むゴム毬みたいな感じで何か面白い動きを見せてくれそう。

日本の家紋のこのあたりにも相通じる美意識って気がする。

〔籠目釜敷紋〕
籠目釜敷

〔角宝結び紋〕
角宝結び

〔三つ寄せ角宝結び紋〕
三つ寄せ角宝結び

こーゆー編み編み系の文様、実は大好きなんすよ〜〜。
(ふと気になって調べてみたら、「美意識」なる言葉を使ったのって、3年以上やってきてる本シリーズで過去1回しかなかった。2ヵ月足らずだった「家紋夜話」では4回も登場したのに。キャラとかロゴとかと「美」ってものが結びつかなかったのネ、ツルの中ではww。)

「色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにするなど、ユニバーサルデザインに配慮したデザインであること」という条件に高橋が出した答えは、単一系統の色味に絞った濃淡3段階の使い分けだったらしい(候補2でも同様ってとこかな)。
この点、いわゆる「丸ブー」に最も近く、[赤丸]を用いた候補1ではどのような配慮が払われたのか、作者に聞いてみたい気がします。もっともこの問題は、「最近、UDフォント使えとかなんとかイロイロうるさいから要項に一文入れとこう」的な、担当者の思いつき程度のものだったんじゃないかとも思えるんだけど。(誰か、もっとわかりやすくて議論に値するUDの解説サイト作って下さい!)

高橋についての詳細は不明ですが、名前でググると、宮城県仙台市出身、宮城大学事業構想学部デザイン情報学科卒業、埼玉県在住の会社員兼デザイナー氏がヒットする。この人物であれば現在24歳の若手です。一方キャラの榮一は御歳七十四のハズ、まさに好対照(^_^)。

因みにこちらは「原作者コメント」もほとんど変えられていません。(ただしタイトルは「制作者コメント」から「原作者コメント」に変えられている。大田区の今回の二つの公募では、「原案」や「原作者」ということが必要以上に強調されている印象で、そこがまた逆に田舎臭くてイヤなんだけど。)

(区民投票&意見公募時)
-----
安心な住まい、世界に誇る技術、日本の文化がひろがりをもって発展していく。そんな未来を目指す街であればいいと思いました。
-----

(最終)
-----
安心な住まい、世界に誇る技術、日本の文化がひろがりをもって発展していく。そんな未来を目指すまちであればいいと思いました。
-----

この候補3の文章を読んでツルが最初に思ったのは、他候補から大きく抜きん出たレベル感です。

〔候補1〕
-----
大田区のイニシャル[O]、翼・若葉・太陽・海と空をモチーフにデザイン。全体で未来に羽ばたく国際都市おおたを力強く表現。
-----

〔候補2〕
-----
大田区の頭文字[大]をモチーフに、陸空の交通の要衝として空路・陸路の[ライン]が交わり人の集うイメージを描きました。
-----

おわかりでしょ。候補3では「これは大田区のイニシャル[大]を云々・・・」みたいな表層の「説明」に堕していない、一切。そこら辺はすっぱり捨象して、込めた「思い」を語っているわけです、それだけを。
このことはキャラ公募の方でも感じていた。

〔候補A〕
-----
区の花[ウメ]をモチーフにかわいらしいデザインにしました。オーちゃんと並んだ時バランスがよくなるよう心掛けました。
-----

〔候補B〕
-----
世界に誇る大田区の町工場技術に憧れ、魅力発信とPRを頑張るモノづくりの世界の探検が大好きな[梅の花]の妖精です。
-----

〔候補C:採用作品〕
-----
羽田空港の[飛行機]をかたどった被り物をかぶった[ウサギ]。桜坂の[桜]の花びらの首飾りをつけている。[銭湯]でほっこりするのが大好き。
-----

この中では候補Bが多少は近い書きぶりだろうか(でもデザイン自体に力がなかったんだけどね)。最低は候補A、これなら「区の花」の3文字の情報だけで済みます。榮一の候補Cも単に盛りアイテムの説明をしただけ。

こんなこともあって、ツルは候補3が選ばれればいいと願っていた。

ともあれ、この図↓のブランクに入るべきデザインは決まったわけだ。ま、取り敢えず恥ずかしくないものにはなったんじゃないですかね、こっちは。

大田区シンボルマーク募集

願わくば後々類似問題でモメないことを。こんな前例もあることだし↓。

東京都
シンボルマーク
レイ吉村(吉村礼次:米国)
東京都シンボルマーク

韓国 大邱(テグ)広域市中区
大邱百貨店
シンボルマーク
大邱百貨店シンボルマーク

こりゃまずいよな。前者の制定は1989.06.01、後者は1986.05.01。割と有名になった事例ですよね、東京都が韓国企業のCIを盗用した(のじゃないか)ってことで。吉村は当時いわば時代の寵児的売れっ子だったデザイナーで、「CI」の概念を日本に持ち込み、MAZDA・(旧)KOKUYO・(旧)Daiei等のロゴ類のデザインで知られる。
ポイントは、この類似が注目されたのが2007年11月だってとこです(韓国の中央日報が報じた)。20年経っても火種は火種・・・。

最後にもう1点、笞打っとくとしましょうか。
大田区サイトには、PRキャラクターと同様「デザインは原案を一部補正しております」と出ているけど、どこが手直しされたのかよくわかりません。
でもしげしげ見るとこの図柄、裏側の[大]の中心で5つの線が交わる部分の処理がいまいちキレイじゃないんです。線の太さにも微妙な不具合がある。ここを補整せんでどうするかいっ。

2016年2月23日 (火)

【番外編】エアポートのある街で‥‥‥‥‥‥の悪夢(小美玉市キャラ)

(承前)

こりんごさまからコメントいただいた、大田区公式PRキャラクターが似てるというお相手はこれですね。

【2013.05.25「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。:上」】
茨城県小美玉市
小美玉観光協会
マスコットキャラクター
おみたん
小山朝子
おみたん

あんまり似てる印象は持ってなかったけど、やっぱり錯塩キャラのスタイルで、[飛行機]盛って、違いはプラットフォームが[牛]か[兎]かってとこぐらいになれば、こんなところには必ず行き着くんでしょう。大田区キャラだって始終桶&手拭い抱えてるわけにはいかないだろうし。

あのさ、ゆるキャライベントなんかだと、この丑と卯とがお相撲取ったりすることもあり得るんでしょ。想像するだにコワイわ。とんだ鳥獣戯画ネ。

個人的には、同じ国際空港とはいえ、茨城空港と羽田空港じゃ天と地ほどの差があると思いますがねー、率直に言って。
いや、そうじゃないのかも。二つのAirportが同じ土俵で斗える、対等に伍することのできる唯一の場がご当地キャラの世界ということであろうか

さらにだよ。小美玉市キャラの候補の中には、こんな仰天作品が埋もれていたのだ。

茨城県小美玉市
小美玉観光協会
(一次審査通過作品)マスコットキャラクター
(作者不明)
小美玉市キャラクター 一次審査通過作品

うっ、うわーー、誰やこれ![飛行機]の[かぶりモノ系]なとこから機体いや体の[黄色]までおんなじ。

大田区PRキャラクター(最終版)

黄色をベースカラーにしたキャラクターというのも、太陽かヒマワリをプラットフォームにしたもの以外はあまりない気がする。「しこちゅ〜」by 歩美や「エコぴよ」by 佐藤秀子、「はばタン」by JUNBOwぐらいですか(cf.【その24】・2015.05.01【その24の2】・【その123】・2016.01.17「21年目の朝に」)。ということは・・・

しかし、確かに限りなく濃密な錯塩ではあるけれど、それでも何かが「これは真正塩キャラじゃない」と囁きます。[腕]の華奢さ、歩み寄る[足]と差し出した[ハート]の小ささ、[口]の大きさと輪郭のないことと色合いの鮮やかさ、[前髪ちょろ]の丸っこさ、そんなとこですかね。要するに中心性肥大的、体軸性肥満的(ステロイド使ってるのかしら)。1.5頭身程度という、ゆるキャラの中でもかなり極端なバランスから来る全体的印象でもあるんだろう。
まっ、ならば本歌取りのパクりパクられの関係が逆転するってだけのことで、結局一族の創造力の涸渇は否めない、その見方は変わらない。

じゃあこちらの黄色い飛行機キャラが誰の作品なのかというところは、ツルにはわかりません。疑わしいもの、心当たりの向きはあり過ぎるほどあるんですけどさ。豹変君子の深川重一とか、意表を突いて谷掛友紀(作品に[寅]キャラの「た伊賀ーくん」がある;cf. 2014.03.21「新しい才能も ―― 友のパクリに我は泣く」)とかあたりですかねえ??違うよなあ。高木茂則、三巻保征、盛 秀雄の線も捨て難いか。さらに裏の裏をかいて、これまでが小山朝子/柿沼朝子だったりして。あーあ、こっちの鑑定力も摩耗してるよなあ。

でも、そんな詮索も空しい作業。きっと「錯塩」という以上の意義はないのだろうから。(ばっさり)

(続く)

2016年2月21日 (日)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その156:大田区PRキャラ)其の弐

