« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

【対決編】丸ブー艶競べ [21] のおまけ(南アルプス市章・八代市章)

(承前)

本宮市章については、某公募系BBSでいろいろと囁かれていた。もちろん江田島市章への類似のことも。

----------
267:2006/11/09 00:36
>>256 最終候補3点が、全て下の類似品から選ばれていたら パチパチパチ

No.0391 江田島市
[URL]

No.1360 筑北村
[URL]

No.1158 常総市
[URL]

No.1004 ふじみ野市
[URL]

No.1307 南アルプス市
[URL]

268:2006/11/09 08:30
>>267
本宮市章候補391番と江田島市章はやばいね
これが類似じゃ無いなら何でもまかり通っちゃう

277:2006/11/11 09:33
>>256
本宮市章候補は上から順に得票数の多い準だろうね
すると391が市章内定だけど江田島市章とそっくりだから失格
よって次点の1360が市章に決定のようだね

281:2006/11/11 12:09
>>277
江田島市章よりは、391の方が好きだな。

282:2006/11/11 12:27
オレも391をボツにするのはおしいと思う

284:2006/11/11 12:45
>>282
こんなありふれたデザイン、ちっとも惜しくは無いよ
「も」をモチーフにした場合最初に思いつく形だよ
選考基準の「印象に残るやユーモアがある」とは言えないね

285:2006/11/11 13:03
>>284
そうかな〜 あくまでも、ふたつを比べてみた場合
後から発表された方がデザイン的に優れている場合、
個人的には、良い方を残してもらいたいね。
江田島市が逆に、買い取って取り替えたいくらいだろう?

286:2006/11/11 13:52
>>284
ありふれたデザイン?
マークはシンプルな方が飽きが来なくて良いと思う。
391はシンプルで、マークとしては良く出来てるよ。
-----

あー、過去に【2013.07.08「類似って何なんだっけ:下」】で取り上げたものが並びましたねえ。

長野県東筑摩郡筑北村
村章
吉池史江
〔2005.10.11制定〕
筑北村章

茨城県常総市
市章
川本 智
〔2006.01.01制定〕
常総市章

埼玉県ふじみ野市
市章
工藤和久
〔2006.04.01制定〕
ふじみ野市章

見てきてないところと言えばこれですか。

山梨県南アルプス市
市章
〔2003.09.19制定〕
南アルプス市章

これまた皆さん「類似」をかなり厳しく見てたようでス。因みに南アルプス市ではどこからでも南アルプスが見えるのかっていうと、そんなことはないそうで(笑)。

そしていつしか、No.391は落とされるものだ、選ばれるのはNo.1360だという認識が一人歩きを始め・・・

本宮市章候補1 本宮市章候補2

-----
419:2006/12/01 18:28
391番は江田島市章とそっくりで失格だから
本宮市章は1360番で決定だね
1360さん おめでとう

[URL]
[URL]

420:2006/12/01 22:01
1360って八代市…でもないね・・・

421:2006/12/01 22:29
>>419
391番 やはり断トツの人気ですな。
そっくりだから失格にする勇気が、果たして本宮市にあるのかなー?
ヤバイと思いつつも、結局そのままだろうな・・・ってところでしょう!
似ているから次点候補を繰り上げた所ってあったっけかな?

422:2006/12/02 01:14
個人的には1360番の類似が見つかって
748番の「本」が市章になってほしいけどな

「地元案をおなさけで優秀賞にしたけどまさか市章になるなんて」
by 協議会委員
-----

No.1360と八代市章が微妙に似てるってのはツルも感じた。

熊本県八代市(やつしろし)
市章
河村真帆(21歳:八代市:大学生)
〔2004.11.09表彰〕
八代市章(最終版)

ここの公募というのも相当なネタの宝庫なんだけど、それはまた稿を改めざるを得まいて^-^;。

しかし、2006.12.19の第23回本宮町・白沢村合併協議会での決定はこう下された(正確には、2006.10.31第20回合併協での投票により最優秀賞1点・優秀賞2点を「内定」し、その後類似調査を行って第23回合併協にかけている)。

No.0391 20票(最優秀賞:深川重一:江田島市章類似)
No.1360 7票(優秀賞:筑北村章類似)
No.0748 4票(No.1125と同数のため合併協正副会長の協議により優秀賞)
No.1125 4票(萱野光俊か)
No.1158 2票(常総市章類似)
No.1307 2票(南アルプス市章類似)
No.1004 0票(ふじみ野市章類似)
No.1151 0票
No.1153 0票
No.1195 0票

諸氏の思惑とは裏腹に、No.0391がそのまんま市章になっちゃった。

〔優秀賞〕
坂下 淳(じゅん)(33歳:愛知県東海市)
滝 秀雄(65歳:静岡県焼津市)

No.1360とNo.0748のどっちが坂下作品でどっちが滝作品かは明らかにされてないようです(得票数と記載順からして想像はつくけど)。

[二羽の鳥]で同文のNo.1153とNo.1195はともに得票ゼロに沈んだのね、うはは。土壇場になってテンプレ臭がネガティブに働いたんでしょう。一将功成って万骨枯る。されども比翼の鳥は死して名を残した。

あーっと、No.1125を萱野作品と見る根拠ですか。

-----
NO.1125
緑多き安達太良山([緑]部)・清らかな阿武隈川([青]部)・まちに吹く爽やかな風([水色]部分)で本宮の[も]を図案化したもので、自然豊かな本宮市を表徴するデザインとなっています。
-----

「表徴」ですよ、「表徴」

この結果には当然、某BBSでも黙ってなかったわけで。

-----
493:2006/12/20 11:51
本宮市章決定

[URL]

早速江田島市に連絡しました

494:2006/12/20 21:08
本宮市はうしろめたいだろうね
ひっそりと過ごしてください

495:2006/12/20 21:10
でも深川重一さん、市町章では現在トップじゃない

501:2006/12/21 11:26
>>495
深川さんって昔からの常連さんだけど 市町章でそんなに採用されてたっけ?
-----

いんにゃ、そんなことはねえです。

ピィチクパァチク、でももちろんそれで決定が覆るわけもなく。

(続く)

2016年7月29日 (金)

【対決編】丸ブー艶競べ [21](江田島市章・本宮市章)

(承前)

先日触れといた安 起瑩の件、早速再開つかまつりましょう。今度はガッツリ。

学究でもありかつ実作家でもあるという安の作例には、こんなものもある。さくら市とほぼ同時期、2004年9月に決定されたものです。

広島県江田島市
市章
安 起瑩(アン キヨン:男性:36歳:茨城県つくば市)
江田島市章(応募案)江田島市章(最終版)

-----
江田島市の英文頭文字[E]と[海(波)]のイメージをモチーフとしたデザインである。[青色]は海と空を表すことで恵まれた自然環境的な特徴を象徴する。そして、市の将来像「自然との共生・都市との交流による海生交流都市」のイメージをシンボルデザインした。
-----

これまた「文字をモチーフとした文様デザイン」ですか、やれやれ(笑)。

(優秀賞)
雑賀亜郁(東京都)
木島芳一(千葉県)
島田佳幸(東京都)
知久真巳(東京都)

あ、やっぱ「真巴」じゃないのね(cf. 2016.01.23「丸ブー艶競べ [12]」)。

いかにもどっかにありそうなデザインでしょ。その問題はこのようにあしらわれて、じゃなかった扱われている。

-----
(2004.09.12 第32回江田島町・能美町・沖美町・大柿町合併協議会 会議録 抜粋)

東谷局長
〔前略〕

江田島市市章候補選考小委員会で選考されました市章候補作品5点について、株式会社中国博報堂に委託いたしまして、都道府県・市町村の紋章及び図形商標登録等に類似デザインがないか調査をいたしました。調査の結果、調査時点での所有資料及び登録リスト中には、別紙資料のとおりデザイン全体で見たときに、類似に当てはまるものはありませんでした。

〔中略〕

まず、候補作品(ア)につきましては、モチーフでありますアルファベットの[E]をデザインしたもので似たデザインはありませんでした。その他、一見似ているものもありましたが、アルファベットの「O」、それから「G」「C」や「円」などをモチーフにしたデザインで、主なカラー、色使いや、[波]、[海]の形も違っておりまして、類似といえるものはありませんでした。
次に、候補作品(イ)につきましては・・・

〔中略〕

なお、類似のポイントは全体的なデザインはもちろん「モチーフ」「色」「イメージ」などもポイントになります。市の将来像「自然との共生・都市との交流による海生交流都市」のイメージから、[波形]のデザインがどの作品にも共通して見られました。この部分も特に調べましたが、デザイン全体で見たとき類似に当てはまるものではありませんでした。
-----

「似ている」と「類似」とは違うものであるらしいです、変なの。ツルだったら「どこぞの市章と一見似ている市章」だってイヤ、「どこぞの市章と類似した市章」とおんなじくらいに。

しかし上記の理屈だと、例えばこれより2年後、2006年12月に決定した次のものだって「類似」し得ないことになる。モチーフが[も]で違っているからね。

福島県本宮市(もとみやし)
市章
深川重一(58歳:大阪府和泉市)
本宮市章

-----
(同市サイト)

この市章は、「本宮市」の頭文字[も]を図案化し、新市の将来像「水と緑と心が結びあう未来に輝く都市 もとみや」をイメージしデザインしました。図形上部の[緑色]と下部の[青色]は、新市の豊かな自然「水と緑」を表現し、形状は、2羽の鳥が「心」を一つにして飛翔する姿を表現しており、水と緑と心が結び合い、「本宮市」が未来に向かって飛躍・発展することの願いを力強く表現しています。
-----

ほーん。在天願作比翼鳥、在地願為連理枝、てなことを念じながら作ったのであろうか、深川が??

その答はNOです。
某公募系BBSでも本宮市章の件は話題に上っていた。

-----
256:2006/11/08 11:27
本宮市章候補10点決定(最終候補3点は決定してるようだけど)

[URL]

鳥が多いね(笑)バランスから見て1151番ってとこかな?

262:2006/11/08 20:03
>>256
おお〜〜
最終候補10作品の内、丸ブーが一つも無い
わりとまともな選考委員さん達のようね パチパチパチ
-----

2次選考通過作品10点がこれです。

本宮市章候補1 本宮市章候補2

どうやら262の書き込みは「赤丸が入ってないから丸ブーじゃない」と解釈したものらしい(実際には1つあるけど)。そんな馬鹿な。「丸ブー」とは現象面を指すだけの言葉ではない、ツルに言わせれば。

この資料にはこう出ている。

-----
NO.0391
本宮市の頭文字[も]をモチーフにデザイン化。「豊かな自然(水・緑・川)」「飛翔する鳥」「合併の2町村」をイメージすると共に、未来に向かって飛躍・発展する新市を力強くシンボライズしました。
-----

深川は「2羽の鳥」とは言ってないんですね。実は「二羽の鳥が羽ばたく姿」とコメントしていたのはNO.1151とNO.1153だった(もちろん、この2点は同一作者によるものであることが会議録にも記載されている)。
つまり、制定側がボツ作品のデザイン趣旨を都合よくつまみ食いしたわけ(@_@)(@_@)。こりゃ初めて目にするパターンです。本宮市に在りては願わくば比翼の鳥と作(な)らん。

ま、どっちもどっちの田舎公募。

― Inspired by「長恨歌」 (806) by 白 居易(772〜846)―

(続く)

2016年7月27日 (水)

【グダグダ編】知られざるモノたち(●●●●・●●●● → 篠山市シンボルマーク)

(承前)

-----
ある自治体章の画像を保管してたとして、その自治体名を失念してしまったら(ここまで来るとファイル管理も大変なのよ)、それがどの自治体だったかを追跡するのはすごく困難。相当気をつけてるんだけど、2点ほど訳のわからなくなってしまったものも実際あります・・・ダメねえ
-----

