艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章)" />

« 【対決編】丸ブー艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その163:京都はあとふる企業) »

2016年6月 9日 (木)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その162:まちだのめぐみ)

(承前)

だいぶ在庫も僅少になってきましたが、今回は漢字遣いの[へのへのもへじ系]塩ロゴでいってみましょう。2011年7月発表の作品です。

東京都町田市
町田産農産物シンボルマーク
(優秀作品)まちだのめぐみ
塩崎エイイチ
まちだのめぐみ

なんかやっぱり、懐かしい感じですねえww(褒めてるんじゃないけど)。

プラットフォームはイニシャル[町]。そこに盛ったアイテムは、まず[牛]。2011.03.23、震災後2週間足らずのタイミングで行われた募集告知の発表資料は「市では、野菜だけでなく、園芸や畜産など多種多様な農産物が生産されています」から書き起こされているので、それを受けてのことなんだろう。[双葉]は今どきむしろ「環境」に親和性の高いネタだから、「農」を表すには少々弱い。[舌ぺろ]は何らか「食」に関わる塩キャラ/塩ロゴではおなじみのアイテム。

「これだったら東京都北区で『おうじのめぐみ』でもいけるよね」とか、「食べられてしまう食材が舌舐めずりをしてるなんて」とか突っつく前に、まずは気になる「都内で牛なんか飼ってるのかよ」という点を調べてみますと。

ご当地の農家は1,000戸弱あり、生産額は野菜が11億円弱、いも類が1億円強、乳用牛が1億円といった順。じゃあ肉牛はどんくらいなの?

-----
(2012年2月1日現在 家畜飼養状況調査)

畜産物 家畜 飼養頭数(みつばちは、ほう群数)

乳用牛 119
肉用牛 x
豚 x
鶏 28300
みつばち 19
-----

『秘密保護上発表しないものは「x」で表記』なんですって。肉牛と豚、どんな機密事項やねん

そんなわけで、肉牛はここに登場しない/できないだろうから、この牛さんも乳牛で、ひとまず安堵して舌舐めずりなんかしてられるわけだ。因みに、牛には一般的に♀にも角があり、従ってこの絵柄も牝牛ってことで一応問題なし。(もっとも乳牛では子牛のうちに角を除去してしまうことが多いが。)
あと、ご当地にはトップシークレットとしての養豚場の有無は不明だけど、養鶏場と養蜂場はあるんですな。(あのね、「みつばち」はまだ許すとして、「ほう群」っていう交ぜ書きはよしなさいよ、今時。「蜂群」って書かないと意味通じないだろうが。法令の表記に準拠するばかりってのはいい加減になさい。「養ほう振興法」も2013.01.01から「養蜂振興法」に改められてますよ

ネタを並べ立てても何かが腑に落ちない。
本公募は「ネーミング」までワンセットで、1人1点限定で募集された。採用されたのは、ジモティでもある常連ガイダー市原麻奈美の「まち☆ベジ」。プラットフォームはエイイチと同じく[町]、盛ったは[トマト]。つまり、上述のリストの第1位「野菜」と第3位「畜産」ががっぷり四つに組んだわけ。結果、「畜産」は次点に甘んじた。

こうなるともう、塩崎Dogmaがどうこうではなくって、専ら制定側が「町田産農産物」のBrandingをどう捉えていたかの問題だという気がしてきます。あるいは地元優先ありきの出来レースだったという線も勿論あり得るけど。
町田市経済観光部農業振興課さん(漢字13文字)、どう考えりゃいいんですかね??

因みに副賞は最優秀作品が3万円、優秀作品が1万円。応募総数39点にとどまったのは金額のせいか、点数制限のためか、PRが足りなかったのか、それとも震災の影響であったのか?

(続く)

« 【対決編】丸ブー艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その163:京都はあとふる企業) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【対決編】丸ブー艶競べ [18](新ひだか町章・吉見町章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その163:京都はあとふる企業) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想