(承前)

大田区PRキャラ制定における「田舎公募」っぷり、第4の要素は、要項上「既存デザインの模倣は審査の対象外」とまで明記しながら、テンプレキャラを選んでしまったこと。

大田区PRキャラクター(最終版)

既にツルは以下のものとの類似を挙げました。

【その133】
北海道古平郡古平町
ふるっぴ〜
塩崎歩美
ふるっぴ〜

【2015.12.30「無明の闇(その10)」】
茨城県水戸市
学校法人常磐大学
ときわんこ
ときわんこ2

-----
【2018.05.19 追記】
ときわんこの作者、判明しました。詳しくは【無明の闇(その10)」】をご覧下さい。
-----

大田区は少なくとも「ときわんこ」のことは知ってたんですよね。なんとなれば、ツルが;

-----
候補Cは、数年前から茨城県水戸市の学校法人常磐学園が運用している「ときわんこ」に類似しており、大田区のシンボルとして受け入れ難く思います。よろしくご調査ご検討のほどお願いいたします。
-----

と「意見」してやったからさっ(+_+)(+_+)。傍観者、あるいは安楽椅子探偵ならぬ安楽椅子キャラハンター/Armchair Salt Hunterから微妙に抜け出したんです、実は(大伏線)。
でもまあ、大田区はツルの一声を、強いて取り上げるべきものとは受け取らなかったわけだ

愚blogにいつも情報を寄せて下さるこりんごさまのお見立てによれば、茨城県小美玉市にも兄弟はいる。この辺りはいずれまた取り上げる機会もあるでしょう、フフフ(^_-)。

第5のポイントとしてツルが最も気になっているのは、榮一デザインが[手桶&手拭い]を抱えた「銭湯キャラ」であることです。

先週末、2月13日の土曜日に、大田区では「第12回おおた銭湯ウォーキング」というイベントが行われていた。全国で2月として最高の気温を記録したとかいうあの日です。当日、ツルがご近所の武蔵新田(むさしにった)の商店街を歩いてたら、何やらパンフ様のものを手にした明らかにPottering的な人達を多く見かけて、ああそうだ町なかの掲示板にそんなポスターが貼り出してあったと思い出した次第。

第12回おおた銭湯ウォーキング

-----
大田区全6コースの二順目ラストとなる今回は、ドラマ「下町ロケット」佃製作所のロケ地(桂川精螺製作所)がある下丸子コースです。「多摩川七福神×銭湯×商店街×観光名所をめぐり、歩いた後に大きなお風呂で、心も体もホットになろう!!」
-----

01. 第二栗の湯
02. 都湯(脱衣場見学)
03. 六所神社
04. 蓮光院
05. 妙蓮塚三体地蔵尊
06. ★頓兵衛地蔵(布袋尊)
07. ★矢口中稲荷神社(福禄寿)
08. 洋菓子 Bon Bien
09. 酒 北嶋屋
10. ★新田神社(恵比寿)
  ☆多摩川七福神スタンプ設置
11. ★氷川神社(大黒天)
12. 食料品 福屋
13. 新田浴場(黒湯見本展示)
14. 豆富司 みしまや
15. ★十寄神社(十騎神社:じっきじんじゃ/とよせじんじゃ)(毘沙門天)
16. ★延命寺(寿老人)
17. 伊勢屋餅菓子店(矢口渡)
18. 矢口の渡し商店会事務所
19. 多摩川諏訪神社撮影ポイント
20. 多摩川諏訪神社
21. 仁藤豆腐工房
22. 惣菜 うえき
23. 早川商店
24. 御菓子 伊勢
25. 魚千
26. 秀の湯(健脚賞交換カード配付)
27. 第一相模湯(健脚スタンプ設置)
28. 安養寺
29. 多摩川土手
30. 第12回記念タオルデザイン風景ポイント
31. 多摩川大橋地下参道
32. ★東八幡神社(弁財天)
33. 矢口の渡し跡碑(東八幡神社内)
34. 多摩川土手
35. 富士山ビューポイント
36. ドラマ「下町ロケット」佃製作所ロケ地 桂川精螺製作所 看板ビューポイント
37. 古市富士見歩道橋
38. 富士山ビューポイント
39. 矢口特別出張所(ゴール賞&クイズ景品&健脚賞景品引換&町工場ミニ展示&アンケート)

わーー、ほとんどわかるーー、超ローカルぅ(笑)。どこでお風呂に入るのか、肝心なとこがよくわかりませんが。★をつけたのは多摩川七福神。このキャラクターや新田神社のことは愚blogでも取り上げましたね(cf. 2015.01.05〜09「福の神にも浮世の事情」)。
どうやら、17〜31を除いたものがベーシックコース(6km)、これを入れたものが健脚コース(10km)という設定だったらしい。大田浴場連合会の主催で共催は大田観光協会、後援が大田区で協力団体が多数ってところです。天候に恵まれて427名の老若男女が参加したとか。

しかし、は〜〜〜ん。
銭湯が大田区名物だという一般的認識はあまりないと思うんですよね。蒲田の「黒湯温泉」というのがやや知られているぐらいで。

多分、「モノづくり」思想やドラマ「下町ロケット」ブームを取り込んだ候補Bと、羽田空港に因む「飛行機」と「銭湯」ネタを盛った候補Cとの一騎討ちになるだろうとは予想していた。
Bが採用されれば、下丸子・武蔵新田エリアで開催されている「おおたオープンファクトリー」が出番ってなことになるだろうとも(cf. 2012.02.04〜06「下丸子と武蔵新田でイベントが!?」・2013.10.24「工具の花輪に飾られて」・2014.02.15「不運のおおたオープンファクトリー ― 台風と雪に祟られて」)。Cなら当然この「銭湯ウォーキング」での大活躍が期待されるわけだ。

でもね、これって深読みすれば、Cにはご当地の人寄せネタとしてはまだ弱い「SENTO」を盛り立てていこうとする意図が覗いているんじゃないのか。東京五輪に向けて「おもてなし」の土壌作りも図らなきゃいけないし、ここに(セミリタイア状態だった)大御所、塩崎センセイのキャラをぶつけてと。出来レースの疑いにも思いは及ぶ・・・。(因みに大田区では昨年12月に例の「民泊条例」が可決され、早々に1月から施行されてます。)

とにかく真正塩キャラを選んじゃったわけですよ、大田区は。年の瀬の悪夢は早春の正夢となった。ご当地住みで塩キャラ斬りにハマって久しいツルは、何だかここに来て挑戦を受けているような気さえします(大田区から?塩崎一族から?)。

さて、この田舎公募、これで終わりじゃないんです。

-----
公式PRキャラクター名称につきましては、公募を予定しています。募集の詳細については今後、区ホームページ、区報等でお知らせする予定です。
-----

言っとくけど「おーちゃん」てのはだめだよ、もういるから。もともと『区制50周年記念キャラクター「オーちゃん」と親和性があるデザイン』の公募だったのだし(cf. 2015.11.26「大田区を襲う悲劇(となるのか!?)」)。

オーちゃん

「おーたん」や「おおたりん」もマズいだろう。だったら本命は「おーたっち」「おーたっぴ」あたりですかね?
ハラハラはまだまだ続く。

(そう、続く)

2016年2月19日 (金)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その156:大田区PRキャラ)其の壱

(承前)

cf.
2015.11.24「大田区を襲う悪夢(となるか?)」
2015.11.26「大田区を襲う悲劇(となるのか!?)」
2015.12.28〜29「思ったより悪夢、まさかの正夢?」
2015.12.30「無明の闇(その10)」

いやー、やってくれましたねえ、東京都23区の片田舎、おらが在所の大田区が。

2016.02.16、かねてより行われていたシンボルマークとPRキャラクターの公募の結果がついに発表された。前者で選ばれたのは「候補3」(このことはまたいつか)、後者で選ばれたのは「候補C」。

大田区PRキャラクター候補

〔投票結果〕
 候補A 3,794票
 候補B 6,861票
 候補C 25,299票

圧倒的勝利を収めてますしてその作者は。

東京都大田区
大田区公式PRキャラクター
(愛称未定)
塩崎榮一
大田区PRキャラクター(最終版)

♪あなたね やはりあなたなの
 逢えたのね 夢じゃないのね ほんとに

じゃーん、1年近い沈黙を破って(ほとぼりが冷めたとも言えるのかしら)美しき浪漫の復活、ですよっ(T-T)(T-T)。誠にもって御同慶の至り。(ツルもだいぶイカレとる

-----
(2016.02.16 大田区サイト)

大田区公式PRキャラクターが決定しました!!