そのことなんですがね(それまでネタにしちゃうか)。

これ↓と

知られざるモノ1

これ↓なんですけど。

知られざるモノ2

だいぶ調べ直したんだけど、わからない。Realtimeで体験してない者の限界ですね。
ひょっとしたら自治体章じゃなくて、自治体のシンボルマークとかだったかもしれません。あるいは次点とか候補とか。そうだったらもうつきあい切れんわなあ。

ああ、気分が悪い。どうにかなりませんかねえ。

----------
【2017.07.31 追記】
じゃーん、一つ判明しましたぁ

2番目の盆踊りっぽい丸ブーは;

兵庫県篠山市
シンボルマーク

ですね。てぇことは、デカンショ節で踊ってたのねきっと。

-----
自然の恩恵を受けのびのびと育っていく人の姿と新市の発展を篠山の[さ]の字をモチーフに、4町の香りを田園文化に表し、若さの[オレンジ]、木々の葉の[緑]と、水と空の[青]で表現。
-----

したものらしい。「4町の香りを田園文化に表し」とは面妖な日本語ですな。
やっぱり市章じゃなくてシンボルマークだったんだ。ただ、今はもう使われてはいないようです(市章は別にある)。

判明したきっかけはひょんなことから。何か調べごとをしてたら(何を調べていたのかもう思い出せないけど)常々ツルが小馬鹿にしてやまないマンホール蓋のサイトを踏んじゃって、フフンと鼻を鳴らして引き返そうとした時にこの形が目に飛び込んできた次第(T-T)。あないみじ、侮り難し、マンホール。
作者も制定時期もわからない。けど、どこのものだかわかっただけでもう満足です、ツルは。

・・・あと一つだけだね。
----------

(続く)

2016年7月25日 (月)

【番外編】公募ガイダーはS字固めがお好き? 三たび(日光市章・新ひだか町章候補・さくら市章候補)

(承前)

ガイダーの心の琴線を掻きむしる「S字の誘惑」は相当強力なもののようで、わけてもMILD SEVENやMEVIUSの「ブルーウィンド」風は、次点作だの候補作だの応募作だののレベルまで掘り下げればざくざく出てくる。

栃木県日光市
市章
(候補作品358:優秀賞)
伊藤也寸史(岐阜県多治見市)
〔2005年10月決定〕
日光市章優秀賞

【2016.02.03「画像なんかはなくっても」】・【2016.02.05「画像見たならなおも仰天」】でイロイロあげつらった公募です。
決選投票で工藤和久作品同様に「0票」を集めながら、それでも優秀賞に入っちゃったという不可思議なる作品。正確を期すと2005.07.11〜08.22募集・10.31決定で、栃木県さくら市章(2004.11.17決定)や山梨県甲州市章(2005.07.21決定・08.04合併協報告)より後です。ひんやーり。

北海道日高郡新ひだか町
町章
(候補作品:作品番号247)
〔2006年1月候補作品公表〕
新ひだか町章(候補247)

こちらの公募も、2016.06.01〜07に【丸ブー艶競べ [17b]】〜【丸ブー黄金時代】〜【無明の闇(その15)】〜【丸ブー艶競べ [18]】と集中的に取り上げたとおり、丸ブー大繁盛だった。

新ひだか町章 30候補作品

-----
新の[S]、ひだかの[H]の両イニシャルを合わせました。左右の[ライン]は2町で、[緑]は日高山脈を背に広がる大地で「恵み」を、[青]は海で「活力」を、[赤の円]は「輝く将来」を表しています。2町が1つの和になって輝く将来へ躍動する新町を表現しました。
-----

そう、その[H]は鳥取県東伯郡北栄町章(by 駒井 瞭:2005年6月決定)に着目したもの、だったかもしれない・・・うんざり。

さらに、こうした傾向と対策を2010年代まで引っ張ったのがこれ↓ということになるわけね。

【2015.01.16「Free Lancerの栄光と残照」】
つけ麺 笹はら
看板ロゴ
(提案)
井口やすひさ
〔2011年9月提案〕
つけ麺 笹はら

もう、げっそり。でも、「S字の誘惑」はそこらに留まるものではない、もちろん。

【2016.07.15「公募ガイダーはS字固めがお好き?再び 前編」】で見たばかりの、栃木県さくら市章公募の予備選定第4位作品もダイレクトに[S]。

さくら市章予備選定結果

深掘りすると、これが2004年11月決定の「三つ目の優秀賞」だった可能性が高いと考えられるわけです(優秀賞としての画像は公表されていないけれども)。

さくら市章(予備選定候補)

-----
「優秀賞に追加されたのは安&山根作品だったのか?」という話はひとまず先送りにしてと。
-----

と書いた件については、少々調べるとそれなりに確からしく思えてくる。

安 起瑩(アン キヨン)は1968年韓国生まれ、母国の大学院で視覚デザインを専攻して2000年来日。2003年に筑波大学大学院修士課程、2006年に東京藝術大学大学院博士課程を修了。傍ら筑波大学・京都嵯峨芸術大学等で講師を務め、現在は近畿大学文芸学部芸術学科准教授。一緒にクレジットされた山根衣代との関係はツルには不明です。

でさ、安の東京芸大での博士論文が「文字をモチーフとした文様デザインの研究」なんですよ、うはははは。上掲の4位も「S字をモチーフとした文様デザインの実作」だもんね(そりゃま、ブルーウィンドな2位だってS字だけど、この2位は既に萱野光俊作と判定済みってことで)。

さて、「S字固め」関連のことはここらで一旦中締めを。(安のことも萱野のことも書きたいことはまだたんまりあるのだが。)

自治体章について書くのって、実は疲れるんですよねえ。愚blogは採用作と次点作とをあまり峻別しないこともあって、とにかく丸ブー類似品が多くてさ。
しかも基本的にAbstractなSymbolismの世界だから、そこをどう面白おかしく(こらこら)料理するかってところ、相当消耗するんだよね。それは、例えば洋蘭展に行って時間かけて観賞しても別にどうってことないのに、盆栽の品評会を見に行って帰ってくるとドッと疲れてる(ツルの経験に基づく個人的感想です)、というのに似ている。

丸ブー自治体章は大抵合併協議会で決めていて、これは総務省が各サイトをアーカイブ化してるから、そこは調べるのが取り立てて面倒ということもないんだけど。
それでもやはりこうしたものは記憶に残りにくくて(素人ツルには、ですけど)、「あ、dejavu」と思ってもどこのどれとの類似だったかが頭の中でなかなか出てこない。言い換えれば、ある自治体章の画像を保管してたとして、その自治体名を失念してしまったら(ここまで来るとファイル管理も大変なのよ)、それがどの自治体だったかを追跡するのはすごく困難。相当気をつけてるんだけど、2点ほど訳のわからなくなってしまったものも実際あります・・・ダメねえ

で、次回は具象画、キャラクターを。いや、そうもいかんか。

(続く)

2016年7月23日 (土)

【対決編】丸ブー艶競べ [20](花巻市章・宇陀市章)

(承前)

このシリーズを書いていて痛感するのは、高齢の公募ガイダーほどテンプレの陥穽に嵌まること。いつも暗澹とします。創造性が失われていくのはもう仕方がないとしても、そこを補うべきミネルヴァの梟を飼い慣らすことはしてこなかった(cf.【その21】)ということが垣間見えるからね。
歳を重ねるにつれて堕ちていく稼業というのも因果なものよのう。そりゃ、若い人が堕落してるのを見るよりなんぼかマシと思ってみたりもするけれど。めっきり五十路、熟年に近づきつつあるツルとしても、以て他山の石とすべき処なり。

そんな文脈で、このガイダーのこと、もう少し斬り刻みましょう。今度は見た目のビジュアルそのものに着目して。

岩手県花巻市
市章
萱野光俊(熊本市)
〔2005年10月決定〕
花巻市章

(優秀賞)
小島正夫(千葉県山武郡大網白里町(現 大網白里市))
田村 勝(岩手県盛岡市)
小山朝子(群馬県伊勢崎市)

2006年元日、(旧)花巻市・稗貫郡石鳥谷町(ひえぬきぐん いしどりやちょう)・同 大迫町(おおはさままち)・和賀郡東和町が新設合併を行った際の2代目市章です。

-----
花巻市の4市町合併を[花びら]として新市の将来像である「早池峰の風薫る安らぎと活力にみちたイーハトーブはなまき」のイメージをあらわし、花巻市の魅力と活力あふれる繁栄発展を表徴した市章としました。[赤のポイント]は市民の市政への情熱を示します。
-----

 ↓

-----
(花巻市統計書 平成26年版)

市章は、新市の将来像「早池峰の風薫る安らぎと活力にみちたイーハトーブはなまき」を象徴しています。
[4つのブルー]は、合併前の4つの市町と早池峰の風、そして新市の発展を表しています。
中心の[オレンジ]は、安らぎと活力、そしてそこに暮らす人々の情熱を表したものです。
-----

やっぱりね。「市民の市政への情熱」はちと無理があるとは思ってたんだよな。

この公募でも、合併協議会で行われた表彰に萱野は出席している。

-----
(2005.11.28 第18回花巻地方合併協議会 会議録 抜粋)

渡辺会長
表彰状、萱野光俊殿。
あなたは花巻市、大迫町、石鳥谷町、東和町の合併により誕生する新花巻市の市章公募において、審査の結果、新市の将来像にふさわしい作品として新市の市章に採用されましたので、これを表彰します。
花巻地方合併協議会会長 渡辺 勉

おめでとうございます。
賞金と記念品です。

藤井事務局次長
大変おめでとうございました。記念品は、花巻傘、エーデルワイン特別限定セット、大吟醸セット、ホームスパンのマフラーです。ここで、ただいま表彰されました萱野さんからご挨拶をお願いいたします。

萱野光俊氏
私の作品を選定していただきまして非常にうれしく思っております。光栄に思っております。
私の作品は、パソコンはマッキントッシュ、ソフトはイラストレーター・バージョン5.0で作りました。
花巻市のマークを考える際に、花のテーマで考えていこうと思いまして、4市町を[4枚の花びら]を開花させた形で造形してみました。4つの花びらを花巻市のまちづくりの4つの基本構想を私なりに考えて見ました。
1つ目は花巻市に住む人たちが安心して暮らせる居住空間、2つ目は緑豊かな環境と共生する自然空間、3つ目は働く人々が輝き続ける産業空間、4つ目はみんな元気で笑顔があふれる交流空間、そして花巻市が誇る宮沢賢治先生の宇宙空間を加味して製作しました。
私の製作したマークが、花巻市民の皆様に末永いご支援、ご愛顧を賜りますよう深く願っております。うれしい気持ちでございます。本当にありがとうございました。
-----

おお!!今度のスピーチはなんやエラい気合い入っとるやんけ!鹿爪らしく語っとるし。お楽しみ福袋的記念品が魅力的だったせいかしら
実はこのちょうど1週間前の2005.11.21にも、萱野は熊本県合志市章の表彰で第14回合志西合志二町合併協議会に出席している。濡れ手に粟のウハウハ引っ張りだこだったわけ(合志市でどんなスピーチをしたかは、残念、判明しません)。

平成丸ブー自治体章にしては珍しく、整形のすっきり系デザインではある。「あ、きれい」と感じられた読者諸賢もおられましょう。しかしそれも、これを見た後ではどうであろうか。

岩手県花巻市
旧市章
旧花巻市章

半世紀遡って、1954.04.01、稗貫郡の花巻町・湯本村・湯口村・矢沢村・太田村・宮野目村が新設合併して(旧)花巻市が成立した時の初代市章です。6町村合併にして「4つのピースを捻った点対称」だったについては、きっと何かの形而上的意義があったんでしょう。願わくば「4つの自治体の合併だから四弁花」みたいな安直な発想ではないことを。表層だけが新市に引き継がれたのがご当地の不幸。

先行事例ばかりではない。後続のこれも見てみると。

奈良県宇陀市
市章
萱野光俊(熊本県)
〔2005年11月決定〕
宇陀市章(最終版)

-----
宇陀市の[う]をモチーフに、大宇陀町・菟田野町・榛原町・室生村の4町村の合併と宇陀市の誕生を[4つの花弁]の開花で表わし、[レッド]は活力を、[グリーン]は豊かな自然を、[ブルー]は清らかな水をイメージ。全体として、宇陀市の魅力と活力あふれる将来像を表徴しています。
-----

(優秀賞)
合田さち男(岡山県)
山崎利之(長崎県)
田中博士(愛知県)
当具 薫(三重県)

花巻市章と宇陀市章、確かにどちらも平成丸ブー市章の中では異彩を放っているとは思う。けど、まさか同じ作者とは思わなかった。

ああ、やっぱりそうか、「時期が近けりゃデザインは似る」。四弁花なんて、時空を超えて使えたわけですけど、新旧の「花巻」でなくとも。

宇陀市章(応募案(?))

