艶競べ [23](上天草市章・天草市章・苓北町章)" />

« 【番外編】安楽椅子ハンターが追い詰める:前編(島原半島ジオパークキャラ候補・すいたん) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [23](上天草市章・天草市章・苓北町章) »

2016年10月14日 (金)

【番外編】安楽椅子ハンターが追い詰める:後編(まきのこちゃん・キノピー)

【前口上】

えー、本日をもちまして、「もうやめようよ、ご当地キャラとか。」series、満4年を迎えました。いえ、迎えてしまいました。2日に1本のペースで書きまくってて、明日からはとうとう5年目に突入してしまうのネ。五十路の4年だ5年だってのがいかに重いものであるか、お若い方にはおわかりになりますまい。
幸い在庫もかなり減ってきたし、乗りかかったこの舟が無事彼岸に辿り着くか無事水底に沈み切るまで、よろしくお付き合い下さいますよう。

----------

(承前)

長崎県島原市・雲仙市・南島原市
島原半島ジオパーク キャラクター
(候補作品 6)
島原半島ジオパークキャラクター候補 6

実は、このキャラクター↑の作者 ――今では金津 博と考えているが―― については、柿沼朝子/小山朝子ではないかとも考えて、だーいぶ思案投げ首したんですがね。
でもそのおかげで、それ以上の難問としてずっと頭を悩ましていた次の作品についても光明が射し込んだ。

滋賀県高島市
JAマキノ町(マキノ町農業協同組合)
マスコットキャラクター
まきのこちゃん
まきのこちゃん1 まきのこちゃん2

こっちが柿沼/小山作品でしょう。合併50周年記念で2012年11月にお披露目されたもので、作者がわからなくて、これまたすごく錯塩キャラなだけにイライラしていた。よほど【無明の闇】に列しようかと思ったぐらい。

ご当地では「まきのこ」の名前で[原木]栽培の[椎茸]が売られている(駄ジャレかい!)。大きくって肉厚なのがご自慢です。そこに目をつけ、旧 高島郡マキノ町の(+_+)町の花[ソメイヨシノ]を盛りつけてキャラに仕立てたわけ。
難しいよな、こういう役割って。このJAが作っとるのは椎茸だけなんかよって茶々入れられそうです。「靴と襟元の緑はマキノの自然」なんて申し訳程度に付け足されてもさあ。てか、一番のツッコミどころは「言われなきゃ椎茸とは気づかない」とこじゃないですか。

今までに見たものと比較すれば、こうです。

【2013.05.26「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。:下」】
大阪府松原市
マスコットキャラクター
マッキー
柿沼朝子
マッキー

【2013.05.25「別にいいんですよ、ペンネーム自体は。:上」】
茨城県小美玉市
マスコットキャラクター
おみたん
小山朝子
おみたん

そして、新たに取り上げればこれ。

群馬県桐生市
マスコット・キャラクター
キノピー
小山朝子(こやま ともこ:群馬県太田市)
キノピー

-----
(広報きりゅう 平成23年3月号)

「キノピー」は、桐生市の近代化遺産である[のこぎり屋根]の工場をモチーフに、[市章]や渡良瀬川などの豊かな水資源や自然の緑などを盛り込んだ元気いっぱいのキャラクターです。なお、頭の部分の連続する3つの屋根は合併した桐生、新里、黒保根の連携や融和、将来の発展をイメージしています。
-----

知ってるう。絹織物で栄えたご当地には今もこうした特徴的な屋根の工場建物が大小いくらか残っていて、Renovationの対象になってたりもする(した?)。

ご多分に漏れず、市制施行90周年の周年モノです。桐生市が勢多郡新里村(せたぐん にいさとむら)・同 黒保根村(くろほねむら)を編入合併したのは2005年6月のことだから、このキャラの制定時で既に6年ほども経っていたわけで、それでもまだ「連携や融和」を言い立てなければならないのは、編入された地域がみどり市を挟んで大規模な飛び地になっている ――元の桐生市と同じ位の面積で!―― という事情によるのだろう。

こちらの鑑定ポイントは、華奢めの[手]と[チークカラー]。チークの形が細長い楕円であるところは金津 博と同じ。でも、その角度のつけ方が違うんですね。金津は水平、柿沼/小山は「逆ハの字形」に傾斜をつける。
手の動きを示すカタチを付したところは「おみたん」と一致してます。こういう[波動]?みたいなのとか、[キラキラ]とかを周囲に描き加えることがお好きみたい。

あれ??そう見ると、【2016.09.10「マラソンにも塩、スーパーにも塩?」】で取り上げた2013年11月結果発表のこれも、金津作品だった可能性が俄然高まるではないか。

神奈川県横須賀市
よこすかシーサイドマラソン
イメージキャラクター
(投票対象候補 c1)
横須賀シーサイドマラソンキャラ候補 c1

やれやれ、そういうことだったか

以上、推理を様々働かせてみても後味はやっぱりよくない。年代が新しくなるにつれレベルが向上するわけでもなく、むしろだんだん低質化してることが判っただけ、金津にせよ(青梅のふくしキャラクター → すいたん → 島原半島ジオパークキャラクター候補 → だんQくん → よこすかシーサイドマラソンキャラクター候補)、柿沼/小山にせよ(マッキー → キノピー → まきのこちゃん → おみたん)。

そりゃま、芸術において変化や進化(深化?)のないものはイコール即退化だ、ぐらいの勢いで考えてるツルに言わせりゃのことですけど。

« 【番外編】安楽椅子ハンターが追い詰める:前編(島原半島ジオパークキャラ候補・すいたん) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [23](上天草市章・天草市章・苓北町章) »

Visual界:キャラクター/シンボル/ロゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【番外編】安楽椅子ハンターが追い詰める:前編(島原半島ジオパークキャラ候補・すいたん) | トップページ | 【対決編】丸ブー艶競べ [23](上天草市章・天草市章・苓北町章) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想