区制70周年を契機に、大田区の魅力を区内外に発信し、大田区への愛着を深めるために募集した大田区公式PRキャラクターに、この度、930点の募集がありました。第1回選考委員会で選出された3点の作品に対して区民投票を実施し、第2回選考委員会を経て、最終審査を行った結果、こちらのデザインに決定いたしました。(デザインは原案を一部補正しております。)公式PRキャラクターは、区制70周年記念事業、各種印刷物への掲載や区のPR活動等への活用を予定しています。なお、大田区公式PRキャラクターデザインの著作権は大田区に帰属します。
-----

アラ大田区役所さん、「930点の募集」は「930点の応募」の間違いですわよヾ(@゜▽゜@)ノ。

応募案はこうだった。

大田区PRキャラクター(応募案)

[区章]がなくなったんですね。
前に書いた;

-----
ツルは予言する。候補Bと候補Cには現在大田区の[区章]がお腹に入っているわけだけれども、今回の趣旨からして、別途公募のシンボルマークに差し替えられるであろうと。
-----

というのは外れたわけだけれど、まあ当たらずと言えども遠からずであったということで(汗)。

「原作者コメント」も微妙に手が加えられた。

-----
(区民投票&意見公募時)

羽田空港の[飛行機]をかたどった被り物をかぶった[ウサギ]。桜坂の[桜]の花びらの首飾りをつけている。[銭湯]でほっこりするのが大好き。
-----

-----
(最終)

羽田空港の[飛行機]をかたどった被り物をかぶった[生き物]。桜坂の[桜]の花びらの首飾りをつけています。[銭湯]でほっこりするのが大好きです。
-----

おう、ウサギ → (謎の)生き物に変えられてるんですねぇ。[USA系]、すなわちUnidentified Small Animal系に分類すべきなのか。まーねー、「意見公募」で「なぜ大田区でウサギ!?」てな声が多かったんですかね。あ、どっちにせよウサちゃん系だ(笑)。

この公募、前に取り上げた時には「まともだ」と書いたけど、その後、実はとんでもない田舎公募ではなかったかとツルは疑い始めてたんです。結果が発表されてみると、やっぱりNGという気がしてなりません。
まず、募集要項を抜粋してみると。

-----
7 選考方法
(1)「大田区PRキャラクターデザイン選考委員会」で選考を行い、優秀デザイン原案3点を決定します。
(2)優秀デザイン原案3点について、公募により意見を募集します。
(3)上記(1)、(2)の結果を総合的に判断し、採用デザイン原案を決定します。
(4)応募の状況によっては、採用デザイン無しということもあり得ますのでご了承ください。
(5)既存デザインの模倣、公序良俗その他法令の定めに反するもの又は第三者の権利を侵害しているものは、審査の対象外となります。採用決定後にこれらの条件に違反していたことが判明した場合は、決定を無効とします。

8 審査結果の発表
平成28年1月下旬頃、大田区ホームページ上で発表します。
※デザイン原案採用者等には別途ご連絡します。

9 デザイン採用者等への謝礼
最優秀賞(採用デザイン) 1点 30万円(予定)
優秀賞 2点 各3万円(予定)
-----

ふむふむ。大盤振る舞いな本公募のどこが「田舎公募」なのか?

まず、発表が「1月下旬頃」→2月16日にずれ込んだことです。そもそも本公募は2015.10.01〜11.30に募集が行われ、12.14〜2016.01.03に「公募により意見を募集」を兼ねて区民投票が行われたもの。そこから考えると、2016.01下旬の発表などハナから無理だったのではないか。∵類似調査の期間が十分に取れるとは到底思えないからです。スケジューリングがぐでぐでだった、あるいは「類似」の問題を蔑ろにしていたところがまず「田舎」。

第2の田舎公募要素は、「優秀賞 2点」をきちんとした形で発表していないことで、これではAとBはあくまで「最優秀作品候補」のままに過ぎない。むろん作者名も非公表です、チッ。
つまり、初めから採用作品1点のみの選出としていた群馬県北群馬郡の榛東村と同じ結果に見えるわけ(cf. 2015.12.20「下ぶくれなる謎の神々:3粒目」)。違うのは、採用作品の作者名を公表した点だけです。

後は、毎月1日、11日、21日発行の「おおた区報」にどう載るかですな。Bは、どうしても空洞を穿ったように見えちゃう「目」の表現からして、草野敬一作品ではないかという気はするけど。Aは塩辛過ぎて絞り込めません、未熟者ツルには。

第3に、デザイン募集から区民投票&意見公募までの情報をサイトからとっとと削除してしまったこと。またもや榛東村と同様です(cf. 2015.12.22「★の瞳に希望の光」)。好ましからざる傾向だよ。これに気づいた辺りから「田舎公募性」を懸念してたんですがw。

♪お江戸なれどもサーハーエ
 大田の郷はサー
 北も南もサーハーエ
 片田舎 コーラサンサエー

♪田舎なれどもサーハーエ
 南部の国はサー
 西も東もサーハーエ
 金の山 コーラサンサエー

これ、確かに難しい内容を孕んでいるとは思うのだよね。純粋に権利の帰属の問題としてのみ考えれば、次点作品は通常、著作権が制定側に移転しない。後は作者側がどうしようが、制定側の知ったこっちゃない or 手出しはできないという理屈になる。
でもそれって、安易な使い回しとテンプレガイダーの跳梁跋扈、金太郎飴的類似キャラの乱立に行政が手を貸しているってことではないのか。本公募の募集要項にだって「公序良俗に反するものものは審査の対象外」って書いてあるのに、権利の濫用、公共の福祉への脅威、国家的損失であるっっ。けけけ。

叩けばまだまだ埃は舞い上がりますが、今日はひとまずここまで。

― Inspired by「霧のめぐり逢い」岩崎宏美(1976.08.01リリース)& 岩手県民謡「南部牛追唄」―

(続く)

2016年2月17日 (水)

【番外編】“サルでも採用されるtechnique”の嘘:その5(武蔵村山市・北塩原村 ナンバープレート)

(承前)

北野作品で2013年8月に発表されたのが次のもの。

東京都武蔵村山市
ご当地ナンバープレート
北野公一(69歳:和歌山県田辺市:デザイナー)
武蔵村山市ナンバープレート)

-----
村山デエダラまつりの象徴的存在の「眼光鋭い[デエダラボッチ]」と自然豊かな狭山丘陵に咲く「[カタクリ]の花」を配し、剛と柔の両面を取り入れ、シンプルに武蔵村山市の特徴を表現。上部の形状はデエダラボッチが両腕を広げたイメージに仕上げました。
-----

あれ、狭山丘陵のカタクリってつい最近取り上げた気が・・・。これこれ。

【2016.01.29〜31「花めかしたりや、きらめかしたりや」】
東京都西多摩郡瑞穂町
みずほ・きらめき回廊
〔ロゴマーク〕
濱口温男
みずほ・きらめき回廊(最終版)

〔愛称〕
濱口温男
みずほ・きらめき回廊 愛称デザイン

図柄はツツジなんですがね。瑞穂町って武蔵村山市の隣なんだ、はぁぁ。因みに瑞穂町で決定されたのは2014年3月。

しかし武蔵村山市ナンバープレートで目を惹くのはやっぱり「剛」の方です。でもこのデザインだったら、剛と柔のバランスもへったくれもなくて剛の印象しか残らない。後続車のスピード抑制の効果はあるやろうけど(あるいは「高山植物盗掘禁止」のステッカーあたりに使えるもしれない)。
デエダラボッチってこんな隈取りみたいな目許をしているものだっけ??と思ったら、これは「村山デエダラまつり」の山車をそのまんま写した風情。

村山デエダラまつり 山車

何これ???ねぶた/ねぷたの二番煎じじゃん。この表現に武蔵村山市のLocalityはまるでない。そこに乗っかったのが北野のデザインということになる。

この山車はホントに青森のねぶた製作団体に発注したものらしい。このお祭り、以前は「農業・産業祭」と呼ばれていたものを、日産自動車の工場の閉鎖後、その跡地を会場として観光誘致のために改称したものだとか。つまりはそういうイベントなんでしょう

そもそもダイダラボッチ/大多羅法師などというのは(ご当地を含め)全国に伝わる伝承であり、それを敢えてご当地ネタに祭り上げてしまったわけ。2015年秋で第10回目の開催だった。
新しいふるさと興しに力を入れる、それはいい。けれど借り物の発想でいいの?それじゃ永遠にねぶたは超えられないんだよ(各地の「よさこい」にも言えること)。

武蔵村山市のプレートから「剛」の要素を削ればこうなります。

福島県耶麻郡北塩原村
ご当地ナンバープレート
北野公一(和歌山県田辺市)
北塩原村ナンバープレート

2014年3月の決定です。
盛りアイテムとして、[桧原湖]+[磐梯山]+[大塩川]+村の花[ミズバショウ]、あたりまではまあよろしい(テンプレであるにせよ)。けれど、[高原野菜]というのも入っているだとか。どこがじゃ!?と思ったらどうやら左下の下草みたいなのがそれらしい・・・。びっくりです。
実はこれ、2014年2月発表の次のものと処理のしかたが一緒なんですよね。

大阪府泉佐野市・泉南市・泉南郡田尻町
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
(優秀賞)
北野公一(和歌山県田辺市)
泉佐野市&泉南市&田尻町ナンバープレート(北野案)