愚blogで本Seriesを書き始めた3年半前の頃には、四つの輪っかが閉じたパターンもネットで拾えたのだけど、今はもう見つからない。大宇陀町・菟田野町(うたのちょう)・榛原町・室生村合併協議会のサイトも消え消え状態です。これが真に応募案であったのか、単なるバッタもんだったのか、今となっては薮の中ですが。

(続く)

2016年7月21日 (木)

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その165:りふぴぃ)

(承前)

 

さきのひはいばらきのもものはなをものしたれど、こんにちはみやぎのありのみなりけり。

 

宮城県宮城郡利府町(りふちょう)
利府町観光協会
観光イメージキャラクター
(優秀賞)りふぴぃ
塩崎まさよ
りふぴぃ

 

発表されたのは震災少し前の2010年8月、最優秀賞を得たのは、女子中学生が描いたイラスト風、な「十符(とふ)の里の妖精 リーフちゃん」by 北川 星(宮城県)。因みに「十符の里」とはご当地にある総合スポーツ施設、利府町中央公園の愛称「十符の里パーク」のことを意味しているらしい。「利府」だって「とふ」と読めないこともないよなあ。何か謂れがあるんだろう。

 

ご当地は松島湾の湾奥部に位置し、仙台市や塩竈市に接している。[利府梨]ってのが名産だそうで、この塩キャラの頭もそれでしょう、ほっぺの[そばかす]を含めて。ペンダントは[町章](びっくりするほど無個性なデザイン!)、ポシェットは何かと思ったら松島湾の[カキ]らしい。海山の幸を盛ったはよいけれど、食い合わせが大変悪そうというのも塩キャラには極めてありがち。[寄り目ハイライト]も互い違いツートーンの[葉っぱ]も当然の盛りアイテムです。
プラットフォームとしては[イヌ]なのか[Unidentified Small Animal]なのかよくわからないんですが、ツルの第一印象は「かわいい」ではなく「気持ち悪い」に近かった。
てか、えらく地味。歴史的に見れば(笑)塩キャラには確かにグレイベースのものもあったけど、ここまでモノトーンなのは初めてやのう。

 

【その105】
宮城県大崎市
古川商工会議所ブランド推進事業
釜神キャラクター
釜ちゃん
塩崎歩美
〔2008年8月(?)決定〕
釜ちゃん2

 

【その60】
パソコン3R推進協会
PCリサイクル キャラクター
さいまるくん
塩崎まさよ
〔2013年8月発表〕
さいまるくん

 

【その120】
福島県西白河郡中島村
イメージキャラクター
なかじぞうさん
塩崎歩美
〔2014年5月発表〕
なかじぞうさん(最終版)

 

こうなるとアクセントにナシの花でもあしらいたいとこでしょうが(町の花もこれ)、生憎この花はどっちかというと「悪臭」に属する香りを持つことで知られる。まあ、だからと言って、植物のことにはいささか疎い(ツルの個人的感想です)塩崎一族で、まさよがそこを意識していたとは到底思えないけれども(笑)。

 

ご当地の名誉のために一言添えておけば、応募規定には;

 

-----
応募者が著作権を有するオリジナルキャラクターであって、他のコンテスト等に入賞したことのないものに限ります。他のコンテストと同時に重複して応募する行為も禁止いたします。
-----

 

と比較的強い調子で書いてあって、ちょっと見直しちゃいます。「入賞」は当然「最優秀賞」「採用作品」にとどまらず、従って「優秀賞」や「佳作」や「審査員特別賞」なんかも(つまり著作権が移転しないであろうものも)含まれるはずですよね。定めし常連ガイダーがブーたれることでしょうが。
願わくば「過去に」「同時に」だけでなく「将来に」までカバーしたいものである。

 

しかしねえ。どうあれ結局、塩キャラ残しちゃったんだもんなあ。せめてもの救いは次点どまりだったことですか。

 

(続く)

2016年7月19日 (火)

【番外編】公募ガイダーはS字固めがお好き?再び(さくら市章・甲州市章)後編

(承前)

さくら市章次点を甲州市章にリサイクル応募した萱野作品、十分にアウトだとツルは思うんですが、しかしもっと口あんぐりなのは制定側の対応でありました。

山梨県甲州市
市章
(優秀作品)
萱野光俊
甲州市章(優秀作品)

-----
(2005.08.04 第11回東山梨地域合併協議会 議事録 抜粋)

○前田政彦事務局員

〔中略〕

6月23日の第2回市章検討委員会では、41作品をさらに絞り込みをいたしました。各委員から1作品ずつ、それぞれの意見をいただいたり、投票をしたりいたしまして、最終的に最優秀・優秀作品の候補の5作品、それから次点ということで2作品といたしまして、第1順位から第7順位までの順位付けして、選考内容をまとめていただきまして、会長に報告をいただいたところであります。
7月21日には運営調整会議が開催されまして、最優秀作品1点、優秀作品4点を決定していただいたところでございます。5点の作品については、資料の12ページをご覧いただきたいと思います。
これらの5作品に加え、市章検討委員会で選考をいただいた次点までの合計7作品全てについて、商標登録の調査ということで特許事務所に調査を出しております。その結果につきましては、順位3番の[こ]をイメージした作品が、株式会社久善と株式会社ニューギンという会社で登録している商標と類似する可能性があると報告を受けております。そのことも勘案しまして、市章検討委員会で報告を受けた順位1から5の順で運営調整会議にかけまして、その順番のとおりということで決定をいただきました。

〔中略〕

優秀作品につきましては、先ほど類似調査の結果について若干説明をいたしました、順位3のひらがなの[こ]をモチーフにした作品は、類似する可能性はありますが、優秀作品としては、このままでよいと運営調整会議で決定をしていただいておりますので、順位2番から5番までの4作品を優秀作品として決定をいただきましたのでご報告をさせていただきます。

〔中略〕

○会長:三枝 剛氏

〔中略〕

個人的には、商標登録に引っかかりそうな、3番がいいなと考えました。しかし、これは特許を調べた結果、類似する団体があるということでした。タバコのマイルドセブンのマークに似ているということもありました。

〔中略〕

○相澤廣貴事務局長

〔中略〕

それと応募者によるデザインの趣旨がございます。これにつきましても甲州市に合ったような語源を検討していくようなことになってきます。これにつきましては、市町村によっては例規の中に市章について入れていない所もございますが、例規の中に、設置規定を定めている所もございますので、そういったものに使っていく場合に相応しいような趣旨等も、本人の意向を損なわない範囲の中でやってまいりたいと考えております。
-----

「順位3番の[こ]をイメージした作品」というのが萱野案です。

甲州市章候補

スゴいよねえ。「似ているけど次点なら構わないだろ」というLogic。でもそれでは募集要項の類似禁止条項も、類似調査も全く意味をなさない。そもそもMILD SEVENのロゴ「ブルーウィンド」(2012年から発売された後継ブランドMEVIUSでも使用されている)に似ていることなんて、素人でも見た瞬間に感じただろうに。

Mild Seven One Menthol

知りたいのは、「優秀作品としては、このままでよいと運営調整会議で決定」したというその根拠です。市章検討委員会と運営調整会議との関係も気になるが。結局、なあなあだったんですかね。

デザイン趣旨を例規に入れる云々に至ってはもう噴飯物。後々まで閑人がアラ探しをするから、そんなことはしなさらん方が無難っすよー、火中に栗を拾いに行くんすか?(もっとも結局、甲州市告示第1号「市章の制定について」では「甲州市の市章を次のように定める。」とあるだけで、趣旨を入れるの愚は犯さなかった。やれやれ。)

こうした事勿れ主義的小役人根性が公募の品位を穢し墜としていったんですよ、東山梨地域合併協議会運営調整会議さん

結論&烙印。
田舎公募。

2016年7月17日 (日)

【番外編】老ガイダーが怠った配慮(南越前町章・合志市章)

(承前)

「イニシャル + 将来像 + 繁栄発展を表徴」Dogmaの作者コメント、早速探しました。続々見つかった、しかも次点なんかではなくめっきり採用作品で。

まずは愚blog既出分から。

【2014.10.16「丸ブー艶競べ [2a]」】
岡山県瀬戸内市
市章
萱野光俊(熊本県)
〔2004年8月決定〕
瀬戸内市章

-----
瀬戸内市のイニシャル[S]の頭文字をモチーフに、瀬戸内市の将来像である「豊かな自然と歴史を生かした交流と創造の都市〜つなぐ・いかす・つくる〜」のイメージをあらわし、新市瀬戸内市の魅力と活力あふれる繁栄発展を表徴した市章としました。
-----

(優秀賞)
東 信慶(福岡県)
野田寛志(兵庫県)
上林賢次(愛媛県)
渡辺康秀(東京都)

【2013.10.18「I am the Alpha and the Omega ― 1」】
熊本県阿蘇市
市章
萱野光俊(71歳:熊本市)
〔2004年11月決定〕
阿蘇市章

-----
阿蘇市のローマ字の[A][S]の文字をモチーフに、阿蘇市の基本理念である「緑いきづく火の神の里」のイメージをあらわし、阿蘇市の魅力と活気あふれる繁栄発展を表現しています。
-----

(優秀賞)
西田和美(福岡市)
大宝拓雄(福岡市)
大石正幸(福岡市)
工藤和久(青森県弘前市)
金子広志(神奈川県座間市)

ははあ。さくら市章に関する推測は誤りだったか。

さくら市章予備選定結果

-----
2位 13票(本作品)
 東 信慶?
3位 10票
 萱野光俊?
4位 8票
 安 起瑩&山根衣代?
-----

こうだったんです↓。

-----
2位 13票(本作品)
 萱野光俊
3位 10票
 東 信慶(?)
4位 8票
 安 起瑩&山根衣代(?)
-----

∴この鏡像ペア↓も自ずと。

栃木県さくら市
市章(優秀賞)
萱野光俊(?)
さくら市章(優秀賞)

山梨県甲州市
市章(優秀作品)
萱野光俊(?)
甲州市章(優秀作品)

東センセ、疑っちゃってごめんなさいねぇ。萱野センセのことはno markだったんですよ。

このDogma、まだあります。

福井県南条郡南越前町
町章
萱野光俊(71歳:熊本市)
〔2004年7月決定〕
南越前町章(応募案)南越前町章(最終版)

-----
南条町・今庄町・河野村の3つの合併新町「南越前町」のイニシャル[み]の文字をモチーフに、「海と緑と歴史の恵みに抱かれて、出会いから活力の花ひらく町」にふさわしいイメージをあらわし、「南越前町」の繁栄発展を表徴し、町章としている。
-----

この公募では、7月に決定後、次の回の合併協で表彰が行われた。

-----
(2004.10.15 第16回南条郡合併協議会 会議録 抜粋)

