艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章)" />

« 【対決編のご参考】丸ブー黄金時代(北杜市章・中泊町章・竹田市章・たつの市章・桜川市章・飯能市シンボルマーク・日本ハンドボール協会) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章) »

2016年6月 5日 (日)

もはや盡きせぬ無明の闇キャラ(その15:新ひだか町章候補・八幡平市章応募作品)

(承前)

えー、実質的に前々回の続きってことで、今回は(今回も?)キャラじゃなくて自治体章なんですが・・・。

本シリーズの主張の一つに、「文体は隠そうと思っても顕れる」ということがある。なくて七癖、コメントの文章を読むだけで作者名がなんとなくわかる場合もあるんです(井口一族や工藤一族のように「作者名が明らかにわかる」ケースは特別としても)。

2006年1月に公表された新ひだか町章の30候補作品で、こんなものが目を惹いた。

北海道日高郡新ひだか町
町章
(候補作品:作品番号1310)
(作者不明)
新ひだか町章(候補1310)

-----
新ひだか町の頭文字[ヒ]をモチーフに、美しく豊かな大地の自然、太平洋の大きな恵み、その地形をイメージしつつ・・昇る[朝日(太陽)]で地域の飛躍を、地域の人々が自然を抱く姿と、美しく感動的な自然と豊かな恵み、それらを描きつつ・・「いきいき すこやか 誰もが主役になれるまち」をシンボライズし、人が元気、町に活力、今、感動の地に新ひだか町の誕生を表現しました。
-----

あれ、この文章って前にどこかで・・・。(そりゃ、このSubseriesで取り上げるってことは、そういうことなんですけどね。)

【その54】
愛知県愛西市
市章
塩崎栄一
〔2005年2月〕
愛西市章

-----
愛西市の頭文字をローマ字の[a]でモチーフに濃尾平野の豊な緑と清清しい空気、長良、木曽川の恵まれた自然。海部西部4町村が一つに。
人々が連帯し飛躍する地域の皆様の姿を思い、[赤]の[太陽]で地域の飛躍を「人と緑が織りなす 環境文化都市 愛西」人が元気、町に活力。
今、愛着の地に愛西市の誕生です。
-----

【その54】
鹿児島県日置市
市章
(優秀賞)
塩崎栄一
〔2005年3月〕
日置市章(栄一案)

-----
日置市の頭文字を漢字の[日]でモチーフに。薩摩半島の豊かな自然に囲まれた地域、神之川、八重山、東シナ海等山、川、海、自然の恵みに感謝と感動の地。地域の皆様のイキイキ飛躍する姿を勢いの[波]にたとえイメージしています。地域の歴史も繰り返す波々で現在の伝統を大切にする日置市民の気質で「地理的特性と歴史や自然との調和を生かしたふれあいあふれる健やかな都市づくり」をシンボライズ、自然と調和の日置市の誕生です。
-----

[丸]+[波頭]は日置市由来だったのか・・・。

こんなのもあったぞ。

【その144】
香川県三豊市
市章
(優秀賞)
塩崎栄一
〔2005年9月〕
三豊市章(栄一案)

-----
三豊市の頭文字を漢字の[三]でモチーフに、地域の三つの豊かさを[三本線]で、[朝日(太陽)]で地域の飛躍を「三つの豊かさに育まれる田園都市 三豊市」をシンボライズ。今、香川県に新市「三豊市」誕生です。
-----

3年半もやってきて、なぜ今までこのテンプレをきっちり認識していなかったんだろう。やっぱり奥が深いわ、なるほど THE 塩崎ワールド。

こうなると、継続検討としていたこの問題にも決着がつくようです。

【2016.01.19「水は高きより低きに流れる、とかや」】
岩手県八幡平市
市章
(応募作品0268)
(作者不明)
〔2005年6月〕
八幡平市章(応募作品0268)

-----
八幡平市の頭文字を「八」を数字の[8]でモチーフに岩手山、八幡平、安比高原の恵まれた地域、[山]と緑自然の恵みに感謝と感動の地。「農(みのり)と輝(ひかり)の大地 − 交流新拠点をめざして」将来像を目指し岩手山、八幡平、安比高原の自然をイメージしつつ、交流新拠点を[ダ円]で描いています。人と自然との調和を生かした交流新拠点 八幡平市の誕生です。
-----

となると、これも見逃しちゃあいけんね。どんどん芋づる式です(^o^;)。

岩手県八幡平市
市章(応募作品0269)
(作者不明)
八幡平市章(応募作品0269)

-----
八幡平市の頭文字を[八]でモチーフに岩手山、八幡平、安比高原の恵まれた地域、山と緑自然の恵みに感謝と感動の地。「農(みのり)と輝(ひかり)の大地 − 交流新拠点をめざして」将来像を目指し地域の皆様のイキイキ飛躍する姿をイメージしています。人と自然との調和を生かしたふれあいあふれる八幡平市づくりをシンボライズ自然と調和の八幡平市の誕生です。
-----

こちらは愛西市章に印象が似てますな。[赤丸]のサイズが小さ目なところなんか。

やっぱりデザインと同様で、文章に散りばめられたネタもStockyardから適当に持ってきて適当に投げ込んだってのは塩崎Dogmaそのもの。アイテムをつなぐ思いやLogicが決定的に欠けているから、ブツ切れで読みづらい。
その上、どう解釈されても(どう転んでも)いいように予防線を張りまくって書くから、読む者の心を凡そ打たないものになるんです。何が言いたいのか、まるでわかんないでしょ?「てにをはの使い方に不自由が」てなレベルで叩いてるんじゃないんだよ

∴これらも全て塩ロゴ判定ということで、一巻のQED。

(でも続くの)

« 【対決編のご参考】丸ブー黄金時代(北杜市章・中泊町章・竹田市章・たつの市章・桜川市章・飯能市シンボルマーク・日本ハンドボール協会) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【対決編のご参考】丸ブー黄金時代(北杜市章・中泊町章・竹田市章・たつの市章・桜川市章・飯能市シンボルマーク・日本ハンドボール協会) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想