« 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その1) | トップページ | 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その3) »

2016年8月 5日 (金)

【番外編】恐怖の "Spec Work"(その2)

(承前)

一体、AIGAはどう言っていたのか?レターの原文とツル訳は次のとおり。えらく訳しにくいんですがね(誤訳御免, if any)。

-----
Against Crowdsourcing Logo Design: an Open Letter From AIGA to the Tokyo Olympic Committee
December 8, 2015
ロゴデザインのクラウドソーシングに対して:AIGAから東京オリンピック組織委員会への公開書簡
2015年12月8日

Dear President Mori,
It has come to our attention that you have launched a crowd-sourced competition to design the emblems for the Tokyo Olympics 2020. As the largest and oldest professional association of communication designers in the world, AIGA would like to urge you to reconsider this course.
森会長殿
貴委員会はこのたび、2020年東京五輪のエンブレムにつき、不特定多数の外部者による業務委託を意味するアウトソーシングによるコンペを開始した。世界で最も大きくかつ最も古い歴史を有するデザイナー団体として、AIGAはこの件に関心を抱いており、再考するよう訴えるものである。

Japan has a universally admired graphic design profession and legacy, imbued with stunning visual imagery, strong typography, yet simplicity, directness, and elegance in its highest and best form. We understand the controversy that has already placed shadows on the identity for the games. Yet, we believe that you are compromising one of the powerful messages others in the world perceive as emerging from Japan: a strong graphic and visual design tradition, innovative visual explorations, and respect for every profession.
日本のグラフィックデザイン業界は、世界に誇る職能と歴史的財産を有する。それは、視覚イメージの見事さ、タイポグラフィの力強さ、かつまた一方で単純さ、率直さ、優雅さを併せ持ち、最高最善の形で命を吹き込まれたものである。我々は、五輪のアイデンティティそのものにも暗い影を落とす大きな論議があったことは理解した上で、なおも、日本から世界へ向けて発信されるべき強力なメッセージ ――強いグラフィックやビジュアルによるデザインの伝統、革新的なビジュアルの探求、そしてあらゆる職業に対する敬意―― に対して疑念を差し挟まざるを得ない状況が貴委員会によって生み出されていると考える。

Competitions that ask designers to contribute their creativity and hours of work without remuneration in the hopes of their work being selected are against the global standards of professional practice for communication designers. In essence, a compromise of the ethics of the profession that protect the interests of designers, clients, and the potential for extraordinary outcomes. The reason for this is that any remarkable design is the result of a designer working with the client to create an outcome that captures all of the interests and needs of the client and the messages to be illuminated. This cannot be done without a collaborative engagement with the client in advance of designing the results.
コンペティションというものは、自作が選ばれることを期待するデザイナーに対して創造力と多くの作業時間を無報酬で提供することを要求するものであり、デザイナーの職能のグローバルスタンダードに反している。これは本質的に、デザイナーとクライアント双方の利益を護る職業倫理と、並外れた成果を得る可能性とを秤にかけるものである。その理由は、優れたデザインというものが、どのようなものであれ、デザイナーがクライアントと協力し、その利益やニーズ、光を当てるべきメッセージといった全てを捉えるために行う行為の成果であるという点にある。これは、デザインをなすより先にまずクライアントと共同することなしには得られないものである。

Secondly, if the competition is open to the broader public rather than trained and experienced professionals, it demonstrates both disrespect for a universally respected Japanese profession and also suggests that the interests of the committee are served as easily by those with little experience as those with judgment and skill.
第二に、本コンペの対象を、教育と経験を積んだデザインのプロに限定せず、広く一般社会に開かれたものとするならば、それはその双方が、世界的に認められた日本の一つの職能を軽視していることを表すものであり、また、貴委員会の利害が、判断力と技量に長けた者のみならず、経験の浅い者によっても容易に左右されるということを示唆している。

As a third matter, while the committee takes advantage of thousands of hours of creative talent without compensation (which denies the value of creative enterprise) from those who submit designs, the selected design is compensated at a rate well below what is appropriate for a mark that will be reproduced literally millions of times, providing the Committee with the means of extraordinary levels of licensing income. It is very likely that the rewards to the designer for the mark that will provide global value to the Committee that is considerably less than the legal fees simply to restrict the designer's reward. Is this fair and appropriate?
第三に、貴委員会がデザイン提出者達の膨大な作業時間と創造の才を無償で利用する(それは創造的精神の価値を否定するものである)一方で、選ばれたデザインに対する報酬は、何百万回も再生され貴委員会に莫大なライセンス収入をもたらすマークとしては到底適切と言えぬ低いレベルである。世界的価値をもたらすマークに係る報酬が、単にデザイナー報酬額を制限するだけの目的で定められた法定料金に比して相当程度低額となる可能性は高い。これで公正かつ適切と言えるであろうか。

Finally, the intellectual property should remain with the designer, while the committee contracts for the perpetual rights in use it may wish to have.
最後に、知的財産権はデザイナーに留保されるべきものであるところ、貴委員会は当該デザインを永続的に使用する旨の随意契約を結ぶのである。

We applaud the vision for the games, which reflects the generous and expansive optimism and perspective we associate with Japan. And we believe the criteria for the selection of the emblems are very appropriate--particularly symbolism, originality, and aesthetic sensibility. As a process for arriving at the finest mark, we believe seeking a statement from professional designers on how they would approach the project, supported with other examples of their work, and then engaging a professional designer to develop ideas with the Committee would be the appropriate course--one that respects the profession and is most likely to lead to a lasting and memorable mark for the games.
我々は五輪の精神を称賛するものであり、それは日本という国からも連想される、豊かな楽観主義や視点を反映したものである。また、このエンブレムの選定の基準たるべきは全うな ― 特に象徴性、独自性、美的感性であると信ずる。最良のマークに到達するための適切な手法とは、いかにこのプロジェクトに(他の制作例を添えて)アプローチしたいかについてプロのデザイナーの意見を求め、その上で彼らが貴委員会とともにアイデアを発展させていくことであろう。これこそ、この職業を尊重しつつ、この大会のマークを歴史と記憶に残るものとするに足る方法である。

Sincerely,
Richard Grefe
Executive director
-----

出たよ、the global standards。つまりは著作者人格権が巨神兵の如く立ち上がってくる感じ。桑原桑原。

« 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その1) | トップページ | 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その3) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その2):

« 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その1) | トップページ | 【番外編】恐怖の "Spec Work"(その3) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想