○萱野光俊様
今回の3町村の合併で新しい「南越前町」という町が生まれるということで、町章に選ばれまして、非常に光栄に思っております。このマークのデザインは「南越前町」っていう、あの[み]の、イニシャルのひらがなの[み]の文字をモチーフにして、「海と緑と歴史の恵みに抱かれて、活力の花ひらく町」としてのイメージを表しました。南越前町の魅力と活力溢れる反映、発展を期して町章といたしました。私としてはその町章が皆様に末永く愛されることを願っております。ずっと愛されていくことを望んでおりますので、よろしくお願いいたします。これで終わらせていただきます。

<拍手>

○増澤議長
本当に萱野さんは熊本からという、今朝、先ほどちょっとお会いした時にお話をお聞きしたんですが、5時に出られた。大変な旅をなされて、わざわざこの地までお越しいただきました。本当にありがとうございました。皆さんご存知のこの町章が立派に決まりまして、私どもも安心をしております。南越前町の町民みんなが、今、萱野さんからもお話ありましたけれども、マークのもとに団結して、このマークを愛しながら末永くこの町章を使っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
-----

うわ、スピーチまでテンプレ!!タイプミスも再現!!どんなこと考えながらしゃべってたんだろう。礼を尽した謝辞との温度差が哀しい。
萱野の退出後、事務局がデザイン補整を報告している。

-----
原案は緑色の部分が濃い緑色でしたので、彩度を上げまして山の暖色とのぎらつきが生じないように調整いたしました。次に山の部分ですが、鮮やかな朱色から、文化を意味するアースカラー(茶系)に近づけ、アースカラーと青色、緑色の交差部分にぎらつきが生じないように明度および彩度を調整し、安定感のあるカラーにいたしました。形状についてですが、青色の波頭の部分を小振りにし、右手に降りるカーブをスムーズになるよう調整いたしました。また、左に流れるラインの下の部分を左にずらし、動きを与えました。緑の部分と波との空間を調整し、全体に原案よりも動きを与え躍動感のあるデザインとしました。
-----

ふぅん。「右手に降りるカーブをスムーズに」はまるで頷けんがね、ツルは。

次の公募でもDogma炸裂。

熊本県合志市(こうしし)
市章
萱野光俊(72歳:熊本市:グラフィックデザイナー)
〔2005年10月決定〕
合志市章

-----
合志市のイニシャル[K]の文字をモチーフに、新市の将来像である「未来輝く産業・定住拠点都市」基本理念「人と自然を大切にした協働によるまちづくり」のイメージをあらわし、合志市の魅力と活力あふれる繁栄発展を表徴とした市章としました。[赤のポイント]は市民の市政への情熱を示します。
-----

同市サイトでは、「表徴とした」が「象徴した」に変えられている。一般的な表現ではないから言い換えちゃったんやね、うはは。

≪最近の若いもんは言葉を知らんからのう≫

と肥後屋御隠居光右衛門爺様、長嘆息。ま、Roland Barthesの哲学書以外、まず使われない言葉です。

(優秀賞)
東 信慶(福岡県北九州市)
渡辺信一(宮城県宮城郡利府町)
岩永光一(和歌山県橋本市)
三村久美栄(熊本市)

ああ、十把一絡げ。受忍限度超えてきた。こういうの、not「量産」but「粗製濫造」だとツルは考えますね。瀬戸内市、阿蘇市、南越前町、合志市の住民は、知れば不愉快だろう。

-----
89:2005/10/07 14:10
合志市章候補5点決定
[URL]
アチャー 使いまわしが2点(大丈夫か?)

91:2005/10/07 14:59
>>89
・・・デザインのプロと素人の班に分かれ158点の中から
それぞれ10作品を選び重複は無く20作品を選んだ・・・
1点も重複が無いなんて、そこまで見方が違うのか?

94:2005/10/07 15:42
合志って「こし」って読むんだね、今はじめて知った。
「ご」と「G」をモチーフに使ってしまった、俺って・・・。

95:2005/10/07 15:43
実は俺も…

100:2005/10/07 16:21
>>89の319(萱野氏)
この方、デザイン趣旨の手を抜きすぎ

33:2005/10/28 19:10
合志市章決定
[URL]

42:2005/10/28 20:57
相変わらず同じ文言だね
-----

10年前はもう時効?確かにそうかもしれない。「デザイン趣旨」なんて時の流れの中に埋没していくだろうし。でも、この傾向はそのまま、ご当地キャラ公募に引き継がれていったんよね。
それに、第二次平成大合併だってやってくるかもしれぬ、次の国勢調査&東京五輪の後あたりには。同じ轍を踏みそうで。

(続く)

2016年7月15日 (金)

【番外編】公募ガイダーはS字固めがお好き?再び(さくら市章・甲州市章)前編

(承前)

【2016.05.28「公募ガイダーはS字固めがお好き?」】で見たのは、何らかキャラクター的なデザインでしたが、今度は純然たるシンボルマーク、即ち市章におけるドS野郎を縛り上げます。

まずは2004年11月決定のこれから。

栃木県さくら市
市章
(優秀賞)
さくら市章(優秀賞)

いかにもどこかで使われていそうな絵柄ではある。いくら次点とはいえよく選ぶよなあこんなアブナいの、腐るほど出回ってるじゃん(こらこら)と思うけど、塩谷郡氏家町 + 同 喜連川町(きつれがわまち) = さくら市、というところからして没個性化はご当地の宿命だったのであろう。お隣群馬県のみどり市とタメを張ってます。

本公募のプロセスにはどうも解せないところがあって、まず、予備選定が第2次候補7点を対象に実施され、3点が「最終候補」として本選定に進んだ(1位通過のPole Positionは(後の)採用作品、1票差の2位が本作品)。

さくら市章予備選定結果

7点でこうですもん、第1次候補52点を選んだ際は、桜色、薄紅、朱鷺、ピンク舞い散る大惨事であったろうことは想像に難くない。そこは致し方あるまいよ。

ところが、2004.11.17の第16回氏家町・喜連川町合併協議会での本選定を経て公表された最終結果では、なぜだか1点増えてるんですね(本選定の次点画像・投票結果・会議録がいずれも現在公表されていないので、誰がどれを出したのかはわからないが)。

(最優秀賞)
松岡英男(山形市)

(優秀賞)
東 信慶(福岡県北九州市)
萱野光俊(熊本市)
安 起瑩(アン キヨン)&山根衣代(きぬよ)(茨城県つくば市)

-----
(さくら市の市章募集要領 抜粋)

協議会の市章選定方法については、各委員が3点ずつ選び、得票の多かった上位3点を次回協議会で報告し、同協議会においてその3点を対象に委員による決選投票を行う。
なお、決選投票の結果、同数の場合は両町長の協議によりさくら市の市章を選定する。(入賞作品については、上位4点のうち決選投票で第1位になった作品を除いた3点とする。)
-----

変なのー。だったら決選投票も3点じゃなくて4点でやればよかったのに。「最終選考に残れなかったけど優秀賞です」というのはやっぱり変です。

しかしとにかく、宇都宮から文星芸術大学のセンセー(美術学部教授 林 安任/はやし やすとう)をアドバイザーに呼ぶまでしてこのように決めたわけだ。
因みに林は翌年栃木県那須烏山市でも委嘱され、あの空前絶後の市章の誕生に一役買ったんですけどね(cf. 2013.05.03「ここなす姫騒動記」)。2007.02.23急逝、合掌。

優秀賞中の席次を順当に当てはめれば、予備選定の2位以下の作者についてはひとまずこういう推測が成り立つ↓。

2位 13票(本作品)
 東 信慶?
3位 10票
 萱野光俊?
4位 8票
 安 起瑩&山根衣代?

さて、「本作品の作者は本当に東だったのか?」、「優秀賞に追加されたのは安&山根作品だったのか?」という話はひとまず先送りにしてと。

「桜」のイメージに頼らざるを得なかった「さくら市」に比べて、まだ個性の発揮のしようもあった(ハズの)ご当地がここ。

山梨県甲州市
市章
(優秀作品)
甲州市章(優秀作品)

けれど激しく似通ってしまった。さくら市章最終候補を鏡に映した姿なわけ。こちらが後で、2005年4〜5月の募集、7月の決定、8月の合併協議会報告です(本公募で決定をしたのは合併協の本会議ではなく、「運営調整会議」というよくわからない会議体だった)。
最優秀作品は、葡萄の粒と武田菱のHybrid by 飯島悦夫(山梨県笛吹市)。

甲州市章候補

で、この類似のことは当然、某公募系BBSでも槍玉に挙げられた。

-----
449:2005/08/15 15:32
>>446
反転での複数応募・・・・・わろた

[URL] [引用註:甲州市]
[URL] [引用註:さくら市]

450:2005/08/15 15:36
↑この人デザイン趣旨がいつも同じだから誰だかすぐわかりますね

451:2005/08/15 16:01
みんなで複数応募してますよーって協議会に連絡しよう。
そうすれば自分達が繰上げ当選できるかもしれないしさっ!

455:2005/08/15 21:45
確かにその応募者に問題あるけど
同時応募なら分からないかもしれないが
さくら市の資料は半年も前のだから
類似検証のいいかげんさがはっきりしたわけだ
少なくともここ1年間くらいのものはチェックするべきだよね

456:2005/08/15 21:56
>451
通報しました!
-----

おん?似ちゃったのはデザインばかりではないの??それぞれの「趣旨」を挙げてみますと。

-----
氏家町、喜連川町合併の新市「さくら市」の[さくらの花びら]をモチーフに、「自立できる行財政を確立し、安心して暮らせるまちづくり」の基本理念のイメージをあらわし、中心の[赤のポイント]は活力ある市民の市政への情熱と両町を花弁として未来へ向かって新市の繁栄発展を表徴し、市章としました。
-----

-----
甲州市のイニシャルに[こ]の文字をモチーフに、同市の将来像である「豊かな自然、歴史と文化に彩られた果樹園交流都市」のイメージをあらわし、甲州市の魅力と活力あふれる反映発展を表徴した市章としました。
-----

おわー、完璧なテンプレっぷりっす(@_@)、井口やすひさや工藤和久にだって一歩もひけを取らない。「氏家町と喜連川町のままでは財政的に自立できんのか」とか、「果樹園交流都市とは何じゃ」とか、「タイプミス多くてお粗末」とか、もうそんなところはどうでもよろし(「反映」は協議会資料原文ママ)。

「イニシャル + 将来像 + 繁栄発展を表徴」で全てカタをつけるこのDogma、今までにも見たことあるぞ、確かに・・・。誰だったっけ、調べてみなきゃ。俄然やる気が湧いてきた。

(続く)

2016年7月13日 (水)

【番外編】みみ、はな、はげ、GO!!(みやっきー・に〜よん)

(承前)

前回書いたこのことですが。

大分県別府市
別府市旅館ホテル組合連合会
別府プリン PRキャラクター
プリオくん
中本竹識
〔2013年9月頃〕
プリオくん

長野県佐久市
佐久市社会福祉協議会
イメージキャラクター
さーくちゃん
中本竹識
〔2015年10月頃〕
さーくちゃん

一旦トライしてうまくいったデザインは躊躇せず使い回しにかかるのが中本Dogmaである。これらだけではないはず、更に探ってみますと。

案の定と言うべきか、2015年4月にはこんなのが発表されていた。

佐賀県三養基郡みやき町
イメージキャラクター
みやっきー
中本竹識(広島県)
みやっきー みやっきー(広報誌)

プリオくんとさーくちゃんを目にした後では、どうしても額の後退したおっさんに見えちゃうんですけどぉm(__)m。

発表当初「中本竹織」と誤記され、広報誌では直っている。しかし、そんなミスはままあること(cf. 2012.12.23「その水は本当に清く澄んでいるのか − 上」・2013.06.12「盗作のロンド」・2014.02.23【その83】・2014.09.25「それって許されるの?:Recycle 1」)。
ああ、でもこれがもしミスではなく作者の意図あっての「竹織」だったとしたら。その検証はまだやってませんねえ。

