艶競べ [15](〈松浦市章〉・宗像市章・〈島根県美郷町章〉・東近江市章)" />

« 【対決編】丸ブー艶競べ [15](〈松浦市章〉・宗像市章・〈島根県美郷町章〉・東近江市章) | トップページ | 【番外編】泰山鳴動して鼠一匹、全市騒動してキャラ一点:二本目(あん姫) »

2016年3月15日 (火)

【番外編】泰山鳴動して鼠一匹、全市騒動してキャラ一点:一本目

昨秋、五輪エンブレム関連を斬りまくっていた時にこう書いたのがそのままになっていました。(他にも始末をつけてないネタはいくらかあるんだけど

-----
【2015.09.19「わたしはそうは思わない:2」】

密室性の問題については、(いずれ例証しようと思っているけれども)ご当地公募で市民参加型として手間暇かけて結果がまるで伴わないものなどざらにある。公開性が衆愚性と背中合わせであるということから目を背けるからです。
-----

長野県千曲市のキャラクター制定を例に取って見ていこう。(くちなしさま、2年以上経ってしまいましたが、遂に(T-T)この件を取り上げることができましたm(__)m)

千曲市は2003.09.01に更埴市(こうしょくし)・埴科郡戸倉町(はにしなぐん とぐらまち)・更級郡上山田町が新設合併して誕生した自治体で、その10周年を記念してご当地キャラを企画したもの。制定は市民参加型で進められ、「MCC」すなわち「みんなで千曲市のキャラクターを考えよう」と題したワークショップを次のとおり開催した上で、全国募集 → 選考 → 市民投票という「開かれた」プロセスを辿った。

2013.04.17 第1回
2013.05.07 第2回
2013.05.20 第3回

その後、キャラクターが発表されたのは2013.10.09、着ぐるみお披露目は2014.03.14です。
同市サイトには、こんな情報が載っていた(今はもうない)。

-----
「MCCワークショップ」ではこんな意見がでました!

※「MCCワークショップ」とは、市民の皆さんが集まって、千曲市のキャラクター募集向けて、コンセプトなどをわいわい話し合った会議です。

こんなキャラクターにしたい!

【グループ①】 ゆるキャラ大好き!
◇面白くて来たらつい見てしまうようなキャラ
◇地元の名前を取り入れたキャラ
◇SNSを使って広告宣伝や海外進出できるキャラ
◇子供に好かれるキャラ
◇名前に「ちくま」が入ったキャラ
◇千曲市をアピールできるキャラ
◇「チームちくま」みたいな複数のキャラ
◇ストーリーを持ったキャラ

【グループ②】 キャラの活用が重要!
◇キャラのイメージはインパクトのあるものでシンプルなもの
◇アイテムを持たせたり衣装を沢山持っているキャラ
◇千曲市に関するものやPRのためにキャラを活用する
◇キャラを活かしたグッズなどを作る
◇SNSを活用したり様々なイベントに出て千曲市をPRするキャラ
◇みんなに長く愛されるキャラ
◇実際に着ぐるみに入ることも考える

【グループ③】 特徴が必要!
◇他がやっていないキャラ
◇見た目も子どもから愛されるような人気のあるキャラ
◇特技を持ったりしている特徴のあるキャラ
◇千曲市の特産を活かしたキャラ
◇いろんなグッズにでき、広い年代から好かれるようなキャラ
◇ご当地アイドルや萌キャラも

【グループ④】 みんなから愛されること!
◇おもてなしのできるキャラ
◇みんなから愛されて、親しみのあるキャラ
◇他にはないキャラ
◇千曲市の特徴(川、温泉、棚田、夜景、あんず、ハートの形など)にちなんだキャラ
◇しゃべるキャラ
◇複数のキャラ
◇情報発信にキャラを活用する

【キーワード】
◇みんなに愛される
◇シンプル
◇千曲市らしさ
◇キャラの活用が重要
-----

一体、FacilitatorとかModeratorとかはいなかったのだろうか?
入り口のところで言いたか放題のBrain Stormingをわいわいやって(それはそれでよろしいけれども)、そこから方向性を見出だして一つの結果にまとめ上げる努力を真剣に地道に重ねていった形跡は認められない。

次のものだって同じことです。

-----
キャラクターをつくる目的
キャラクターをつくることで、
①市民の一体感を高めることと、
②千曲市を様々な人に知ってもらうきっかけにする。

キャラクターのイメージ
◇子供からお年寄りまで広い世代に愛されるキャラ
◇可愛く、親しみの持てるキャラ
◇どこかに千曲市らしさを絡めたキャラ
◇服装やアイテムを変えることで幅広い用途で活用できるキャラ

キャラクターの活用
◇地域やイベントに出没して、人々との交流をはかる
◇ホームページや印刷物、SNSなどの広報媒体での千曲市情報発信に積極的に活用する
◇「動き」や「見せ方」を工夫して特徴を持たせる
◇キャラクターグッズの作成

キャラクター募集にあたっては、細かな条件を付けず、応募者の自由な発想を求める。
ワークショップで出た意見は、キャラクター選考の際の判断材料にしていく。
-----

これがワークショップの結果なの!?マジで!?
一番大切なところ ― 「なぜ、今、ご当地でキャラを?」を掘り下げていない。「どこかに千曲市らしさを絡めた」ってしゃらっと言ってみても、その「千曲市らしさ」とは何なのかを考え抜かなきゃいかんでしょ。それらの問いかけは全て抜け落ちている印象です。
つまりはこのワークショップ、きちんと機能していなかったと言わざるを得ない、誠に残念ながら

そもそも、「第1回」の当日資料では、次のような予定となっていた。

-----
第1回 4/17(水)
「こんなキャラクターにしたい!」
第2回 5/7(火)
「千曲市の魅力やアピールしたい点を整理しよう!」
第3回 5/20(月)
「キャラクターの活用・アピールについて考えよう!」
第4回 6/3(月)
「キャラクターのテーマ・コンセプトをまとめよう!」
-----

ところが、「第3回」の当日資料を見ると、その後半部分は次のとおり差し替えられている。

-----
第3回 5/20(月)
「キャラクター公募案を検討しよう!」
第4回 6/3(月) → ※ 検討
「                    」
-----

あらま。議題が空白になってしまった「第4回」は、結局開かれた形跡がありません。
かくしてMCCはいささか内容未消化のまま閉じられ、募集に移ったわけですが。

(続く)

« 【対決編】丸ブー艶競べ [15](〈松浦市章〉・宗像市章・〈島根県美郷町章〉・東近江市章) | トップページ | 【番外編】泰山鳴動して鼠一匹、全市騒動してキャラ一点:二本目(あん姫) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【対決編】丸ブー艶競べ [15](〈松浦市章〉・宗像市章・〈島根県美郷町章〉・東近江市章) | トップページ | 【番外編】泰山鳴動して鼠一匹、全市騒動してキャラ一点:二本目(あん姫) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想