« 【番外編】肉食系テントウムシと草食系ミツバチは仲良くなれる?(SUNムシくん・さんムシ 改め むーちゃん)一匹目 | トップページ | 【番外編】フグかウナギかクジラか知らぬ(うなりくん) »

2016年4月 6日 (水)

【番外編】肉食系テントウムシと草食系ミツバチは仲良くなれる?(SUNムシくん・さんムシ 改め むーちゃん)二匹目

(承前)

 

山武市職員による手作りキャラクター「さんムシ」、ついには・・・

 

-----
(2011.12.02 抜粋)

 

〔前略〕

 

本日は産業まつりの告知をします!!

 

\どーん/
【日時】12月4日(日) 午前9時半〜午後2時
【場所】山武市役所前駐車場

 

〔中略〕

 

実は、活性化キャラクターの、名前募集も行います★
産業まつりでは先行募集として、応募してくださった方には素敵な(?)プレゼントをお渡しします!
(通常募集の詳細は、市HPや広報にて後日周知いたします。そちらの締切は2月末日を予定しています。)

 

名前:募集中!
性別:不詳
種類:さんムシ(妖精)
性格:明るく、のんびり屋

 

〔中略〕

 

ではではN子は山武市産のあま〜いネギを焼きながら、皆さまのご来場をお待ちしております!
-----

 

-----
(2011.12.05 抜粋)

 

新人N子ちゃんが、産業まつりの告知投稿をしたので、先輩として昌子が報告いたします!

 

〔中略〕

 

そうそう、忘れちゃいけない、N子ちゃんが考えた「さんムシ」ですが、作者本人の気持ちとは裏腹に、結構評判を呼び、名前を公募することに!
まずは、まつりで手ごたえを…とわがまち活性課ブースで呼びかけたところ…驚くほどの反響で、最終的に約230名の応募がありました。今後は広報でもお知らせしてまいりますので、毎月1日に折り込みされる広報さんむをお見逃しなくっ!!!!!

 

〔後略〕
-----

 

というところまでこぎ着けた。地味でゆるいけれども実績を重ねつつあったわけです。
ところがである。

 

-----
(2011.12.15 抜粋)

 

〔前略〕

 

12月2日投稿の『産業まつり開催告知!』の記事内にてお知らせしました、経済・産業活性化キャラクターの名前募集について、同月4日開催の山武市産業まつりにおいて、予想を上回るご応募をいただきましたので、大変申し訳ございませんが、2月末までの通常募集を中止させていただきます。

 

通常募集を楽しみにしてくださっていた方々、(いらっしゃるかしら…><)ご期待に沿えなくなり、誠に申し訳ございません。

 

もし、このブログを御覧になり、通常募集での応募のために既にお名前をご考案くださっている方がいらっしゃいましたら、ご考案のお名前と、ご本人様のお名前、年齢、性別、ご住所、お電話番号をお書き添えの上、12月22日(木)までにわがまち活性課(***************@city.sammu.lg.jp)へメールをいただければと思います。

 

〔中略〕

 

N子
-----

 

ということになった。「イベントで予想外の投票があったからもう切り上げちまいます」というlogicがツルにはどうにも理解できないんですが、あるいは財政上の理由が伴ってたんでしょうか??

 

およそ新人N子ちゃんの責めに任ずるところではあるまいけれど、何やら段取りの悪い話です。
そうなると、底意地の悪い愚blogとしてはこれを持ち出さざるを得ない、けけけ。

 

-----
太平洋市
当初は合併後の新市名を太平洋市にする予定であった。古谷 淳・松尾町長(当時)は「決してパシフィック・オーシャンの意味ではない。大きな希望を持った平和な市と理解してほしい」と釈明したが、「一自治体が『太平洋』を名乗るべきではない」という趣旨の抗議が相次いだため、住民アンケートを行って現在の市名に変更された。
-----

 

以上、Wikipediaの「山武」市の項より。
そう、ご当地は果てしのない平成おバカ地名候補の筆頭格だったんですよね(当初は南接する東金市・九十九里町も含めて「九十九里市」となる方向だったけれど、それも御破算となっていた)。(cf.【その24:下】・2013.09.08「下ぶくれの神様」)

 

ほんでもって愛称の件は宙に浮き、1年後の2012年10月に新たな公募キャラクター「SUNムシくん」by 瀬戸佳実が発表されるまで決まらなかった。SUNムシくんは同年5月に募集されているから、企画は前年末頃から水面下で進行してたんでしょう。そのあおりを食らった格好ですね。

 

その後、2点揃って2012.11.23の第7回山武市産業まつり開会式で着ぐるみお披露目となったわけだけれども、めでたしめでたしという気がしません。後に尾を引くこのモヤモヤ感、一言で表せばこう。

 

≪なぜ、別のキャラを作んなきゃならなかったの?≫

 

「さんムシ」が不人気だったというぐらいの理由しか思いつかないんですが(組織間の風通しの悪さとか縦割り行政の弊害とかの言葉も頭に浮かんでくるけど、その辺りさすがにサイト上ではっきりとは読み取れない)、それはデザインがどうたらではなく運営の仕方の問題のはず。つまり新キャラ「SUNムシくん」にだって起こり得ること・・・。
あるいは、復興を願うキャラとして旧「さんムシ」では力不足だったってこと?でもそんなこと言ったら、SUNムシくんだって「ただの公募キャラ」でしょ。どれだけの思いがこもっているのか。

 

現在、「さんムシ」改め「むーちゃん」は市サイトでこんな風に紹介されている。

 

むーちゃん キャラ説明

 

つまりはこれとててんこ盛りDogmaに沿った説明になったわけで、ご当地名産[イチゴ]の受粉を助ける[ミツバチ]、頭の[山武杉/さんぶスギ]というあたりはまあよかろう。「虫ではなくて、妖精なんだ!」との主張も百歩譲って認めましょう。しかし、松尾藩の兜に想を得たという「触覚兜」はいかがなものか。どー考えても[触角兜]ですよね(苦)、N子ちゃん。

 

-----
【2016.09.28 追記】
思うところあって、山武市にメールを送ってミスを指摘しました。速やかに訂正されましたです。

 

むーちゃん キャラ説明(訂正後)
-----

 

「ちゃんと空を飛べるよ。海やプールにも入れる、防水加工なんだ!」というアピールなんて、SUNムシくんとまるで同じです。ま、同じ着ぐるみ業者に発注したということだろうけど、結局は没個性のカニバリズムじゃん。
「このシマシマは、実は身体の模様じゃないんだよ。水着の模様なんだ。」とダメ押しまでしてるけど、これって着ぐるみのことじゃないんですかね??

 

≪テントウムシやミツバチをなんで水に泳がせにゃならんのだ≫

 

(続く)

« 【番外編】肉食系テントウムシと草食系ミツバチは仲良くなれる?(SUNムシくん・さんムシ 改め むーちゃん)一匹目 | トップページ | 【番外編】フグかウナギかクジラか知らぬ(うなりくん) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【番外編】肉食系テントウムシと草食系ミツバチは仲良くなれる?(SUNムシくん・さんムシ 改め むーちゃん)一匹目 | トップページ | 【番外編】フグかウナギかクジラか知らぬ(うなりくん) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想