本公募は2014年9月1日まで募集をかけていて、当初11月9日の町民祭で発表する予定だったのが諸般の事情で4ヵ月ほども遅れた、というのはありがちにユルい話。町民祭では中間発表ができたのみであり、それからやっとこさ町民投票が行われたようです。

町の花は[コスモス]。この花はどこかで・・・いいえ、佐久市以外にも・・・。

大阪市西淀川区
マスコットキャラクター
に〜よん
中本竹識(福岡県北九州市:グラフィックデザイナー)
(愛称)島ノ江智恵(西淀川区)ほか
に〜よん(応募案) に〜よん(最終版)

-----
区民主体の公私協働による明るく住みよい西淀川をイメージし、区の花・[サザンカ]をモチーフに、シンプルにデザインしました。親しみやすく大人から子どもまで末永く愛される可愛いキャラクターになって欲しいです。
-----

あー、これはコスモスじゃなかったか、失敬失敬。でもやっぱり、親子みたい(笑)。名乗り出ることを許されぬ親子関係ってか。
デザインが発表されたのは2010年5月頃だけど、中本はここで既に、工藤和久が「おしつけがま男」と酷評されるに至った例のSuper Clicheを盗み食いしているわけだ。控え目に「になって欲しい」の一言がついていたとはいえ。
「区民主体の公私協働による」というフレーズの存在も十二分に不気味です。

ワンポイントのイニシャル使いは「ニューヨークみたぁい」とウットリ(*´-`)ですが、着ぐるみ画像に[NY]タイプと[に〜よん]タイプが確認できることから考えると、どうやらこの点は運用が始まってから修正されたようです(愛称はデザイン発表後の別途募集)。

採用への報償は「図書券を贈呈」というところまでしかわからない(図書カードには敢えてしなかったのであろうか)。別途募集された愛称の採用作品には図書カード5千円相当が贈られているので、デザインはそれよりは高かったんだろうけれど、それでも「図書券2万円分」みたいなとこまでいくかしら?そんな多額の図書券の出し方ってあり?(デザイン応募総数 706点:愛称応募総数 1,751点)

一方、大阪市の「平成22年度 委託料支出一覧」の中には;

-----
西淀川区役所
「西淀川区マスコットキャラクター制作(各種ポーズデータの制作)」
中本竹識
69,000円
-----

と開示されており、それなりに現ナマの実入りもあったわけです。

ともあれ、ひとまず無事に済んで宜しゅうございましたね、中本センセ。

//

こういったものはいわば攻めの側の話。ツルが防御に回った時の裏話も、またいつか日を改めまして。(多分皆さんそっちの方が面白いでしょうよ。)

(続く)

2016年7月11日 (月)

【攻撃 vs 防御編】(3) アナタのウチのキャラの不都合?(別府市・佐久市社会福祉協議会)

(承前)

さーて、そろそろこれもいきますか。

このSubseries【攻撃 vs 防御編】を書き始めたのは、例えば(1)の【2016.03.03「アナタのムラのウェブの不具合?」】では「単純ミスをご指摘申しあげます」という内容だったから、指摘されたらもう訂正するしかないでしょってところだった。それは単に正誤表的な「事実」の問題であって、「判断」の入り込む余地はなかったと言えます。

しかし、そこに終始するとお思いでしたら甘かっちゃんの甘太郎。前回バラした(2)の駒井 瞭のケースならずとも、ツルには【2014.02.17「白昼堂々、Evil Under the Sun: 4th-2」】のような前科前歴もあったのだよ。

で、今度は。(駒井の日野市の件より実は前のことなんですが。)

----------
(2015.12.07 抜粋)

この度貴団体が公募により制定されたキャラクター「さーくちゃん」のことですが、このデザインは、大分県別府市が2013年から制定運用しているご当地キャラクター「プリオくん」に類似していると考えます。

作者はいずれも同じデザイナーの方、広島市在住の中本竹識氏と理解しています。

商標登録等の問題もあろうかと存じますけれども、それを抜きにしましても、貴団体の戦略上、決して望ましいことではないと存じますが、いかがでしょうか。
----------

----------
(2015.12.07 抜粋)

貴自治体のキャラクター「プリオくん」のことですが、この度10月頃に新たに制定された長野県佐久市の佐久市社会福祉協議会のキャラクター「さーくちゃん」がプリオくんに類似しています。

〔中略〕

貴自治体のブランド戦略上、いささか好ましからぬ状況に陥っているのではないかと存じます。
----------

【2015.12.08「垂れ耳と黒眼鏡のNice Couples」】で挙げたこの問題↓に関して、双方にメールで問い合わせをしたんです、実は。

-----
別府側は平気なのかな。ああいや、佐久側は知っているのかな。
-----

返信は2日後に別府市ONSENツーリズム部観光課某氏から届いた。

----------
(2015.12.09 抜粋)

メールをいただき、早速調べたところ、ご指摘のとおり本市の「プリオくん」と佐久市社会福祉協議会のキャラクター「さーくちゃん」が似ていること、作者が同じであることが確認できました。
佐久市社会福祉協議会と電話にて協議したところ、双方商標登録済みであるが、分類は被っておらず、使用上問題はないこと、「さーくちゃん」は福祉に関わるキャラクターで、本市の「プリオくん」は食に関するキャラクターであり、方向性も違うことを確認いたしました。
また作者の方への対応についてですが、こちらが提供を受けたキャラクターの使用については使用する範囲で商標登録も済ましていることから損害が発生する可能性もないため特に申し入れることもありません。
----------

やはりご存知なかったわけですが、あーー、そういうLogicになるわけか。ツッコミどころがないわけではないけれど、両者間で協議・確認の上でのご判断ということで、そこについてはツルとしましてもこれ以上申しあげることはございません。

ただし、だ。
前回も触れたけど、東京五輪エンブレム騒動以来、こうした問題に対しては自治体のご当地キャラであれ何であれ、社会が敏感に反応する傾向が見られるわけです(ツルも含め、か)。そこを見誤ると、募集側にせよ応募側にせよ大きな代償を払わされるRiskは増大していると思う。

≪ 日 野 の た め し を 見 よ ≫

ま、鬼の首を取ったように。

一方、パクり側の立場となる佐久市社会福祉協議会からは、返信がありませんでした。つまり「黙殺」を決め込んだものと理解します(「そんじゃこの変なヒトへの返事は別府市さんの方からよろしく」みたいな「協議」があったとすれば、それはまたそれで如何なものか、ですが)。

それってね、今どきのRisk Managementとして最も好ましからざる手段とされてるものですよ。つまりは同社協の問題解決能力、危機管理能力のなさを露呈させただけです。本当に危ないんだよ、そんなことをしては。

(続く)

2016年7月10日 (日)

【攻撃 vs 防御編】(2) アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup のおまけ

(承前)

-----
駒井センセ、これでアンタ何回目?
-----

一つ、古いところで例証しておかねばなるまい。

-----
(2003.06.27 新潟市議会 文教経済常任委員会 会議録 抜粋)

〔前略〕

○永井武弘 委員長
以上で商工振興課の報告を終わります。
次に,農業振興課から「園芸銘産品シンボルマークの決定について」報告をお願いします。
資料がありますので,配付します。
(別紙「園芸銘産品シンボルマークの決定について」配付)

◎田中秀明 農業振興課長
園芸銘産品シンボルマークの決定,その経過等について御説明をさせていただきたいと思います。
皆様お手元の資料1ページ目に出ているマークがこのたび決定いたしました園芸銘産品のシンボルマークでございます。
次に,選定の経過ということで,次の2ページ目をお開き願いたいと思います。園芸銘産品のシンボルマークの募集につきましては,記載のとおりことしの3月30日から4月21日の23日間でございました。これにつきましては,銘産品の一つでございますスイカが6月上旬から出ますので,これから使っていきたいということもありまして,やや募集期間が短かったかと思いますが,この23日間で募集したところでございます。

〔中略〕

募集の結果でございますが,20名の方から44点の応募がございました。市内の方,東京の方,青森,大阪と全国から来たわけでございますが,どういう方々かというのが次の3ページ目にまとめさせていただきました。ここで個人のお名前は控えさせていただきましたが,職業,年齢,それから御住所,応募点数ということで,デザイナーの方から小学生,そして主婦の方と各層の方から応募をいただいたところでございます。この44点を絞り込むために,一次審査会を開催させていただきました。
2ページ目にお戻りください。4番目のところ,一次審査会ということで,ことしの5月9日に園芸銘産品審査委員とオブザーバーによる選考をいたしまして,候補4点を選考したところでございます。

〔中略〕

そして,4点を選んだものについて,独自性調査というものをかけました。これにつきまして,私どもは銘産品のマークを商標登録する考えでございましたので,全国で商標をバッティングしてはいけないということで,独自性調査を柏崎にございます「アイビーリサーチ」という会社に依頼をいたしまして,4点とも他の商標との同一性はないという判定をいただきました。それに基づきまして,最終選考を5月20日に行い,市長から4点の中から選んでいただきまして,最終的に皆様に今見ていただきました1ページ目のシンボルマーク,東大阪市の駒井さんの作品に決定したところでございます。そして,5月29日に市長の記者会見の場でいろいろ発表項目あったわけですが,その中の一つとしてシンボルマークを発表させていただいたと。それから,6月10日には新潟西農協の「すいか出荷式」の場で市長からお披露目をいただいたところでございます。

もう一つは,この間新潟日報さんの新聞紙上で,五泉市さんとシンボルマークが類似しているという御指摘もあったところでございます。これにつきまして,私どもはやはり慎重を期して,今ほど申しましたように独自性調査をかけていったんですが,そこではあくまでも商標登録をされている中からスクリーニングすると,商標登録されていないマークまで100%は調べ切れないという前提でいたんですが,五泉市さんの方は商標登録にのっていなかったということで,逆に漏れてしまったと,灯台もと暗しということで,一番近い,身近な県内の行政自治体で使っているマークそのものを正直調べ切れなかったという面がありまして,私ども決して本意ではなかったんですけれども,五泉市民の皆様,そして同じく銘産品のマークを待っていた新潟市民の皆様にとって不快な思いがあったとすれば,この点については謝罪をせざるを得ないなというふうに考えているところでございます。
ただ6月10日の「すいか出荷式」では,市長があいさつのときに,前日に五泉市長さんともお会いし,いろいろお話しして,ともにそれぞれのマークを育てて,ともにそれぞれの特産品を伸ばそうじゃないかという確認をしましたよということも述べていただきましたので,皆様からも銘産品の育成に当たって今後ともマークを愛していただいて,地場産を愛していただくことをお願いしまして,御報告にさせていただきたいと思います。

○永井武弘 委員長
ただいまの報告にお聞きすることはございませんか。

◆田村 清 委員
五泉市から実態を聞いてみますと,当選なさった大阪のこの方は五泉市にも出しているんですよね。それで,五泉市が採用したわけではないんだけれども,大阪の方は次点だったんですよね。全く似通っていたけれども,五泉市が採用したのは大阪の方のものではないんです。ないんだけれども,全く似通っていますね。その辺で五泉市さんが大分怒ったというふうに聞いているんですが,募集する際に他都市に応募した作品はだめですよというふうな条項はつけてなかったんですか。

◎田中秀明 農業振興課長
特にそのような明示はありませんけれども,独自性と,オリジナル性ということでのお願いはしてありました。今ほどの私どもで選ばさせていただきました駒井さんの作品について,やはり匿名で五泉市さんの盗作ではないかというようなニュアンスの電話もいただいております。それで,私ども一番それを懸念したところでございますが,これはちょっとカラーではないんですけれども,これは駒井さんがそれまでにいろいろ各地のポスターやマークに応募し,選ばれたマークでございます。探れたのが平成10年からということですが,私どもの銘産品のマークと基本的にキャラクターが同じだと,これはやはり駒井さんというデザイナーの独自性のあるキャラクターだというふうに私ども見させていただきまして,決して五泉市さんのマークをまねたものではないというふうな判断をしたところでございます。
五泉市さんのマークは平仮名の「ご」,「こ」という字にチューリップで濁点がついています。新潟市は「に」の字をデザインしています。「こ」と「に」,確かにここのところが似ていると言えば似ているんですが,このデザインについては先ほども言いましたように,各地でその前から使っているものですから,どちらがオリジナルか,逆に言うとかけ合いになってきます。

