« 【VSOP編】野老案に目がテン!(東京五輪エンブレム再公募結果)第4回 | トップページ | 【番外編】ミンチになるまで斬り刻め!(榛東村キャラ・グレッピー・はすぴぃ) »

2016年5月 7日 (土)

【VSOP編:補遺】心苦しい!? 決着

(承前)

 

五輪エンブレム再公募の件、前回で打ち止めにするつもりだったんですが、あまりに後味ワロシなので急遽追いギメの小ネタです。

 

選考過程において、ややこしい平野の噛みつきに比べれば、この広告塔のお悩みは単純だった。

 

-----
(2016.01.07 スポーツ報知 抜粋)

 

杉山 愛さん「心苦しい作業だった」…五輪エンブレム選考

2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを決定する組織委のエンブレム委員会(委員長=宮田亮平・東京芸大学長)が7日、本格審査を開始した。9日まで3日間の日程で、公募して昨年12月までに64件に絞った作品から最終候補の3〜4作品を選出する。
組織委によると、本格審査では、7、8日に都内の審査会場で全21委員が個別に、展示された64作品を3点、1点、0点の3段階評価で採点する。8日の投票終了後に約30作品を確定。9日午前に各委員が改めて3作品に投票し8〜10件に絞り、同日午後、全委員で議論して最終候補を決める。
この日、選考に参加した元プロテニスプレーヤーの杉山 愛委員(40)は、「『かっこいい!』と思うような作品が多く、点数をつけるのが心苦しい作業だった」と採点の難しさを語った。デザイナー・佐野研二郎氏が作成した旧エンブレムが昨年9月に白紙撤回されたこともあり「国民の皆さんの代表として、共感していただけるものを選んでいきたい」と話した。
最終候補は国内外での商標調査と商標登録の出願手続きを経て、国民から意見を募るため組織委公式サイトなどで公表する。今春、最終審査を行い採用作品を決定する。

 

〔後略〕
-----

 

あっ、「心苦しい」とはそういうことだったのね💦。アタシゃまたてっきり違う意味かと💦💦。あくまで「公明正大」な選考だったのですよ(笑)。

 

同じネタで、時事通信の見出しはニュートラルなものとなっていて↓、訴求力ではやっぱスポーツ新聞の勝利でせう。思わず読んじゃったもん。

 

-----
(2016.01.07 時事通信 抜粋)

 

新エンブレム選定へ本審査=3、4作品に絞り込み-東京五輪

 

〔前略〕

 

初日の7日は14人の委員が審査した。

 

〔中略〕

 

審査会場には各作品がコンセプトの説明文とともに壁に貼られ、委員が自身の採点シートに評価を記入。デザインが外部に漏れないように携帯電話の持ち込みは禁止された。杉山さんは「何人かの委員とすれ違ったが、目線も合わせられないような緊張感があった」と振り返った。

 

〔後略〕
-----

 

え!?初日に7名も欠席しちゃったわけ!?

 

まあ、そうして1月9日に選ばれた4点も、商標調査にひっかかって3点までが無に帰したんですがね。(でもないか。「佳作」になったようだから。けれども作品は非公表ですが。)

 

なんかさー、杉山 愛にせよ王 貞治にせよ、鈴木大地にせよ、SMAP化進んでるよねえ(松岡修造はどうだ)。

 

♪Welcome ようこそ日本へ
 君が今 ここにいること
 とびきりの運命に
 心からありがとう

 

あ、ひょっとしたら2020五輪ソングをSMAPが歌ったりして😄。日本民間大使、な感じ。

« 【VSOP編】野老案に目がテン!(東京五輪エンブレム再公募結果)第4回 | トップページ | 【番外編】ミンチになるまで斬り刻め!(榛東村キャラ・グレッピー・はすぴぃ) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【VSOP編:補遺】心苦しい!? 決着:

« 【VSOP編】野老案に目がテン!(東京五輪エンブレム再公募結果)第4回 | トップページ | 【番外編】ミンチになるまで斬り刻め!(榛東村キャラ・グレッピー・はすぴぃ) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想