« 【攻撃 vs 防御編】(2) アナタのマチのUDってなぁに?(日野市・多治見市): Last Coup | トップページ | 【攻撃 vs 防御編】(3) アナタのウチのキャラの不都合?(別府市・佐久市社会福祉協議会) »

2016年7月10日 (日)

【攻撃 vs 防御編】(2) アナタのマチのUDってなぁに?: Last Coup のおまけ

(承前)

-----
駒井センセ、これでアンタ何回目?
-----

一つ、古いところで例証しておかねばなるまい。

-----
(2003.06.27 新潟市議会 文教経済常任委員会 会議録 抜粋)

〔前略〕

○永井武弘 委員長
以上で商工振興課の報告を終わります。
次に,農業振興課から「園芸銘産品シンボルマークの決定について」報告をお願いします。
資料がありますので,配付します。
(別紙「園芸銘産品シンボルマークの決定について」配付)

◎田中秀明 農業振興課長
園芸銘産品シンボルマークの決定,その経過等について御説明をさせていただきたいと思います。
皆様お手元の資料1ページ目に出ているマークがこのたび決定いたしました園芸銘産品のシンボルマークでございます。
次に,選定の経過ということで,次の2ページ目をお開き願いたいと思います。園芸銘産品のシンボルマークの募集につきましては,記載のとおりことしの3月30日から4月21日の23日間でございました。これにつきましては,銘産品の一つでございますスイカが6月上旬から出ますので,これから使っていきたいということもありまして,やや募集期間が短かったかと思いますが,この23日間で募集したところでございます。

〔中略〕

募集の結果でございますが,20名の方から44点の応募がございました。市内の方,東京の方,青森,大阪と全国から来たわけでございますが,どういう方々かというのが次の3ページ目にまとめさせていただきました。ここで個人のお名前は控えさせていただきましたが,職業,年齢,それから御住所,応募点数ということで,デザイナーの方から小学生,そして主婦の方と各層の方から応募をいただいたところでございます。この44点を絞り込むために,一次審査会を開催させていただきました。
2ページ目にお戻りください。4番目のところ,一次審査会ということで,ことしの5月9日に園芸銘産品審査委員とオブザーバーによる選考をいたしまして,候補4点を選考したところでございます。

〔中略〕

そして,4点を選んだものについて,独自性調査というものをかけました。これにつきまして,私どもは銘産品のマークを商標登録する考えでございましたので,全国で商標をバッティングしてはいけないということで,独自性調査を柏崎にございます「アイビーリサーチ」という会社に依頼をいたしまして,4点とも他の商標との同一性はないという判定をいただきました。それに基づきまして,最終選考を5月20日に行い,市長から4点の中から選んでいただきまして,最終的に皆様に今見ていただきました1ページ目のシンボルマーク,東大阪市の駒井さんの作品に決定したところでございます。そして,5月29日に市長の記者会見の場でいろいろ発表項目あったわけですが,その中の一つとしてシンボルマークを発表させていただいたと。それから,6月10日には新潟西農協の「すいか出荷式」の場で市長からお披露目をいただいたところでございます。

もう一つは,この間新潟日報さんの新聞紙上で,五泉市さんとシンボルマークが類似しているという御指摘もあったところでございます。これにつきまして,私どもはやはり慎重を期して,今ほど申しましたように独自性調査をかけていったんですが,そこではあくまでも商標登録をされている中からスクリーニングすると,商標登録されていないマークまで100%は調べ切れないという前提でいたんですが,五泉市さんの方は商標登録にのっていなかったということで,逆に漏れてしまったと,灯台もと暗しということで,一番近い,身近な県内の行政自治体で使っているマークそのものを正直調べ切れなかったという面がありまして,私ども決して本意ではなかったんですけれども,五泉市民の皆様,そして同じく銘産品のマークを待っていた新潟市民の皆様にとって不快な思いがあったとすれば,この点については謝罪をせざるを得ないなというふうに考えているところでございます。
ただ6月10日の「すいか出荷式」では,市長があいさつのときに,前日に五泉市長さんともお会いし,いろいろお話しして,ともにそれぞれのマークを育てて,ともにそれぞれの特産品を伸ばそうじゃないかという確認をしましたよということも述べていただきましたので,皆様からも銘産品の育成に当たって今後ともマークを愛していただいて,地場産を愛していただくことをお願いしまして,御報告にさせていただきたいと思います。

○永井武弘 委員長
ただいまの報告にお聞きすることはございませんか。

◆田村 清 委員
五泉市から実態を聞いてみますと,当選なさった大阪のこの方は五泉市にも出しているんですよね。それで,五泉市が採用したわけではないんだけれども,大阪の方は次点だったんですよね。全く似通っていたけれども,五泉市が採用したのは大阪の方のものではないんです。ないんだけれども,全く似通っていますね。その辺で五泉市さんが大分怒ったというふうに聞いているんですが,募集する際に他都市に応募した作品はだめですよというふうな条項はつけてなかったんですか。

◎田中秀明 農業振興課長
特にそのような明示はありませんけれども,独自性と,オリジナル性ということでのお願いはしてありました。今ほどの私どもで選ばさせていただきました駒井さんの作品について,やはり匿名で五泉市さんの盗作ではないかというようなニュアンスの電話もいただいております。それで,私ども一番それを懸念したところでございますが,これはちょっとカラーではないんですけれども,これは駒井さんがそれまでにいろいろ各地のポスターやマークに応募し,選ばれたマークでございます。探れたのが平成10年からということですが,私どもの銘産品のマークと基本的にキャラクターが同じだと,これはやはり駒井さんというデザイナーの独自性のあるキャラクターだというふうに私ども見させていただきまして,決して五泉市さんのマークをまねたものではないというふうな判断をしたところでございます。
五泉市さんのマークは平仮名の「ご」,「こ」という字にチューリップで濁点がついています。新潟市は「に」の字をデザインしています。「こ」と「に」,確かにここのところが似ていると言えば似ているんですが,このデザインについては先ほども言いましたように,各地でその前から使っているものですから,どちらがオリジナルか,逆に言うとかけ合いになってきます。

○永井武弘 委員長
ほかにありませんか。

   (な し)
-----

残念ながら、駒井のこのマークはネット上でもう見つけることができない(制度自体が変更されたので)。
五泉市のシンボルマークはこれですね。

【2014.12.10「2年課程修了試験【正解&解説編:2-a】」】
新潟県五泉市
シンボルマーク
いずみちゃん
川本 智
〔2002年10月発表〕
いずみちゃん

-----
五泉市の頭文字[ご]をモチーフにして、[チューリップ]を持つ親しみやすいキャラクターマークで表現しています。[緑色]は豊かな自然、[紺色]は清らかな水と澄んだ空気、[赤色]は情熱と発展を表しています。
-----

まーなー、駒井作品も容易に想像がつくぜ(笑)。「作風だ」で済ませてはいけない問題だと思う。

ガイダーが制定側にこんな迷惑かけてどうすんだよ、全く

« 【攻撃 vs 防御編】(2) アナタのマチのUDってなぁに?(日野市・多治見市): Last Coup | トップページ | 【攻撃 vs 防御編】(3) アナタのウチのキャラの不都合?(別府市・佐久市社会福祉協議会) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【攻撃 vs 防御編】(2) アナタのマチのUDってなぁに?(日野市・多治見市): Last Coup | トップページ | 【攻撃 vs 防御編】(3) アナタのウチのキャラの不都合?(別府市・佐久市社会福祉協議会) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想