○永井武弘 委員長
ほかにありませんか。

   (な し)
-----

残念ながら、駒井のこのマークはネット上でもう見つけることができない(制度自体が変更されたので)。
五泉市のシンボルマークはこれですね。

【2014.12.10「2年課程修了試験【正解&解説編:2-a】」】
新潟県五泉市
シンボルマーク
いずみちゃん
川本 智
〔2002年10月発表〕
いずみちゃん

-----
五泉市の頭文字[ご]をモチーフにして、[チューリップ]を持つ親しみやすいキャラクターマークで表現しています。[緑色]は豊かな自然、[紺色]は清らかな水と澄んだ空気、[赤色]は情熱と発展を表しています。
-----

まーなー、駒井作品も容易に想像がつくぜ(笑)。「作風だ」で済ませてはいけない問題だと思う。

ガイダーが制定側にこんな迷惑かけてどうすんだよ、全く

2016年7月 9日 (土)

【攻撃 vs 防御編】(2) アナタのマチのUDってなぁに?(日野市・多治見市): Last Coup

(承前)

cf.
2016.05.12「アナタのマチのUDってなぁに?: First Coup」
2016.05.13「アナタのマチのUDってなぁに?: Second Coup」

ついにこの問題に決着がついた。

東京都日野市
日野市ユニバーサルデザインまちづくり推進協議会
ユニバーサルデザインロゴマーク
駒井 瞭(81歳:大阪府東大阪市)
〔2016年3月制定〕
日野市ユニバーサルデザイン

岐阜県多治見市
多治見市バリアフリーマーク
駒井 瞭(大阪府東大阪市)
〔2006年度決定〕
多治見市バリアフリー

日野方からメールが届いたんである。

-----
(2016.07.07 13:17)

ツル様

5月10日にご送付いただいたメールの件でご連絡いたしました。
その後調査を行い、今回採用した作品は応募条件を満たしていなかったと判断いたしました。
今回は残念な結果となりますが、駒井様へもその旨連絡をさせていただき、作品の採用を取り消すことといたしました。

以上、よろしくお願いいたします。

〔後略〕
-----

おお、そうですか。ツル的にはご英断を、but 駒井に言わせりゃとんだ横槍&迷惑を。

実はここに至るまでに、途中で一度、様子探りに催促を入れてみた。

-----
(2016.06.12 19:38)

日野市まちづくり部都市計画課御中

お世話様でございます。

さて、掲題の件、先日ご連絡いただきましてから1ヵ月が経ちました。
調査後にご回答を頂戴する旨お知らせいただいておりましたが、如何なりましたでしょうか。

貴サイトを拝見しますと、本件決定に関する記事は削除されているようでありますから、自ずと結論は見えていようかと存じますが、現在の状況をご教示いただけますなら幸いです。

以上

東京都大田区
ツル
-----

-----
(2016.06.14 08:35)

ツル 様

先月のお問い合わせについて回答をお待たせし申し訳ありません。
事実関係について関係機関等に確認を行い、慎重に調査を行っております。
また今後の対応につきましては、市として方向性が決まりましたら改めてご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

〔後略〕
-----

そこのところで追い討ちをかけた。

-----
(2016.06.16 20:20)

○○様

承知しました。

もちろん、お急かせするような性質のものとは思っておりません。十分お調べいただいた上でご判断を、と存じます。

既にお気づきかもしれませんが、作者の駒井氏は、いわゆるご当地キャラクターやロゴマーク等の公募において採用実績が多数ある一方、デザインの模倣や使い回しが多く見られる方でもあります。

今般の件につきましても、多治見市との酷似は極端な例であるにせよ、なにがしか類似する氏のデザインは、他にもネット上複数見つけ出すことができるように感じております。今後につきましても、貴市と同様のケースが立場を変えて生じない保証もまたありません。

同氏のデザインを採用するということは、そのようなリスクを合わせ呑むことであると心得ます。

以上

東京都大田区
ツル
-----

時機を過たず、蹴り込みは容赦なく。冷徹な策士です(ただし本名で)。

この問題でしかし、ツルが最も注視していたのは、「取り消した場合、日野市はどのようにその決定事実を明らかにするのか」だった。これについては、日野市はこちらの想定以上にfairな王道を歩んだようです。

-----
(2016.07.07 日野市サイト)

日野市ユニバーサルデザインロゴマークの採用取り消しについて

一般公募により、平成28年3月1日に日野市ユニバーサルデザインロゴマークを制定しましたが、採用作品について応募条件を満たしていないことが判明したため、採用を取り消しました。新たなロゴマークの選定時期については、未定です。
-----

おおーー(個人的どよめき)。一番やりたくなかったであろうことをやったんですね。うやむやに終わらせなかったわけだ(むしろそうなるのではないかと懸念していたけど)。そこは評価できよう、当初のチェックが甘かったとは言え。
「応募条件を満たしていない」とは、募集要領にある「オリジナル、かつ未発表のものに限定する。」という箇所を指しているのだろう。

次点繰り上げとしなかった理由はわからないが(応募総数 57点)、ほとぼりが冷めてからという思惑がまずあるのではないかな。

一体、日野市からの連絡に駒井はどう反応したのだろう。

「すみません、うっかりしてました」?
「ああハイハイ、使い回しで取消ですね、ハイハイ了解」?
「10年前のことだから時効でしょう」?
「これは私の画風ですが、何か?」?

いずれにせよそんなもの認められなかったということですな。

駒井センセ、これでアンタ何回目?ズレてるんだよ、社会の常識と。「老後のボケ防止」なんてところに逃げ込まずに、そこは真っ正面から向き合ってもらわないと、みーんなに迷惑がかかるんだよ。理解してる???
アンタのためにマジメな(?)応募者も一人討ち死にしてるんだぜ。そこんとこもどう考えてんの?

あと残るのは、日野市まちづくり部都市計画課交通政策係が「事実関係について関係機関等に確認」を行った際に、ネタ元の多治見市福祉課福祉総務グループに接触したのかどうかだけれど、そこは敢えて薮の中に残しておこう。「取消」を公表したことで、多治見市も結局は不都合とその是正を知り得べき状態に置かれたのだから。(単に日野市サイトからロゴ決定の情報を削除するだけだったら、次のstageとして多治見方にチクるつもりだった。)

あっ、そだ、日野市にお返事書いとかなきゃ。

2016年7月 7日 (木)

【対決編】丸ブー艶競べ [19](笠間市章・香南市章)

(承前)

【2016.06.28「青空に燕が おどって・・・:4」】に挙げたこの件について。

-----
867:2005/10/04 01:17
笠間市。合併協議会だより第4号の10p。選考に学校関係..........。

869:2005/10/04 01:31
>>867
むしろ県立笠間高等学校の生徒のほうが不利
よっぽど他を納得させる作品じゃないと不正だといわれるから
というのが常識的な考え方だと思う
-----

ツルとしちゃ、これも当然気にはなったので(^^;調べました。

-----
(2005.09 笠間市・友部町・岩間町合併協議会だより 第4号 抜粋)

8月10日まで新市の市章デザインを募集いたしましたが,小美玉市(来年3月27日合併予定)など他の多くの市章デザイン募集期間と重複していたにもかかわらず,3市町をはじめ県内外から966点もの作品を頂きました。皆様方からのたくさんのご応募,誠にありがとうございました。
応募作品については,現在,県立笠間高等学校普通科工芸・デザインコースの先生,生徒さん方と新市の市章候補を選定する「市章候補選定小委員会」において候補作品を選定中です。
-----

へー、選考に先生と生徒の両方が関わったのか。

市章候補選定小委員会委員長の小薗江一三曰く。

-----
(2005.09.28 第8回笠間市・友部町・岩間町合併協議会 会議録 抜粋)

前回の合併協議会において了承されております笠間高等学校デザイン科の生徒さん,川俣・浦和担当教諭により慎重に審査され,72点の作品が第1次選定を通過し,私どもの小委員会に付託するとの説明がなされました。
当小委員会において,付託されました72点の作品の中より10点の作品を選定するに当たり,第1次選定を行いました川俣笠間高校教諭のオブザーバーとしての同席を認め,委員全員による合議制により,すぐれた作品を残し,ふさわしくないものを除く消去法により,新市のイメージを表現し,デザイン性にすぐれ,あるいは胸章にしたとき,あるいはカラーの場合,白黒の場合と,総合的見地から10点の作品を委員全員一致で選定いたしましたことを報告いたします。
-----

さらに遡ると、こういう意図だったそうな。

-----
(2005.06.02 第5回笠間市・友部町・岩間町合併協議会 会議録 抜粋)

○事務局

〔中略〕

まず,第1次選定でございますけれども,公募ということになりますと,恐らく,少なく見積もっても1,000点以上の応募があるのかなと想像しておりますが,これをいきなり選別することはとても容易ではございません。幸いに,地元の笠間高校の普通科の中に工芸・デザインコースがございまして,こちらの生徒さんたちのご協力をいただき,第1次選定として,応募作品の総数から約50点程度に絞り込みを行って参りたいと考えてございます。
第2次選定は,この合併協議会の中に市章選定のための小委員会を設置しまして,この中で10点程度に絞り込みを行って頂きたいと考えてございます。

〔中略〕

第2次選定を行うために,笠間市市章候補選定小委員会規程の案でございますけれども,このような形で進めて参りたい。

〔中略〕

第6条のとおり,この「小委員会は,必要に応じて関係者,専門家等の出席を求めることができる。」となっておりまして,先ほど申しました笠間高校の工芸・デザインコースの先生などのご協力を考えてございます。
-----

燕や置賜に比べりゃ一見まともに思えるけれど、やっぱりちょっと変。なぜ第1次選定の前から「市章候補選定小委員会」を設置しておかなかったのだろう?

最終結果は、合併協議会本体の決定により以下のとおりとなった。

茨城県笠間市
市章
草野敬一(50歳:長崎県)
笠間市章

-----
3市町の合併を意味する強い団結の[輪]で,笠間市の頭文字[K]を表現。人も緑も水もいきいきと輝く姿や,また列車や自動車道等の交通の要衝としての利便性も表し,住みよいまち訪れてよいまち笠間市をイメージしています。
-----

(優秀賞)
彦根 正(49歳:東京都)
立志哲洋(54歳:東京都)
下東(しもひがし)園子(49歳:兵庫県)
金津 博(61歳:新潟県)

一瞬メビウスの輪に見えるけど、そうではありません。

ま、高校生が入賞しなかったのは確かということで(^^;。
しかしである。応募総数、479名 966点(残念ながら1,000点には達しなかった)のうち、「学生」からのものが118名 152点もあったんですね。その中に茨城県立笠間高等学校普通科工芸・デザインコースの生徒は入っていたのかいなかったのか・・・、考え始めるとY/Nいずれも悩ましい。その道を志すぐらいだから当然応募したかったろうと思うし、かといって自己評価になってしまうのもよろしくないし。結局、大人たちの思いつきに振り回されたってことになるんじゃないかなあ。
もっとも、それを言い出したら川俣某教諭と浦和某教諭も応募できなかったんですかね??

