« 【特別編】「ご当地」をつくる人々:川上編 その2(花キラリ・りんりんちゃん・ちはなちゃん) | トップページ | 【特別編】「ご当地」をつくる人々:川下編 その2(なかのん・えちゴン・ブラック番長・ジオまる&ぬーな) »

2016年4月25日 (月)

【特別編】「ご当地」をつくる人々:川下編 その1(トッキッキ・あぶらげんしん・けんけんず・こめつぐ君&かまかつ様&しゃもじー)

(承前)


 


五輪エンブレム、本日メデタク決まりましたが、今回はその話じゃありませんよ。


 


「ご当地」をつくる人々、今回はキャラクターが制定された後の運用や展開にまつわるところを。


 


新潟県燕市のペパクラデザイナー、相場 聡。
前にも取り上げたけど、新潟県内のキャラクターのペーパークラフトを一手に引き受けているというお人。ざっとこんな具合です・・・(故あって、肝腎のペパクラ画像とか展開図とかは基本省略ねm(__)m)


 


どうやら製作第1号はこれらしい。


 


新潟県
第64回国民体育大会「トキめき新潟国体」・第9回全国障害者スポーツ大会「トキめき新潟大会」 マスコットキャラクター
 ↓
新潟県宣伝課長
トッキッキ(とっぴー&きっぴー)
トッキッキ


 


キャラ自体は2009年新潟国体のために2005年に作られたものです。一時は国内から絶滅した県の鳥[トキ]のペア。お顔の赤い[ハート]は、大会名称の「トキめき」と「参加者の熱い想い」なのだそうで。しかし、首筋から背中にかけて婚姻色の灰色が出ていないから、恋人未満のさっぱりした関係であろうと思われます
長いキャリアを反映してか、ペパクラは初級編から番外編までいろんなバージョンが作られている。


 


トッキッキ ペパクラ


 


メジャーどころではこれもかな。


 


新潟県長岡市栃尾地域
とちおイメージキャラクター
あぶらげんしん
櫻井恵美子(新潟県)
あぶらげんしん


 


十六茶キャンペーンにも2013年から毎回出場した猛者だからねえ。通常の2倍ほども大きさがあるというご当地名物[あぶらげ]+[上杉謙信]の融合です。栃尾は謙信公旗揚げの地という(だけの)ゆかり。2008年12月に制定されてます(Wikipediaに「誕生日:2009年12月25日」とあるのは明らかな誤りで、正しくはどうやら「2008年12月19日」らしい)。


 


謙信キャラなら、このご当地も素通りするわけにはいかないだろう。やはり2008年12月、NHK大河ドラマ「天地人」放送開始直前に発表されてます。


 


新潟県上越市
越後上越 天地人博 イメージキャラクター
 ↓
上越市PRマスコット
上越忠義隊 けんけんず(謙信くん・兼続くん・けんけん)
けんけんず


 


こりゃまたペパクラ化をあらかじめ見越して作られたが如きデザインであることよ(笑)。実は3点が合体して巻物になる、というのがウリです(ただしペパクラはその技に非対応、誠に残念)。


 


けんけんず 巻物


 


「謙信くん」の頭巾 ―これは本当の「被り物」です― に入った文字は旗印の[毘](←毘沙門天信仰)、「兼続くん」の兜は言わずと知れた[愛](←愛宕神社信仰)、「けんけん」の腹巻きは[義]。「謙」+「兼」+「犬」の「けんけんず」でやんすね。
「けんけん」は、巻物バージョンに進化するとなぜか「義」の字がお腹から額に移動するという特殊能力の持ち主です(なぜイヌキャラなのかについてはそれなりの謂れもあるけど、あまりに馬鹿っぽいからomit)。


 


謙信と兼続では1世代のズレがあるという弱点は、もう1組の天地人博キャラでは克服されている。


 


新潟県南魚沼市
愛・天地人博 南魚沼 公式キャラクター
 ↓
南魚沼市PRキャラクター
こめつぐ君・かまかつ様・しゃもじー
さとう有作(東京都:漫画家・千葉大学講師)
こめつぐ君&かまかつ様&しゃもじー


 


名高い米どころに因み、「こめつぐ君」は[直江兼続]+コシヒカリの[米粒]、「かまかつ様」は、[上杉景勝]+[釜]+[玄米]。
景勝は謙信の姉の子つまり甥で、後に謙信の養子となった。兼続はその景勝の小姓だった美童上がり。「釜」の一文字が深いです。
サブキャラ「しゃもじー」は、二人が薫陶を受けたご当地の曹洞宗寺院雲洞庵(うんとうあん)の[北高全祝(ほっこう ぜんしゅく)]和尚+[しゃもじ]。ただしペパクラは作られてません。


 


これらのキャラが発表されたのはイベント開始後の2009年2月で、着ぐるみお披露目に至っては会期半ばの5月に入ってから。ユルいわー、違う意味で。


 


ここでまとめておきますと。大河ドラマ「天地人」を当て込んだ地方博には次の3つがあった。


 


新潟県上越市
「越後上越 天地人博」(2009.01.17〜12.20)


 


新潟県南魚沼市
「愛・天地人博 南魚沼」(2009.01.11〜12.27)


 


山形県米沢市
「米沢 愛と義のまち 天地人博2009」(2009.01.24〜2010.01.11)


 


上越市は上杉家がご当地の春日山城を居城としていた縁。景勝もこの城に入って叔父謙信の養子となった。兼続は、この城で暮らしたのは二十歳頃までなのでぶっちゃけ関わりは薄めです。その後、与板 → 米沢とBigになっていくのだから(長岡市与板地域の地域キャラも兼続ネタの「よいたん」by 塩崎まさよである;cf.【その29】)。
南魚沼市は景勝の誕生地。兼続もご当地で生まれたという伝承があるけれども、確かなところはわからない。


 


生涯不犯を貫いた謙信には実子がなく、その死後、養子たちの跡目争いが起きた。景勝と争った上杉景虎(謙信の別名長尾景虎と同じ名だけど、これは息子の方ね)は一時栃尾城に拠ったので、栃尾人にとって景勝/兼続は敵方となり、「天地人」ブームに乗り損ねた印象です。あぶらげんしんとけんけんずやこめつぐ君&かまかつ様も、仲よくなれそうにないなー


 


一方、その後上杉家が遷った先の山形県米沢市でも、一足早い2008年6月に「かねたん」「かげっちさま」by 岡野亜記なんかが作られていた。しかもイヌキャラで^_^;(cf. 2013.03.21「天に星、地に花、犬に愛。」)。


 


かねたん かげっちさま


 


三つ巴で皆さん張り合ってたんですね


 


相場がこれらの新潟ご当地キャラクターのペパクラをボランティアで製作し各団体に提供しているのは確かに偉いと思います。思いますけれども。


 


(続く)

« 【特別編】「ご当地」をつくる人々:川上編 その2(花キラリ・りんりんちゃん・ちはなちゃん) | トップページ | 【特別編】「ご当地」をつくる人々:川下編 その2(なかのん・えちゴン・ブラック番長・ジオまる&ぬーな) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【特別編】「ご当地」をつくる人々:川上編 その2(花キラリ・りんりんちゃん・ちはなちゃん) | トップページ | 【特別編】「ご当地」をつくる人々:川下編 その2(なかのん・えちゴン・ブラック番長・ジオまる&ぬーな) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想