ほれ、やっぱり時期が近いとデザインも必要以上に似る。そこをテンプレ仕事だというんです。

因みにミズバショウ/Lysichiton camtschatcenseはサトイモ科のご多分に漏れず有毒植物。お野菜と一緒に描いちゃったのネ


以上見てきた北野作品、〆て13点(うち次点6点)。これは確かに垂水に次ぐものであり、それなりの実績を上げているとは言える。けれどその内容たるや、ツルには納得のいかないところが多かったし、テンプレMethodの限界ということも如実に感じた。

今後も地域振興の名を借りて、ご当地ナンバープレートはなにがしか増えていくんでしょう。2020年の五輪を睨んで自動車にも拡がっていくのだろうと思う。
でもその頃には、日本の国の少子高齢化とか人口減少とか労働力低下とか地域コミュニティ崩壊とかの問題は、平成大合併 → 丸ブー自治体章/シンボルマーク → ご当地キャラ → ご当地ナンバープレートと進行してきた一連の流れに、もはやかかずらっていられないレベルにまで達するのではないかと懸念します。

日経研の地域未来研究センターにはそのあたりのことが聞いてみたいんですよ(cf. 2016.01.09〜13「もうやめようよ、ご当地ナンバープレートとか。 ―― 日本経済研究所のこと」)。ああ、北野にでもいいけど。

2016年2月15日 (月)

【番外編】“サルでも採用されるtechnique”の嘘:その4(堺市・宗像市・上富田町 ナンバープレート)

(承前)

ご当地ナンバープレートの一つの特徴と言えば、変形プレート(微笑)ということになるわけで。

大阪府堺市
堺市原動機付自転車オリジナルナンバープレート
北野公一(68歳:和歌山県田辺市:デザイナー)
堺市ナンバープレート

-----
(2011.09.29 Kyodo News 抜粋)

[古墳]のイメージを形状とラインで表現し、[旧堺燈台](現地に現存する木造洋式燈台としては、わが国で最も古いものの一つ)のイラストを右側に配したデザインで、歴史と文化を活かしたまちづくりを推進する堺市にとってふさわしいデザインです。
-----

応募総数 211点だからこの手の公募としてはかなり多い方だと思うけど、その中からこれをわざわざ選んだというのはなかなかのブラックジョークですね・・・バイクの後ろにお墓のデザイン。

この盛りアイテムとくれば、これを思い出す。

【その100】
大阪府堺市堺区
マスコットキャラクター
(佳作)さかいくん
塩崎エイイチ
さかいくん

しかし、[古墳]+[旧堺燈台]でなぜ「文化」が表され得るのか疑問です、「歴史」、あるいは「文明」ならよろしいとしても。

ツルはScubaをやるんですが(愚blogではほとんど書いたことないけど)、海中からエキジットする時の感覚にさせてくれるのが次のデザイン。

福岡県宗像市
世界遺産登録PRナンバープレート
北野公一(69歳:和歌山県田辺市:デザイナー)
宗像市ナンバープレート

[宗像大社](正確にはその辺津宮というべきだろう)と、[玄海灘]の彼方に見はるかす[沖ノ島](宗像大社の沖津宮である)を描いたと思われますが、波の底にも宮居の候ふかや。平家物語状態、あるいはわだつみのいろこの宮ですかねww。

この公募はある意味、他とは最も大きく異なるかもしれない。担当したのが税務畑ではなく、宗像市世界遺産登録推進室という部署だからです(新市制10周年記念事業でもあった)。

海の正倉院、宗像大社のことは以前深掘りしましたが(cf. 2012.03.18〜19「八王子 − 三女神・宗像大社・厳島神社に近づいてみた」)、現在、世界文化遺産の暫定リスト入りしてます。
これを受けて2009年1月から福岡県内に以下の組織ができていて、目指せ世界遺産登録ってなことでイロイロ取り組んでいるという現状。既に推薦書も先月日本政府からユネスコに提出され、来年夏に審査を受けるらしい。今も女人禁制の島なので、現地審査の際にモメるに違いないわ。

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議

会長:
 福岡県知事 小川 洋

副会長:
 宗像市長 谷井博美
 福津市長 小山達生

事務局:
 福岡県企画・地域振興部 総合政策課 世界遺産登録推進室

連絡先:
 福岡県企画・地域振興部 総合政策課 世界遺産登録推進室
 宗像市経営企画課 世界遺産登録推進室
 福津市世界遺産登録推進室

で、ナンバープレートは2012年10月に発表された後、交付初日の2013年7月1日には、市役所で宗像大社に報告に行ったり「交付式」を行ったり、地元の郵便局とJAでは所有バイク全てをこれに交換して「出発式」をやったりと大わらわだった次第。
和歌山から駆けつけた北野曰く;

「素晴らしいナンバープレートが完成して感動しました。多くの人に、このプレートを気に入ってもらえて大変うれしいです。これからも世界遺産登録活動をさらに盛り上げていってほしいです」

と^ロ^;。

堺市と同じく変形プレートとしたのは次のケース。

和歌山県西牟婁郡上富田町(にしむろぐん かみとんだちょう)
ご当地ナンバープレート
北野公一(和歌山県田辺市:自営業)
上富田町ナンバープレート

-----
上富田町のフレーズの「水も緑も人情も」にそって、水−[富田川]、緑−町の木[ヤマモモ」と町の花[サクラ]、人情−ひょうたんを配した“上富田町らしさ”を表現し、形状では[ひょうたん]をモチーフにしたプレートに仕上げました。
-----

まあね。カットアウトしなかったらそれこそ何の辺哲もないものになっていたことでしょう。
ここでも2013年7月29日の発表に北野は列席していて;

-----
(2013.07.29 紀伊民報 抜粋)

この日、町役場でデザインした田辺市稲成町、自営業北野公一さんに小出隆道町長が「すてきなデザインをありがとうございます」と賞状を贈った。北野さんは「このナンバープレートを付けて走ってもらえればうれしい」と話した。
-----

あ、おそらくその時一緒に「3万円相当の金券」も渡されたのね

もっとも、田辺市在住の北野にしてみれば上富田町はお隣ということになるので、そこは宗像市とは大きく違います。
・・・ハッ(゜ロ゜)、もしやご当地出来レース?(こらこら)


〔参考①〕
-----
(平家物語 「先帝身投」より)

この国は粟散辺土と申して、心憂き境にて候ふ。あの波の下にこそ、極楽浄土とて、めでたき都の候ふ。それへ具し参らせ候ふぞと、様々に慰め参らせしかば、山鳩色の御衣に角髪結はせ給ひて、御涙に溺れ、小さう美しき御手を合はせ、先づ東に向かはせ給ひて、伊勢大神宮に御暇申させ給ひ、その後西に向かはせ給ひて、御念仏ありしかば、二位尼先帝を抱き参らせて、「波の底にも都の候ふぞ」と慰め参らせて、千尋の底に沈み給ふ。悲しきかな、無情の春の風、たちまちに花の御姿を散らし、いたましきかな、分段の荒き波、玉体を沈め奉る。
-----

〔参考②〕
わだつみのいろこの宮
青木 繁(1882(M15).07.13〜1911(M44).03.25:福岡県久留米市出身)
わだつみのいろこの宮

*:「いろこ」=「いを」の「うろこ」=「魚の鱗」

(続く)

2016年2月13日 (土)

【番外編】“サルでも採用されるtechnique”の嘘:その3(大津市・亀山市・沼田市 ナンバープレート)

(承前)

北野と垂水、一つの大きな違いは、既存デザインすなわちキャラクターや自治体章等の取り込みに対する態度。前者は前回の綾瀬市ナンバープレートでも見たとおり寛容あるいは積極的、後者は厳格あるいは消極的。北野にはまだまだそうした作品がある。

滋賀県大津市
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
(優秀賞)
北野公一(70歳:和歌山県田辺市:会社経営)
大津市ナンバープレート

-----
[琵琶湖]湖畔に位置する大津市の[地形]と[比良山系]の遠望と、市のキャラクター[おおつ光ルくん]と市の鳥[ユリカモメ]の図を配し、観光のPRと市民からも親しまれるオリジナルプレートに仕上げました。
-----

ああ、やっぱりこうか。デザインを見ても文章を読んでも、テンプレートに従ってるとしか言えない印象。

この公募も「郷土への愛着の醸成や観光振興」を謳っているけれども、前から書いているとおり、ツルはご当地ナンバープレートが観光振興に果たす役割なんてものについてはほぼ全否定あるいは懐疑的です。

(最優秀賞)
江盛麻理(38歳:広島市佐伯区:会社員)

もちろん北野だって、出ると負け、ではない。大津市と同じく2014年9月にナンバープレートを発表したこのご当地では、見事採用の栄に浴した。

三重県亀山市
ご当地ナンバープレート(原付バイク)
北野公一(71歳:和歌山県田辺市:グラフィックデザイナー)
亀山市ナンバープレート

はいな、これ↓への回答ですね。

-----
【2015.11.15「地方都市に見るBranding例:上」】

・・・「亀」の名にし負うご当地は他にもあるけど、そのことはまたいつか(^_-)。
-----

「亀みたいにゆったり走ろう」になってるわけ。(逆に言うと丸亀市でもいけますコレ
右上に描き添えられたのは、[カメのぶんちゃん]。ほんとにダブルの[亀]にしなきゃならなかったのかどうかは疑問ですが。