これに合わせるのはこれにしよう、七夕だし。

高知県香南市(こうなんし)
市章
吉田久美子(東京都)
香南市章

-----
香南市の頭文字[K]をモチーフにして、市民が元気はつらつと躍動する姿を。[オレンジの星]は旧5町村の調和と希望を表しています。
[ブルー]は青い海と物部川の清流を、[グリーン]は山や里の豊かな自然をイメージし、美しい水と緑と風に包まれ元気で豊かに光るまち「香南市」の実現を表現しています。
-----

思い切ったデザイン丸ブーではなく星ブーですww。でも、どこぞのビール会社のキャラクターマークあたりに転用できそう、いかにも。

-----
288:2006/11/11 15:28 ID:fLUV/9N/
香南市章決定
[URL]

290:2006/11/11 15:33 ID:fmaih4BI
>>288
なに????????
えーーーー????
香南市ってキャラクター募集だっけか?

291:2006/11/11 17:18
>>290
でもなんか元気な感じで意表ついてていいじゃんww

293:2006/11/11 20:34 ID:fLUV/9N/
>>288
こういうキャラクター系が街に氾濫すると
町並みが安っぽくなっちゃうんだけどなあ
歴史的町並みには絶対に合わないよね
香南市の目指す方向が悪い方向に行っているような気がするな

294:2006/11/11 22:58
>>293 同意
香南市章はカジュアルすぎると思う
冠婚葬祭にも市長始め市の職員がジャージで出席するようなもの
香南市はそれが許されるラフなまちなの?

295:2006/11/11 23:34
そのジャージの喩えがイマイチよく解らないんですが…

304:2006/11/12 21:38
香南市の市章に市民からブーイングまだ〜?
-----

ふーん、ツルは同意しませんね。品位のある市章とはさすがに思わないけど、でもこれで「町並みが安っぽくなっちゃう」なんてことはないでしょ。こういうデザインは既に街に氾濫しておるではないか。それに、無個性な丸ブーばかり溢れ返るよりなんぼかまし。

そもそもご当地に対するツッコミどころは、この市章を選んだことより、この市名にしたことにあるのではないのかねm(__)m。「旧 香美郡(かみぐん)の南部だから」というんだけど、100年経っても「かなんし?こうなんし?」と言われ続けるさ。お隣の香美市も「かみし」だし。

おまけ。
こんなとんでもない、いや独創的な市章にも類似品は見つかったらしい。

-----
296:2006/11/12 00:06 ID:kHue/Yqc
>>288
盗作?
[URL]

299:2006/11/12 08:58
>>296
どこかで見たことがあると思ってたらこれだったんですね すっきりした
-----

うーん、残念ながらリンク切れで類似元がどんなものだったかはもうわからない。リアルタイムで知ってる方、ご教示賜りたく。

(続く)

2016年7月 5日 (火)

【番外編】きょうのわだい(京都はぐくみ憲章・京都はあとふる企業)

(承前)

ああ、ハートが目に沁みる。

【その163】で張り巡らしておいた伏線の解き明かし、忘れかけていた。まいりましょう。

京都府の「京都はあとふる企業」の歩美作品(次点だけど)についてこう書いた。

京都はあとふる企業(歩美案)

-----
これじゃどう見たって障害者雇用推進じゃなくて子育て支援だってば。
-----

実はいい比較対象があるんですよ。この2年余り後の2014年1月、今度は京都市がこんなものを発表している。

京都市
子どもを共に育む京都市民憲章(京都はぐくみ憲章) ロゴマーク
梅村元彦(愛知県春日井市)
京都はぐくみ憲章

うひゃひゃ。またもやイニシャル[京]だし、そこはかとなく[衣笠]も再現されてるし。絶対取り替えっこしはった方がええですよって!京都市保健福祉局子育て支援部児童家庭課はん(19文字)&京都市教育委員会生涯学習部家庭地域教育支援担当はん(23文字)、とっとと京都府商工労働観光部総合就業支援室はん(17文字)のとこ行ってお願いしてきなはれ。

でもここからがもっと面白いんです。

京都市の公募(応募総数 27点)の結果は次のとおり。

(最優秀作品)
梅村元彦(愛知県春日井市)

(優秀作品)
居関孝男(京都市)
工藤和久(青森県弘前市)

ほーれ。京都府の方で言いましたやんか↓。

-----
大阪はエイイチに加えて駒井 瞭/深川重一/前田昌克あたりが食指を動かしたに違いない。北海道は齋藤哲哉で兵庫は小柴雅樹、となると青森は工藤和久+工藤ハツネ+工藤元市の線が当然考えられるし(笑)、愛知は梅村元彦が当てはまり、広島は堀江 豊イチオシです。地元の京都からは居関孝男や奥野英一や為国伸吾が応募してきますよねえきっと。
-----

愛知、京都、青森、あながち根拠のないことではなかったのっす、けけけ。

実はね、もっとスゴいことがあって。
京都市の公募では愛称も別途&同時募集にかかったんですが(応募総数 112点)、それというのが。

(最優秀作品)
「京都はぐくみ憲章」
工藤ハツネ(青森県弘前市)・西川恵理奈(京都市)

(優秀作品)
「京の子ども共育憲章」
居関孝男(京都市)
「こどもみらい憲章」
梅川謙次(兵庫県神戸市)

おわーー、ツッコミどころ満載でしょ。「ハツネ」は言うまでもなく工藤和久が母親の名を借りて応募する(と考えられている)名義。息子がロゴ、母親が愛称という体に仕立てた様子。居関もガラにもなく愛称にまで手を伸ばしている。「共育」「教育」で音が通う、こいつぁいいと考えちゃったんですな。「こどもみらい憲章」に至ってはLocalityゼロ。なんで京都市はこんなのを優秀賞に残したのか。

一方、京都府の最優秀賞というのがまた既視感最強でねーー(笑)。

京都府
京都府障害者雇用推進企業(京都はあとふる企業)認証制度 シンボルマーク
齋藤哲哉(54歳:北海道小樽市:医師)
〔2011年10月〕
京都はあとふる企業

つまりこういうのに限りなく近似してるってことですわ。

【2013.11.24「障害者をイメージで弄るな」】
島根県
しまね障がい者就労応援企業(しまね ゆめいくカンパニー)ロゴマーク
金織寿々加
〔2010年2月〕
しまね ゆめいくカンパニー

静岡県三島市
三島市障がい者週間 シンボルマーク
塩崎エイイチ
〔2011年12月〕
三島市障がい者週間

【2015.03.27「十年に一度の逢瀬:1」】
東京都西多摩郡瑞穂町
水・緑と観光を繋ぐ回廊計画(みずほ・きらめき回廊)ロゴマーク
(優秀賞)
重田律子
〔2014年3月〕
みずほ・きらめき回廊(重田律子案)

【その131】
広島県
広島県福祉・介護人材確保等総合支援協議会
魅力ある福祉・介護の職場宣言〜ひろしま〜 ロゴマーク
塩崎榮一
〔2014年12月〕
魅力ある福祉・介護の職場宣言〜ひろしま〜

ああ、ほんと愕然とするよなあ。こうなると京都府の公募で唯一評価し得るのは、「障がい者」って表記をしなかったことぐらいか。

齋藤は自治体章公募において、決して数は多くないが、「目立つ」ところで採用されている印象のあるガイダー。曰く、及川利臣が自己パクりの末採用取り消しになった茨城県東茨城郡城里町章での繰り上げ採用とか(cf. 2014.10.31「丸ブー艶競べ [3]」)、応募全作品を公表し投票にかけて様々な話題を提供した北海道勇払郡安平町章での採用とか(cf. 2014.07.06「Multicolor Junction: Part 1」・2015.12.09〜21「アは阿呆のア,A is for Absurd」)。他には、平成おバカ地名候補の横綱格「湯陶里市」になりかけた(cf.【その24】)佐賀県嬉野市章での採用例もある。

しかし、お医者様までが斯くなる「みそかごと」に手を染めていたとは知らなんだ。

(続く)

2016年7月 3日 (日)

【番外編】まちのうわさ(まち☆ベジ・となりのまちださん・いきいきファーマー)

(承前)

【その162】で書いた「町田産農産物シンボルマーク」の件、も少し掘り下げます。

-----
採用されたのは、ジモティでもある常連ガイダー市原麻奈美の「まち☆ベジ」。
-----

これです↓。

東京都町田市
町田産農産物シンボルマーク
まち☆ベジ
市原麻奈美(町田市木曽西)
まち☆ベジ

作者のコンセプトは公表されてないので、代わりに発表時の「作品講評」を見てみると。

-----
町田を代表する農産物である[トマト]を鮮やかにデザインした作品で、食欲を刺激する赤が印象的です。「まち☆ベジ」というネーミングも、端的かつインパクト充分でした。
-----

まあそんなところだろうよ、発想はエイイチも市原も似たり寄ったり。違うのは前回書いたとおり、「畜産」と「野菜」だけ。

(優秀作品)まちだのめぐみ
塩崎エイイチ
まちだのめぐみ

ところがです。現在の町田市サイトにはこう出ている。

-----
町田市の[町]の字を[トマト]と[瓜]に見立てたマークで、元気な生産者、そして消費者に安心して、おいしく食べられることを笑顔で表現した「まち☆ベジ」に決定しました。
-----

アハハハハ、一つ増えてんじゃん!
だいたい、「瓜」なんてシンボルマークに盛りつけるほどアピールする野菜じゃないでしょ、今時。ああいやいや、だからこの瓜って一体何なのさ。胡瓜?糸瓜(=ヘチマ)?奈良漬にする白瓜?ズッキーニ?西瓜や南瓜は「瓜」とは普通呼ぶまいし、真桑瓜や隼人瓜や哈密瓜(ハミウリ)ではいささかマイナーだし形も違う。

事実はどうなのか。

-----
(平成23年産 東京都農作物生産状況調査)

町田市 農業産出額順位

1位:トマト
2位:なす
3位:ほうれんそう
4位:こまつな
5位:かんしょ
-----

瓜類、ランク外だよ。「かんしょ」は「甘藷」でサツマイモのことね。

結論。
制定側が解釈論で盛りアイテムを無理くり増やしちゃったという稀有なるパターンです。

そもそもこの企画のBrandingってどんなものなのか。

-----
「まち☆ベジ」と呼べる農産物は…

町田産農産物のブランド化の目的から「まち☆ベジ」と呼べるのは、町田市内在住の農業者、又は町田市内に農業経営の拠点がある農業者が、生産記録等の管理の下で生産した農産物(野菜・畜産・園芸等)に限っています。
-----

えっ!?無農薬でも減農薬でも有機でもないと!?!?はー、そりゃまたイマドキの一見識ではありますなー

もっと斬り込んでみようか。
実は次点にはもう1点選ばれている。

(優秀作品)となりのまちださん
宗像佑季子(東京都府中市)
となりのまちださん

「まちださん」には「町田産」をかけてあるわけですが、うーん。これだと、スーパーの野菜売場とか(あるいは道の駅とか?)で見かける「私が育てました」シールのワンポイントには使えるかもしれないけれど、「町田産農産物のPR」のシールとしてはちと厳しいんじゃないかという気がします。

「野菜」、「畜産」の次は「生産者」、なんか選考の意図が見えてきたと思うでしょ。しかし、である。世の中には2004年12月からこんなものも存在するのだ。

全国経営基盤強化促進委員会(事務局:全国農業会議所)
認定農業者(いきいきファーマー)ロゴマーク
いきいきファーマー

ひゃあ、あなた信貴クンでしょ?信貴正明クンだよねえ??

