« 【対決編】丸ブー🌀艶競べ♥ [22](多可町章・喜多方市章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その169:津和野町キャラ候補・のしろブランド) »

2016年10月 6日 (木)

【番外編】丸ブーのようで丸ブーでない!?テンプレのようでテンプレでない!?(八頭町章・大山町章・越前市文化協議会・鯖江市シンボルデザイン・西之表市シンボルマーク)

(承前)

-----
【2016.10.01「繰り返すこのMonoRhythm 〜〜ただ繰り返す〜〜 一番」】

確約書やら確認書やら誓約書やらの提出が、日本において真に有効な手立てとは思えませんがねえ。
-----

その事にて候。そうしたものは、10年も前から言われていたこと。

-----
(2005.07.08 朝日新聞 鳥取版 抜粋)

〔前略〕

今月30日まで町章の図案を募集している八頭町は、正式決定の前に、町のHPや広報誌などを通じてデザインを公表する告知期間を設けることを検討。また、大山町は31日まで公募しており、デザイン業者に依頼して国内外のマークを調査する予定だ。
公募雑誌を発行している公募ガイド社(本社・東京都)によると、自治体のシンボルマークの公募は賞金付きでデザインしやすく、人気があるという。同社は「内定を出す時点で、作者に文書か口頭で(盗作でないか)確認する必要がある」と助言している。
-----

この記事は、【2016.04.17「丸ブー艶競べ [16]」】で引用したものの続きの部分です。

しゃらくさいよねえ。公募ガイド誌と言えば、ツルの頭の中では無責任極まりない雑誌である。公募の姿を歪めた、とは言わないまでも、現状を是正する役割を何一つ果たしてこなかったではないか。それが「助言」などちゃんちゃら可笑しいです。もちろん、「夢の公募生活」を謳うものは他にもあるけれどね。

で、両ご当地で採用されたのは以下のとおり。

鳥取県八頭郡八頭町
町章
杜多利夫&利香(兵庫県神戸市)
八頭町章

-----
八頭町(やずちょう)の[や]の文字で、人々が集い自然と調和して暮らす町をデザイン化。
羽ばたく[鳥]の姿で自然との一体感や大空に夢が広がる町の明るいイメージを表し、八頭町の飛躍を象徴したものである。
-----

鳥取県西伯郡大山町(だいせんちょう)
町章
小山朝子(群馬県伊勢崎市)
大山町章

-----
[D]をアレンジしたもので、[緑]は[大山]の恵みを、[青]はきれいな水、[水色]は澄んだ空気を表しています。これらの豊かな環境資源の中で、元気に躍動する新町の姿を描いています。
-----

微妙なとこですねえ、小山作品。伯耆富士、大山を描き込んだ時点でもう周辺自治体(および静岡県下・山梨県下の自治体!)との類似が問題になりそうです。

それに比べりゃ杜多作品は万人向けな平明さと一皮剥けた個性とを併せ持っているように思える。人気あったでしょうね、これ。某公募系BBSでも;

-----
795:2005/12/08 20:40 ID:B0Fk3mlV
八頭町町章決定
神戸市在住の親子

797:2005/12/08 22:57
>>795
これ?
[URL]

いつもながら上手いなぁ
-----

と肯定的評価がちょこっと載ってます。
[鳥]をモチーフにした自治体章では次のものと双璧を成す感じがする、って言ったら褒め過ぎっすか?

【2016.06.25〜29「青空に燕がおどって・・・」】
新潟県燕市
市章
波多野保子
燕市章(最終版)

さすがのツルもツッコミにくい所以です。もっともパーツ使いは次のものと似てる感じだけど。

福井県越前市
越前市文化協議会ロゴマーク
杜多利夫(兵庫県神戸市:デザイナー)
越前市文化協議会

-----
越前市の[え]の文字で豊かな自然と人の姿を描き、打刃物、和紙、指物などの文化を今に伝える地域が輝く様子をデザイン。
躍動感のあるラインで、しっかりと自立し、力強く発展する文化を重厚な色で表現しています。
-----

2007年8月頃募集されたものだから、八頭町章よりも少し新しい。けれど同協議会サイトは2014.04.23をもって更新が止まってます

越前市に隣接する鯖江市には、娘の利香のこんな作品も残る。

福井県鯖江市
鯖江市の花・木・鳥のシンボルデザイン
杜多利香(兵庫県神戸市)

市の花 つつじ
『みなぎる活力とまちづくりへの情熱』のシンボル
鯖江市の花

市の木 さくら
『心の豊かさと明日への希望』のシンボル
鯖江市の木

市の鳥 おしどり
『男女共同・参加と協働そして豊かな自然』のシンボル
鯖江市の鳥

2006年1月に決定されたもので、利香は表彰式にも出席していた。
これまた嫌味のない作風ではあるけれど、ワーディングは後から付け足されたものだろう。もし「初めに言葉ありき」だったら、鴛鴦を雄だけで表すはずがないからです。

これに微妙に影響を受けているっぽい(似ているとまでは思わないけど)のが次のもの。

鹿児島県西之表市
市シンボルマーク
工藤和久(青森県弘前市)
西之表市シンボルマーク

市の花[テッポウユリ]+市の蝶[ツマベニチョウ]+種子島の[波]をあしらって、工藤にしては上出来上出来。市制施行50周年(2008年10月1日)を記念して制定されたものです。

平成大合併の終焉とともにご当地公募界から姿を消した杜多一族のことを、ツルは惜しまないでもない。自治体章を中心に強みを発揮したこの親子の作品には、単なる量産テンプレ作家とは何らか異なるものを感じる。対象に真面目に向き合っていた気がします。(愚blogが価値判断に走っちゃマズいかしら?)

« 【対決編】丸ブー🌀艶競べ♥ [22](多可町章・喜多方市章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その169:津和野町キャラ候補・のしろブランド) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【対決編】丸ブー🌀艶競べ♥ [22](多可町章・喜多方市章) | トップページ | もうやめようよ、ご当地キャラとか。(その169:津和野町キャラ候補・のしろブランド) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想