制定プロセスも亀みたいにのんびりで;

2013.10.01〜11.29 募集
2014.07.01〜08.15 市民投票による最終審査
2014.09.26 発表
2015.01.11 市制施行10周年記念式典で表彰
2015.01.13 交付開始

と、足かけ3年かかっている。一体何があったことやら、市長が交代したわけでもないのに・・・。
投票結果は次のとおり(投票総数1,312票)。

(最優秀作品)
北野公一(和歌山県田辺市) 519票(40%)

(優秀作品)
池山ゆみ(三重県亀山市) 279票(21%)
立志哲洋(東京都江東区) 279票
羽山智奈津(三重県亀山市) 216票

綾瀬市と逆に、北野が浮いて立志が沈んだわけ。

群馬県沼田市
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
(優秀賞)
北野公一(和歌山県田辺市)
沼田市ナンバープレート(北野案)

白黒ですみませんねぇ。市制施行60周年記念事業として2014年11月頃に発表されたものです。
こりゃまたインパクト大な[天狗]のデザイン、それにエグいほどのコントラストで対峙するのがご当地トリオ、[ぬまたんち]。左から「ぬっくん」「まっくん」「たっくん」の妖精さんキャラっす。

ご当地と言えば「沼田まつり」、「沼田まつり」と言えば「天狗みこし」。毎年8月初めのド暑い盛り、大きな天狗の面を御輿に仕立てて約300人の女性だけで担ぎ回るという、はなはだ放埒なお祭りです(画像のない方がエロい妄想を一層掻き立てられるかも)。
そこら辺ツルも立派な中年男ですが、そういうイヤらしい目で見ちゃいけないのよ、古来育まれてきた行事なのだから、と書こうとしたら様子が違っていた。

-----
(沼田市サイト)

天狗みこしは、昭和47(1972)年に沼田まつりに登場しました。当初は昭和45(1970)年に大天狗奉賛会が交通安全を祈願し迦葉山[引用註:かしょうざん]に奉納した張子の大天狗面をみこしに仕立てていました。現在参加している2基は、昭和58(1983)年に沼田青年会議所が諸願成就を祈念し迦葉山に奉納した張子の大天狗面と、平成11(1999)年に沼田商工会議所青年部が観光PRを目的に作製し上之町天狗プラザに安置されているFRP(繊維強化プラスチック)製の大天狗面を、それぞれみこしに仕立てたものです。
-----

うっわー、どこからどこまで微妙。どうせなら発泡スチロールの方がもっと軽くて済むんじゃない!?

(最優秀賞)
鈴木眞次(広島市)

(優秀賞)
北野公一(和歌山県田辺市)
工藤奈都未(宮城県仙台市)

既存キャラを使うくらいなら公募なんてしなくてよくね?と思っちゃうわけでありまして(暴論か)。
見方を変えれば、垂水の「負けない」理由、北野の「勝てない」理由もそこにあるのではなかろうかと(もっと暴論か)。

(続く)

2016年2月11日 (木)

【番外編】“サルでも採用されるtechnique”の嘘:その2(三原市・綾瀬市・神戸町 ナンバープレート)

(承前)

北野によるご当地ナンバープレート採用作品で最も新しいのは、現在のところ、昨年10月に発表された次のものである(ツル調べ)。

広島県三原市
原付バイクご当地ナンバープレート
北野公一(71歳:和歌山県田辺市)
三原市ナンバープレート

-----
筆影山から望む[瀬戸内海]の多島美,三原城跡の[石垣]に市の花[サツキ],三原の[M]をかたどった青空に,[飛行機]が飛び立つ様子を組み合わせています。
-----

市サイトに載っている「選定基準」がちょっとイタい(>_<)。

-----
・地域性(三原市ならではの特色がある。広くPR効果が期待できる。)
・デザイン性(誰もが取り付けたくなる。シンボルとなる。)
・視認性(標識の文字が読みやすい。色彩がはっきり分かりやすい。)
-----

「[M]をかたどった青空」や「誰もが取り付けたくなる」なんかは笑って読み飛ばすとして、この作品に「三原市ならではの特色がある」とはあまり思えないんだけどね、外部の人間としては。「これは松島です」なんて答える人も多いだろう。

なぜ「三原市」で「飛行機」なのか、確信を持って答えられる人もどれほどいるのかな、ジモティ以外で(「三沢市」じゃねえし)。ツルはわかりませんでした。調べてみると、(旧)三原市は2005年3月22日に豊田郡本郷町・御調郡久井町(みつぎぐん くいちょう)・賀茂郡大和町(だいわちょう)と新設合併しており、広島空港を持つ本郷町が空港ごとやってきたという次第。つまりご当地も「エアポートのある街」になったわけです。この公募自体、合併10周年を記念したものだった。
なあんだ、そういうことか、と納得しかけて、待てよそもそも広島に空港なんてあったっけと思ったらm(__)m、1993年10月に開港したという比較的新しい空港です。

でもそんなことより、これって前回取り上げた泉佐野市・泉南市・田尻町(2014年2月発表)の焼き直しではないの?ナンバープレートに飛行機を描き込むことで、関空と肩を並べたかったんですかねぇ(^。^)y-゜゜゜。

まーね、あの作家だってこんな一続きを作ってるし。

【2015.11.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;再び」】
福島県喜多方市
ご当地ナンバープレート
垂水秀行
喜多方市ナンバープレート

【2015.11.01「いはばしる バイクの臀の プレートの;〆」】
大阪市北区
情熱うどん讃州
POP 冷やし天中華
(デザイン)垂水秀行
(文字)久保達也
冷やし天中華

でも、北野作品で笑って過ごされないとツルが思うのは次の問題です。

神奈川県綾瀬市
ご当地ナンバープレート(原動機付自転車用)
(優秀賞)
北野公一(和歌山県田辺市)
綾瀬市ナンバープレート(北野案)

-----
デザインへの思い
綾瀬市の花[バラ]をメインに、市の木[やまもみじ]のイラストを配し、市のキャラクター[あやぴぃ]で市民から親しまれ愛されるプレートに仕上げ、綾瀬のまちをバラの花が彩りよく走っているイメージでバラのイラストを大きく表現しました。
-----

最優秀賞のデザインとはまさに同工異曲、なんでこうなるかなってなものですが;

(最優秀賞)
立志哲洋(東京都江東区)
綾瀬市ナンバープレート(立志案)

-----
デザインへの思い
綾瀬市のキャラクター[あやぴぃ]をメインにして、市の花の[バラ]や蓼川、比留川、目久尻川などからなる[河岸段丘]をあらわしました。
また、遥か[富士山]を望む潤いや安らぎのあるまちで安全運転を心がける思いをプレートに込めました。
-----

そこはこの際おいといて。

岐阜県安八郡神戸町(あんぱちぐん ごうどちょう)
ご当地ナンバープレート
小池友基(27歳:群馬県高崎市)
神戸町ナンバープレート

-----
《デザインへの思い》
「大きな[バラ]が目を引き、バラの町である神戸町を広くPRできるナンバープレートをデザインしました。広く町民の皆さんに愛用されることを願っています」
-----

(優秀賞)
北野公一(69歳:和歌山県田辺市)
河出みなみ(14歳:神戸町立神戸中学校2年)

綾瀬市は2014年12月に発表されており、一方神戸町は2012年12月に発表されている(残念ながら、神戸町の次点作品は公開されていません)。
つまり、北野は神戸町の採用作の内容を当然知っていた、その上で2年後に綾瀬市に上掲のデザインを提出したということになる。[バラ]だけではない、下部に描かれた[水]のイメージも小池作品に激似です。

後発の綾瀬市は市職員による選考委員会で決めたというんだけど、類似問題を真面目に考えていなかったんでしょうかねえ。

実は神戸町も綾瀬市も偶然ながら応募総数41点(もちろんどちらも全国対象)。この程度の規模にして既に類似/模倣の問題は深刻なわけです。五輪エンブレム再公募にはこうした輩もこぞって出してきてるんだろう。誠に寒気のするお話。

(続く)

2016年2月 9日 (火)

【番外編】“サルでも採用されるtechnique”の嘘:その1(泉佐野市&泉南市&田尻町・川口市・高原町 ナンバープレート)

昨秋、ご当地ナンバープレートに関して垂水秀行のことを集中的に取り上げた。残酷だけど、今度はその対抗馬として、北野公一を取り上げてみる。

この名前を初めて目にしたのはもうだいぶ前。

【2014.10.12「丸ブー艶競べ [1]」】
兵庫県川辺郡猪名川町
シンボルマーク
北野公一
猪名川町シンボルマーク

これは2005年4月に制定されているから優に十年選手(どころじゃないかも)、平成大合併に伴う自治体章制定が盛んだった頃から公募活動に精出してきた筋金入りのガイダーです。今はそうした自治体の周年記念ロゴなどに手を染めていると見ました。つまり公募キャリアは垂水よりずっと長い。

しかし、ご当地ナンバープレートについては、常に垂水と比べられて割を食い、次第に水を空けられてきた気がする。(はいな、ここが残酷なとこです)