認定農業者制度というのはですね。

-----
(町田市サイト 抜粋)

農業経営基盤強化促進法に基づき、意欲ある農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」(5年後の経営目標)を町田市が認定し、その計画達成に向けた取組を関係機関・団体が支援する仕組みです。
「農業経営改善計画」の認定を受けた農業者を、認定農業者と言います。
-----

で;
・農業経営規模の拡大
・生産方式の合理化
・経営管理の合理化
・農業従事の態様の改善
なんぞの目標と施策を定めた計画を提出して認定を受けると、いろいろ経営上の優遇が受けられるわけ。めんどくさいから省くけど。
つまりは許認可行政の一環のことを言います。

全国経営基盤強化促進委員会(漢字13文字)というのは同法(1980年に施行され、5年に1度のペースで見直しがかけられているらしい)に基づく団体のようですが、なぜ「農業」の語が入っていないのかはわかりません。

そして2つのマークはここで出会う。

-----
市役所 まち☆ベジ市
認定農業者が新鮮野菜の直売を市役所で行っています。
-----

となるとだ。町田産農産物シンボルマークの公募で宗像案を残す必要はあったのか?コンセプト、ダブってるでしょ?
再び町田市経済観光部農業振興課さん(漢字13文字)、こちらはどう考えりゃいいんですかね??

(続く)

2016年7月 1日 (金)

池田進太郎氏の三回忌に寄せて

本日は塩崎一族総帥の誕生日(70歳の?75歳の?)である一方、池田進太郎氏がパリで2014年7月1日に客死してから丸2年、三回忌の祥月命日に当たります。享年39、合掌。

池田進太郎

氏は、「ちっちゃいおっさん」と「ちっちゃいおばはん」の生みの親です。(cf. 2014.07.28「訃報」)

ちっちゃいおっさん ちっちゃいおばはん

ということで、供養を兼ねて、Facebookからちっちゃいおっさんの苦労話を一つ。

-----
(2013.04.05)

昨日、京都の東本願寺の「こどものつどい」ってイベントに参加さしてもらって、こどもらに喜んでもらったかもなんやけども・・・
実は、その舞台裏でそれはそれは悲しいできごとがあったんやで(>_<)ワシ、黙っとこと思ったけど、こどもらのことや、キャラクター業界のことや、再発防止の為にとも考えてと、やっぱりワシ、ちっちゃいから、この際、OPENにすることにしたで。
ワシが午前中のパレードに行かせてもらって、午後のステージまでの休憩の間、昼休憩にお外に行かせてもらってんけども、会場に戻ると、イベントの主催側の若いスタッフ連中がワシらに断りもなく勝手に「ちっちゃいおっさん」を着てステージにあがろうとしてたんやで(>_<)
考えられへんやろ!?だから「誰の決定?」とその5〜6人の勝手な行動をした若い主催スタッフらに問いただしたらみんな逃げたんやで(>_<) 結局、ワシ、何もなかったようにステージにあがったけども、このままじゃあかんと思って責任者の方々呼んでもらってんけども、何分も待ってようやく来た部長という方のその態度が逆ギレで、そのことに対してワシ、ついにめっちゃ怒ったったんやで(>_<) ワシ、怒りに行ったんとちゃう!自腹でそこに行かせてもらったんは、子供らのためにと想う主催者の心意気が伝わったからやし、何よりもご指名してくれた尊いご縁にお応えしたかったからなんやけども・・・
カタチで謝ってはいるものの、その最中にケータイの電話に出るし、こっちを睨みつけてるし・・・ 当事者を集めるのにも30分くらい待ったし・・・、他人のものを、許可もなく、身に付け、勝手な動きや行動でちっちゃいおっさんになりきり一般客の前に出ようとする行為をする者、それを止めない者、そのことを教育しない自称責任者、全員説教さしてもろて、「そんなイベントもうやめたら?」と大人気ないこと言って会場を去らしてもらったんやで・・・ 多かれ少なかれ毎回嫌な思いはするんやけども、無償で協力しようとしているイチ民間の、キャラやファンへの思いやり、郷土、こどもの未来への熱い想いなんかを担いできているスタッフのことをどれだけ軽視してるのか。どう考えても間違った行動をとった側の当事者が半笑いでカタチだけのお詫びに逆ギレ・・・ そんな稚拙な運営チームで今後2度とイベントを組まんといてください!そして、そこにいろんな想いを込めて行動してるキャラクターを呼ばないでください!
ちっちゃいおっさんチームもイベントを精査し選ぶ必要があるのかもしれませんし、今回、それが参加に値するかどうだったかも反省すべき点がありましたが、何よりもワシらを楽しみに待ってくれ、来てくれるはずのこどもらがかわいそうなので、イベントでキャラクターを招致する側の方々、ちゃんと考えて、責任をもった行動をしてくださいm(_ _)m
そして、他のキャラさんも含め、2度とこのよなことがないように願ってますm(_ _)m
読まれた方に不快な想いをさせて申し訳ないですが、行政のキャラさんとか発言しにくいとも思う点なんであえてここでワシが事実としてOPENにさしてもらいますm(_ _)m
-----

「しゃべる」だけでなく、「発言する」キャラクターでもあったんですね。おそらく、少なくとも関西ではご当地キャラ界のオピニオンリーダー的存在であったろうと拝察します。

Wikipediaには、ゆるキャラグランプリ2013で「規定通りエントリーしたのに、投票サイトに投票開始日から4日間掲載されなかったこと等を問題視し、同イベントへの次回以降の不参加を表明した」という記述もある。

当該書き込みに対しては、3,000人近くが「いいね!」を出しているんだけれども。

ツルは、池田氏の意見には100%の賛成はできないと思っていました。興業とか芸能とか広告宣伝とか、こうした世界では一番「やってはいけない」とされるはずの「穴をあける」ということをやってしまったのだと思って。
それをやったら次からお声がかからなくなるだけのことだし、それでも構わないというのなら、自分の役割に対する覚悟の決め方、腹の括り方が足りないと評価されるわけでしょう。
もっと言えば、出演側と招聘側の関係(つまりゴタゴタ)はお客の側には全く関係のないことで、そこを一切顔に表してはいけないわけでしょ。それがこういう世界の職業倫理とされているのじゃないでしょうか。

基本、それは「どんなに不愉快なことがあっても」であって、かつ、自腹であろうが銭金仕事であろうが変わらないとツルは考えます。この場合、その鉄則を破るまで ――修復不能な事態に至るほど―― のことが起こっていたとは思えない、厳しいようだけれども。そのような考え方は今でも変わっていません。

もちろん、池田氏はそんなところも百も承知の上でやむにやまれぬ行動に出たことと思うし、この記事のポイントもそんなところにあるのではないでしょう。
ちゃんとした運営がされにくい企画イベントや、結局はキワモノ扱いされやすいご当地キャラというものの低い地位を何とかしたいと願っていたことについては、異論はありません。そうした問題意識と責任感を持ちながら活動していたというのは大事なことだと思う。単なる「作者」ではなかったわけで、「多かれ少なかれ毎回嫌な思いはするんやけども」の一節が切ないです。

そんなことを書こうと思っていたのに、さっさと往っちまいやがって

氏が途半ばにして仆れた後、「ちっちゃいおっさん」は今も活躍を続けているようで、そこはご同慶の至り。今日は喪主を勤められた弟君をはじめ、遺族や関係者が偲んでおられることと思います。

もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その164:若山牧水キャラ)

(承前)

月も改まったことだし、総会も無事済んだしで、久しぶりの本編を

昨年11月から、これまた久方ぶり(?)の真正塩キャラがツルの在所の大田区で誕生しちゃった経緯を断続的に斬りたくりましたが(cf. 2016.03.28〜30「悪夢、完結に向かって」ほか)、実は同時期に九州でこんなものも作られてました。塩崎一族、実は2015年も案外活動していたことがだんだん見えてきたんですけどね。

宮崎県日向市
日向市教育委員会
若山牧水キャラクター
塩崎榮一(69歳:グラフィックデザイナー)
若山牧水キャラ

郷土の偉人(と制定側がおっしゃってます)、若山牧水(1885(M18).08.24〜1928(S03).09.17)の生誕130年を記念したもの。
商工観光課とかではなくて、教育委員会(担当は「文化生涯学習課 若山牧水係」)がこういうのに乗り出してるというのがある意味末期的ですなぁ(今に福岡県柳川市の教育委員会も北原白秋キャラなんか作りそうだ)。今のところ特に愛称はついていないようです。

デザインは何だか微妙に今までの塩キャラのStyle(あるいは大田区PRキャラの、とも言える)とは違って、媚びが少なく平明な印象さえ受ける。悪くすると日向の牧水じゃなくて葛飾柴又の寅さんではありますが。
漂泊と酒の歌人というわけで、[帽子]と[傘]と[わらじ]は「旅」を(かなり無理があると思うが)、[瓢箪]は「酒」を表してるんでしょう。[ひげ]は今に残る牧水の写真から来ている。

この辺りの盛りアイテム、他の入賞作品群もほとんど同じでした(苦)。ただし「酒」を表すのに徳利や杯ではなく瓢箪を用いたのは榮一だけで、それすら何だか気が利いてるように思えちゃうというぐらいです。つまりは呑んだくれの風来坊をどう表すかなんだけどね。ガイダーの発想の貧困か、それともお堅い小役人の脳梗塞か。

とまあ、いつもの塩崎Dogmaがちょっと後ろに退いた感じで、そこはツルとしちゃあ一応肯定的ではあるんですがね。

不思議なのは制定側の態度。

-----
(2016.02.22 日向市役所 記者発表資料 抜粋)

〔前略〕

牧水生誕130年を記念して、牧水をさらに幅広く活用するため、市民をはじめ多くの人々に愛着や親しみを持っていただけるようなキャラクターデザインを募集しましたところ、189名の方々から242点のご応募をいただきました。

〔中略〕

ご応募いただきました全作品につきましては、用途に合わせて様々な機会で活用させていただきます。
-----

ヘッ!?何それ。242点のキャラを使い分けていくというの!?!?マジで!?初めて見たパターンなり。
それだけじゃない。全応募作品の著作権等を移転させることを意味するんですよ、これ。常連ガイダーども、いやいやデザイナー/クリエイターの方々からは総スカンを食いそうです(因みに応募は1人3点までだった)。正気なの!?

近視眼的な小役人、もといお役人が「公募に出してきたんだから当然こっちのもんだろ」と思い込んだものなのか、それともお堅いお役所としてはとんでもない、いや大した発想の転換&飛躍を図ったと受け取るべきなのか。

よく考えてみれば、採用作品のみ著作権等が制定側に移るものとされている「常識」が、リサイクルや重複応募の温床となってきたことは否めない。その連鎖を断ち切り、四の五のほざく横着ガイダーをピシャリと黙らす強力強引な荒技として使えるねこりゃ、と思い直したりもします。
法的な整理はどうつけるんだという点は確かに気になるけど。

〔優秀賞〕
荒木美鈴(39歳:大阪市)

〔佳作〕
前田昌克(59歳:大阪市)
森 友香里(23歳:宮崎県児湯郡(こゆぐん)新富町)
田中幹男(68歳:高知県南国市(なんこくし))

しかし、現時点、上記の発表自体、日向市サイトから完全に抹殺されている。ツルがこの榮一作品の存在に気づいた2016.04.01時点で既にそうなっていたので(上記引用は他サイトに出ていたものの孫引きです)、定めしこの点の扱いが問題になったものと思われます。セコいガイダーの逆襲か、それともユルい小役人の失策か。

つまりはね、このキャラ、ほとんど世に知られてないってことですわ。お可哀想に。

そしてもう一つ、特筆すべきことが。
【その58】で取り上げたとおり、1999.11.11の日本工業新聞記事によれば「コンテストへの応募は五十四歳の誕生日である九五年七月一日から始め」たのであるから、今日はそこから数えてちょうど21年目のお誕生日なんですよん。オメデトゴザイマス榮一せんせ

ええと、だから本日をもって54+21=満75歳におなりあそばしたハズ。この公募の時(2015.11.01〜2016.01.11募集・2016.02.22発表)には74歳だったことになりますな。それほどの御歳を重ねられると、5歳なんてもう有意の差ではないんでしょうかね。(それとも本ボケかしら

ま、どうしても古稀の大台には乗りたくない一徹者ってことだったようですが、今日からはどうすんです?

(続く)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想