« 【番外編】井の中の 傲る蛙は 久しからずや(おおさきちゃん・こころん) | トップページ | 【番外編】ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs(總持寺周辺地区) »

2016年9月 4日 (日)

【加筆編】頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき

【2018.01.21 加筆】

(承前)

えー、以前から述べているとおり、愚blogは基本、ガラ系携帯でものしてきておるわけです、今どき。
勢い、機能上の制約を受けることも多くて、例えばPNGファイルは(ネット上での閲覧はできるけど)ダウンロードすると見られなくなってしまうし、2MB以上のファイルは容量オーバーで扱えない、PDFとか。そんな時には補助的にパソコンを使うこともあります、そりゃあ。

で、そんな流れの小ネタなんですが。
携帯搭載のAdobe Readerのバージョンが古過ぎるせい(「LE 2.0」だそうで)と思うけど、PDFファイルの見え方が不完全なことがままあるんだよね。特に、グラデーションのかかった部分は再現されなかったり、あるいは黒塗りになっちゃったりする。

で、だ。このキャラもなかなか画質とサイズを兼ね備えた画像がゲットできなくて、あれこれ探していたところが。

宮城県大崎市
大崎市社会福祉協議会
イメージキャラクター
おおさきちゃん
井口やすひさ
おおさきちゃん

これ↑は前回最終的に愚blogでアップした画像だけど、途中、PDFでこんな風に↓見えるものに出くわした。

おおさきちゃん(チークカラーなし)

これはそのPDFを携帯の画像切り取りでそのままJPGにしたもの。
おわかりですね。グラデのチークカラーが表示されず、地の肌色のままになっちゃったわけ。初め、そういうリデザインがかかったのかと思ったけど、同じPDFをパソコンで開いてみたらばっちり頬紅メーク入りなので、つまりはそういうことです。

同様にグラデが消えるということは、前田まさかつのダイトン(cf. 2014.01.26「泣きキャラ評定記 甲ノ巻」)、深川重一の奈良高専ロゴマーク(cf. 2017.10.04「細身の剣で深く一突き」)でも経験している。

個人の感想なんだけど、これ、ノーメークの方がむしろ上品でイイ感じじゃない?媚びや押しつけがましさが薄まった感じで。ソフトの不具合、怪我の功名ではあるけれど、上出来上出来。
「赤いほっぺでかわいいでしょーupup」というのは昭和40年代までの美意識です。昭和37年生まれのオッサンが言ってんだからホントだよ。

井口一族に限らず、塩崎一族でも金津 博でも柿沼/小山朝子でも、ご当地キャラなるものはほとんどがチークカラーを乗せているわけだ。まるで、それがかくあるべしという不文律であるかのように。前田昌克/まさかつなんて、それが見分けのポイントになってるぐらい。
「その方がかわいいもん」ないしは「採用されやすいもん」という言い分だろう。でも、その価値判断や評価基準、つまりはDogmaを疑ってかかってみれば?ってことね。

となれば、「チークカラーあり・なし、どちらのおおさきちゃんが好き?」といった川下の話ではなくなってくる気がする。創作の選択肢は基本、広く取っておく方がいいのではないか。一つの盛りアイテムに過ぎないと考えて、「チークカラーなしで、すんごくかわいいキャラクターデザイン」てのも挑戦し甲斐があるんではないですかね?

おまけ。
かの大御所センセはこのところ、ウェブ版のアノ「公募ガイド」誌の「公募スクール」なるコーナーで、添削講座を始めているeye。「キャラクター公募のカリスマが、あなたの作品を徹底的に添削し、採用へと導きます。」という触れ込みです。

-----
創る
応募する前にみてほしい、なぜ落ちたか指摘してほしいなど、1作品を講評するコースです。

キャラクターデザイン
デザイン系公募で2万7,000件の受賞歴を誇る講師が、必勝法を伝授します。

〔中略〕

講師のご紹介
井口やすひさ(いぐち・やすひさ)
日本タイポグラフィ協会会員。キャラクターデザイン、シンボルマーク公募の第一人者として全国に名が知られている。これまでの公募採用件数は、約2万7,000件。通算獲得賞金額は、2,500万円を超える。

受講の流れ
1 事務局へ作品を送る
2 2週間で講評が届く
3 添削をもとに作り直す
4 公募に出してもOK!

受講料
5,000円
-----

えっ、井口センセが書くのsign02・・・ヤレヤレ┐( ̄ヘ ̄)┌。講評文も全部がコピペだったりしてhappy02happy02happy02pig

同誌の2015年8月号では、やすひさのことを「公募歴は55年」と紹介していた(cf. 2017.05.21「「公募ガイド」の大罪」)。それから1年分ほど足して、(55+1)年×365日=20,440日。従って1日平均1.3件の「採用」(単なる入賞は含まないわけだ)という計算になる。いくら何でも果たしてそんなことが可能ですかねえ。ま、単純平均賞金単価1,000円に満たない実制作の公募生活より、批評活動の講師生活の方が割はいいと見た(爆)。

ま、こんな具合↓らしいです。

公募スクール 添削サンプル

ははあ、やすひさデザインが新しい形で拡大再生産を始めるということでもあるのだな(爆)。

----------
【2018.04.07 追記】

久しぶりに某公募系BBSを覗いてみたら、愚blogに関するこんな書き込みが。

-----
622:2018/03/19 19:39

空中庭園@下丸子ツルは勘違いしてるようだが
これは井口先生が仮想のキャラを作成して自ら添削(のようなもの)したんだからね
-----

勘違いしているのはそっちの方だ。読解力、もっと磨きなさいまし(冷笑)。
----------

「日ペンの美子ちゃん」ならぬ「公ガイのやっちゃん」もとい「公スクのやっちゃん」に教えを乞えば、アナタだって押しも押されもせぬ立派なテンプレガイダーになれることでしょうheart04heart04

« 【番外編】井の中の 傲る蛙は 久しからずや(おおさきちゃん・こころん) | トップページ | 【番外編】ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs(總持寺周辺地区) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247782/72715149

この記事へのトラックバック一覧です: 【加筆編】頬紅の ご当地キャラぞ 哀しかるべき:

« 【番外編】井の中の 傲る蛙は 久しからずや(おおさきちゃん・こころん) | トップページ | 【番外編】ガイダーの目を盗んで ―― Return of Amateurs(總持寺周辺地区) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想