大阪府泉佐野市・泉南市・泉南郡田尻町
原動機付自転車オリジナルナンバープレート
(優秀賞)
北野公一(和歌山県田辺市)
泉佐野市&泉南市&田尻町ナンバープレート(北野案)

-----
デザインに込められた思い
りんくう公園から関西空港を望む姿をスケッチして図案化したもので、海上に浮かぶ[関西空港]をシンプルに表現しました。待機中の[飛行機]の向きを、全体の流れから意識的に変えてみました。
-----

【2015.10.27「いはばしる バイクの臀の プレートの;D」】
(最優秀賞)
垂水秀行
泉佐野市&泉南市&田尻町ナンバープレート

-----
デザインに込められた思い
[関西国際空港]をモチーフに、白色の背景で夜景が表現できるように描きました。薄黄色や薄桃色の背景では夕暮れを演出します。[滑走路]に隣接した[海]が「人工島の空港」を、海の向こうにそびえたつ[ビル群]が「都会からアクセスしやすい空港」をイメージさせます。[地球儀]が「世界とつながる空の要衝」を象徴し、着陸する[飛行機]には3市町に訪れる人々を歓迎する意味を込めています。ナンバープレートの外形は[搭乗チケット]を模しています。他の空港にはない関空の魅力を凝縮し、老若男女を問わず受け入れてもらえるデザインを目指しました。
-----

埼玉県川口市
ナンバープレート
(優秀賞)
北野公一(和歌山県田辺市)
川口市ナンバープレート(北野案)

-----
川口市の[シンボルマーク]と、マスコットの[きゅぽらん]に、伝統ある[鋳物産業の建物]と[現在の建物]をイメージした図と、上部に緑豊かなまちと川のまちを表現した[流れ]を配して、川口市を表現したナンバープレートに仕上げました。
-----

【2015.10.25「いはばしる バイクの臀の プレートの;C」】
(最優秀賞)
垂水秀行
川口市ナンバープレート

-----
働く歓び像に象徴されるように、「鋳物のまち」として鋳造業の町工場をモチーフにデザインしました。経年の風合いを感じさせるざらついた線とシルエットがレトロな雰囲気を醸し、「川口市」を作り上げてきた先人たちへの敬意を込め、その精神を受け継ぐまちを表現しています。遠くから見ても[鋳物]がわかる明快さと、どんなバイクにも似合うようにクールな中に愛らしさのあるデザインを目指しました。
-----

ああ、まるでレベルが違う。
デザインにはもちろん好みというものがあるし、この手のご当地公募で、採用作品が最も高い評価を獲得するかどうかなんて、常に霧が立ちこめているのは言うまでもない(だからこそ、当初の五輪エンブレム公募で次点に泣いた原 研哉と葛西 薫の作品が見てみたいです)。
しかし、それでも北野のデザインは見劣りすると思う(ツルの私見です)。対象に迫ろうとするのっぴきならなさを感じない。
そののっぴきならなさこそが、「デザインに込められた思い」というものだろう。しかし、作品に付された文章まで読んでも、それは現れてこない。何かを語っているようでいて実は何も語っていない、単なる図柄の説明です。そんなことが知りたいんじゃないのに。

「緑豊かなまち」と「川のまち」、そして「鋳物のまち」というのは、川口市側から出されていたガイダンス↓を踏まえたもの(前にも挙げたっけ)。

-----
参考1:あいうえおのまち「川口」
あ [荒川・芝川] 川のまち
い [いもの] 産業のまち
う [植木・花卉] 緑のまち
え [映像] Dシネマのまち
お [御成道] 将軍社参のまち

参考2:川口市マスコット「きゅぽらん」

参考3:市章

参考4:シンボルマーク
-----

しかし、その咀嚼・消化の度合いには雲泥の差があるようです。それがLocality/Originalityの欠如として顕れる。どこかで見た風景・・・

垂水と北野、アプローチが全く異なることは、それはそれで面白いと思うんだ。でも、完成度の面ではどうなんだよ。

北野が垂水の前に苦汁を舐めた例は他にもあり、つまりは早い話が宿敵状態(敢えて好敵手とは言わない)。

宮崎県西諸県郡高原町(にしもろかたぐん たかはるちょう)
ご当地ナンバープレート
(優秀賞)
北野公一
高原町ナンバープレート(北野案)

【2015.10.23「いはばしる バイクの臀の プレートの;B」】
(最優秀賞)
垂水秀行
高原町ナンバープレート

今度はアプローチも仕上がりもまるで同じ。仏法僧がいない分、線香立て感も倍増です(笑)。こーなるともう、ナゼこの両方を最後まで残したんだと、そっちの方が気になります。

同じカードはまだあって、稚内市ナンバープレートもそうなんですが(cf. 2015.10.29「いはばしる バイクの臀の プレートの;E」)、次点の北野作品は現在公開されていないので(チッ)、ここら辺で一旦放免してやりましょう。

(続くけどな)

2016年2月 7日 (日)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その155:いっしょにやりまひょ!大阪)

(承前)

正真正銘の "The 真正!" 顔入り塩ロゴ、今回はトリプルフェイスの巻です。魅惑も3倍!!!しかもめっきり一族のお膝元から。

大阪市
市民協働 いっしょにやりまひょ!大阪 シンボルマーク
塩崎榮一(大阪市生野区)
いっしょにやりまひょ!大阪

いやー、これまた塩辛顔ですなあ。こうまで大都市となると、特定のモチーフに依拠することも難しくなる。ここで頼ったのはまたイニシャルの[OS]です、いささか中途半端やけど。
市長はん(橋下 徹やないで、その前の誰か ――つまり平松邦夫―― やで)はえらくお気に入りやったようですが。

-----
(2009.08.06 大阪市長会見 抜粋)

市民の皆さんと市役所がいっしょになって大阪を元気なまちに、住みよいまちにしていきましょうということで取り組んでおります『市民協働』。このメッセージコピーとして、『いっしょにやりまひょ』ということで進めてまいりましたが、今回この『いっしょにやりまひょ』を象徴するシンボルマークを募集いたしましたところ、87作品の応募をいただきました。多くのご応募、どうもありがとうございました。
この87点の中から、有識者の方に3点を選んでいただき、その中から市民の皆さんに、「市民協働の取組みで使用するシンボルマーク、どれがいいでしょう?」というふうに呼びかけを行いましたところ、2,143人の方から投票をいただきました。こちらも多くのご協力ありがとうございました。そして投票の結果、もうお気づきだと思いますが、選ばれた作品はこれでございます。

(後ろのボードのデザインが)全部替わっておりますが、このシンボルマークのデザインですけれども、生野区にお住まいの塩崎榮一さんとおっしゃいます。塩崎さんは、「大好きな大阪を日本一の住みたいまちにしたい」という思いを込めて、このシンボルマークを作ってくださったということです。
シンボルマーク、[OSAKA]という表現と、市民も市の職員もみんなが手をつないで肩を組んで、いかにも『いっしょにやりまひょ』ということが表現されていると思っております。
「市民、職員、いっしょになって大阪を元気にしていきましょう」、そういう思いを込めて、これから、市民協働に関連する印刷物やグッズ、イベント等で、このシンボルマーク、どんどん使ってまいりますんで、よろしくお願いいたします。
-----

「いっしょにやりまひょ」というのは、つまりはアダプト制度(cf.【その67】・【第六十八夜】)のことらしい。巨額の赤字に悩む大阪市政の切り札(ホントかよ)。
因みに、平松の次の市長、橋下 徹(2011.12.19〜2015.12.18在任)はこの「市民協働」の政策自体に不賛成の立場だった模様ですが。

しかしゆるいねえ。
実は大阪市ではこれに連動する形で、時を同じうして「第4回クリエイティブOSAKAアワード」の公募を行っていた(2009年7〜8月募集・9月発表)。
具体的には;

1 地域防犯
2 放置自転車
3 ごみ減量

の3つをモチーフにしたポスターデザインを募集したわけ。

何だかなあ sigh。
主客転倒で「ためにする仕事」を作り出してるだけな気がするんですけど。これでほんとに「大阪を元気にする」なんてことができましたか。
それにアダプト制度というのはやはり地域行政のコスト削減という側面は否めないわけでしょ。これって費用増大してんじゃないの、むしろww。

しかもだ。このアワード、2008年2月発表の第2回で歩美が入賞した時↓には「40歳未満」との応募制限がついていたのに;

【その138】
大阪市
第2回クリエイティブOSAKAアワード
(優秀賞)悪質商法被害防止PRポスター「悪質商法の被害にあわないために」
塩崎歩美
悪質商法被害防止

第4回ではその縛りがなくなっている↓。

-----
応募資格…大阪市内に在住・在勤のデザイナー、または、大阪府内に在住・在学でデザイナーを志望する学生の方
-----

応募が少なかったみたい。結局は第4回で打ち切りになっちゃったようなんですよね。後は大阪府の「いいデザイン100プロジェクト」に引き継がれたのかもしれないけれど。

ま、それ言い出したら、応募が87点で投票が2,143票というこのシンボルマーク公募も、人口270万人の大都市としては激少だと思います。どんな風に告知したんだろう。

(続く)

2016年2月 5日 (金)

【番外編】画像見たならなおも仰天(西伊豆町章・日光市章・三好市章・亀山市章・洞爺湖町章)

(承前)

前回見比べた作者コメントに対応する自治体章のデザイン、まずはこれからいこう。

静岡県賀茂郡西伊豆町
町章
工藤和久(青森県弘前市)
〔2005年5月〕
西伊豆町章

これが、海に落ちる「夕陽の美しい西伊豆町のイメージ」。めっきりまともだと思うでしょ。ジモティだったら自慢にするかもしれない。でもそれは甘いんです。

栃木県日光市
市章(候補作品476:優秀賞)
工藤和久(青森県弘前市)
〔2005年10月〕
日光市章

あらまあ。伊豆でうまくいったものを日光でも使おうとしたわけで、これを悪びれもせずしゃらっとやっちゃうところも余人にはなかなか真似のできないこのガイダーの特徴です。一般的な感覚では、よくてもVariation展開と見なされるんじゃないのかね。
その意味で、この作品の類似調査結果、笑えます。

-----
調査の結果、同一・類似のものは発見できなかった。したがって、市章として採用した場合に、問題が発生する危険性は低いものと思量される。なお、参考までに関連性のあるイメージについて、以下に添付する。

北海道札幌市手稲区[引用註:cf. 2015.10.11「無明の闇(その9)」]
長野県上伊那郡南箕輪村[シンボルマーク]
静岡県賀茂郡西伊豆町
和歌山県海南市[引用註:神保米雄:cf. 2014.06.05「公募ガイダーのモチベーション:5」]
-----

西伊豆町章が入ってるんですよ(>_<)。
最終候補には後述のとおり豪華曲者陣が名を連ねたんですが、現行市章を加えて6点で争われた決選投票では、最多得票で採用された居関の次に票を稼いだのは当て馬/咬ませ犬だったはずの現行市章。すんでのところで公募の手間が烏有に帰する勢いだった(現行市章を選考対象に含めるか否かについては、募集前に制定側内部で一悶着あったらしい)。

1位:作品番号307 20票(居関孝男:京都市)

2位:現 日光市章 16票

3位:作品番号132 6票(篠塚正典:東京都中央区)

4位:作品番号389 2票(栗山照州:福岡市)

5位:作品番号358 0票(伊藤也寸史:岐阜県多治見市)

5位:作品番号476 0票(工藤和久:青森県弘前市)
無効票 1票

和久はん、おまはんなして自分が零点取りよったんかわかってますやろな。因みに篠塚は1998年長野冬季五輪エンブレムの作者。

そやそや忘れるとこやった、これが「日光市を連想させわかりやすい」とは到底思えへんのやわ。

別に、伊豆でも日光でもよかったんですよ、作者にとっては。日本を代表する観光地であろうが、はたまた(一時は)ハイテク日本の象徴だったご当地であろうが、これといって特徴のない地方都市や田舎町であろうが(後述;これこれ)。

お次は順当にいけば徳島県三好郡東みよし町となるんですが、ほぼ同時期のもっと面白いお隣りさんに差し替えさせていただきます。(つまり工藤は隣接する自治体の両方に出していたのさ。)

徳島県三好市
市章(優秀賞:作品番号605)
工藤和久(40歳:青森県弘前市)
〔2005年9月〕
三好市章

うーん、ヤバいでしょこれも。募集・決定ともに日光市の直前なので、この[川]が日光市に流れ込んでいったとも言えるわけだ。

でもまだ驚いてはいけません。三好市章の半年前には、こんなものが決定されていた。

三重県亀山市
市章
坂井秀行(三重県津市:三重県立飯野高等学校応用デザイン科2年)
〔2005年3月〕
亀山市章

-----
新市の特徴である豊かな自然や歴史文化を守り、さらに高めていく姿を大きな[山並み]として表し、曲面(ウェーブ)はときめく都市の限りない発展を意味する。
-----

ゲッ。これがあるから全く油断がならないんだよ、このガイダーには。

-----
(坂井さんのお話)
自分が持っている亀山のイメージを形にした。これからデザインの道に進みたいので自信になった。100通りほど考え、採用作を生み出した。
-----

そのイメージと労力と自信とがそのまま持ち去られたわけです。

そして最後はダブル候補のこれ。(ええ、作者はわかりませんヨ。)

北海道虻田郡洞爺湖町
町章(候補作品:作品番号471)
〔2005年12月〕
洞爺湖町章471

北海道虻田郡洞爺湖町
町章(候補作品:作品番号474)
洞爺湖町章474

何かどっかで目にしたような気もするけど・・・もうどうでもいいや・・・眠いし(+.+)(=_=)(-.-)(__)..zzZZ

2016年2月 3日 (水)

【番外編】画像なんかはなくっても(小城市章・日光市章・東みよし町章・西伊豆町章・和水町章・うるま市章・洞爺湖町章)

(承前)

思えば工藤和久ほど無防備に理論武装なく公募との対峙を重ねてきた作家もいまい。でもね、工藤Methodというのもちゃーんとあるんです。
てなわけで、今回は「制作の意図」「作者コメント」を通して工藤一族の実態に迫ります。だから敢えて画像はなしネ(次回のお楽しみってことで)。

まずは皮切りに、つい先日取り上げたこれです。

【2016.01.25「丸ブー艶競べ [13]」】
佐賀県小城市(おぎし)
市章
工藤和久(青森県弘前市)
〔2006年3月〕

-----
小城市の[小]の文字を基調に、[オレンジ]は太陽、[ブルー]は空と海、[グリーン]は大地を表わし、爽やかな薫風と豊かな自然に恵まれた小城市を象徴的にイメージしました。シンプルで親しみやすく、多くの人に愛されるデザインです。
-----

これがPrimaryなBasic Pattern。やっぱり和久センセはこの〆言葉よネーとか、よく飽きないもんだわとか思うでしょ。でも今回注目するのはそこじゃないっすよ。

Basic Typeに「将来像鸚鵡返し」の荒技が加わったVariationも定番です。

栃木県日光市
市章(候補作品476:優秀賞)
工藤和久(青森県弘前市)〔2005年10月〕

-----
「四季の彩り、風薫る、ひかりの郷・日光市」の豊かな自然を象徴的に表現しました。[橙]は太陽、[緑]は大地、[水色]は清流で自然に恵まれた日光市をイメージしました。シンプルで、親しみやすく、多くの人に長く愛されるデザインです。また、縮小、単色、白色にも耐えられ、多用途な使い方ができます。
-----

因みに「選定理由」としては次の2点が挙げられとりますな。

-----
・デザインから日光市を連想させわかりやすい。
・新市の将来像を表現しており、わかりやすい。
-----

はぁん!?とても「日光市を連想させわかりやすい」とは思えない図柄なんだけどコレ(乞うご期待)。「四季の彩り」や「風」もちっとも感じませんがね。つまりはご当地も鸚鵡返しの技にまんまとひっかかったんですな。
何より不思議なのは、あの日光にして「将来像」に「歴史」「伝統」といったキーワードが一切入ってないことですが、そうした歴史的な要素は意識的に除かれている気がします。それが、今市市・上都賀郡(かみつがぐん)足尾町(今や東の廃墟の聖地)・塩谷郡(しおやぐん)藤原町(鬼怒川温泉のあるところね)・同 栗山村と新設合併した後の新しい日光市の課題認識ということなんだろう。

作者コメント、もっと水増しして書くとこんな風になります↓。

徳島県三好郡東みよし町
町章(優秀賞)
工藤和久(青森県弘前市)
〔2005年8月〕

-----
東みよし町の[ひ]の文字を基調に豊かな自然の中で共に躍動する東みよし町民を象徴的に表現しました。2人の[人]は2町を表しています。[緑]は大地で自然に恵まれた東みよし町をイメージしました。シンプルで、親しみやすく、多くの人に長く愛されるデザインです。さらに、縮小、単色、白黒にも耐えられ、多用途な使い方が出来ます。
-----

こちらは逆に、〆言葉が省かれたタイプ。

静岡県賀茂郡西伊豆町
町章
工藤和久(青森県弘前市)
〔2005年5月〕

-----
西伊豆町の[N]の文字を基調に、豊かな自然の西伊豆町を象徴的に表現しています。[橙]は太陽、[青]は海で、夕陽の美しい西伊豆町のイメージです。
-----

ま、おそらくは原文には〆のClicheも入ってたんでしょう。それはともかく、短い文章の中で3回も「西伊豆町」って連呼してもらわなくって結構。短くても水増しとはね。

菜の花や 月は東に 日は西に
     はせを

息子に限らず、親御さん(^_-)でも傾向と対策は全く同じ。

【2013.06.02「Family... Business?? Part 1」】
熊本県玉名郡和水町(なごみまち)
町章
工藤ハツネ(68歳:青森県弘前市:自営業)
〔2005年10月〕
和水町章

-----
「和(緑)」と「水(水色)」で豊かな自然の和水町を象徴的に表現しました。[水色]は清流 [緑]は大地で、自然に恵まれた和水町をイメージしました。
-----

「和」=「緑」になる根拠がわかりませんが。

沖縄県うるま市
市章
工藤元市(70歳:青森県弘前市)
〔2006年2月〕
うるま市章

-----
うるま市の[う]の文字を図案化したもので、[赤]は太陽、[緑]は大地、[青]は海をイメージしている。
豊かな自然の輪の中で市民融和と平和を表現し、金武湾と中城湾に面して発展する「うるま市」の明るい未来とさらなる飛躍を象徴する。
-----

一気に北へ飛んで、次の2点はいずれも作者不明ですよ、不明ですからね!!

北海道虻田郡洞爺湖町
町章(候補作品:作品番号471)
〔2005年12月〕

-----
洞爺湖町の[と]の文字を基調に豊かな自然を包み込む洞爺湖町民を象徴的に表現しました。[橙]は太陽、[緑]は大地、[水色]は水で自然に恵まれた洞爺湖町をイメージしました。
シンプルで、親しみやすく、多くの人に長く愛されるデザインです。また、縮小、単色、白黒にも耐えられ、多用途な使い方が出来ます。
-----

北海道虻田郡洞爺湖町
町章(候補作品:作品番号474)
〔2005年12月〕

-----
洞爺湖町の[と]の文字を基調に豊かな自然を包み込む洞爺湖町民を象徴的に表現しました。[橙]は太陽、[緑]は大地、[水色]は水で自然に恵まれた洞爺湖町をイメージしました。
シンプルで、親しみやすく、多くの人に長く愛されるデザインです。また、縮小、単色、白黒にも耐えられ、多用途な使い方が出来ます。
-----

だからー、作者不明なんだってばぁ・・・(無力感)。どちらも一言一句違わんという。よくあるこっちゃけど。

気を取り直しましてと。以上の作者コメントの中で多く用いられているフレーズのベストスリーは。

(1)「豊かな自然」
(2)「象徴的に」
(3)「基調に」

(1)なんて全点に共通して使われている。今後、工藤一族の自治体章でこれが入っていない場合には、自然環境によほど問題があるということだろうと見なします、ツルは
・・・それでも、「豊かな自然を包み込む洞爺湖町民」は明らかに変でしょ。「豊かな自然の中で共に躍動する東みよし町民」を見習いなさいっ。
(2)だって、もともと象徴物を作っているんだから、この言葉で説明するのは空虚なことですね。

8つ、いや7つも読めば、どれも個性を失って全てが記憶に残らなくなる。つまりはこれが、この作者が頭を使ってない証拠ということです。

(続く)

2016年2月 1日 (月)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その11:大阪CDMネットワーク 改め 大阪JCMネットワーク・みはらエコ百景)

(承前)

魅惑の「顔入り塩ロゴ」、無明の闇を覗き込んでみますと。ぞごぞごあるんですよこれがまた。

大阪市
公益財団法人 地球環境センター
大阪CDMネットワーク
ロゴマーク
(作者不明)
大阪CDMネットワーク

まあ何だか懐かしささえ感じるようじゃございませんか。作者名のクレジットなんかなくっても、塩ロゴ判定に露ほどの問題もないっ(笑)。

同ネットワークは2004年2月に設立されてますが、ロゴマークの制定時期はわかりません。で、この活動がどんなことをしてるのかってなところを気にし出すときりがないんで・・・

ここで問題です。

Question:「CDM」とは何のことか、次の中から選べ。

(1) 気候への献身的努力に対する報償制度/Climate Devotion Merit
(2) 炭素依存度低減管理システム/Carbon Deduction Management
(3) 集中的・多元的環境モニタリング/Centralized & Diversified Monitoring
(4) クリーン開発メカニズム/Clean Development Mechanism
(5) 環境管理多重化認証/Certification of Dimentional Multiplex

解答は後ほど。
まあそんなことは知らなくてもですね、[地球]&[双葉]は塩崎帝国の「環境」対策の切り札です。だからこれも何かそれ系のものなんだろうとは容易に想像がつく。けれどそこまで。
このアイテム環境関連の何を表したのかがまるで不明なんですよ(そこがまた塩味)。温室効果ガス排出抑制なのか、廃棄物低減なのか、化石資源代替なのか、森林保全なのか。生物多様性ではなさそうだ。

一応ヒントを出しておくと、このネットワークは、海外での温暖化対策事業の展開に興味を持つ団体が学識経験者や行政等と連携して、情報交換するとともに実践的な活動の場とする、てなものらしい。産官学協働も堂々とグローバル化しちゃったわけっす。
事務局を務める地球環境センター/Global Environment Centre Foundation/GECは国連絡みの団体で、一言でいうと「途上国と日本のパートナーシップを推進することで地球環境の保全を目指す」という活動内容。
なんとなーく、きな臭さも立ち昇ります。

環境ネタ、もう一つ拾っとくと。

広島県三原市
みはらし環境会議
みはらエコ百景 ロゴマーク
(優秀賞)
(作者不明)
みはらエコ百景

これまた、「み」以外は何も表してないじゃん。[み]は「三原」の「み」、「魅惑」の「み」ヾ(@゜▽゜@)ノ。見事なまでの[へのへのもへじ系]です。
緑の[ハート]と額の[e]は何を意味しているのか、単なるお飾りアイテムに過ぎないのではないかということですね。[片スリット]も散々見慣れたところ。結論、社会福祉協議会ネタの使い回しって感じ。肝心の「百景」を取り込むことすら放棄している。

【その115】
岐阜県美濃加茂市
美濃加茂市社会福祉協議会
シンボルマーク
(準優秀賞)
塩崎アユミ
〔2008年8月デザイン発表〕
美濃加茂市社協

【その115】
京都府宮津市
宮津市社会福祉協議会
イメージキャラクター/マスコットキャラクター
(優秀賞)
塩崎あゆ美
〔2010年9月デザイン決定〕
宮津市社協

これまた塩ロゴ認定に何ら疑問の余地なしと言いたいところですが、しかし広島には堀江 豊もいるからなーー。あー、本人に聞いてみてー

「みはらエコ百景」とは、ご当地で『「これはエコだ」と思う人・物・事柄を認定し、さまざまなエコ活動を広く紹介していく』ものなんだそうで、その限りではCDMなんかよりよっぽどわかりやすい。けど、応募総数は38名から58点、この少なさは何なんだと思ったら、なんと募集時に賞金を示してなかったんですよね。そりゃあ盛り下がるやろ
ご当地のケーブルテレビ局「三原テレビ放送」のサイトには、2011年3月26日に行われた表彰式のニュース映像が今も残っていて、採用されたジモティの神本(かんもと)俊教(57歳:会社員)を始め入賞者に「賞状と賞金が手渡されました」とアナウンサーの言葉が入っているから、いわゆる公募ランティアではなかったようですが。
この映像、「青森県や大阪府など県外からも応募が・・・」なんて説明も流れてきて笑えます。11名の入賞者のうち6名が出席しているので、アレが塩崎センセイかしら、それともコイツかななどと無駄に詮索しながらご覧になるのも一興かと(爆)。因みに青森県の工藤センセはご出席ではありません。

付け足すと、「百景」そのものはその後改めて2011年6月から募集された。100件程度を選出することとされてたんですが、蓋を開けてみると応募総数42件。予想を大きく割り込んだ(のだと思う)。やっぱり盛り下がっとる・・・。
そのせいか、2012年3月に結果が発表された際には「第1回みはらエコ百景 2012」と銘打たれたんですが、その時なんと「大賞」を出してるんですよね。「百景」とはずいぶん雰囲気が違っちゃいましたとさ。

で、先ほどの問題の答え合わせです。

Answer:
正答は(4)のClean Development Mechanism。(2)と答えた人が多かったハズ。

いやーあ、いつもながら苦労しましたよ、それらしい解答肢を適当に考えるの。

-----
(Wikipedia 抜粋)

クリーン開発メカニズム(英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。
-----

はん、お勉強になります。「排出量取引」とか「チームマイナス6%」((日本の温室効果ガス排出量を1990年比で6%削減)とかと限りなく近いところに位置する概念だったんすね。
つまりは京都議定書が排出権取得の概念を「クリーン開発メカニズム」と名づけちゃったところに、きな臭さの源もあったという(笑)。

-----
【2019.01.29 追記】
ただし日本は、2013年以降、このメカニズムを活用することが大幅に制限されている。∵京都議定書の第2約束期間(2013年〜2020年)における削減目標を示さなかったからです。言い換えれば、前述のフレーズ類は第1約束期間(2008年〜2012年)に関するものだったわけ。
∴この塩ロゴも事実上discontinueと思ったら、ところがどっこい。今度は「二国間クレジット制度/Joint Crediting Mechanism」に走っていて、このロゴの「CDM」を「JCM」に差し替えたものが存在するという

大阪JCMネットワーク

無論、名称も「大阪JCMネットワーク」に変えられてます(2015年6月から)。何やらイロイロ安易やなあと思うのはツルだけではあるまい。
-----

(続く)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想